トップ > キャンペーン・特集 > > 2011年10月号 糸井重里さんインタビュー『ほぼ日手帳 WEEKS』

Cafe de RAKUTEN BOOKS

2011年10月11日更新
バックナンバー 最新号の特集

ほぼ日手帳 2012 WEEKS Special 1day, 1week, 1month... すべての「時」のはじまりからおわりまで。

2011年からスタートしたほぼ日手帳シリーズのビジネス版『ほぼ日手帳WEEKS』。ほぼ日手帳のDNAを組み込んだWEEKSは、ビジネス手帳の概念をくつがえす圧倒的な存在となりました。2012年版は、女性にもうれしいカラーバリエーションに富み、機能面も2011年版よりバージョンアップした内容となっています。リピーターの方は小さな発見に顔がほころび、ビジターの方はその使い勝手となじみのよさに驚き、じわじわと虜になるはずです。ビジネスもプライベートも『ほぼ日手帳WEEKS』におまかせ─そんな2012年はいかがでしょう。

今回ご紹介する本はコチラ!

「ほぼ日手帳 2011 WEEKS」を活用しているスタッフが、独断と偏見で2012年版の「ココがいいね!」ベスト3をご紹介。
泣く泣く3つだけに厳選しましたが、使ってみてわかる、あなただけのWEEKSのツボを堪能してください。

WEEKSココがいいね!

  1. BEST1.「方眼ノート」手帳の後半に収録されたメモ用紙は75ページに。一般的な大学ノートをはるかに超えるページ数で、もはや「ノート」付きスケジュール帳といっても過言ではありません。
  2. BEST2.「週の言葉」2012年版では、「ほぼ日刊イトイ新聞」から厳選されたビジネス中心の言葉が掲載されます。予定がない日は、美しい日本語で書かれた言葉で「読む手帳」を楽しんでみては?
  3. BEST3.「見た目」2011年のブラック1種類から一気に9種類が投入されました。ビジネス手帳だって中身がよければ、堂々と外見で選んでいいんです。したがって「これくらいは、おしゃれでもよろしい」。

ほぼ日WEEKS手帳

『ほぼ日手帳 2012 WEEKS』
価格:1,890円(税込)、2,100円(税込)
出版社:東京糸井重里事務所
ご購入はこちら

手帳ベタな新米デジ子ちゃんが憧れの先輩に聞く、「ほぼ日手帳 WEEKS」事情 ほぼ天カンパニー営業部に配属されたデジ子ちゃんが同じ部の先輩とチャットをしているようです。なにやら手帳の話をしているみたいですね。憧れの先輩と話せて有頂天気味のデジ子ちゃんですが、デジタルとアナログを駆使してスケジュール管理も完璧な先輩に感化されつつあります。最後にはいい雰囲気に?ちょっとのぞいてみましょう。
  • 今日は往訪のリマインドありがとうございましたm(_ _)m

  • 今度からは気をつけてね。スケジュールにいれていなかったの?

  • 携帯のアラーム設定で日にちを間違えていました…

  • 間違えてたら意味ないよ(-_-)スケジュールはもっていないの?

  • はい。あとはスマホで会社の管理ツールと同期しようと思います(`・ω・´)キリッ。

  • 会議室の確認とかに便利だよね。

  • 先輩もスマホでスケジュール管理しているんですか?

  • うん、あと手帳ね。

  • うわーなんかかっこいいw(°0°)w私書くの苦手なんですよね。

  • 俺も苦手だったけど、サッと取り出せてササッと記録できるのはやっぱり手帳なんだよね。あと営業だと目上の人に会うから、携帯でカチカチやっていると印象悪いでしょ。

  • あ…今日のクライアントの人、だから機嫌悪かったんですかね??

  • あれはセーフ。カチカチやっていたら俺が注意しているよ。

  • Σ(・□・ )あ、手帳ってあのポケットから取り出していた黒いのですか?お財布みたいな。

  • 話が…wそうそう。まさにウォレットサイズって言うの。

  • 白いラインが印象的で覚えています。使い勝手はいいですか?

  • すごくいいよ。手帳自体慣れないから続かないかと思ったけど。書くスペースも多いしノートがいらなくなったよ。

  • ノート泣かせですね(゜-^*)σどのメーカーのですか?

