トップ > キャンペーン・特集 > > 「読み聞かせ」から「ひとり読み」への橋渡し絵本

 小学一年生で連載のおはなしが絵本になりました! 

  • いけいけ! しょうがくいちねんせい
    いけいけ! しょうがくいちねんせい 中川ひろたか/北村裕花 1,404円(税込)

    新1年生を、応援する絵本! 1年生は、とびきり素晴らしい!
    上級生を面白おかしくはやし立てるのもご愛敬。
    体は小さくても、元気いっぱい、エネルギーあふれる1年生を、
    いけいけ!ゴーゴー!と応援します。
    読めば歌いたくなる! 歌えば走り出したくなる!
    新生活で、ちょっぴり不安な気持ちもカラッと吹き飛ばしてくれる絵本です。  編集担当からのおすすめ情報  新入学におすすめの絵本です。巻末についているメロディーは、とっても素敵です。学校の行き帰りの道で、きっと口ずさみたくなりますよ。

  • そりゃあもう いいひだったよ
    そりゃあもう いいひだったよ 荒井良二 1,404円(税込)

    そりゃあもう!そりゃあもう! ぬいぐるみのクマが、初めてもらった手紙に大喜び! 手紙をくれた相手の元をたずねて旅をすることにしたのですが、「そりゃあもう!」なことがいっぱい。初めてのドキドキ感とウキウキ弾む気持ちが満載の絵本。
    何度読んでもハッピーな気持ちに包まれます。  編集担当からのおすすめ情報  「そりゃあもういいひだったよ」とつぶやいて眠りにつくことができたら、明日もきっといい日になりそう。。。夜寝る前の読書タイムにもぴったりの絵本です。

  • ざしきわらしのおとちゃん
    ざしきわらしのおとちゃん 飯野和好 1,404円(税込)

    春風わたり新緑かおる、日本の原風景絵本 かたかた とんとんとん。
    だれも住んでいない空き家の屋根裏で、そんな音が聞こえたら、それはざしきわらしの仕業かもしれません。
    里山の一軒家にすみつくのは、ざしきわらしのおとちゃん。今はだれも住んでいない空き家だけれど、新しい家族が引っ越してくることになり、ちょっとそわそわ。新緑の緑が織りなす美しい春の里山での、ちょっと不思議な出来事を描いた妖怪絵本です。  編集担当からのおすすめ情報  春の音や香りがいっぱいつまった気持ちのいい作品。思わず深呼吸したくなる心地のいい絵本です。ひなたぼっこしながら読みたいです。

  • たこやきのたこさぶろう
    たこやきのたこさぶろう 長谷川義史 1,404円(税込)

    声に出して読みたい、たこやき絵本! 関西人の長谷川義史さんが、満を持して(?)おくる、たこやき絵本。
    旅に出ようとする、たこやきのたこさぶろう。止めるたこやき家族。そして、こんなものやあんなものまで止めに入るけれど、たこさぶろうには、どうしても旅に出なければならない事情があったのです。そのとき、たこやきやのおやっさんが衝撃の告白を……!!
    読み聞かせにも最適な、リズミカルな文章と、みんなが幸せになれる、ばかばかしいおもしろさがいっぱいの、楽しいたべもの絵本です。
    巻末には、長谷川先生作詞、中川ひろたか先生作曲の「たこやきソング」楽譜つき!  編集担当からのおすすめ情報  「ていうかオマエ、所詮たこやきやろ?」とツッコみたくなる、良い意味でのばかばかしさ満載。個人的には、画面奥にいるたこやきやのおやっさんとたこのやりとりもおかしくて好きです。

 発売予定の絵本はこちら 

 ぴっかぴか絵本の紹介動画はこちら 

 おすすめの小学館の本・雑誌の特集 

  • 小学一年生4月号特集
    小学一年生4月号特集

    今年は昨年大好評だった妖怪ウォッチめざましどけいが更にパワーアップして登場。他にも豪華付録がいっぱい!

  • 小学館の図鑑NEOシリーズ
    小学館の図鑑NEOシリーズ

    起源をたずねて、好奇心と学ぶ心を育む新しい図鑑です。子どもの発育段階に応じて使えるので、小学校入学以降ずっとお使いいただけます!

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