トップ > キャンペーン・特集 > > 2011年4月号 su・te・kiソウルカフェ

Cafe de RAKUTEN BOOKS

2011年4月11日更新
バックナンバー 最新号の特集

春の女子旅応援企画 〜韓国篇〜 スイーツ女子も必見! そうだ、ソウルのカフェにいってみよう。

ドラマのロケ地を巡ったり、エステを堪能したり、カリスマ占い師をたずねたり…と旅のリピート率が高い韓国。目的はさまざまですが、現地で誰もが感じるのが、意外にも「ちょっとお茶をしたいけど、いいカフェが見つからない」だとか。スタバやマクドナルドもいいけれど、せっかく外国に来たのだからおしゃれなカフェに行きたい─そんな女子たちの要望にお応えするのが今回ご紹介する『su・te・ki ソウルカフェ』。韓国在住の著者・yossyさんとkayさんが紹介するカフェは、女子のツボをグッと押さえたラインナップ。かわいくて頼りになる、女子旅のお供にぴったりな1冊です!

今回ご紹介する本はコチラ!

これであなたもソウル通!女子旅に欠かせないスイーツ満載のカフェ本!

買い物とグルメにいそしむ合間に、ほっとひと息できるカフェはいかが?1人で気軽に、女子同士やカップルで、とにかく使えるソウルカフェ情報が満載。ひとたび開けば、美しくかわいい写真たちがソウルへの旅ゴコロをそそります。

ココが便利!

  1. 「いかにも」なガイドブックとは違い、奔放に開いてソウルの街を闊歩していても恥ずかしくないおしゃれな装丁。プレゼントにも最適。
  2. 掲載店舗56軒!オーダーやメニューの使用言語、お1人様利用可などのきめ細やかなデータは、まるでソウルカフェのコンシエルジュ。
  3. 移り変わりの激しい韓国のカフェ事情は著者yossyさんのブログ版をチェック。書籍は保存版として、思い出のアルバムのような存在に。

su・te・kiソウルカフェ

『su・te・kiソウルカフェ』
著書:yossy/kay
価格:1,365円(税込)
出版社:実業之日本社
ご購入はこちら

ソウル版ハチクロ?芸術で有名な大学周辺のアートな街・弘大のカフェをチェック!

アニョハセヨー!スタッフ初の海外旅行は、ソウルカフェの旅…?パスポートは取ったものの、仕事のためソウル取材はおあずけ。せめて雰囲気だけでも、と気になるカフェの情報をyossyさんとkayさんに聞きました!カムサハムニダ!

弘大周辺の気になるカフェの地図・情報の図

続きは本で!必ず行きたくなる、ソウル・カフェの旅

  • 弘大はもちろん、カロスギル、仁寺洞など7エリア+αのカフェを網羅!行きたい街のおしゃれカフェがきっと見つかります!
  • 夏にかかせないパッピンスや、ビッグサイズのワッフルなど、日本ではそうそうお目にかかれないスイーツ情報は新鮮そのもの!
  • カフェで便利な韓国語、お土産など、旅を充実させるワンポイントもお見逃しなく!
su・te・kiソウルカフェ

韓国ならではの伝統茶でエナジー注入!一目置かれるお土産にも?
見た目にも美しく、美容や健康にも効果があるといわれる「伝統茶」はエネルギッシュでそれでいて繊細な韓国文化に通ずるところがあるように思えます。友達に家族に、このお茶が合うんじゃないかしらとお土産に選ぶのも旅の醍醐味となりそうです。

目にも体にもココロにも効く「伝統茶」を紹介しています!韓国に行って意外に驚かされるのが、お茶の種類の多さ。もともと韓国は、仏教の影響で喫茶文化が盛んな国ですが、さまざまな条件下により緑茶文化が衰退していったそうです。
しかし根付いた文化はやがて、庶民のあいだで「伝統茶」として復活の兆しを見せ、現在まで受け継がれてきているのです。
果物や中国の漢方医学を独自に発展させたという「韓方(ハンバン)」を使ったお茶は、風邪の予防や血行促進など健康や美容に効果があると親しまれています。
こうした歴史を知ると、ひと味もふた味も味わい深いものに感じられるのでは?カフェのメニューで「伝統茶」を見つけた際には、選ぶ楽しみもあわせて味わってみてくださいね。

