トップ > キャンペーン・特集 > > のりもの絵本特集

のりもの絵本特集

人気の乗り物絵本集めました!読んであげれば、お子様もきっと喜んでくれるはず!

0歳から

  • がたんごとんがたんごとん
    がたんごとんがたんごとん 安西水丸

    汽車が進んでいきます。「がたんごとん がたんごとん。」哺乳瓶がいます。
    「のせてくださーい。」 哺乳瓶が汽車に乗ります。
    続いてコップ、スプーンさんが「のせてくださーい。」
    このくり返しのリズムと、身近なものが登場で赤ちゃんも大喜び。
    はじめてののりもの絵本に大人気の一冊です。

    ≪お客様のレビュー≫
    息子に読んでて擬音が多くて読んであげてて楽しいです。
    メリハリをつけた読み方をするとキャッキャ、キャッキャ”と息子が笑いながら反応してくれます。
    絵本を読むのにもコツがあり、ちょっとした工夫で好奇心を喚起できますよ!

    こちらからどうぞ

1歳から

  • ぶーぶーじどうしゃ
    ぶーぶーじどうしゃ 山本忠敬

    子どもたちが大好きな自動車。身近に見られるバス、パトカー、消防自動車、救急車などを、1点ずつ精巧に描きあげられていて、
    小さい子向け絵本ながら本格派。いろいろな「ぶーぶー」をお楽しみください!

    ≪お客様のレビュー≫
    車好きの1歳の甥っ子へプレゼントしましたが、
    持っている絵本の中でも一番のお気に入りになったようです。
    何度も何度も見入っています。
    絵が大きくページもめくりやすいようで、大変おすすめの一冊です。
    パトカー、消防車、宅急便、ごみ収集車などが出てきます。

    こちらからどうぞ

  • でんしゃ
    でんしゃ バイロン・バ-トン

    シンプルでわかりやすい絵、次々に登場する電車や景色。まるで電車遊びをしているような楽しさが味わえる小さな子向けの乗り物絵本。

    ≪お客様のレビュー≫
    1歳5ヶ月の息子に購入しましたが、でんでん!っと言いながら大興奮で見ています。
    どのページにも電車が描かれているのでちっとも飽きないようです

  • とどくかな
    とどくかな 三浦太郎

    三浦太郎さんのシンプルな絵がかっこいい、はたらくくるま絵本。
    クレーン車や消防車など、人や物を高い所に運びあげる車たちが登場。「とどくかな」「とどいた!」のくりかえしが楽しく、知らないうちに車の働きもおぼえちゃいます。

    ≪お客様のレビュー≫
    表紙紙は消防車ですが、他にたくさんの重機が出てきます。車の中でも特に重機が好きなお子さんにはたまらない1冊だと思います。

  • よこながきしゃぽっぽ
    よこながきしゃぽっぽ リチャ-ド・スカ-リ

    とにかく長い!おりたたみしかけ絵本。全長3mの機関車は大迫力!!
    細かい部分にも楽しい仕掛けがたくさんあって、電車好きの子どもたちにはもちろん、大人まで嬉しくなってしまう人気のでんしゃ絵本です。
    プレゼントに最適。

    ≪お客様のレビュー≫
    かわいいイラストとめくりのある楽しさと読み進めるほど長くなる貨物列車はとても素晴らしいです☆
    も感心するかわいいしかけ絵本です。

  • バスがきました
    バスがきました 三浦太郎

    バスが来るのですが、しっぽのあるバス停には…「チューチュー」ねずみさんのバスが! お耳のあるバス停には…うさぎさん! 
    なんて可愛いバスなんでしょう。子どもたちもお母さんも思わずにっこりしてしまう一冊です。

    ≪お客様のレビュー≫
    「バスよんで!」と毎日持ってきて、バスに乗ってる動物を指差しながら楽しそうです♪
    ホントに絵がほのぼのかわいくて大人も和む一冊です。

2歳から

  • でんしゃでいこうでんしゃでかえろう
    でんしゃでいこうでんしゃでかえろう 間瀬直方

    雪が積もる、山の駅。二両編成の小さな電車が出発します。
    デデン ドドン デデン ドドン 子どもたちが雪で遊ぶ山の村を抜けて電車は行きます。
    穴あきページのトンネルを抜けると景色が一変!前からも後ろからも読める、楽しい乗り物しかけ絵本。

    ≪お客様のレビュー≫
    前からも後ろからも読めて、風景の中に船や色々な人が出てくるので、楽しめます。
    トンネルを入って「ゴー」というところに大笑いしていました。

