トップ > キャンペーン・特集 > > 2010年9月号 勝間和代の学び旅オーストラリア編

Cafe de RAKUTEN BOOKS

2010年09月13日更新
バックナンバー 最新号の特集 プレゼント

人と同じ感動なんていらない この秋、人生を変える旅をする知的好奇心を持って一歩踏み込み、自分の視点で「気づき」を得るたびを「学び」+「トラベル」=「マナベル」と言います。勝間和代さんに教わる「マナベル」プランの作り方

観光地を巡って名所をバックに写真をパチリ、日本人観光客に囲まれながら有名店で定番メニューのお食事、定番土産を免税店でダース買い・・・そんな旅行に飽き飽きしていませんか?あなたの前に何万人もがたどった跡を淡々となぞるだけじゃ、人と同じ感動しか手に入りません。勝間和代さんは「2週間続けて東京にいることはほとんどない」と豪語する、まさに旅の達人。観光視点ではなく、ビジネス・政治・社会的視点から、自分だけの学びを探す、勝間流の旅を『マナベル』といいます。お金をかけなくても大丈夫、難しい知識も要りません。自分だけの「形にならない心のお土産」を得られる旅テクを勝間さんに教わります!

今回ご紹介する本はコチラ!

体験ダイビングの後は、コアラと2ショット…
ありがちなオーストラリア旅行とは180度違います!

メルボルンで女性の働き方に共感、意外なインターネット事情に驚き、インフレ対策の新視点に眼からウロコ。アボリジニアートを体験し、世界遺産で天を仰ぐ…。無難なツアーじゃ味わえない欲張りな「マナベル オーストラリア編」のノウハウが詰まった一冊!こんな旅行、してみたくなります!

ココが便利!

  1. 社会、経済、政治など、オーストラリアのお国事情を何気ない風景から読み取る観察力!何を視点に旅をすれば深みが出るか、視点のヒントが満載です!
  2. ツアーでは味わえない、一歩踏み込んだオーストラリアの味わい方が分かります。これからオーストラリアに行こうと思っている人必見の一冊!
  3. ツイッターにインターネット、ガイドやコーディネーターとの交渉など、旅のサポートツールの使いこなし方もさすが!きっと参考になるはず!
  4. 帰国した後、さらに旅を得がたいものにする「学び方」も伝授。そのときの感動を一瞬のものではなく、心と頭に永遠に残る財産にするコツが分かります

勝間和代の学び旅 マナベル オーストラリア編

『勝間和代の学び旅 マナベル オーストラリア編』
著者:勝間和代
価格:1,365円(税込)
出版社:扶桑社
プラン一覧を見る

動画をチェック!勝間和代さんに聞く「快適旅のコツ」一問一答!

勝間和代の学び旅 マナベル
オーストラリア編
勝間和代の学び旅 マナベル オーストラリア編
  • ・社会・経済・働き方など、勝間視点でオーストラリアを視察!オーストラリアの真髄に触れる旅です
  • ・9/18(土)11:00〜。BSフジにてこの旅の全貌を捕らえた「マナベル〜勝間和代のオーストラリア学び旅」を放映予定! >>BSの放送内容をチェック!

勝間さんと考える!韓国ソウル2泊3日「マナベル」プラン

私もこんな「マナベル」をしてみたい!ムラムラと旅行欲&学習欲が湧いてきた編集部が、勝間さんにアドバイスをいただきながら、韓国ソウル3泊4日の「マナベル〜ソウル編〜」をプランニングしてみました!テーマはズバリ、「ソウルOLなりきりツアー」。ソウルのOLさんが週末、どんな風に過ごしているのかを下調べし、共感を持って体験するツアーです。グルメ、エステ、ショッピング…韓国ならではのエンターテインメントをなぞりながらも、手垢がついていない、ナマのソウルを体感するために考えました!秋のオリジナル旅行の参考にしてください!

