2007年4月9日更新  最新号の特集 プレゼント バックナンバー 
『ほめほめDOGトレーニング矢崎流』矢崎潤さんインタビュー

愛犬と始める快適お気楽生活のススメ
矢崎潤のほめほめトレーニング
矢崎潤プロフィール
矢崎潤新刊
犬にも人にもうれしい、『ほめる』トレーニングって?
矢崎さんのしつけは、『ほめる』ことが中心です。叱ることに比べて『ほめる』ことは、どんなメリットがあるのですか?
  『ほめる』ことには大きく2つのメリットがあります。
1つ目は「犬にわかりやすい」ということですね。
当たり前のことですが、犬は人間の言葉がわかりません。
言葉がわからないから、叱られても何のことを叱られているのか実はよくわかっていないんですよ。

たとえば、言葉の通じない外国へ行って、テーブルについてコップの水を飲もうとしたら、突然その国の人に「○×△!!!」と、怒鳴られたとします。きっとあなたは水を飲むことはやめるでしょうが、どうして怒鳴られたのかはわかりませんよね。テーブルについたことがいけないのか、水を飲むのがいけないのか、わからないけどやめてしまう。でも、本当の理由はわかっていないから、また同じような失敗を繰り返してしまったりするんです。

それに比べて『ほめる』は、わかりやすいですよ。
だって、ほめられたことをやればいいわけですから。
「なんだかわからないけど、今、回りの人たちがにこやかにほめてくれているぞ。これをやるとどうやらほめられるらしいな。」ってカンタンに犬でもわかるから、ほめられたことは何度もやるようになります。

  もう1つのメリットは?
  「安全」ということです。
『ほめる』のは、犬にとっても人間にとっても、とても安全なしつけ方法なんです。
犬を叩いたり押さえつけたりすることは、やはり犬を傷つけることがありますよね。また、そのことで逆に犬が人間を噛んでしまうことがあるかもしれません。でも、『ほめる』ことには、そういう危険がありません。
それに言うことをきかせる犬を威圧するのは、力の強い男性なら簡単かもしれませんが、普通の家庭では、女性も子どももお年寄りも犬をしつけることになるでしょう?普通の家庭の人たちが安全に犬をしつけるには、『ほめる』しつけが1番だと思います。
叱らずにすむ工夫で、犬も人間も気楽になれる
ほめたほうがいいとわかっていても、イタズラされるとついつい叱ってしまいます。そんな時はどうしたらいいのでしょう?
  叱るのが全部ダメというわけではありませんよ。でも、叱る前にちょっと考えてみてください。たとえば犬にとってゴミ箱は、丸めたティッシュペーパーや、おかしのクズがついた袋など、おもしろそうなものがつまった宝箱みたいなものです。目の前にそんなおもしろそうなものがあるのに、触るなっていうのは無理な話でしょう?  
  犬はイタズラしているつもりではないのですね。  
  そう。遊んでいるだけなんですよ。
たとえば、人間の赤ちゃんがハイハイを始めると、普通の家庭ではコンセントにカバーをしたり、リビングの鉢植えを片付けたりしますよね。そんな風に犬の場合も失敗を叱るのではなく、犬が失敗しない環境を整えることを考えてみてください。ゴミ箱であれば、フタつきにしたり、犬の届かないところに置いたりするだけでいいですよ。家や暮らし方を少し犬向きにするだけで、犬を叱らずに済むし、人間もぐっと楽になりますよ。
 
