トップ > キャンペーン・特集 > > 日経BP 新刊オススメ本

楽天ブックス×日経BP社「ジェフ・ベゾス果てなき野望」アマゾン創業者ジェフ・ベゾス、奇才経営者の実像に迫る物語

ジェフ・ベゾス 果てなき野望ーアマゾンを創った無敵の奇才経営者


アマゾン創業者ジェフ・ベゾス、奇才経営者の実像に迫る物語

インターネットに大きく賭け、買い物や読書の習慣を大きく変えてしまった アマゾン創業者、ジェフ・ベゾス。本書は、その奇才の生い立ちから現在までを 詳細に追った物語である。
宇宙に憧れた聡明な少年が、ウォールストリートの金融会社をへて、 シアトルで創業。当初はベゾス夫婦とエンジニアのたった3人でアマゾンを始めた。
そこからベゾスの快進撃は始まる。

時に部下を叱りつけ、ありえない目標を掲げ、けたたましく笑う。
そうして小売りの巨人ウォルマート、大手書店のバーンズ&ノーブルなどとの 真っ向勝負に立ち向かってきた。ベゾスのビジョンは、「世界一の書店サイト」には とどまらない。「どんなものでも買えるお店(エブリシング・ストア)を作る」という壮大な 野望に向けて、冷徹ともいえる方法で突き進んでいく。

原書は『The Everything Store』 フィナンシャル・タイムズ紙とゴールドマン・サックスが共催する
「Business Book of the Year2013」を受賞!

ビジョナリー・カンパニー(2) 飛躍の法則

『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』発売記念!
ジェフ・ベゾス愛読書「ビジョナリー・カンパニー2」抽選プレゼントキャンペーン開催中!
対象期間中に『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』を購入の方より抽選で5名様にプレゼント。
「ビジョナリー・カンパニー2」詳細はこちら↓   キャンペーン詳細はこちら↓

解説者、滑川海彦のおすすめはココ!

第6章 混乱続きの物流システム

グーグルもヤフーも存在しない黎明期にインターネットの重要性を見ぬいてアマゾンを創立したジェフ・ベゾスの先見性が驚異的なのはもちろんですが、短期の利益に目もくれず、ひたすら顧客満足度を優先して20年にわたって着々と実行に移してきた一貫性こそが本当の天才たるゆえんではないでしょうか?

送料が無料になるなどさまざまな特典がある「アマゾン・プライム」というサービスがあります。アメリカでは年会費は79ドルですが、「配送1件あたり8ドルの費用がかかるとして、配送クラブのメンバーが年間20回注文すると、登録料金の79ドルを大きく超える160ドルものコストが発生する」として社内でも危惧する声がありました。そもそもこの会費は「79ドルというお金が欲しかったわけではありません。ほかで買い物をしなくなるように人々の意識を変えることが目的だった」と、本書の第6章で書かれています。プライム会員になったユーザーの購入額が飛躍的に上がったために結果として大成功でした。
「損して得取れ」「薄利多売」「お客様第一」とまさに商人の王道をいくことがアマゾンの成功の秘密だとよくわかります。

翻訳者、井口耕二のおすすめはココ!

第11章 疑問符の王国

経営者として、また、人間としてのベゾスがどういう人物なのか、なにを考えているのかがかいま見える章です。顧客からベゾス宛に送られてきた電子メールは、必ず、ベゾスが秘書とともに確認しており(普通の会社なら別の人に任せると思います)、なにか問題を感じたら、「きまりの悪い思いを顧客にさせてしまうのなら、多大な売上のあがる方法であってもやめてしまえ」とベゾスが直々に社内手続きを改革するそうです。

アマゾンという会社は、品ぞろえを強化してエブリシング・ストアへ近づくためならえげつないと言えるほどの戦略で他社を追いおとす、利用者の利便性をあげるためなら税金や特許で制度の不備をつくなど、ここまでやるかと思うようなことをしています。本書にもそのあたりが詳しく書かれており、つい、そちらに目が行ってしまって、ベゾスとアマゾンは金の亡者なんじゃないかと感じたりします。

そういう側面と、わずかひとりの顧客からの苦情にも対応するベゾス一流の仕組みは、ある意味、アマゾンが内に抱える矛盾であり、その矛盾があるからアマゾンは消費者に愛される会社になっているのではないでしょうか。

担当編集者、中川ヒロミのおすすめはココ!

