トップ > キャンペーン・特集 > > 2016年 青少年読書感想文全国コンクール「課題図書」

2016年 青少年読書感想文全国コンクール「課題図書」

選定理由文責:公益社団法人 全国学校図書館協議会 第62回 青少年読書感想文全国コンクールの課題図書を小学校低学年から高校生まで一同に集めました。
今年も気になる作品が勢ぞろい!あれもこれも読んでみたくなる作品ばかりです。

小学校低学年 の課題図書

  • ボタンちゃん
    本 ボタンちゃん 小川洋子/岡田千晶 1,404円(税込)

    ボタンちゃんとボタンホールちゃんはふたりでひとつ。いつもなかよしです。ところがある日、ボタンちゃんをとめていた糸が切れてしまって…。小川洋子初の絵本。子どものころ、はじめて考えた物語。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由児童の身近にあるボタンを主人公にした親しみやすさと、低学年の児童が、自分も赤ちゃんの時から愛情を受けて成長してきたことを実感できる高い文学性。落ち着いた色調の絵に好感が持てる。

  • ひみつのきもちぎんこう
    本 ひみつのきもちぎんこう 藤本美郷/田中六大 1,188円(税込)

    ジャリーン。「いまなんかきこえた?」ある日ゆうたは、手紙にかかれていた地図をたよりに、ひみつの場所をたずねます。そこはきもちをあずかる、ひみつのきもちぎんこう。ジャリーン!チャリーン!ジャリーン!チャリーン!つぎつぎといろんなきもちが入ってきます。きもちつうちょうがいっぱいになるとどうなっちゃうの!? ご購入はこちらから 課題図書選定理由本当は優しくしたいのにつっけんどんにしてしまうなど、ポジティブな気持ちとは裏腹にネガティブな行動をとるという、児童にとって親しみやすい内容を持ち、勇気を出したり優しくしたりすることを促している。

  • みずたまのたび
    本 みずたまのたび アンヌ・クロザ/こだましおり 1,404円(税込)

    さまざまなかたちにすがたをかえて、地球をめぐる“みずたま”の旅。フランス「科学の本」賞受賞作家による、とびきり美しく洗練された絵本! ご購入はこちらから 課題図書選定理由地球の水循環を低学年の児童でも理解できるようにわかりやすく物語仕立てで説明している。科学読み物という側面でのテーマ性、絵本という側面での絵やストーリーの質の高さと読みやすさを両立している。

  • アリとくらすむし
    本 アリとくらすむし 島田拓 1,296円(税込)

    アリから餌をもらってそだつチョウや、アリの巣に住むコオロギなど、アリと生活を共にする「好蟻性昆虫」を写真絵本ではじめて紹介。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由身近な生き物を主題にして、生き物が互いにかかわり合って共生していることが写真と文でわかりやすく描かれている。児童の興味を喚起し新たな発見や驚きにつながる。

小学校中学年 の課題図書

  • 二日月
    本 二日月 いとうみく/丸山ゆき 1,404円(税込)

    あたしの妹、1歳の芽生。まだ歩けないし、立てないし、ハイハイも、おすわりもできないし。そういうことができるようになるかもわからない。だけど、芽生はあたしのそばにいる。あたしはいつも、芽生のそばにいる。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由障がいのある妹、妹で手一杯で構ってくれない母親。頭ではわかっていても現状を受け入れられない少女の不満や葛藤と、それを乗り越えて成長していく姿、さらに障がいを持った人への思いを穏やかに描いている。

  • さかさ町
    本 さかさ町 F.エマーソン・アンドリュース/ルイス・スロボドキン 1,512円(税込)

    リッキーとアンは、おじいちゃんの家にいくとちゅう、見知らぬ町で一日をすごすことになりました。その町の名まえは“さかさ町”いったい、どんなところなのでしょう?? ご購入はこちらから 課題図書選定理由純粋に物語の面白さが味わえる作品。いわゆる常識を疑ってみることで違ったことが見えてくるというテーマの深読みができると、よりいっそうイメージが広がっていく。