  • 「ほぼ日手帳」って知ってる?

  • 友達が使っていました!でもあんなに小さかったっけ。

  • 去年出たビジネス版でWEEKSっての。あれならかさばらないなって買ったんだよね。

  • WEEKSってことは週間のみですか?

  • 月のスケジュールもあるよ。週間部分だと見開きで書き込みがたくさんできるし。

  • ビジネス手帳だとプライベートの予定は書かないんですか?

  • そんなことないよ。月間のほうに休みの予定とか書いたりして使い分けてるよ。

  • 色は黒だけですよね。ビジネスですもんね(・・,)

  • 2012からカラーが増えたよ。9種類かな?チェックもあったはず。

  • えぇーチェックがあるなら買ってみようかなo(^^o)

  • あと月の満ち欠けとか書いてあるよ。女の子は好きかもね。

  • 昨日満月でしたよね??

  • ちょっと欠けてたよ。その前が満月だよ。というのがわかるよw

  • 絶対買いますヽ。(ー_ーメ)買ったら使い方教えてくれませんか│_・)チラ

  • 教えるってほどじゃないけど、俺の見てもいいよ。

  • やった\(^-^)/食事おごります!その約束もWEEKSに書いてくださいね(^- °*)

  • 了解www

「ほぼ日手帳 WEEKS」ご購入はこちら
ビギナーズ必見!「ほぼ日手帳 2012 WEEKS オプションセット(1029円・税込)」をご用意しました。
  • WEEKS用クリアカバー お気に入りのカードや写真も入れられます!
    汚れ防止にもなり、ペンホルダーが付いているので「WEEKS」をお選びいただくお客様にとっては「リーズナブルにペンホルダーを購入できるオプション」です。ぜひ!マストアイテムとしておすすめしたい商品です。
  • インデックス付き 下敷き
    WEEKSのサイズに合わせた下敷きです。 定規にもなるので、とっさにサイズを測りたいときに便利です。
  • WEEKS用ノートセット WEEKSのメモページと同じ3.7ミリ方眼
    手帳自体にもメモページが75ページ入っていますが、「もっとメモを取りたい!」という方のために「WEEKS」と同じサイズのノート3冊をセットにいたしました。もちろん「WEEKS」のメモページと同じ、3.7ミリ方眼です。
楽天ブックスオリジナル 「ほぼ日手帳 WEEKS オプションセット」ご購入はこちら

記憶に残るおまけページ「もしもの時にそなえて日ごろから準備しておいたほうがよいもの」
2012に追加された象徴的なおまけページといえば「もしもの時にそなえて、日ごろから準備しておいたほうがよいもの」。こんなことがあったんだ、と思い出すきっかけになる「おまけページ」は、「ほぼ日手帳」ならではの柔軟性を再認識するポイントなのです。

つい見落としがちなあんなものこんなものが、リスト形式でチェックできます。よろしければ、大事な人と見直してみる時間をとってみてくださいね。

ほぼ日WEEKS手帳
『ほぼ日手帳 2012 WEEKS』
価格:1,890円(税込)、2,100円(税込)
出版社:東京糸井重里事務所
ご購入はこちら

profile

糸井重里さん

糸井重里さん
1948年生まれ。コピーライターとしてデビュー後、作詞、小説・エッセイ、ゲームの制作など、さまざまなジャンルで活躍。1998年にウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を開設し、1日のアクセス数は150万件を誇る。近著に『羊どろぼう。』ほか。

関連図書

『ほぼ日手帳 2012 WEEKS』

ほぼ日手帳 2012 WEEKS
出版社:東京糸井重里事務所
価格:1,890円(税込)、2,100円(税込)
ご購入はこちら

『ほぼ日手帳公式ガイドブック(2012)』

ほぼ日手帳公式ガイドブック(2012)
著書:ほぼ日刊イトイ新聞編集部
出版社:マガジンハウス
価格:1,575円(税込)
ご購入はこちら

著者インタビュー

糸井重里さんインタビュー
変わっているけど変わらない。「ほぼ日手帳 2012 WEEKS」+αのお話。

-- WEEKSは、ビジネスパーソン以外のターゲット層を意識していましたか?