第8章 キンドル誕生

本書では、ジェフ・ベゾスが10年以上先を見据えた長期ビジョンと顧客第一主義を掲げてアマゾンを経営していると、くりかえし紹介されています。なかでも、電子書籍「キンドル」について書かれた第8章は、ジェフ・ベゾスのビジョンに向けた妥協しない戦略をもっとも生々しく紹介しているように思います。

電子書籍をアマゾンに提供してもらう交渉では、「チーターが弱ったガゼルに近づくようにアプローチしろ」と、交渉は弱い出版社から始めるように指示。さらには、出版各社には明かさずに、卸値を下回る安値で電子書籍を販売した様子が描かれています。無理な交渉や格安販売をすれば、出版社との関係は悪化するし、格安で売ればアマゾンが損をする。それでも顧客が喜び、長期的に電子書籍の長期的な魅力が高まるなら、まったく気にしないというベゾスの強さが浮き彫りになっています。

『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』で紹介されているジェフ・ベゾスの愛読書(一部)

ビジョナリー・カンパニー(2)
ジム・コリンズ 著、山岡洋一 訳、日経BP社



有名な経営書。アマゾンは、本書の発行時に著者のジム・コリンズを招き、幹部向けセミナーを開催したそうです。
本書にある通り、コリンズは「偉大になれるのはどの分野なのかを考えなくてはいけない」と説き、幹部がアマゾンの将来について真剣に討議したそうです。さらに、アマゾンの事業で良い循環をどう作るかという戦略も、本書をもとに練りました。

  • イノベ-ションのジレンマ増補改訂版
    イノベ-ションのジレンマ増補改訂版 クレイトン・クリステンセン 著、玉田俊平太、伊豆原弓 訳、翔泳社



    すさまじい影響力を持つ経営書。
    この本では、巨大企業が傾くのは破壊的な変化を避けようとするからではなく、有望だが現状の事業に悪影響を与えそうで、短期的な成長要件を満たさない新市場への対応が消極的になりがちだからだと紹介。
    本書に書かれた行動原理が、アマゾンの行動原理として、電子書籍「キンドル」やクラウドサービス「AWS」創出を促しました。

  • ブラック・スワン(上)
    ブラック・スワン(上) ナシーム・ニコラス・タレブ 著、望月衛 訳、ダイヤモンド社

    アマゾン経営陣の必読書。
    人間は複雑な現実になにかと講釈を述べて簡略化した話(講釈の誤り)にしてしまうと指摘。この講釈の誤りを防ぐために、記憶や物語よりも、試行錯誤や現実に即した判断を重視すべきと説いています。『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』の冒頭でも、ジェフ・ベゾスが著者のブラッド・ストーンに「講釈の誤りにはどう対処するつもりですか?」と質問しています。

  • ブラック・スワン(下)
    ブラック・スワン(下) ナシーム・ニコラス・タレブ 著、望月衛 訳、ダイヤモンド社

    人間のものごとの認知と思考にともなう根本的な問題を明らかにした全米ミリオンセラーの話題作。
    下巻では主に、予測にともなう間違いと一部の「科学」のよく知られていない限界、また、極端な現象をさらに深く追究し、ベル型カーブの問題、そこから現代経済学、ファイナンス理論の根本を揺さぶる問題を明らかにする。

