ドラッカー特集 20世紀を代表する知の巨人、P.F.ドラッカー 話題の新刊、人気ランキングなど 関連書籍をご紹介します

 

ドラッカー話題の新刊はこちら!

 

今、この本が読まれています!人気ランキング

 

ドラッカーから経営を学ぶ

 

ドラッカーから思想を学ぶ

 

ドラッカー名言集

 

『もしドラ』関連/書籍

 

ピーター.F.ドラッカーとは

ピーター.F.ドラッカー

■Peter. Ferdinand Drucker (1909-2005)

オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系経営学者・社会学者。
20世紀から21世紀にかけて、経済界に対して最も影響力のあった経営思想家。

東西冷戦の終結や、知識社会の到来をいち早く知らせるとともに、
「分権化」「自己目標管理」「民営化」「ベンチマーキング」「コアコンピタンス」など、
マネジメントの主な概念と手法を生み出し、「マネジメントの父」として知られる。

またその専門領域は、政治、行政、経済、経営、歴史、哲学、文学、
美術、教育、自己実現などの多方面に渡り、現代社会を読み解く最高の哲人と称される。

■ピーター.F.ドラッカーから日本の読者へ

世界中の先進社会が転換期にあるなかで、日本ほど大きな転換を迫られている国はない。
日本が50年代、60年代に発展させたシステムは、他のいかなる国のものよりも大きな成果をあげた。
しかし、そしてまさにそのゆえに、今日そのシステムが危機に瀕している。
すでに周知のように、それらの多くは放棄して新たなものを採用しなければならない。
あるいは徹底的な検討のもとに再設計しなければならない。
今日の経済的、社会的な行き詰まりが要求しているものがこれである。
私は、21世紀の日本が、私と本書に多くのものを教えてくれた40年前、50年前の、あの革新的で創造的な勇気あるリーダーたちに匹敵する人たちを再び輩出していくことを祈ってやまない。
そしてこの新たな旗手たちが、今日の日本が必要としているシステムと戦略と行動、すなわち、その構造と文化においてあくまでも日本のものであって、しかも新しい世界の現実、新しい働く人たち、新しい経済、新しい技術に相応しいシステムと戦略と行動を生み出し生かすうえで、本書がお役にたてることを望みたい。
(本書「日本の読者へ」より)

 
ページ上部へ戻る
このページをお友達に教える
  • ツイート
現在地
トップ >  > マネジメントの父 ドラッカー特集

オススメのキャンペーン&特集

もっと見る

  • 買い物かご
  • お気に入り
  • 閲覧履歴
  • 購入履歴
  • クーポン