カフェ・ド・ラクテンブックス カフェ・ド・ラクテンブックス
TOP 最新号の特集 プレゼント バックナンバー
 2003年12月1日更新 
こんなオトコの子の落としかた、アナタ知らなかったでしょ

今回のカフェは「女は技よ!技!」と言い切る有名雑誌の男性ゲイ編集者・高山真さんをゲストにお迎えしました!
今回の本好きOLのアヤとミキは、高山さんに「技」を伝授してもらうため、いつも以上に熱がはいっています。どんな話に発展するのでしょうか?お楽しみに!

★高山真さんインタビュー
高山真さん ■プロフィール
1970年生まれ。東京外国語大学外国語学部“パリジェンヌ”学科(本人の強固な主張による)卒業後、出版社に勤務。雑誌編集に携わりつつ、書籍の編修も行う無節操ぶり(本人談)。
現在も会社の「お局」としてニラミをきかす毎日。
「10万部売れたら顔を見せるわ。みなさん、よろしくね♪」

●…楽天ブックススタッフ
●…高山さん

==いきなり失礼だったらごめんなさい。高山さんはオトコの子ちゃんが好き(恋愛の対象として)ということなのですが、高山さんは自分自身のことを男性、女性のどちらと感じているのでしょうか?


高山さん:そういう分け方自体をしたことがないのよね、実は。オンナの子ちゃんにも“オトコ前”な部分があるし、反対にオトコの子ちゃんにもキュートでフェミニンな部分があって、もともとハッキリ二つに分けられるものではないでしょ。どっちでもいいのよ。そんなこと。

==たしかに。鮮やかに言い切られると納得です…(笑)。でもこの本は女性に向けて書かれた本ですね。

そうね、アタシ、世の中の「恋愛マニュアル本」がバッカみたいと思っちゃうのよ。だってオトコの子ちゃんはひとりひとり違うのに、本に書いてある同じ方法が誰にでも有効なわけないでしょ。狙ったオトコの子ちゃんがいたら、その人にとって何が一番有効な作戦なのかを見極める能力が必要なの。そして、その作戦を自分が実行できるか見極める能力もね。しかも楽しくね。そしてね、それは「自分が何をしてあげられるのか、自分は何が欲しいのか」を分かることでもあるのよ。

==スゴイ…。相手の観察を通して、自分を理解することにもつながるわけですね。でも本当にそういうことかもしれないですね。恋愛って。

そうなの。恋愛を真剣に考えるということは、恋愛を一番に考えることとは違うの。「恋愛すれば幸せになれる」といった思い込みが一番ヤバいし、苦しいのね。そういう自分を縛っている思い込みから自由になる方法…世の中には「こんな楽しいことも、あんな楽しいこともあるんだ!」というのをもっと知って欲しいし。そしたら、恋ももっと楽しめるようになって、たとえ辛い恋だって笑い飛ばせるようになるわ!

==高山さんの笑い飛ばし能力にはパワーを感じましたよ。エッセイ本気で笑って、感動的に面白かったです。

「自分自身が自分自身でいるだけで楽しい」っていう自信があるの。一人でいても楽しいし、恋人がいても楽しいし、どんな状態も楽しみ。「これがないとダメ」という思い込みから解放される快感はいいわよ〜ぉ。この境地に達するまでアタシだって長いことかかったけど。

==いろいろな紆余曲折(過去ともいう)があったんですね。そのいろいろを知りたい方は「こんなオトコの子の落としかた、アナタ知らなかったでしょ」でぜひどうぞ!さらに楽天ブックスにて(2004年1月5日までに)本書をお買い上げの方にはなんと!高山真さんの他では読めない限定コラムが届きます!(2004年1月中旬予定)

「コラムの中にはアタシのメアドも入れちゃうわ!限定コラムの感想、ぜひ送ってね!」

※本書をご購入いただくだけで、応募は完了します。コラムが届くのを楽しみに待っていてください!


こんなオトコの子の落としかた、アナタ知らなかったでしょ 『こんなオトコの子の落としかた、アナタ知らなかったでしょ』

高山真
飛鳥新社
4870315653
1,400円

 ★キャラクター紹介★
アヤ 【アヤ】しっかりもののOL。好きな人にクリスマスプレゼントをあげようと計画中。
ミキ 【ミキ】秋に失恋し、新しい恋を模索中…。が、今のところ予感なし。現在は恋愛以外の充実をはかる毎日。
高山真さん 【高山真さん】『こんなオトコの子の落としかた、アナタ知らなかったでしょ』の著者。1970年生まれ。東京外国語大学外国語学部“パリジェンヌ”学科(本人の強固な主張による)卒業後、出版社に勤務。

ミキアヤちゃん今年のクリスマスの予定は?何か計画あるの?