糸井さん
「今まで会えていなかったお客さまと会いたい」そういうふうに思っていました。ターゲットというようなことは、あまり意識していないですね

-- 興味はあってもなかなか、使い始めるきっかけをつかめない人にとって、「WEEKS」は気軽に「ほぼ日手帳」を始められるうってつけの存在です。私もようやく念願の「ほぼ日手帳」スタートに踏み切れました

糸井さん
ありがとうございます。長年なにかを続けてやっていると、楽しい常連の会みたいになってしまうことって、あると思うんです。それはやっぱり望むところではないですね。「出入りが自由」っていうのが僕たちの目指すところです。「ほぼ日手帳」を使うのをやめたという人がいてもいいし、ウェブサイトの「ほぼ日」のことは知らないけれど「ほぼ日手帳」を使い始めるってこともあると思いますし。

-- お店みたいですね。

糸井さん
お店みたいですよね。「街」ですね。この街に来てくれる人のことは断らないし、出て行く人がいてもひきとめない。そんな感じです。ただ、昨年「WEEKS」を発売して分かったんですが、新しいお客さんはもちろんですけれど、今までの「ほぼ日手帳」のお客さんたちが、「WEEKS」も購入して、2冊使いしてくださったりしています。

-- 2012年版は豊富なカラーバリエーションで女性のお客さんも増えそうです。私は「タータンチェック・グリーン」にしました。

糸井さん
ありがとうございます。2011年のWEEKSはずいぶん役立っているんですね。

-- はい!どうぞ!よろしければご覧になってください。最初は時間軸にとまどったんですが慣れました。2012では自由度が増して、もっと気軽に使えそうです。うしろの方眼メモはのびのび活用させてもらっています。

糸井さん
「WEEKS」をメモ帳だととらえて、ついでにスケジュールも見られるという感覚がいいのかもしれないですね。

-- そうですね!それに、この方眼がここちいいんです。これまでの「ほぼ日手帳」をつくり続けてきたから、こうして「WEEKS」にいかせるんですね。「月の満ち欠け」が手帳に載っているのも特徴的ですが、なにかに活用していますか?

糸井さん
月を見る習慣がある、というだけでもおもしろいですよね。「新月に何かを始めるといい」というような話を友達としたりね。

-- そういう習慣などのバイオリズムができると、もっと楽しいですね。

糸井さん
「規則」と「リズム」は違うんですよね。「ルールを守ろう」というのはなかなか不自由ですが、「リズムをキープしよう」という感じなら、気持ちいいですよね。
「遠くから見ると黒にも見えるんですよね」緑×紺のタータンチェックのWEEKSを手に取る糸井さん。

-- 言い方でずいぶん印象が違います。そういえば、2012年版の「ほぼ日手帳」について「昨年と変わらない」とおっしゃっていました。でもバージョンアップしたところ、たくさんありますよね。

糸井さん
普通は、「変わった」ということをつい言いたくなっちゃうと思うんです。時間をかけながら、地に足の着いた進化をしたいですね。本当に小さな変化だとしても、無意識にはすごく影響を与えることってありますよね。たとえば、自転車のハンドルとかサドルの位置とか、ちょっと変えるだけで、ずいぶん違う感じがしたり。

-- それに気づくか気づかないか。

糸井さん
保守なんだけど変わっていく。大事ですね。でも「ほぼ日手帳」にとって、これまで革命というのは、一度もないんです。

-- 今、「革命」という言葉が、とても古めかしく感じました。

糸井さん
そうかもしれない。一気に新しくすることって、根っこのないようなことをやってしまいがちでしょう。なだらかな坂をらせん状に上っていくというのをずっと続けています。
話題に出た見開き週間カレンダーの「月の満ち欠け」と「言葉」。会話のきっかけになりそうな、楽しめる手帳の要素となっています。

-- 根っこというのが、手帳を使っているお客さんみたいな気もします。

糸井さん
まさしくそうです。昨日も販売しているお店をぐるっと回ってきたんですけど、どれがいいだろうとお客さんが一生懸命、選んでいるのを見ると涙が出ますね。熱心というか。熱狂じゃないんですよね。