叱らずにすむ工夫で、犬も人間も気楽になれる
犬をほめる時には、どんな風にしたらいいでしょうか?
  日本人はたいていほめるのが下手なんですよね。でも、だからといって欧米人のようにオーバーアクションで大げさにほめてやる必要はないですよ。やりなれないことをやると、犬も「げっ、なんだコイツ急に気持ち悪いな」なんて思いますから。
でも、多くの犬はしょっちゅうなでられたり、抱かれたりと可愛がられていますから、ちょっとほめられたくらいでは、あまり感激してくれないのも確かです。
そこで、ほめ言葉にはちょっとしたパワーをつけてみてください。
  ほめ言葉につけるパワーとは何ですか?
  小さなオヤツや、お気に入りのおもちゃなど、犬が必ず喜ぶものがいいですね。ほめ言葉とセットでそういうごほうびが与えられると、そのうちほめ言葉だけでも犬は十分うれしくなりますよ。犬が喜べば、人間もうれしくなるし、人間のうれしそうな様子に、ますます犬もうれしくなっちゃいます。
自分らしい犬との暮らしをのんびり気楽に作っていきませんか?
『ほめる』こと以外に、犬と楽しく暮らすコツは何でしょう?
  家庭犬って、リラックスして楽しく一緒に暮らせることが1番だと思うんです。だから、犬を服従させるために食事は人間が先じゃなきゃいけないとか、犬は人間のベッドで寝てはいけないとか、そういう話にガチガチにしばられる必要はありませんよ。
犬が先にごはんを食べたっていいじゃないですか。そもそも、犬を服従させようなんて考える必要もないんです。一緒に暮らしていく家族ですから、親と子のような関係が築ければいいと思います。自分は犬とこんな風に暮らしたいというイメージを持って、それにあわせて試行錯誤しながら暮らしていければいいんじゃないかな。
ただ、犬とリラックスして楽しく暮らすためには、押さえなきゃいけないポイントはいくつかあります。
 
  押さえなきゃいけないポイントとは?  
  たとえば、犬に人間のベッドで寝ることを許すなら、「どいて」と言われればベッドから降りる、時にはハウスで寝ることもちゃんとできるという、ルールが必要です。かわいがることと、単なる甘やかしは別ですから。
そういうルールを人間がきちんと主導権を持って作っていく必要がありますね。
  主導権を持ったルール作りですか…?
  いや、そんなに難しく考えなくていいですよ。
もちろん家族や周りの人に迷惑をかけないという最低限のしつけは必要ですが、「時々トイレ失敗して困るのよね〜」程度のことであれば、気楽に長い目でやっていければ、きっといい関係が築けますよ。
犬のしつけ 7大困ったをズバッと解決

『ほめほめDOGトレーニング矢崎流』

出版社:日東書院本社
1,260円(税込)
この本では、「トイレの失敗」「吠える」「かじる」「お手入れ嫌い」「留守番が苦手」「物を守る」「ハウス・キャリーが苦手」という『7つの困った』を取り上げていますね。
この『7つの困った』は、しつけの時に多くの人が困ったと感じることランキングの上位7つなんです。この7つが解決できれば、犬と暮らしていく時に困ることは、ほとんど解決できると思いますよ。
特にオススメのポイントはどこですか?
1つは普通の家庭で、どんな人でもやりやすい方法でしつけができるように解説している点ですね。特別な道具やテクニックは使っていません。家の中でちょっとした工夫をするだけで、おどろくほどしつけがしやすくなるんですよ。
もう1つは、写真が満載ということですね。1つ1つの動作を、コマ送りのようにくわしく写真で解説しています。
写真が多いと、自分で実際にやってみるときに、とてもわかりやすいですよね。
写真を見るだけで、しつけの方法がわかるようにしているんですよ。パラパラながめるだけでも、きっと役に立つと思います。
矢崎さん、ドッグトレーナーへの道
ヴィンテージ ジーンズにアンティークなブーツ、ヘアスタイルもおしゃれな矢崎さん。
一見ドッグトレーナーというよりは、アーチストという感じです。
どうしてこの仕事を始められたのでしょう。
  子どものころから動物が好きで、いろいろな動物を飼っていました。犬も飼っていたのですが、大学生のころ、飼い始めた2匹目の犬が結構な問題児で、トイレは失敗するし、吠え止まないし…。で、これはいけないと勉強したり、しつけ教室に通ったりするうちに、犬をトレーニングするおもしろさにすっかりはまってしまいました。
大学では、野生動物の生態などを研究したのですが、同時に本格的にドッグトレーニングスクールに通い始め、そのうちそこでバイトするようになり、気がついたら教える側になっていました。
  好きが高じてという感じですね。
  ハイ、まさしく。
矢崎さんから、犬を飼っている人、これから犬を飼いたいと思っている人へのメッセージ
  犬の一生は15年くらいあります。ちょっと肩の力を抜いて、気楽に長い目でつきあっていってください。昨日より今日、今日より明日、ちょっとずつ犬ができることが増えていっていることを喜ぶような気持ちでいれば、きっと楽しい犬との生活が送れますよ。
 