  • 木のすきなケイトさん
    本 木のすきなケイトさん H.ジョゼフ・ホプキンズ/ジル・マックエルマリー 1,728円(税込)

    ケイトは、森のなかで遊び、木がともだち。木の勉強がなによりすきでした。けれど、大きくなって木のない砂漠の町にくらすことになり…。ケイトはどうしたでしょう。これは、ほんとうにあった木の大すきなケイトさんのおはなしです。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由100年前の南カリフォルニア、砂漠の町サンディエゴの緑化に取り組んだ女性科学者で園芸家の生き方を知ることにより、信念と情熱を持って生きることの大切さを知る。環境問題を考えるきっかけにもなる点。

  • コロッケ先生の情熱!古紙リサイクル授業
    本 コロッケ先生の情熱!古紙リサイクル授業 中村文人 1,404円(税込)

    コロッケ先生こと小六信和さんは、小学校や中学校を回り、古紙のリサイクル授業を行っています。子どもたちとの合いことばは、「紙はゴミじゃない!」。コロッケ先生のねがいは、ゴミ箱にすてられる紙を、一枚でも多く救うことなのです。さあ、実験あり、クイズありの、楽しい授業をのぞいてみましょう。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由古紙の再資源化というテーマで、リサイクルの大切さや資源問題・環境問題を考え、行動に移すきっかけとなり、新たな知識を得る喜びが感じられる。コロッケ先生こと小六信和氏の人柄にも感銘を受ける。

小学校高学年 の課題図書

  • 茶畑のジャヤ
    本 茶畑のジャヤ 中川なをみ/門内ユキエ 1,620円(税込)

    知り合いなどいるはずもないのに、女の子が手をふりながら茶畑の斜面をかけおりてくるのが見えた。「シュー、シューでしょ?」スリランカの茶畑で周は声をかけられた。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由少年がスリランカで出会った人々との交流を通して成長するというテーマ。スリランカの歴史や人々の暮らしなどを知り国際理解につながるとともに、物事を多面的に考え、違いを認めることで児童の視野が広がる。

  • ワンダー
    本 ワンダー R・J・パラシオ 1,620円(税込)

    きっと、ふるえるーオーガストはふつうの男の子。ただし、顔以外は。全世界300万部の感動作。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由障がいのある主人公が差別的な言動を受けながらも、友人や家族の力により日々の生活を豊かにしていき、多くの友人を得るという優れた物語性と、他者を理解することの大切さや差別とは何かを考えさせる文学性を持つ。

  • ここで土になる
    本 ここで土になる 大西暢夫 1,512円(税込)

    小さな村の大イチョウ。ダム建設にゆれた村で、変わらず、動かず、そこに暮らし、土を耕し続けた夫婦がいる。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由ダム計画により立ち退きを余儀なくされた集落で1軒だけ残った老夫婦の思いが題名となっている。変わりゆく人間社会と、変わらない大イチョウの木や老夫婦との対比から、社会について考えさせられる。

  • 大村智ものがたり
    本 大村智ものがたり 馬場錬成 1,188円(税込)

    ノーベル生理学・医学賞受賞!大村智先生がおしえてくれた『挑戦すること』のすばらしさと『人との出会い』の大切さ。大村智先生からのメッセージを特別収録! ご購入はこちらから 課題図書選定理由大村氏の少年時代からノーベル賞受賞までの生い立ちを綴る。やる気と努力とアイディア、そして何事にも誠意をもって臨めば自ずと道が開けることや、身の回りの不思議に目を向けることの大切さが伝わる。

中学校 の課題図書

  • ABC! 曙第二中学校放送部
    本 ABC! 曙第二中学校放送部 市川朔久子 1,620円(税込)