    こちらからどうぞ

  • せんろはつづく
    せんろはつづく 竹下文子

    線路をつないで列車を通す楽しさに気づかされる絵本。
    リズムカルな文章と場面転換もとても心地良く繰り返し読んでも飽きません。

    ≪お客様のレビュー≫
    絵のタッチも暖かく、絵画を見ているよう。ストーリーも「次はどうなるの?」と大人も子供も引き込まれます。
    電車や乗り物の好きな男の子には特におすすめ。

  • でんしゃにのって
    でんしゃにのって とよたかずひこ

    繰り返しと車内の様子が楽しい小さな子から楽しめるでんしゃ絵本。ほのぼのとした雰囲気と、可愛らしいうららちゃん。
    男の子だけでなく、女の子にも人気の1冊なのです。

    ≪お客様のレビュー≫
    電車が好きな息子はとても喜んで読んでいます。
    本に登場してくる乗客たちに息子は「どうぞどうぞ」と席をゆずるマネをしています。

  • おたすけこびと
    おたすけこびと 中川千尋

    「はい、しょうちしました。」そう言って画面に登場するのはたくさんの小人達と、「はたらく車」オールスターズ!
    バター、小麦粉、砂糖をまぜて・・・さあ、何ができるのかな?ワクワクドキドキ、とっても夢のあるお話です。

    ≪お客様のレビュー≫
    工事車両大好きな息子。絶対に気に入ると思い購入しました。案の定、大喜びで眺めてます。こびとさんがケーキを作るなんて、夢があっていいお話ですね。
    皆さんのレビュー通り素敵な絵本です。

  • しゅっぱつしんこう!
    しゅっぱつしんこう! 山本忠敬

    大きな駅から特急列車に乗り、山の麓の駅で急行列車に、そして普通列車に乗りかえて山間の小さな駅に着くまでを、目に映るままに克明に描いた乗物の絵本。長く楽しめる1冊です。

    ≪お客様のレビュー≫
    工事車両大好きな息子。絶対に気に入ると思い購入しました。案の定、大喜びで眺めてま電車大好きな息子が毎日必ず読んでといって持ってきます。
    電車の絵が昔っぽくてむしろ親の方がなつかしいなぁと思いながら読んでいます。

3歳から

  • ピン・ポン・バス
    ピン・ポン・バス 竹下文子

    駅前を出発したバスはいろんな停留所でピンポンといってとまります。
    少し田舎町ののどかなバスの旅。
    乗り降りする乗客の様子や、ベテラン運転手さんとのやり取りなど、雰囲気もふくめて楽しめるのりもの絵本です。

    ≪お客様のレビュー≫
    緻密な絵の中にちょっとした隠し技があって、子供たちはそれを見つけては嬉々として教えてくれます。
    この本もとても気に入った様子で、夜寝る前の読み聞かせはもちろん、昼間も自分で開いて「ピンポーン」とか言って読んでます。

    こちらからどうぞ

  • しょうぼうじどうしゃじぷた
    しょうぼうじどうしゃじぷた 渡辺茂男

    豆消防自動車じぷたは小さなためにあまりみんなから相手にされません。ところがある日……。40年以上も長く愛され続けているロングセラー絵本。

    ≪お客様のレビュー≫
    乗り物好きな子供はもちろん、小さくても人の役に立てるという教育に良いと思います。

  • はたらくくるまみちをつくる
    はたらくくるまみちをつくる 小森誠

    精緻、迫力の絵で最新の車が大活躍!見開きでは、ダイナミックな観音開きのしかけで驚かせてくれます。

    ≪お客様のレビュー≫
    重機がたくさん出てきます。絵がとてもリアルでキレイだし、ページをめっくたりするとちょっとしたしかけ?があって、息子がとても大事にしてる絵本です。

  • がたごとがたごと
    がたごとがたごと 内田麟太郎

    思いもしない展開に驚きながらも、何度も何度も読み返したくなる楽しい絵本です。

    ≪お客様のレビュー≫
    お客さんが、降りる時には動物やオバケに変わっているので、どの人が変わったかを探す、間違い探しのような本です。

  • しんかんくんうちにくる
    しんかんくんうちにくる のぶみ

    主人公は新幹線の「しんかんくん」!いつも遊びに来てくれる男の子かんたろうくんを見かけなくなって、心配のあまりホームを飛び出してしまうのです。
    新幹線をこよなく愛する子ども達に向けた心あたたまる絵本です。

    ≪お客様のレビュー≫
    しんかんくんが何とも言えず可愛い上に、お話も面白かったです。毎日、読んでくれとせがまれています。

4歳から

  • 新幹線のたび
    新幹線のたび コマヤスカン

    朝、6時15分。まだ明けきらない新青森駅のホームから新幹線『はやぶさ』にのって、はるかちゃんとお父さんの旅は始まります。
    これから3つの新幹線を乗りついで、鹿児島のおじいちゃんの家まで行くのです!
    震災後、今は変わってしまった景色も登場します。でも、だからこそこの美しい景色をたくさんの人に見てもらいたいと思うのです。

