カフェ・ド・ラクテンブックス カフェ・ド・ラクテンブックス
TOP 最新号の特集 プレゼント バックナンバー
 2003年5月6日更新 
「ダメ女」だっていいじゃん!

「自分を磨こう!」「ポジティブに生きる!」定期的に雑誌の見出しを賑わせている特集記事。ページをめくりながら、「このままじゃダメ」と漠然と思うことってありませんか?そんな記事に後押しされて、突如やる気を起こして内面改革を試みるもののことごとく失敗。喉元過ぎれば暑さを忘れ、ダイエットは三日坊主、習い事は続かないし料理はからきしダメ。仕事にも夢中になれず、恋愛も失敗続き…。やっぱり私ってダメな女かも…。
なーんて思い悩むより、そんな「ダメ女」な自分を目一杯甘やかしてみませんか?「ダメ女」な自分を丸ごと愛せるのは自分しかいません!もしかして自分ってダメ女?と思いつつも、開き直ってダメ女ライフを謳歌しましょう!本好きOLのアヤさんミキさんが、「ダメ女ライフ」について(やや脱線しつつ)語ります。

 ★キャラクター紹介★
「ダメ女」だっていいじゃん! 【アヤさん】しっかりもののOL。そろそろ将来のことも考えよう、と思いながらも何もせず、毎日会社と家の往復だけで終わっている。最近猫を飼い始めたので、ますます家にいる時間が長くなっているらしい。

【ミキさん】
最近彼氏ができて浮かれモードなOL。自宅で両親・妹と暮らしているため、生活に追われることなく仕事をこなしている。新しもの好きですぐに飛びつくが飽きっぽい。


アヤさんというわけで、今回のテーマは「ダメ女」なわけですが。「ダメ女」って言われて真っ先に思いつく本は『だらしな日記』 かな。まず帯からして「トイレの後、手を洗いますか?」だし。実際この質問を匿名で回答してもらったら絶対かなりの人数いると思うな〜。

ミキさんもしかしてアナタもですか?

アヤさんノーコメントです。この著者の藤田香織さんが毎日食べたものと日常を綴った本なんだけど、書評家だから、ほぼ毎日読んだ新刊に対するコメントも載ってたりして参考になるよ。食べたものの写真も1ヶ月ごとにまとめて載ってて、これがまた美味しそうなんだよね…夜中に読みたくないね。

ミキさん同じ日記でも対照的なのが安野モヨコの『日記書いてる場合じゃねえよ』。ギャルモードで洋服買ったりネイル行ったりしてる日と、ひたすらマンガ描いてる日のギャップが激しいよね。結婚する前の、現在のダンナさん(庵野秀明監督)のこともちょっと書いてある。この人の生活を見てると、マンガ家=オタク、っていうだけじゃないよね。

アヤさん安野モヨコといえば『美人画報』も好き。最初は確かに「えっ!?」て思うような写真なんだけど、最終的に『美人画報ハイパー』の写真なんか全くの別人かって思うぐらい変わってる。腸内洗浄とかプラセンタとか、なかなか簡単にはチャレンジできないけどね。

ミキさん結構力技というか、お金をかければ綺麗になれるんだわ…と羨ましくなっちゃうんだけど…。

アヤさんそれを言ったら悲しくなるからやめよう…。

だらしな日記
『だらしな日記』
藤田香織
1,600円


美人画報ハイパー
『美人画報ハイパー』
安野モヨコ
1,300円

ダメな女と呼んでくれ
『ダメな女と呼んでくれ』
中村うさぎ
438円

うさぎとくらたまのホストクラブなび
『うさぎとくらたまのホストクラブなび』
中村うさぎ/倉田真由美
1,500円
アヤさんタイトルがそのものズバリな本もあるよ。『ダメな女と呼んでくれ』