    みさとが所属するのは、機材オタク・古場とたった2人の零細クラブ、放送部。廃部の危機に加え、学校一厳しい先生からも目をつけられ、イマイチな毎日がつづく。さらに超絶美少女の転校生・葉月が関わりはじめてから、状況は複雑化して…!?個性豊かなキャラクターたち、真剣勝負の友情、恋愛からも目がはなせない、みずみずしい成長物語。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由生徒に身近な部活動をテーマにした親近感の湧く物語。心の成長や友情が巧みに描かれ、登場人物一人一人の個性が魅力的に表されている。読後感の爽やかさが秀逸である。

  • 白いイルカの浜辺
    本 白いイルカの浜辺 ジル・ルイス/さくまゆみこ 1,728円(税込)

    野生のイルカの調査中に、行方不明になった母さん。カラは、母さんがいつか帰ってくると信じていた。そんなある日、けがをしたイルカの子どもを助けて…イルカを守りたいという気持ちは、やがて、「海を守りたい」という思いへと広がっていく。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由環境問題、漁業資源問題、人と自然の共存を縦糸に、人と人との繋がりや絆を横糸にして編まれた文学性とメッセージ性の高い作品。母を亡くした少女が母親と離れ離れになったイルカに共感するという情緒性にも優れる。

  • 生きる
    本 生きる 森越智子 1,728円(税込)

    1944年9月、日本軍により中国から連れ去られた劉連仁。苛酷な炭鉱労働から逃亡し北海道の山中で一人、13年間生き抜いた。奪われた人としての尊厳をとり戻すための孤独な闘いの物語。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由アジア太平洋戦争での日本の負の面を考える端緒となる。戦争の傷は戦後何年も続くことを考えさせられ、平和の尊さを学べる。現在の社会状況や国際問題を考える糸口となる。

高等学校 の課題図書

  • タスキメシ
    本 タスキメシ 額賀澪 1,404円(税込)

    駅伝×料理男子。何があってもこのタスキだけは裏切らない!裏切れない!青春スポーツ小説の金字塔、誕生。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由部活動を通して自分を見つめる姿、兄弟の相克、友情など生徒に身近なテーマで、登場人物と自分を重ねることにより読書を通じて自己を考える端緒となる作品。その文学性や優れたストーリー展開を味わえる。

  • ハーレムの闘う本屋
    本 ハーレムの闘う本屋 ヴォンダ・ミショー・ネルソン/R.グレゴリー・クリスティ 1,944円(税込)

    1939年、ニューヨーク7番街に、風変わりな書店が誕生した。ナショナル・メモリアル・アフリカン・ブックストア。黒人が書いた、黒人についての本だけを売る店。「ニグロは本を読まない」と言われていた時代、世間の嘲笑をよそに、黒人に本を、そして、知識を広めることに尽力したルイス・ミショーの生涯とは…? ご購入はこちらから 課題図書選定理由アメリカの黒人差別の実態や歴史、差別解消運動も一様でなくさまざまな考え方があったことなどを知り、差別の無意味さや民族性保障の重要さを考える端緒になる。本が文化や知識の源泉であることがわかる点も良い。

  • シンドラーに救われた少年
    本 シンドラーに救われた少年 レオン・レイソン/古草秀子 1,782円(税込)

    これ以上、悪いことが起こりませんように…!「シンドラーのリスト」に載った最年少のユダヤ人による証言録。ユダヤ人大虐殺の過酷な体験を生き延びた少年と家族。「最悪の状況で最善のことをした」ごく普通の人間=シンドラーの本当の勇気とは、何だったか? ご購入はこちらから 課題図書選定理由「シンドラーのリスト」に載った最年少のユダヤ人である著者の過酷な体験の証言を読むことにより、人の心を変えてしまう戦争の怖さ、過剰な民族主義の愚かさについて学び、現代社会を考える端緒となる。

児童文庫 日別ランキング

楽天ブックス初めてご利用のお客様へ お得なキャンペーン開催中!

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