インタビューを終えて
インタビューの時に矢崎先生の愛犬2匹にもお会いしました。ドッグトレーナーの犬というとビシッといつも命令待ちしているイメージですが、2匹ともとても無邪気で楽しげ。会った途端に駆け寄ってきてペロペロご挨拶されちゃいました。でも、飼い主の矢崎さんのことが大好きで、ちょっと声をかけてもらうと、ちゃんと言うことを聞くんです。犬と人の親子のような関係って、こんな楽しい雰囲気のことを言うんだなって実感しました。
 
お気楽生活テクニック
タタミを掘るのは犬にとっては楽しい遊び。フローリングと違って掘るとささくれてくるのが楽しくってたまりません。
だから、思い切ってタタミの部屋は立ち入り禁止にしてはどうでしょう。ふすまを閉める、フェンスをつけるなどガードしてみてください。タタミの上にカーペットを敷いてしまうのも効果的。
ある程度大人になれば、こういうイタズラはしなくなるものです。
チャイムが鳴ると、誰かが来ることがわかるようになると、犬は警戒して吠えたり、歓迎して吠えたりすることがあります。
吠えることが習慣化する前に、「チャイムが鳴ったらオヤツ」「チャイムが鳴ったらハウス」など、チャイムが鳴ったときの行動を決めてトレーニングしておく方法がオススメです。
食事中、もの欲しそうな犬の視線に負けて、ついお肉のかけらをやってしまう…そんなことが続くと、食事中の人間に向かって、ワンワン吠えて食べ物を催促してしまうことになるかもしれません。食事中に犬が騒いでもとにかく無視。落ち着いてきたら、そっとほめてあげましょう。人間の食事中はハウスで待機したり、足元でフセをして待つように、最初からトレーニングするのも◎です。
ほめほめDOGトレーニング矢崎流
ほめほめDOGトレーニング矢崎流 『ほめほめDOGトレーニング矢崎流』
出版社:日東書院本社
1,260円(税込)

犬のしつけ「7大困った」をズバッと解決!
必ず悩む犬のしつけの「7大困った」にスポットを当て、徹底的に解説&アドバイス&誌上レッスンを紹介!

購入はこちら

愛犬の色々な「どーしてできない?」について丁寧に解説。
 
カジカジしちゃう愛犬!どうしたらいい?に矢崎先生がズバッと回答!
 
コマ送りの写真でしつけの方法をわかりやすく解説。

矢崎潤さん著書 犬のしつけ
犬のしつけきちんとブック(「トイレ上手になる」編)
『犬のしつけきちんとブック(「トイレ上手になる」編)』

出版社:高橋書店
1,050円(税込)
  犬のしつけきちんとブック(「吠えグセ解消」編)
『犬のしつけきちんとブック(「吠えグセ解消」編)』

出版社:高橋書店
1,050円(税込)
  犬のしつけきちんとブック(「留守番上手になる」編)
『犬のしつけきちんとブック(「留守番上手になる」編)』

出版社:高橋書店
1,050円(税込)
  室内犬の飼い方・しつけ方
『室内犬の飼い方・しつけ方』

出版社:西東社
1,365円(税込)


ペットホテル予約サービス ■わんっ!クリック!ご旅行・出張時のペット預け先、ネットで見つかる
楽天トラベルのペット専用ホテル予約は、ご旅行・出張先の宿を探すのと同じように、ペット専用の預かり先、健康診断、トリミング、しつけ等、大切なご家族のペットに合ったサービスを探せます。飼い主の皆様のご不在の間も、安心・快適なホテルでお留守番♪
ペットと泊まれる宿 ■旅行中だっていつでも一緒!ペットと一緒にすごしたい方必見!
うちの子が一番!親バカっぷりを全開でアピールするなら旅行だって一緒!ペットと入れる温泉やペット専用懐石料理などなど、わが子への愛情をたっぷり注ぎたいなら即予約!楽天トラベルではそんなご主人様と一緒に行けるペットと泊まれる宿を集めました!

このページの先頭へ