-- 熱狂じゃなく熱心。

糸井さん
そうなんです。愛情を感じるんですよね。その人その人がかかえている日常とか歴史とか、困ったこととかうれしいこと、すべてが「ほぼ日手帳」であって、そういう手帳って他になかなかないんですよね。パーソナル、というか個がたってきた時代にスッと入れたんじゃないかな。

-- 日記、とはまた違いますもんね。日記だとグチだらけになりそうです。

糸井さん
日記だと告白みたいになりますからね。手帳だと、彼氏にふられたとしても、ただ×印を書くだけにしたり。前向きですよね。

-- 手帳として書くことで節度が守れます。私もWEEKSを見て1日を振り返る習慣がつきました。平日は夜遅いんで1日の区切りがつかなかったんです。でもこの手帳をひとしきり見て、「よしこれで1日は終わり!寝よう」って。

糸井さん
それはよかった…よかったです。

-- 本当にありがとうございます。2012のおまけページでは「もしもの時にそなえて日ごろから準備しておいた方がいいもの」シートが加わりました。

糸井さん
確実に震災の影響ですね。気休めかもしれないけど。あわてていると思いつかないんですよね。

-- 手帳に書いてあることで、見直すきっかけができるのはうれしいです。あと、おなじみの「言葉」が投入されました。WEEKSにはビジネスよりの言葉が中心、ということでとても楽しみです。

糸井さん
実は「『ほぼ日手帳』の言葉」が入るのも賛否両論あるんです。その代わりにもっと書くスペースを、というご意見をいただいたり。でも、この言葉は「ほぼ日」の特別な特徴ですね。自分たちは「ほぼ日刊イトイ新聞」というウェブサイトを毎日更新しているから、自分ちの倉庫から出せる。いままでのコンテンツから、選りすぐった言葉を載せています。

-- 紙で見ることでまた違って感じ方ができそうです。

糸井さん
また読み返すと違うんでしょうね。

-- 最後の質問になりますが、先ほど「保守」「進化」と相反する言葉が出てきました。それは「ほぼ日手帳」すべてにいえる好対照の要素の融合だと思いますが、WEEKSに限って言うとどんな相反する要素がありますか。

糸井さん
かっこいいとか、かわいいとか、そういう感覚のものってこれまでビジネスのシーンでは浮いていたんですよね。だけど、「ほぼ日手帳WEEKS」は、機能として考えても遜色ないだろうし。相反する要素でいえば「機能」と「おしゃれ」ですね。「そんな服着てて仕事なんかできるもんか」っていうヤツが、じつは仕事がデキるヤツだった、みたいなね。

-- カッコよすぎますね。WEEKSってヤツは(笑)。

さまざまな角度から“あがる”商品をピックアップ

LIFE 3 なんでもない日、おめでとう! のごはん。 なんでもない日、おめでとう!のごはん
『LIFE 3 なんでもない日、おめでとう! のごはん。 なんでもない日、おめでとう!のごはん』
飯島 奈美/大江 弘之
★幸せごはんのつくり方、教えます。
購入はこちら
クラウド時代のハイブリッド手帳術
『クラウド時代のハイブリッド手帳術』
倉下忠憲
★デジタル手帳達人による手書き手帳のノウハウ本
ご購入はこちら
ほぼ日 ホワイトボードカレンダー 2012
『ほぼ日 ホワイトボードカレンダー 2012』
湯村輝彦/糸井重里
★書いて消せるカレンダー。手帳と一緒にいかが?
ご購入はこちら
365日絵こよみ
『365日絵こよみ』
大田垣晴子
★かわいい絵こよみで、日本の四季を感じてみませんか。
ご購入はこちら


【ママストア】ママの暮らしに役立つ本あります
ママストア
新登場!大人も楽しめるディズニーサイト
新登場!大人も楽しめるディズニーサイト
【社会的責任 CSR】Rakuten Social Responsibility Project 復興に向けた楽天の思い
【社会的責任 CSR】復興に向けた楽天の思い
【楽天トラベル】ゴールドプレミアム 高級ホテル・旅館予約
【楽天トラベル】極上の旅へ出かけよう!プレミアムコレクション

Cafe de RAKUTEN BOOKS

バックナンバー 最新号の特集

このページの先頭へ