アヤうん…。○○くんにプレゼントをあげようと思っているんだけどね。彼氏でもない人をクリスマスに呼び出すって勇気いるよねぇ…はぁ〜。

ミキ普段の日は気軽に誘えても、なんとなくハードル高いよね。クリスマスって。

アヤそうなんだよね。彼女はいないみたいなんだけど、何か予定あるかもしれないし。

ミキ高山さんなら…どう誘いますか??

アヤさ…参考にさせてください!

高山さんそうね。アタシなら、電話で「クリスマスの日、夕方までに1時間あけなさい!」って言うわ。もちろん高飛車に可愛くね。

ミキうぉ!「あけなさい」って高飛車なんだけど「1時間」しかも「夕方まで」って限定していて、相手の負担にならないのを考えている感じ。

アヤしかも「あけて欲しいんだけど…」と下手にでないあたりが、重くなくていいなぁ。プ…プレゼントは何がいいですかね?そういうとき?

高山さん欲しくないものもらってもゲンナリされるだけだからねぇ。アタシなら聞いちゃうわ、「プレゼントあげたいんだけど、2万以内で3つ言って!」って。

ミキうぅ〜んテクニック満載!「何が欲しい?」って聞かないで、「2万以内3つ!」。しかも「3つ!」こちらが選ぶ余地も残されていて、3つのうちどれがくるのか分からないところがまたスバラシイ!

高山さんそうかしら?もちろん値段は2万じゃなくていいのよ。自分にも相手にも負担にならない金額でいいの。

アヤそれが自然と天然で出ているから、高山さんの「持ち札」(作戦)になっているわけですねぇ。私はそのテクニックを使ったらキャラが違うから怖がられそうだけど、その悪女感欲しい!

ミキそう!悪女なんだけど押し付けがましくないの。高度だわ。ちょっと今まで女性、男性にとらわれすぎていたのかも。ちょっと性別を超えてカッコイイ人を研究してみない?


■男も女も関係ない!センスはゲイに学べ!
アヤ男も、女も、年齢もいっさい関係ないのよ!と独自の世界観を確立している人といえば、美輪明宏さんですよね。

ミキ美しく生きる基本を説いた『天声美語』とかかなりのロングセラーだね。ただの美人ではなくて麗人!人間としてワンランク上とはどういうことかを考えるのにぴったり。今の私に必要な本かも…。

アヤ恋愛に迷い中の私には『愛の話幸福の話』がいいな。進むべき基本的な道がぱあっと見える感じ。

ミキあした死ぬとしたら、何を食べますか?」というテーマで久米宏がゲストの人生哲学をひきだす対談集『最後の晩餐 久米宏対話集』があるんだけど美輪さんもゲストで参加していて、美輪さんの「食」に対する考え方、面白いよ。

アヤ面白そうだなぁ。知性ある人ってどのジャンルにも確立した考えを持っていそう。

ミキファッション界といえばピーコさんあり!だね。

アヤ『片目を失って見えてきたもの』感動的だったね。あのピーコさんのずばずばハッキリ言う言葉の裏にはこういった人生観があるんだぁ…と妙に考えさせられたよ。

ミキそうなってくると、美輪さんもピーコさんもベタ誉めの中原淳一さんの本が気になってくるね。

アヤうん。今月はファッション雑誌を買うのやめて『おしゃれの絵本』を買ってみようかなぁ。
天声美語
『天声美語』
美輪明宏
1,800円

片目を失って見えてきたもの
『片目を失って見えてきたもの』
ピーコ
533円


■どんな男性が好み?
新宿二丁目のほがらかな人々
『新宿二丁目のほがらかな人々』
1,900円


高畠華宵・美少年図鑑
『高畠華宵・美少年図鑑』
高畠華宵 /平凡社
1,524円
アヤところで、高山さんはどんな男性が好みなんですか?