9/16(木)
成田21:15⇒ソウル仁川国際空港23:50(2時間25分)往路:着後、タクシーでホテルへ。コンビニにて夜食と女性誌を購入。さっさと寝て明日に備えていただきます。金曜のOL気分を満喫するため、木曜夜便にてソウルへ。着後は韓国の代表的コンビニ「by the way」に立ち寄り、ご当地ならではの品揃えをチェック!
勝間さんアドバイス!拠点がソウルなら半日くらいで帰ってこられるちょっと離れた街まで足を伸ばしても◎。バスや電車など地元の足を使って上手く行動してみましょう!
9/17(金)
07:30移動:「ソウルの出勤風景」を体験するため、8:30ごろ、「ソウルの丸の内」といわれる明洞へ仮想出勤。約30分、サラリーマンやOLに混じって地下鉄に揺られていただきます。
08:30朝食:オフィス街ど真ん中で、あえて「スタバ」を探して朝食。日本とのメニューの違い、韓国のOLさんやサラリーマンたちの食事風景などを観察します。勝間さんアドバイス!値段、客層、お国柄が出ている独自の商品などをぜひチェックしてみてください。帰国した後、GDPなども調べてみると物価の違いなどが肌で分かります!
午前自由行動1:東大門「中部市場」「薬令市場」を見学!観光客向けではなく、地元の人やプロの料理人がやってくる「大田市場」みたいな市場を見学します。700軒もの漢方薬店が集まる薬令市場でぜひ悩みの冷え性に効果があるお茶を見つけたい! 勝間さんアドバイス!韓国の「としまえん」や「キッザニア」的な地元の人に人気のエンタメスポットはオススメです。子ども達や家族連れの行動を観察すると面白いかも!
午後 自由行動2:韓国エステの王道「汗蒸幕(ハンジュンマッ)」を体験。ドラゴンスパのような観光客の多い有名どころではなく、地元の銭湯的な地味目の店でうぶ毛抜き、よもぎ蒸し、足ツボマッサージを体験!
18:00 夕食 明洞に戻り、国境を越えた会社員共通の楽しみ、金曜夜の「飲み会」を開始。観光客に人気の店ではなく地元の会社員が常連と化しているような「民俗酒場(ポジャンマチャ)」で飲みます。「韓国版食べログ」といわれるサイト「WINGBUS」で、翻訳機を駆使してレビューをチェックし、店を選びます!
21:00 夜遊び:OLのストレス解消の王道、カラオケへ!国境を越えたストレス発散のはず!現地で働いている友人に韓国人OLさんの同僚を連れてきてもらっていっしょにハジケたい!みんな何を歌うんだろう?!勝間さんアドバイス!できるだけ現地の方と話す機会を持つのはマナベル的に大正解!接待ではなく、彼女たちが普段よく行く店にぜひ連れて行ってもらいましょう!深夜 ホテル着:化粧だけ落としてとっとと寝ていただきます
9/18(土)
9:00 ホテル近くの屋台にて朝食午前 自由行動1:雑誌や通勤時にチェックした「イマドキのソウルOL」ファッションを取り入れるべく、「ソウルの裏原宿」三清洞に移動。イケてるソウルOL風の通勤スタイルを再現できるアイテムをショッピングしていただきます。書店やコンビニなどで日本の『InRed』とか『AneCam』みたいなOL向け雑誌をチェック!日本の女性誌は今付録が流行っているけど、韓国の女性誌の付録もスゴイんだそう。見てみたい!
12:30 ランチ:ネットカフェに立ち寄り、日本のツイッターにアクセス。日本でフォローしておいたソウル通の方に「いちばんオススメ」の焼肉店を教えてもらい、ソウル焼肉を満喫!勝間さんアドバイス!空港で貸し出しているパソコンやスマートフォン用の通信端末を借りておくと便利!道で配っているホットペッパーみたいなチラシを集めて吟味してもアタリにたどり着けますよ。
午後 自由行動2:三清洞のネイルサロンにてネイル体験。今一番はやっている柄にしてもらうよう、翻訳機にてオーダーします!万が一、ギャフンな仕上がりでもネイルならまだ被害は少ない!次は言葉を覚えて「韓国のカリスマ美容師」にカットしてもらいたい!
18:00 空港着ソウル仁川国際空港19:00⇒成田21:30(2時間25分) 帰路:成田着。各自解散。
帰宅後 学ぶ!:夫婦別姓、兵役義務など、日本とは異なる文化や伝統を持つお隣の国・韓国。同じ働くOLとしては共感できることもたくさんあるけれど、結婚事情や子育てなど、違うところもたくさんあるはず。帰国してから、目にしたものや疑問に思ったことを忘れないうちに調べます!

