トップ > キャンペーン・特集 > > 楽天ブックスの本棚 Vol.3 6月生まれの本棚

楽天ブックスの本棚 Vol.3 6月生まれの本棚 最後まで読んだあなたにラッキーチャンス

このキャンペーンは終了いたしました

ご利用ありがとうございました。引き続き、お買い物をお楽しみください。

今話題の本や注目の本を、楽天ブックスご利用のお客さまに定期的にご紹介する「楽天ブックスの本棚」。
第3回目は「6月生まれの本棚」。アノ著者は6月に生まれていた、2015年6月にはこんなタイトルが生まれる!?
今回も最後までお読みいただいたアナタにラッキーチャンス!

 

6月にアノ著者が生まれていた!年代別著者バースデー

2015年代

1980年代

1970年代

1960年代

2015年6月生まれの新刊イチオシはあなたの一票で決定!!期待の作品をCHECK
火花
又吉直樹

1980年6月2日大阪府出身
代表作「火花」

内容紹介

お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作です。

レインツリーの国
有川浩

1972年6月9日高知県出身
代表作「レインツリーの国」

内容紹介

きっかけは「忘れられない本」。そこから始まったメールの交換。共通の趣味を持つ二人が接近するのに、それほど時間はかからなかった。まして、ネット内時間は流れが速い。僕は、あっという間に、どうしても彼女に会いたいと思うようになっていた。だが、彼女はどうしても会えないと言う。かたくなに会うのを拒む彼女には、そう主張せざるを得ない、ある理由があったー。2015年秋、玉森裕太・西内まりや主演で実写映画化予定です!

ジョジョリオン(volume 9) ジョジョの奇妙な冒険part8
荒木飛呂彦

1960年6月7日宮城県出身
代表作「ジョジョリオン」

内容紹介

東方家に代々伝わる病を治すという果実について、常敏は何かを知っている。そして家族に隠している…。それに気づいた定助は、常敏の得意とするクワガタ対決を持ちかける。彼を追い込んで真実を暴くことができるか!?

1950年代

1940年代

1930年代

1920年代

明日の記憶
萩原浩

1956年6月30日埼玉県出身
代表作「明日の記憶」

内容紹介

広告代理店営業部長の佐伯は、齢五十にして若年性アルツハイマーと診断された。仕事では重要な案件を抱え、一人娘は結婚を間近に控えていた。銀婚式をすませた妻との穏やかな思い出さえも、病は残酷に奪い去っていく。けれども彼を取り巻くいくつもの深い愛は、失われゆく記憶を、はるか明日に甦らせるだろう!主演・渡辺謙で実写化もされた作品です。

サラリーマン金太郎
本宮ひろ志

1947年6月25日千葉県出身
代表作「サラリーマン金太郎」

内容紹介

暴走族集団・八州連合の元ヘッド矢島金太郎が事故で漂流中のヤマト建設の会長・大和守之助を救った事がきっかけで、ヤマト建設に見習い社員として入社し、サラリーマン社会を生き抜いていく、ビジネス・サクセスストーリー。

野村ノート
野村克也

1935年6月29日京都府出身
代表作「野村ノート」

内容紹介

選手・監督として50年にわたる球界生活で得た原理原則を綴った伝説のメモ、「野村ノート」が書籍化。「配球の原点」「スコアラーからのデータ利用法」「役目を確認させる打撃指導」「弱者の戦法」といった知将ならではの野球理論、そして「人づくりのポイント」「指揮官・リーダーの心構え」「機能する組織のあり方」など、上司としての管理術など、読み応えたっぷり。

はらぺこあおむし
エリック・カール

1929年6月25日アメリカ出身
代表作「はらぺこあおむし」

内容紹介

くいしんぼうのあおむしは、毎日もりもりと何でも食べつづけ?数や曜日の認識をおりこみ、穴あきのしかけをこらした斬新な絵本、長きに読みながらえています。

エリック・カール

その他の作品はこちら!

1910年代

1900年代

1890年代

 
孤高の人
新田次郎

1912年6月6日長野県出身
代表作「孤高の人」

内容紹介

昭和初期、ヒマラヤ征服の夢を秘め、限られた裕福な人々だけのものであった登山界に、社会人登山家としての道を開拓しながら日本アルプスの山々を、ひとり疾風のように踏破していった“単独行の加藤文太郎”の、交錯する愛と孤独の青春を描く長編。コミックでも人気を博す作品です。

サラリーマン金太郎
太宰治

1909年6月19日青森県出身
代表作「人間失格」

内容紹介

「恥の多い生涯を送ってきました」3枚の奇怪な写真と共に渡された睡眠薬中毒者の手記には、その陰惨な半生が克明に記述されていた。無邪気さを装って周囲をあざむいた少年時代。次々と女性に関わり、自殺未遂をくり返しながら薬物におぼれていくその姿は、芥川の人生と重なります。

伊豆の踊り子
川端康成

1899年6月14日大阪府出身
代表作「伊豆の踊り子」

内容紹介

20歳の旧制高校生が伊豆の旅で出会った清純な踊子・薫…。多感な青年の淡く純粋な恋ごころを描いて、みずみずしい青春の抒情を漂わせる名作です。

 

2015年6月生まれの新刊、イチオシはあなたの投票で決定!!期待の作品をCHECK

2015年6月生まれのイチオシ新刊たちを集めました。これ読みたい!!と思った作品にさくっと投票♪

音楽という「真実」/新垣隆

元ゴーストライターが語る音楽への愛

音楽という「真実」/新垣隆
2014年2月、佐村河内守氏の「ゴーストライター」であることを告白し、日本中に衝撃を与えた作曲家、新垣氏。幼少のことから天才少年と呼ばれ、クラシック、現代音楽、歌謡曲、ジャズ、アニメソングなどさまざまな音楽を愛し、自分の糧としてきた新垣氏は、騒動の後も音楽の力を信じ、音楽に救われて新たな人生をスタートしました。本書では幼少期から現在までに出会ったさまざまな音楽と恩師や音楽仲間とのエピソードを紹介し、佐村河内事件の顛末を振り返りつつ、人間を救う「音楽」の力を語ります。
投票はこちら
エントリーNo.1
ヒトリコ/額賀澪

松本清張賞受賞!著者は24歳現役会社員!