高山さんそうねぇ、鈍感じゃない子が好き。例えば笑いをとるつもりの発言でも、人に対して失礼なことを言っている子って実は多いのよ。いざというときに、一瞬でもいいからこれは相手に対して失礼にならないかな?と考えるマナーを持っている子が好きね。そしてそういうマナーを持っているいい子だなって思ったら、ちゃんとその部分を誉めてあげるの。あとは顔の好みよねぇ♪

ミキ私の前の彼氏は言いたいことバーッと言いたい放題でした。まぁ私は怒るから謝ってくれたりもしたけど、私以外の人にも不快な発言をしている可能性があるなぁ。しかもそれに気がつかないんだと思う。

高山さんそうよー鈍感な子は繊細にはならないわよ。「自分が変えることができるかも!」みたいに勘違いしちゃうオンナの子ちゃんが、多いから気をつけなさいね。
アヤは〜い。でもつい変わってくれるかも…って期待しちゃうんですけどね。

高山さんあー、無駄よ無駄。人なんてなかなか変わらないものなのに、20代のオンナの子ちゃん(オトコの子ちゃんもだけど)がそれをしようなんて無理よ無理。

ミキそうですよねぇ…最近ちょっとだけ目が覚めてきました(笑)。私もマナーのない人って好きじゃないです。

アヤマナーといえば!マナーや生き方を学ぶのに「ほぼ日」で大好評連載だったゲイ3人の対談集『新宿二丁目のほがらかな人々』はとっても面白くてオススメかも。ゲイだからなのか、何なのかは判らないんだけどすっごくセンスがいいの。デートのマナーなんて知らないことばっかりで、読んで(知って)よかった〜って思ったし。恋愛話も骨太読み応えありで、人生経験豊富なんだなぁって感心しちゃった。「いい女」「いい男」について考えるいい本なの。プレゼントのセンスも「こんな考え方あるんだ」とプレゼント上手について考えさせられたけど、これはじっくり人とつきあう段階になったらもう一度読みたい本だな。

ミキちょっとズレるけど美輪さんもコラムを書いていた『高畠華宵・美少年図鑑』とかどうかしら?(笑)

アヤおぉ!新しい世界!『昭和美少年手帖』『若衆好み』とかもどうかしら?江戸時代からあったんだよね。美少年好み。

ミキ現代版の官能作家にして美男子ウォッチャー内藤みかさんの『やっぱ男は顔でしょう』とかもその延長かな?

アヤ違う気もするけど…(笑)。内藤みかさんも参加している『あなたにも書ける官能小説』とか読めば、なんか新しい世界が開けそうだね。

ミキそっちに世界が開けていいのかなぁ?(笑)


■オトコの子の落としかた
アヤ高山さんにせっかくなので質問しちゃうんですけど(←聞きたいだけ)、この本のタイトルにもなっている「オトコの子の落としかた」について技を聞かせてもらえますか?

ミキ私も聞きたい!

高山さんアタシの技ね。まぁ「おとす」からには、もう何度か会ったりしてそれなりに仲いいわけよね。アタシはゲイってことでオトコの子ちゃんも珍しいから質問攻めにしてくること多いのよ。そこで「そんなにアタシのこと聞いてくるってことは、○○くんが自分のことをもっと知って欲しいからでしょ?」(ってここでは相手の目を見ちゃダメよ!自分のツメとかイジるの!)とか言・う・の。

ミキう〜ゎゎ…落ちそう…。オトコの子って「自分のこと知って欲しいんでしょ?」とか言われたことある人少なそうだもんねぇ。

アヤうーこれは私も技のひとつは(せめてひとつ!)マスターせねば!

ミキ技なんてすぐ身につくものじゃないんだからさぁ…だけど技に重点をおきたいならこんなのどう?『ヤクザに学ぶ交渉術』

アヤそれだいぶ違くないですか…?

ミキいや、実は普通の人が参考になるんだな。これ。黒を白と言いくるめるこの交渉術!これぞ技のひとつ!

アヤそっか、私はいつも言いくるめられる方だからなぁ…読んでみるよ。

ミキあとは素直に好意を伝えるレッスンとかかなぁ?『自分の気持ちを素直に伝える52のレッスン』とかね。

アヤ会話のレッスンとして『ウケる技術』とかね。

ミキ『ムツゴロウの動物交際術』は?帯にあらゆる動物と恋におちる方法教えますって書いてあるよ。

アヤそれはさすがに違うのでは…。

ミキ人間だって動物でしょうが!

アヤそっか…そうだね。

ミキそんなわけないじゃんよ!ほら〜またアヤちゃん言いくるめられそうになってる(笑)。

アヤ…。
ヤクザに学ぶ交渉術
『ヤクザに学ぶ交渉術』
山平重樹
533円


ウケる技術
『ウケる技術』
小林昌平 /山本周嗣
1,500円


バックナンバー >>

愛の技術講座〜わたしのエクスタシー
料理上手は七難隠す!?〜レンジでチン!簡単クッキング〜
カフェラクバックナンバー一覧へ


TOP最新号の特集プレゼントバックナンバー
このページのトップへ

このページの先頭へ