楽天トラベルで「マナベル」へ飛び立とう!

韓国

オーストラリア

五感をフルに使った欲張り旅行の全貌が明らかに!勝間流オーストラリアの新ガイドブックです

観光センターで買うのではなく、自らアボリジニアートを体験!マナベルならではのオーストラリア体験も見どころ!一足違うオーストラリアをほおばるためのレストラン選びのコツも伝授!ホテルで食事なんてもったいないですよ!

勝間和代の学び旅 マナベル オーストラリア編
『勝間和代の学び旅 マナベル オーストラリア編』
著者:勝間和代
価格:1,365円(税込)
出版社:扶桑社
プラン一覧を見る

レビューもチラ読み

  • ★この本では勝間さんと一緒にオーストラリア、メルボルン、ウルルを旅することができました。現地での写真とともに読むビジネス紀行はとても素敵な疑似体験でした。そして、勝間さんの気付きと学びを通して、私もいろんなことに気付くことができました。発見と学びがいっぱいありました。今まで何となく「旅行」してきたなと反省です。これを機会に、私の旅も、気付き、学び、自分を磨く旅にしていきたいと思います。
  • ★ビジネスにせよ観光にせよ「旅」をする機会は誰にでもあるものですが、この本を読んでいるかいないかで、その「旅」が自己啓発に繋がる、価値のあるものになるかならないかが決まってくるのではないかと思いました。旅先は日常とは何かが違うものですが、そのことに気付くかどうか。そして、どうして違うのかを考えるかどうか。そういう視点と考えて学ぼうとする習慣を持つことの大切さを教えてくれる本でした。今度自分が「旅」するときにはこんな「旅」、「マナベル」をしたいなと思いました。
  • もっとレビューを読む!>>

profile

勝間和代さん

勝間和代さん
経済評論家、中央大学ビジネススクール客員教授。早稲田大学ファイナンスMBA、慶応大学商学部卒業。当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得、大学在学中から監査法人に勤務。アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立。現在、株式会社監査と分析取締役、内閣府男女共同参画会議議員、中央大学ビジネススクール客員教授として活躍中。ウォール・ストリート・ジャーナル「世界の最も注目すべき女性50人」選出。エイボン女性大賞(史上最年少)。第一回ベストマザー賞(経済部門)。

書籍データ

勝間和代の学び旅 マナベル オーストラリア編
勝間和代の学び旅 マナベル オーストラリア編
著書:勝間和代
出版社:扶桑社
価格:1,365円(税込)
プラン一覧を見る

著者インタビュー

先を急がず、寄り道をしよう!
小さな疑問を見のがさないのが「マナベル」のコツ
勝間和代の学び旅 マナベル オーストラリア編・勝間和代さんインタビュー

-- 『マナベル〜オーストラリア編〜』すっごく面白かったです!読んでいると「今すぐに旅に出たい!」とムラムラしてしまいました(笑)。人と違う、一歩踏み込んだ旅行って人生の財産ですよね。

勝間さん
そうですよね。私は年間に、海外は5〜6回、国内は10回以上旅行していて、仕事での出張を含めると、2週間続けて東京に居続けることってないくらい、あちこちに出かけているのですが、毎回やはり新しい発見がありますね。

-- すごい頻度ですね!そんな勝間さんにとって、忘れられない、人生が変わった旅先ってどこですか?