こちらのビジネス書もお薦めです

  • ワンクリック
    ワンクリック リチャード・L.ブラント

    世界最大のショッピングサイト、電子書籍ビジネス「Kindle」を成功させたアマゾンの戦略。

  • フェイスブック若き天才の野望
    フェイスブック若き天才の野望 デビッド・カークパトリック

    フェイスブックの若き天才CEO、マーク・ザッカーバーグ。 彼が掲げる「フェイスブックで世界をもっとオープンな場所にする!」という揺るぎないビジョンと魅力に、大企業の経営者たちが次々と吸い寄せられる。26歳の天才CEOの成功と苦悩、そして野望を描き出した至極のノンフィクション。

  • Yコンビネーター
    Yコンビネーター ランダル・E.ストロス

    合格率3%の難関を突破して集まった64チーム、160人の若き起業家の卵。投資家へのプレゼンに向けて、ポール・グレアムの3カ月の猛特訓が始まった。世界を変えるスタートアップはここから生まれている。

  • リーン・スタートアップ
    リーン・スタートアップ エリック・リース

    思い込みは捨てて、顧客から学ぼう!「構築ー計測ー学習」というフィードバックループを通して、顧客も製品・サービスも生みだし育てるシリコンバレー発、注目のマネジメント手法。

  • GILT
    GILT アレクシス・メイバンク

    最高の仲間がいればリスクなんて怖くない。超一流ブランドを口説き、3年半でオンラインセール「ギルト」を10億ドル企業に育てた挑戦の日々。

  • スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン
    スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン カーマイン・ガロ

    聴衆を魅了し続ける世界一の経営者。iPhone、iPad、iPodを成功に導いたプレゼンの極意を解き明かす。

  • スティーブ・ジョブズ驚異のイノベーション
    スティーブ・ジョブズ驚異のイノベーション カーマイン・ガロ

    不屈の精神で人生を切り拓き、アップルを復活させたジョブズ流ものづくりと生き方のヒント。ベストセラー『スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン』の著者、待望の第2弾。

  • アップル驚異のエクスペリエンス
    アップル驚異のエクスペリエンス カーマイン・ガロ

    アップルはなぜ強いのか?ベストセラー『スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン』著者がアップルの魔法を徹底分析。

楽天ブックス】ジェフ・ベゾス愛読書「ビジョナリー・カンパニー2」抽選プレゼンキャンペーン(2013/12/18~2014/1/31)

■キャンペーン期間
2013年12月18日(水)10:00から2014年1月31日(金)9:59まで
■キャンペーン対象
 キャンペーン期間中に以下をすべて満たした楽天会員の方
 ‐楽天ブックスで「対象商品」を1点をご購入(ご注文完了)
  ※「対象商品」は以下に記載。
※対象商品1点のご購入につき、応募券1口となります。
■キャンペーン対象サービス
 ‐楽天ブックス(PC)
 ‐ケータイ版楽天ブックス(ケータイ・スマートフォン)
 ‐iPhoneアプリ版楽天ブックス
■対象商品
「ジェフ・ベゾス 果てなき野望」9784822249816
■プレゼント内容
キャンペーン対象の方につきましては、
以下のプレゼントを抽選で合計5名様に1冊プレゼントいたします。

「ビジョナリー・カンパニー2」日経BP社 9784822242633 
■その他ご連絡
‐お客様都合によるキャンセルの場合は「キャンペーン対象外」
‐ご注文後「対象商品」が欠品や発売延期・中止などで発送できない場合は「キャンペーン対象外」
‐当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。
‐当選された方への賞品発送は、2014年2月下旬頃までにご注文者様のご住所・お名前宛てにお届けいたします。
‐メンテナンスなどで、ご注文いただけない場合がございますが、キャンペーン期間を延長することはございません。何とぞご了承ください。
‐当キャンペーンを予告なく中止させていただく場合がございます。
‐取得した個人情報は個人情報保護方針に基づいてお取り扱いいたします。

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