ヒトリコ/額賀澪
深作日都子は小学5年生の時、教師から金魚を殺した濡れ衣を着せられ、熾烈ないじめの対象となった。そのときから日都子は、誰にも心を閉ざし、「みんな」には加わらない「ヒトリコ」として生きていく決心をする。 田舎の小学校の生徒達はそのまま中学校へ持ち上がる。ヒトリコの心の支えは、ピアノとピアノを教えてくれる偏屈なキューばあちゃんだけ。合唱の盛んな中学では生徒の間にカースト制度が生まれ、激しいいじめや陰口が横行する。「みんな」に属している限り生徒間の闘いは続く・・・。誰もの心に突き刺さる、青春の残酷さ、閉塞感・・・・・・。絶望的な孤独の末に見えてくるうっすらとした光。必ず誰もの心の奥の奥に入り込み、内側からあなたの心を揺さぶる、苦くて新しい青春小説です。
投票はこちら
エントリーNo.2
2.43 清陰高校男子バレー部 second season/壁井ユカコ

不器用でひたむきなバレー男子たちが主人公!

2.43 清陰高校男子バレー部 second season/壁井ユカコ
東京の強豪校から転校してきた天才セッター灰島、発展途上のエース黒羽、163cmの熱血主将・小田、193cmのクールな副主将青木が集う福井県立七符清陰高校男子バレー部。今のメンバーで全国を目指す最後のチャンスは“春高バレー”ただ一つ。清陰は県内最強エースアタッカー三村統が率いる常勝校・福蜂工業を下さなければならない。11月。ついに清陰と福蜂の正面対決が幕を開けるーー!
投票はこちら
エントリーNo.3
傘をもたない蟻たちは/加藤シゲアキ

作家・加藤シゲアキの挑戦

傘をもたない蟻たちは/加藤シゲアキ
今を生きる人びとの「生」と「性」をテーマに1編の書き下ろしを含む6編の短編を収録。映画監督園子温氏絶賛!NEWSの一員でありながら、ジャンルやタブーにとらわれることなく果敢にぺんで挑戦を続ける作家・加藤シゲアキの新境地です。
投票はこちら
エントリーNo.4
抱く女/桐野夏生

主人公は、著者桐野夏生自身

抱く女/桐野夏生
1972年、吉祥寺、学生運動、ジャズ喫茶。抱かれる女から抱く女へとスローガンが叫ばれ、でも女性が生きるのは不自由だった。そんな時代に違和感を持ち、もがきながら切実に考え生きた女子大生・直子はまさに著者霧野夏生自身。渾身の青春小説です。
投票はこちら
エントリーNo.5
本を読む女/林真理子

モデルは著者の母。昭和を生き抜いた文学少女の半生。

本を読む女/林真理子
大正生まれの小川万亀は、山梨の裕福なお菓子屋の末娘。優秀な彼女は東京の女学校に進む。現実の壁に幾度もくじけながら、常に前向きに夢を持ちつづけた女性の激動の半生の物語。
投票はこちら
エントリーNo.6
天空の蜂/東野圭吾

20年前、東野圭吾はすべてを予測していた!?

天空の蜂/東野圭吾
超大型ヘリ「BIG-B」が乗っ取られた。無人操縦で飛行するヘリに搭乗しているのは一人の少年。ホバリング位置は原子炉の真上。国内すべての原発を使用不可にしなければ、エンジンは停止し落下するーー日本国民全員を人質にしたテロが始まった。1995年に発表された伝説の作品が、装いを新たに生まれ変わります。更に、2015年秋には江口洋介・本木雅弘主演で実写映画化。「映像化不可能」と言われ続けた原作は必読です!
投票はこちら
エントリーNo.7
オールド・テロリスト

「日本全体を焼け野原にするべき」、オールド・テロリストの真意は!?

オールド・テロリスト
舞台は東日本大震災の影響から、ゆっくりと経済が衰退し、緩慢は死への道を進もうとする2015年の東京。「NHKでテロをやる」と告げる老人ヨシザキ。「満州国の人間」を自称する謎の老人たちが、凄惨なテロをしかける、その真意とは…。「半島を出よ」に比肩する作品です!
投票はこちら
エントリーNo.8

2015年6月生まれの新刊イチオシはあなたの一票で決定!投票はこちら

最後までお読みいただいたアナタへ、ラッキーチャンス!

豪華賞品が当たる!! Raku-Vegas Slot!!

問題6月25日生まれの著者は◯◯◯◯◯とエリック・カール (○◯の部分を入力してスロットにチャレンジしてね!!)

↓↓ 答えの入力はこちら↓↓

ヒントはコチラに隠れています!

ラッキーワードを入力するとボタンが押せるようになるよ!!

次回は6月24日に更新!

このページの先頭へ