勝間さん
スーダンです。寄付をしているのでその寄付の使い道を見に2回行っています。内戦終了直後に行ったとき、車で移動中、「トイレに急に行きたくなったら、ブッシュに入らず道でしてください」といわれたんです。なぜなら、ブッシュにはまだ地雷が埋まっているから。実際、移動中に地雷にふっとばされたNPOの車も見てしまいました。もう笑い事ではなく、さすがに人生観が変わりますよね。それに、そんな状況でもみんな元気で朗らかだったことにも感銘を受けましたし、半年後に再訪したときには、ものすごい勢いで復興が進んでいて、人や国の生命力を感じました。

-- 行かなきゃ肌で感じることはできない、というのが「マナベル」そのものですね。観光地を回って写真を撮るだけじゃなく、もう一歩踏み込んで、自分だけの知識や気づきを得られる「マナベル」をしてみたいと思う人も多いと思うのですが、単なるトラベルを「マナベル」にするコツを教えてください!

勝間さん
まず「比べる」ことでいろいろな疑問や興味が湧いてきます。比べる基準は私たちがよく知っている日本でOK。観光客ばかりがいる観光地ではなく、地元の人の生活圏に行って、モノの値段、色、住んでいる人の体型、着ているもの、食べているもの、働き方や話していることなどを、できるかぎり日本と比較してみてください。そして、日本との差はいったいどこから発生しているのかについて、考えをめぐらせて見てください。分からなければ帰国後調べてもいいし、現地の人や、そこに住んでいる日本人に聞いてもOK。

-- 比べる、調べる、そして考える、という3点で、トラベルが一気にマナベル化しますね!あえて比較しやすい、日本にもあるチェーン店などに行ってみるのも面白いかも。

勝間さん
私も、中国でスタバに行ったり、ソウルでロッテリアに行ったりしました。物価の違いや為替の値動きも実感できるんですが、その国ならではのお菓子が置いてあったりして面白いんです。例えばアメリカのスタバには「抹茶フラペチーノ」はまずないでしょう(笑)。中国のスタバには普通に「月餅」が置いてあったりするんです。NYで朝ごはんを食べたときも、普通のカフェとスタンドのカフェで、似たような大きさのドーナツの値段が倍以上違うのに驚いたり、客層が明らかに違ったりするのを見てとても興味深かったですよ。

-- 面白そうですね!これからは旅先で、一つ一つを流してしまわないで、足や手を止めて考えてみることにします。ついついあちこち行きたくて急ぎ足になっちゃうんですが(笑)

勝間さん
無駄に駆け足だともったいないですよ。何だろう?どうして?面白そう!と思ったら、ぜひ寄り道してみてください。私も海外へ行くと、よく行列に並ぶんです。
勝間和代の学び旅 マナベル オーストラリア編・勝間和代さんインタビュー

-- 勝間さんが行列に並ぶんですか?(笑)

勝間さん
はい(笑)。観光客じゃなくてあからさまに現地の人が並んでいる場合に限りますが。香港でやたら長い行列がてきていて、きっとこの先においしいものがあるに違いない!と思って並んだんですが、結局、鳥の巣を模したかわいいカステラでした(笑)。

-- 外国人が大阪の堂島ロールの行列に並んでみた、みたいなものですかね(笑)。

勝間さん
そんな感じです(笑)。有名な観光地に、現地の人って意外に行かないでしょう。東京にずっと住んでいる人が東京タワーや浅草には行かないように。それと同じで、その国の本当のところに触れたいのならば、現地の人に混じってみるのが一番です。そこから見える光景は、観光地から見える素敵なスポットよりよっぽど価値があり、心に残るはずですよ。
勝間和代さん衣装提供
ショートネックレス/12.600円、ロングネックレス/21.000円、ブレスレット/6.300円、ピアス/4.200円:クリオブルー青山本店
パンプス/31.500円/アラキオーサキエレガンス:ブティックオーサキ 原宿本店
・クリオブルー青山本店 03-3409-2930
・ブティックオーサキ 原宿本店 03-3400-8061

スリムボディを手に入れよう!秋に始めるダイエット特集!
注目の骨盤ベルト、レギンスや器具まで大集合!
家計が助かるワ!ファミリーセール
【ファミリー市場】奥さま必見!!期間限定SALE開催中
桐谷健太さんの「俺の声を聞いてくれ!」
【芸能人の愛用品を紹介】桐谷健太さんの「俺の声を聞いてくれ!」

Cafe de RAKUTEN BOOKS

バックナンバー 最新号の特集 プレゼント

このページの先頭へ