    ≪お客様のレビュー≫
    絵が立体的で非常にキレイな作品になっています。各地の名勝や特産物など、改めて勉強になっています。
    土地にまつわるキャラクターなど、照らし合わせることも楽しみになっています。

    こちらからどうぞ

  • いちばんでんしゃのしゃしょうさん
    いちばんでんしゃのしゃしょうさん たけむらせんじ

    一番電車の車掌さんの、乗務前夜から、早朝の出勤、小さなハプニングをひとつずつ解決して、一番電車の乗務終了までを詳細に描いており、とても興味深い内容となっています。電車だけでなく、車掌さんに憧れている子にもオススメです!

    ≪お客様のレビュー≫
    鉄道の車掌さんの仕事が実にうまく描かれています。さすが元JRの車掌さんが書いた作品です。

  • いたずらきかんしゃちゅうちゅう
    いたずらきかんしゃちゅうちゅう ヴァージニア・リー・バートン

    小さな機関車ちゅうちゅうは、ある日かってに逃げだして大騒動を引き起こします。子どもの冒険心にぴったり合った物語の展開と、ダイナミックに描かれた機関車が子どもの心をとらえます。

    ≪お客様のレビュー≫
    表紙の絵を見ては機関車が走る線路を指でたどったり、息子なりにストーリーがあるようで色々話かけてくれます。

  • しゅっぱつしんこう!
    しゅっぱつしんこう! 三田村信行

    大人が読んでもうっとりするような夢のある素敵なストーリー。一緒に運転した気分になれます。

  • はしれ、きたかぜ号
    はしれ、きたかぜ号 渡辺有一

    ゆきこは、青森のおばあちゃんに会いに、一人で夜汽車に乗りました。不安と緊張でいっぱいになるゆきこの前に現れたのは…?現実とファンタジーが入り混じる、まるで映画のような不思議で幻想的な絵本です。

    ≪お客様のレビュー≫
    少女の一人旅に不思議なことが起こります。子供の不安そうな心理描写・お魚たちとの話、とても面白いです。

5歳から

  • 乗りもの2版
    乗りもの2版 真島満秀

    最新の写真がふんだんに使われた、鉄道・自動車から飛行機・船まであらゆる乗り物約600種類を紹介している図鑑です。
    仕組や秘密はもちろん、乗り物にたずさわる仕事や働く人たちも、詳しく解説しています。
    やっぱり図鑑が面白い!

    ≪お客様のレビュー≫
    いろんな種類の乗り物が載っているし、構造や飛ぶ仕組みなども載っているので、大きく成長してからも使えると思います。
    大人が見ても面白いですよ。

    こちらからどうぞ

  • 急行「北極号」
    急行「北極号」 クリス・ヴァン・オールズバーグ

    大人にもオススメしたくなるコルデコット賞受賞の美しい作品。

    ≪お客様のレビュー≫
    絵がとてもきれいで、うっとりしながら子どもたちも眺めています。
    お話もとても素敵で、最後のページは何度読み聞かせていても、私が涙ぐんでしまいます。

  • 地下鉄のできるまで
    地下鉄のできるまで 加古里子

    都会の地下を走る電車、地下鉄。その工事は、地下でどのように進められているのだろう。ページを繰るごとに工事が進み、地下鉄の完成までを楽しく伝えてくれます。

    ≪お客様のレビュー≫
    子どもも大人も学べる絵本です。クオリティの高い図鑑のような絵本です。

6歳から

  • 新幹線と車両基地
    新幹線と車両基地 モリナガヨウ

    N700系の先頭車両は、なぜ細長い? 走ったあとの新幹線は、どこへいく? 新幹線のひみつを徹底的に取材して、イラストで楽しく伝えます!両観音開きでパノラマ図解する車両基地は圧巻。

    ≪お客様のレビュー≫
    一緒に車両基地にいってる感じがします。絵も綺麗です。写真よりいいと思います。夢が膨らんで、いつか車両基地や工場に行こうと考えてます。

  • 大きな運転席図鑑
    大きな運転席図鑑 元浦年康

    新幹線から宇宙船まで10種類の乗り物の運転席を、見開きの大きな写真で紹介している、かなり専門的な内容の写真絵本。内容の本を立てて見ると、気分はまさに運転士!運転のしかたや、運転士の持ち物までのっています。

    ≪お客様のレビュー≫
    ページをめくるごとに息子は大興奮!何度も繰り返し読むよう催促されていて、お気に入りの本の一冊になったようです。

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