トップ > キャンペーン・特集 > > 「アート」な絵本

「アート」な絵本

アーティストやデザイナーがつくる絵本は、また一味違う!?
飾っても良し、贈りものにしても良し、大人のセンスを味わえる絵本をあつめてみました。
アートに興味のある方は是非覗いてみてください。

  • あおくんときいろちゃん
    本 あおくんときいろちゃん レオ・レオニ

    絵の具で描かれた青や黄色のまるが生き生きと動きまわり、絵本ならではの夢と感動をもたらしてくれる。レオ・レオニの代表作品の一つでもあるこの作品、あかちゃんから大人まで楽しめます。

  • きりのなかのサーカス
    本 きりのなかのサーカス ブルーノ・ムナーリ

    イタリアの代表的なアーティスト、ブルーノ・ムナーリは、絵本でも独創的な作品を残しています。長らく復刊が強く望まれてきたこの作品、ことばだけでなく、色や形、素材を駆使して表現の可能性を探った驚きに満ちた絵本になっています。

  • かっきくけっこ
    本 かっきくけっこ 谷川俊太郎

    谷川俊太郎×堀内誠一の“あいうえお絵本”!1972年に“幼児と言葉”の関わりを真摯にとらえて作ったこの絵本、日本語の50音の面白さをそのまま絵本にしてしまった驚きの作品です。

  • あかいふうせん
    本 あかいふうせん イエラ・マリ

    字のない絵本です。線画のイラストに、色は白地に赤だけ。子どもがふくらませた赤い風船が口から離れて飛んでゆきます。木の枝にくっついて、りんごになり、枝を離れて…次々に形を変えるものが赤で強調されて印象的です。

  • ぶどう酒びんのふしぎな旅
    本 ぶどう酒びんのふしぎな旅 藤城清治

    あばら屋の二階の窓辺に、老婆の飼い鳥の水飲み用に置かれた、こわれたぶどう酒びん。じつは、このびん、老婆が、美しい少女だったころ、その婚約の席で空けられた、ぶどう酒びんだった……。アンデルセンの名作を、世界的な影絵作家の藤城清治が、人生の万感をこめて絵本化。

  • ちいさな1
    本 ちいさな1 アン・ランド

    ひとりぼっちの「ちいさな1」は、仲間をさがしに出かけます。しかし、だれも仲間に入れてくれません。そこへ「わっか」がやってきて……。洗練された表現の中に、哲学的な思考に触れることもできます。

  • せんをたどって
    本 せんをたどって ローラ・ユンクヴィスト

    表紙から裏表紙まで、たった1本の線で描かれている…というこの絵本。町から村へ、空から海へ、朝から夜へ。あなたはこの絵本のなかで旅をします。本の表紙からはじまっている線の旅を、うつくしい絵とともに体験してみてください。

  • ZOOM
    本 ZOOM イシュトバン・バンニャイ

    ハンガリーの絵本作家バンニャイがアニメーションのズーム・イン、ズーム・アウトの技法を絵本に持ち込んだ不思議な世界。鶏のトサカを見る視点が家から牧場、牧場からさらに広がり続けて、最後は地球さえ点となってしまうまでズーム・アウトする自由なまなざしの冒険です。

  • くも
    本 くも 新宮晋

    オニグモの習性と時の流れを、空の雲、夜の星を背景に、トレーシングペーパーに描いた画期的な絵本。絵本というのは、「絵が語ってくれる」ものだと改めて感じさせてくれます。

  • クレーの絵本
    本 クレーの絵本 パウル・クレー

    スイスが生んだ今世紀最高の画家クレー。その色彩世界に谷川俊太郎の詩が重なる。画集とも絵本ともとれるこの1冊は、贈り物にもぴったりです。

  • ふゆ
    本 ふゆ こうのあおい

    ある冬の日、空では雲があそんでいます。やがて雨が降り、雪になり、降り積もって大地をおおう白い雪。そこで見つけた足あとをたどると……?イタリアで出版され、40年以上愛されている絵本の初の日本語版です。世界6カ国で翻訳。その洗練されたデザインは、今の時代に見ても新鮮な驚きをあたえてくれます。

  • ナマケモノのいる森で
    本 ナマケモノのいる森で アヌック・ボワロベール

    舞台は、ナマケモノのいる森。木はすくすくと育ち、葉っぱは活き活きとしげり、鳥も、ヒョウも、アリクイも、ヒトも、そしてナマケモノも、その森の中で生きていました。ところが…。深いメッセージがこめられているフランスで誕生したしかけ絵本。

  • オセアノ号、海へ!
    本 オセアノ号、海へ! アヌック・ボワロベール

    さあ、オセアノ号の帆をあげよう。まっ赤なぼくらのオセアノ号で、世界をまわる旅に出発するんだ!『ナマケモノのいる森で』の作者、ボワロベールとリゴーが、今度は舞台を海にうつして創作したしかけ絵本。海の上と下の世界が同時に見られる場面が圧巻!

  • ツリーハウス
    本 ツリーハウス ロナルド・トルマン

    ことばはなくても、絵が、かたりかけてくれる。ほら、もうおはなしは はじまっているよ!シロクマが、クジラにのってやってきて…。美しい画面を見ているうちに、物語が自然に浮かびあがってくるようです。

  • アライバル
    本 アライバル ショーン・タン

    漫画でもコミックでもない、素晴らしいセンス・オブ・ワンダーに満ちた「文字のない本」。大人だからこそ楽しめる深い表現をお楽しみください。

  • ブローチ
    本 ブローチ 渡辺良重

    「小さな祈りを 胸にかざる」心を静かに揺さぶる、溜め息と希望の絵物語ー。その内容も表現方法も、大人の女性心をくすぐります。

  • それからどうなるの?
    本 それからどうなるの? トーベ・ヤンソン

    ムーミンとミムラねえさんが、ゆくえ不明になったちびのミイをさがして大冒険。各ページにあけた穴をくぐって話が展開します。繊細な線画、鮮やかな色合い、そしてユニークな想定。絶対に欲しくなる1冊です。

  • BとIとRとD
    本 BとIとRとD 酒井駒子

    ちいさな女の子の、澄んだまなざしの先にあるものは…。その女の子のこころの中に生まれるものは…。酒井駒子の贈る、珠玉の傑作絵本。酒井駒子さんの世界を堪能できる1冊です。

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