ミキさん中村うさぎといえば借金してブランドものを買う、っていうイメージあるよね。

アヤさん1ヶ月のカードの請求額が250万円…ありえない…。ちゃんと払えてるのかなぁ。

ミキさん文庫版の表紙のウサギがかわいい。アランジアロンゾのイラストだね。ビンボー日記だけじゃなくて、ダンナ様のことや友達との交友録も面白いし、マジメなテーマのコラムも読める。

アヤさんあと、『だめんず・うぉ〜か〜』の倉田真由美とホストクラブ通いした『うさぎとくらたまのホストクラブなび』もかなり激しいよ。日本中のホストクラブ行脚って、総額いくら!?ホストにはまれるってことは、それなりにお金持ちじゃないと無理だよね。

ミキさんホストクラブの名前ってベタで面白いよね…。

アヤさん人の話聞いてる?


アヤさんそもそも、「ダメ女」の定義って何だろう。

ミキさんいろいろあると思うけど…仕事にやる気が出ないときは自分でも「ダメ女だな」と思うよ。あんまり気にしてないけど。

アヤさん仕事に行き詰まってるとさ、「ポジティブに生きよう!」とかいう雑誌の特集見て「知るか!無理なんじゃボケ!」って思うときない?

ミキさんあるねー。職場の人間関係がうまくいってないと、ストレスたまるね。

アヤさんこの本はストレス発散できそう。『デキる日本人のワルい英語』。「自分のミスを部下のせいにする上司に」とか「会社に来ても仕事をしていない人に」とか、シチュエーション別にイラストと英語のフレーズが載ってるの。

ミキさんやばい、それ言われてそう…。

アヤさん(無視して)対人関係本なら『職場の嫌いな人の取り扱い方法』も「人間関係マニュアル本」って感じで面白い。でも、こういうの持ち歩いてるってバレたら感じ悪いかもね、鞄の中見られないように気をつけなきゃ。

ミキさん英語もそうやって勉強したら身につくのかな。英会話学校もそうだけど、習い事って続いたためしがないんだよ。


アヤさん『ブースケとパンダの英語でスパイ大作戦』みたいな、表紙を見ただけで力が抜けるようなかわいい本もあるけど…。結局はやる気次第じゃない?続ける努力が必要だよ。

ミキさんそういう自分も最近スポーツジム通いサボってるよね〜。

アヤさんぎく。
デキる日本人のワルい英語
『デキる日本人のワルい英語』
英語アレルギー対策委員会
1,200円

ブースケとパンダの英語でスパイ大作戦
『ブースケとパンダの英語でスパイ大作戦』
山田真美
1,200円


恋する女はみんなバカ
『恋する女はみんなバカ』
まついなつき
1,300円

史上最低元カレコンテスト
『史上最低元カレコンテスト』
清水ちなみ
571円
アヤさん仕事に身が入らないって、もしかして新しい彼氏が出来たとか?

ミキさんそうなの〜〜〜。仕事してる場合じゃないんだよねー。『わがままな恋のルール』とか、『恋愛偏差値』とか、そんな本ばっかり手に取っちゃう。

アヤさんいや、むしろあなたには『恋する女はみんなバカ』がピッタリよ…。恋愛中って、自分ではわからなくても、周りから見たら「バカだなぁ」って思うことって多いよね。

ミキさんやなこと言わないでよ!

アヤさんそういうのって、その恋愛が終わらないとわからないんだよね。で、終わった瞬間豹変して『史上最低元カレコンテスト』に投稿するという。

ミキさん私の彼はこんなヒドイ男じゃないもーん。

アヤさんそう言ってられるのも今のうち…じゃないことを祈るよ。

ミキさんそういう自分はどうなのよ?

アヤさん『医者と結婚する方法』を参考に頑張ってます。

ミキさん……。

アヤさんえ?本気だよ?


ミキさんでもさ、そろそろ結婚を前向きに考えないといけない年齢に差し掛かってるような気がしない?