su・te・kiソウルカフェ
『su・te・kiソウルカフェ』
著書:yossy/kay
価格:1,365円(税込)
出版社:実業之日本社
ご購入はこちら

レビューもチラ読み

  • ★先日、ソウル1人旅をした時実際にこの本を片手にカフェ巡りをしました。知りたい情報が載っていて(料理のボリュームや価格帯、お一人様OKかなど)とても参考になり助かりました。写真もキレイで文章もとても見やすく、歩きながら開いても恥ずかしくないシンプルなデザインの表紙とガイド本としては完璧!
  • ★韓国旅行リピーターです。韓国は今、空前のカフェブームという事で同じく韓国好きの友人からのオススメで即購入です!カフェ好きの方なら購入すべきかも♪韓国旅行に持って行ってもカバンに入れやすいサイズで持ち運び便利なのが良いです。
  • ★こんな本を探してました!!韓国へ行くとお茶タイムが多い我が家。これからはこの本に載っているお店巡りをしたいと思います♪ほんと買って良かった本です♪
  • もっとレビューを読む!>>

profile

yossyさん/kayさん

yossyさん
イギリスで知り合った韓国人の旦那さまとの結婚を機に、2007年3月よりソウル在住。1年間に行ったカフェの数は100近く。書籍では主に撮影、執筆を担当。ブログ「su・te・ki Seoul」でカフェ&ソウル情報発信中!
kayさん
仕事で渡韓後、2007年9月よりソウル在住。韓国人の旦那様をもつ。書籍ではカフェへのインタビュー、データ収集を担当。趣味はヨガとクラシック鑑賞。多趣味で体当たりのトライ派。

関連図書

『su・te・kiソウルカフェ』

su・te・kiソウルカフェ
著書:yossy/kay
出版社:実業之日本社
価格:1,365円(税込)

著者インタビュー

yossyさん&kayさんに聞いたリアル韓国事情!
カフェ、スイーツやお土産…韓国のイケメンを虜にするワードなど語りきれません!

-- ソウルの旅本を探しているときにこの本に出会って即買いしました。同名の人気ブログから出版にいたったわけですが、両方で表現する上で違いはありますか?

(yossyさん)
ありがとうございます。まずブログは、主に写真を通してその場の雰囲気が伝わればいいな、というビジュアル先行型でやっていて、カフェのデータなどは細かく書いていません。対して書籍は、写真にしてもデータ欄にしても読者の方の目線で考えて「分かりやすさ」を第一にしつつ、詳細な情報を得られるように努めました。

-- すごく丁寧さを感じます。それにyossyさんとkayさんそれぞれの持ち味がバランスよくコラボした本ですね。同じ年にソウルに在住、同じく韓国人の男性と結婚など共通点が多いお2人。それにアーティスティックな香りが…。

(yossyさん)
アーティスティックかどうかはともかく(笑)、kayさんとは物を見る視点が近いのは確かです。私は好みがはっきりしているので、kayさんぐらい好みが合う人じゃなかったら本作りの協力は仰げなかったと思います。
(kayさん)
私もアーティスティックかどうかはともかく(笑)。物を見る視点が似ている点が多いyossyさんとは、本を作っていく過程で何か決める際にも、とってもスムーズに「あ・うん」の呼吸でできました。

-- お互いの共通点も似ていますね〜。反対に「ここが羨ましい!」という点はありますか?

(yossyさん)
kayさんはとにかくアグレッシブでチャレンジ精神旺盛。行動範囲がとてつもなく広いことですね!時々出る「地方キャラ」もオシャレな外見とギャップがあって大好き(笑)。私には無いインパクトで羨ましいです。
(kayさん)
写真にも表れていますが、yossyさんはとにかく美的感覚がすばらしいです!私はどちらかと言えば「花よりだんご」タイプ(笑)。特にyossyさんの「フットワークが軽い」点は自分になくて羨ましいです。

-- 羨ましい点も似ている気がします(笑)、「運命的なお二人」って気がします!今度は日本と韓国のカフェの違いについて聞かせていただけますか?

(yossyさん)
韓国には日本のように、いわゆる「喫茶店」はほとんどなく、若い子向けのオシャレなカフェが主流ですね。あとはお昼近くから開店、というカフェが多いことでしょうか。

-- 日本ではサラリーマンがモーニング利用しますよね。韓国のカフェを利用する際に気をつけることはありますか?

