トップ > キャンペーン・特集 > > 本があるから大丈夫!BOOKS FOR フレッシュマンズ

本があるから大丈夫!BOOKS FOR フレッシュマンズ

 
  • 仕事って何?

    世界のエリートの「失敗力」
    世界のエリートの「失敗力」 佐藤智恵

    トヨタ自動車、ソニー、電通、三菱商事、三井物産、マッキンゼー、BCG、ゴールドマン・サックス、グーグル・・あの人気企業で働くエリートたちも新人時代にはこんな失敗をしていた!新入社員の皆さんに特におすすめの1冊。

  • 先人から学べ!

    イノベーション・オブ・ライフ
    イノベーション・オブ・ライフ クレイトン・M.クリステンセン, ジェームズ・アルワース

    自分の人生を評価するものさしとは何か、という人生の根源的な問題を考えさせる名著。ハーバードのクリステンセン教授の、稼いだお金ではなく、どれだけ人によい影響を与えたかではかられるべき、という言葉が心に響く

世界を知る!

  • 世界最高MBAの授業
    世界最高MBAの授業 佐藤智恵

    世界最難関の経営大学院では、今、何を教えているのか、そして、なぜその授業は泣くほどに感動するのか。リーダーシップ、倫理、イノベーション、コミュケーション、交渉、会計、マーケティング・・最先端の知識が一挙に学べる本。

  • 知の逆転
    知の逆転 ジャレド・ダイアモンド

    世界的な科学者はこういう風に世界を見るのかというのが垣間見え、文系の私にとっては目からウロコの内容が満載だった。インターネットの出現、アメリカ社会、テクノロジーの進化、などについて、率直に持論を述べているのが新鮮。

遊びも仕事!

  • TEDトーク
    TEDトーク ジェレミー・ドノバン

    日本人はプレゼンが下手だと言われるが、正しいプレゼン術を身につければ、確実にうまくなる。TEDの映像とともにこの本を読むとさらにプレゼン術のエッセンスがよく分かる

  • たくらむ技術
    たくらむ技術 加地倫三

    高視聴率をとるための技術はもちろんだが、著者が人生を賭けてテレビ番組を制作しているのが伝わってくる。もっと手を抜こうと思えば抜けるのに絶対に手を抜かない。その姿勢に脱帽。芸人さんたちが慕うはずだ!

20代だからこそよみたい本!

  • ダメなときほど運はたまる
    ダメなときほど運はたまる 萩本欽一

    萩本欽一さんの人生は波瀾万丈。幼いころは貧しかったし、芸人として売れるまでの期間も長かった。そんな欽ちゃんだからこそ語れる、「運」の話。楽して仕事をすると運が逃げていく、など独自の持論に説得力がある。落ち込んだときに必ず読み返します

  • 自分の中に毒を持て
    自分の中に毒を持て 岡本太郎

    日本で暮らしているとどうしても保守的になり、リスクをとって挑戦しようとする自分が異端なのではないかと心が折れそうなこともある。そんな自分を奮い立たせてくれる本。

こちらもおすすめ!

  • 外資系の流儀
    外資系の流儀 佐藤智恵

    外資系企業に入社した人にとっては必読書。日本の外資系企業の実像や全体像が体系的に学べる本はこの本しかない。外資には外資の特殊なルールがある。悩んだときにこの本を読むと、そうだったのか!と納得すること請け合いです。



佐藤智恵(サトウチエ)

1970年兵庫県生まれ。
1992年東京大学教養学部卒業後、NHK入局。
報道番組や音楽番組のディレクターとして7年間勤務した後、退局。
2000年1月米コロンビアビジネススクール留学、翌年5月MBA(経営学修士)取得。
株式会社ボストンコンサルティンググループ(BCG)、
外資系テレビ局等を経て、2012年より独立
 
  • 仕事って何?

    GIVE&TAKE
    GIVE&TAKE アダム・グラント

    仕事にしても組織にしてもやっているのは人間。社会における人間の本性を知るための一冊。仕事が明るくなること請け合い。

  • 先人から学べ!

    プロフェッショナルマネジャー
    プロフェッショナルマネジャー ハロルド・ジェニーン

    仕事の厳しさと醍醐味を知る本。

  • 世界を知る!

    閉された言語・日本語の世界
    閉された言語・日本語の世界 鈴木孝夫

    世界を知るには日本を知らなければ話にならない。日本の本質は日本語という言語に如実に表れている。日本語を知ることがすべての根幹。

  • 遊びも仕事!

    プロの知的生産術
    プロの知的生産術 内田和成

    発想の源泉は日々の生活の中にある。日常生活の中でのアタマの使い方はどうあるべきか。最良の指南書。

  • 20代だからこそよみたい本!

    元祖テレビ屋大奮戦!
    元祖テレビ屋大奮戦! 井原高忠

    僕が20代のときに読み、人生の方向性を決めさせられた本。中古を探してください。

  • こちらもおすすめ!

    戦略読書日記
    戦略読書日記 楠木建

    読書を通じて僕はこう考えた、ということを書いてあります。自分の読書と思考のスタイルを構築するときの参考になれば幸いです。



楠木建(クスノキケン) 

一橋大学大学院国際企業戦略研究科(ICS)教授。
経営学者。
1964年東京生まれ。
専門は競争とイノベーション
 
  • 仕事って何?

    仕事は楽しいかね?
    仕事は楽しいかね? デイル・ドーテン

    本当の意味で仕事とは何なのか、いい仕事はどうするかということが何なのかを感じられる。この先仕事をするなかで、何度も振り返りそして背中をおしてくれるタイトルとなるのでは

  • 先人から学べ!

    道をひらく
    道をひらく 松下幸之助

    定番中の定番だけど、絶対外せない1冊!本当にいい教え、いい本は時を経ても色あせません。

世界を知る!

  • 社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!
    社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! ちきりん

    世界をゆるく、浅く、広く考えることが実は大切!逃避願望もかなえる1冊。

  • 採用基準
    採用基準 伊賀泰代

    シューカツが終わったのにまた採用の話?…と思うことなかれ。社会で生き抜くためには何が必要かがよくわかる!

遊びも仕事!

  • 遊ばない社員はいらない
    遊ばない社員はいらない 高島郁夫

    おなじみFrancfrancを展開するバルスの社長が語る本音の仕事論。仕事と遊びは分けるべからず!

  • ビジネスパ-ソンの街歩き学入門
    ビジネスパ-ソンの街歩き学入門 藤巻幸夫

    何ごとも目のつけどころが大事。人の目をひく企画は日々の隙間から見つかるものということがよく分かります。

20代だからこそよみたい本!

  • 夢をかなえるゾウ文庫版
    夢をかなえるゾウ文庫版 水野敬也

    関西弁のおっさんゾウ・ガネーシャはナポレオンからビル・ゲイツまで歴史上のキーパーソンを導いたと言いますが、その教えは地味なものばかり。本当に成功できるのか!!というところがミソな1冊。

  • 7つの習慣
    7つの習慣 スティーヴン・R.コヴィー

    簡訳版でなくかならず原書で読むべし!はしごを掛け間違えぬように…。

こちらもおすすめ!

  • トッカン
    トッカン 高殿円

    やや特殊な職業だが、ぐー子が仕事でかかえるナヤミにとても共感できる!鬼上司・鏡特官がオニか否かなのも、仕事をはじめればきっとわかる…

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