アヤさんそれはもちろん…でもその足音さえ聞こえてこない場合、やっぱり「自立した女」を目指すしかないと思うんだよね。

ミキさん自立…だから最近「たくましく生きる女」系の本ばっかり読んでるんだ。

アヤさんそう!『「自立した女」になってやる。』とかね、『なにわOL処世道』は参考になるよ!マンションも買ったし、お金も貯めたいなと思ってるから『節約フェチ』も読んでるんだけど、これに出てくる人はちょっとやりすぎな人も多い。サランラップを使った後で洗ってもう1回使ったり、トイレの水を流さなかったり。

ミキさんげー。あ、そういえば、最近引っ越して猫を飼い始めたんだっけ?

アヤさんそうなの。最近は猫を飼えるマンションも多いよ。『マンションで猫を飼いたいニャン』なんて本もあるくらいだし。

ミキさん猫もそうだけど、ペットって癒されるよね。CMの「くぅーちゃん」も大人気だったし。

アヤさんだよね。

ミキさんでも、マンション買ってひとり暮らししてペット飼ってる女の人って、結婚が遠のくって言わない?

アヤさん……。
節約フェチ
『節約フェチ』
清水ちなみ
1,300円

くるくるくぅー
『くるくるくぅー』
1,300円


京味深々
『京味深々』
入江敦彦
1,200円

おいしいごはん料理100レシピ
『おいしいごはん料理100レシピ』
成美堂出版株式会社
900円
アヤさん癒しといえば、仕事の帰りに美味しいものを食べて帰るだけでも相当癒されるなぁ。

ミキさんかわいいカフェでお茶する、っていうのはやっぱり女子特有の楽しみだね。

アヤさんこの前京都に旅行したときは『京都カフェ案内』が役立ったよ。

ミキさん『東京カフェ案内』もあるよね。京都といえば、『京味深々』は表紙からして美味しそう…。中の写真もたまらないのよ。

アヤさんカフェもいいけど、食べ物といえば最近はさぬきうどんがブームだよね。安くて美味しいお店もいっぱいあるし。『人気のそばうどん麺料理』を見てたら、家でもいろんな味が作れそうな気がしてきた。

ミキさんでも、あんまり家で料理ってしないなー。

アヤさん確かに面倒だよね。ひとりぶんだし…。でも、『おいしいごはん料理100レシピ』見てたら、何かやってみようかなって気になった。

ミキさん『フライパンはエライ!』もいいね。フライパンひとつでおかずもごはんも作れるんだって。がんばって〜。

アヤさんあれ?彼に料理作ってあげたりしないの?

ミキさんしないね!むしろ彼に作ってもらいたい。『ケンタロウのすぐごはん』でも薦めておくか。今時の男は料理ぐらいできないと!

アヤさん…たまには『ワンボウルでできるお菓子』でも見て、簡単なお菓子でいいから作ってあげなよね…。


ミキさん結局、「ダメ女」って何なの?っていう結論が出なかった気がするんだけど。

アヤさん誰にでもそういう要素はあるっていうことじゃない?

ミキさんみんな口に出しては言わないけど、面倒だからって家事をしなかったり、仕事に手を抜いたり、だらしない生活をしてるってこと?

アヤさん世の男性は『だらしな日記』みたいな本を読んだら幻滅するかも知れないね。でも、やや誇張されてる部分はあるものの、誰にでもこういう「ま、いっか」精神はあるような気がする。

ミキさんうしろ向きじゃダメだ、ポジティブになろう!っていう風潮があるけど、そうそう毎日「前向きに!」なんて気持ちにはなれないよね〜。

アヤさん他人に迷惑かけない程度になら、いい加減でもオッケー!っていうぐらいの気持ちでさ。

ミキさん結論としては、『ああ!!女が日本をダメにする』と言われないように頑張ろう!ってことですね。

アヤさんおあとがよろしいようで。


バックナンバー >>

愉しいセックスをしよう
ココロとカラダ、いたわってますか?
これが女の生きる道
こんな男はいやだ
カフェラクバックナンバー一覧へ



TOP最新号の特集プレゼントバックナンバー
このページのトップへ

このページの先頭へ