(yossyさん)
最も注意していただきたいのは、韓国はお店の移り変わりがものすごく速いということ。先週まであったカフェが、翌週には別のお店になっていたりするので、ネットやお電話で事前に連絡してみたほうが確実ですね。あとは、オーダーする時。カフェラテは「カペラテ」など、日本と発音がかなり違います。たとえば紅茶のことを韓国語で「ホンチャ」というのですが、「ホン」の発音が意外と難しくて聞き返されることがありました。じゃあ「アールグレー」と銘柄名を言おうがものなら「アールグレー」の「アール」の発音も難しくて(笑)。
映画のワンシーンのようにおしゃれ MINON CUPCAKES(書籍P18掲載)

映画のワンシーンのようにおしゃれ

MINON CUPCAKES(書籍P18掲載)

-- カペラテ!本でもとりあげられていたここ、ホンデは日本では馴染みがないかもしれません。ズバリ見所は?

(yossyさん)
ズバリ「路地」です。若い子向けのショップやライブハウスが並ぶ大通りはまるでリトル原宿。でも一歩路地に入ると、雰囲気のいいカフェがいっぱいあるんです。私は吉祥寺と通ずるものを感じます。芸術で有名な弘益大学校を中心とした街ということもあってお店も街全体も個性的でアーティスティック、お値段も良心的です。

-- 若い人たちが多いから流行も早そうですね。韓国でスイーツやファッションなど流行っているものは何ですか?

(kayさん)
流行というわけでもないですが、日本ではおなじみのミルクレープをよく見かけるようになりました。「クレペ」と発音します。他には、CC(シーシー)と言うキャンパスカップル(Campus Couple)の頭文字をとった言葉をよく聞きます。そのCCの中にもいますが、韓国ではペアルックをよく見かけます。日本ではめずらしいですが、韓国では定着している感もありますね。

-- 日本でペアルックはたしかに…(苦笑)。韓国のお土産でのおすすめを教えていただけますか?

(kayさん)
生食(センシク)という雑穀、豆類や乾物を粉状にしたものがお勧めです。牛乳や豆乳やヨーグルトに混ぜるのが主流のようです。味はきなこに似ていて食べやすくヘルシーで大きめのスーパーやデパートで手に入ります。

-- 初めて聞きました!本にも載っているロッテマートにありそうですね。この、合間合間に掲載されているプラス情報も参考になります。それにどの写真もかわいくておいしそう…撮影するときのコツを教えてください!

(yossyさん)
意識しているのは、光の量です。全て目分量ですが。構図については「わかりやすく」が信条なので、奇をてらわずまっすぐカメラを構えて、目に入ったステキなものを素直に撮るようにしています。

-- 日本で最近よく聞く「カメラ女子」もブログなどにアップして公開しています。ブログを長く続けるコツはありますか。

いかにも韓国らしい一軒家茶院。チャマシヌントゥル。氷の中に花が入った冷たいお茶(右)は見る目も楽しく。(書籍P64掲載)

いかにも韓国らしい一軒家茶院。チャマシヌントゥル。

氷の中に花が入った冷たいお茶(右)は見る目も楽しく。

(書籍P64掲載)

(yossyさん)
更新がストレスになると続けられないですよね。仕事でも何でもそうですが、適度に息抜きしつつ、100%の力で走り続けないことが長続きの秘訣ではないでしょうか。

-- それが見る人を心地よくさせる秘訣なんでしょうね。では最後に…韓国のイケメンをメロメロにするホットな韓国語を教えてください!

(yossyさん)
基本的に韓国の男性はみんな「オッパ(お兄さん)」と呼ばれるのが好きみたいです。夫と付き合い始めた頃、「韓国では彼氏のことはオッパと呼ぶものだから、自分のこともそう呼んで」と言っていました。夫は年下なんですけどね(笑)。そういえば去年、カワイイ男の子が「ヌナ(お姉さん)、あ〜ん」といってスプーンをこちらに向けるCMがありました。あれはグラッときましたね(笑)。韓国は呼称にうるさい文化ですけど、「オッパ」「ヌナ」はかなりのマジックワードだと思います!

さまざまな角度から“あがる”商品をピックアップ

必ず話せる韓国語入門改訂増補
『必ず話せる韓国語入門改訂増補』
office joe/小倉紀蔵
★身につく!決まり文句と決め台詞
ご購入はこちら
韓国ドラマ ロケ地マップ2011
『韓国ドラマ ロケ地マップ2011』
トキメキ パブリッシング/角川グループパブリッシング
★あのお方と、同じ地に立ってみる
ご購入はこちら
AKB48 海外旅行日記2 WithSKE48
『AKB48 海外旅行日記2 WithSKE48』
光文社
★AKB&SKEが海を越えたら?
ご購入はこちら
タビハナシリーズ
『タビハナシリーズ』
JTBパブリッシング
★今こそ、日本再考の兆し。
ご購入はこちら


Cafe de RAKUTEN BOOKS

バックナンバー 最新号の特集

このページの先頭へ