トップ > キャンペーン・特集 > > いぬの絵本

いぬの絵本

2歳から

  • こいぬのくんくん改版
    こいぬのくんくん改版 ディック・ブルーナ

    くんくんは迷子をさがしにでかけます。
    さんざんたずね歩いてから「くんくんくん」自分の鼻が教えてくれました。
    ブルーナの描く可愛い犬のくんくんのお話。

    ≪お客様のレビュー≫
    もうすぐ2歳の子どもが,この頃会話の内容を理解できるようになってきたので,
    車の本ばかりでなく何かストーリーのあるものをと思い購入しました。
    「泣き顔」のわけを親子で考えながら読んでいます。
    「キモチ」について考えるきっかけになりそうです。

    こちらからどうぞ

3歳から

  • バムとケロのにちようび
    バムとケロのにちようび 島田ゆか

    犬のバムとかえるのケロちゃんのおはなし。
    雨の日曜日。サッカーもすなあそびもできない。
    そんな日には、ちらかったへやをかたづけて、
    おかしを用意して、それから本を読もうと……。

    ≪お客様のレビュー≫
    内容もホノボノとしていてかわいいのですが、
    絵の細かい描き込みように感心!!
    微細な所まで、後になって気づいてくすっと笑える、素敵なイラストです。
    子供も、成長とともに食いつくポイントが変わり、本人も楽しんでいますが、
    それを見ている親も楽しめます。どんな年齢層でも、お勧めです!

    こちらからどうぞ

  • ジローとぼく
    ジローとぼく 大島妙子

    ぼくが拾った子犬、ジロー。ところがある朝目が覚めると…びっくり!ジローとぼくが、入れ替わっているのです。ぼくとジローの友情の物語絵本。

4歳から

  • いとしの犬ハチ
    いとしの犬ハチ いもとようこ

    世代をこえて伝えていきたい「ハチ公」のおはなし。
    感動の実話があたたかい絵で絵本になりました。
    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬ハチですが…。

    ≪お客様のレビュー≫
    いもとようこさんの絵が大好きです。
    子供向けの絵本ですが、
    子供に読んでいたらせつなくて私の方が泣けました。

    こちらからどうぞ

  • どうながのプレッツェル
    どうながのプレッツェル マーグレット・レイ

    ダックスフントのプレッツェルは、ドッグショーで優勝し、得意満面。ところがかわいい犬のグレタは見向きもしてくれません。さあ、プレッツェルの愉快なプロポーズ作戦がはじまります。可愛くて元気のでる絵本。

  • はちこう
    はちこう 石田武雄

    東京の渋谷駅にあるハチ公の像はいまも多くの人々に親しまれています。主人の死を知らず、雨の日も雪の日も9年間、駅にかよい主人の帰りを待ち続けた犬のハチ公。人と動物の心のふれあいを描いた名作絵本。

  • いぬのおしりのだいじけん
    いぬのおしりのだいじけん ピーター・ベントリー

    「犬たちはどうして、道でであうと、おしりをかぎあうの?」そんな疑問に答えてくれるお話だというのに、これが本当に可愛い。読んだらだれかに話したくなる、ユーモアいっぱいの絵本です。

  • どろんこハリー
    どろんこハリー ジーン・ジオン

    ハリーは黒いぶちのある白い犬です。ハリーはおふろが大嫌い。おふろから逃げ出してあちこちで遊び、どろだらけになってしまいます。子どもたちはハリーに共感、大人気の絵本です。

5歳から

  • ずーっとずっとだいすきだよ
    ずーっとずっとだいすきだよ ハンス・ヴィルヘルム

    大好きな犬のエルフィーとの悲しい別れ。
    でも男の子は犬のエルフィーに毎晩「ずーっとだいすきだよ」と口に出して言っていたのです。
    エルフィーには気持ちが伝わっているので悲しみも乗り越えられるのです。
    愛の形のひとつを示してくれている絵本です。

    ≪お客様のレビュー≫
    とっても良い本です。優しさに溢れています。
    大人、子供関係なしにみんなの手に取って欲しい本です。

    こちらからどうぞ

  • ろくべえまってろよ
    ろくべえまってろよ 灰谷健次郎

    たいへんだ! 犬のろくべえが深い穴の中に落ちてしまった。早く助け出さないと死んでしまうかもしれない。どうしよう! 子どもたちは救出大作戦に……。子どものやさしさや、友情が伝わる一冊です。

  • グミとさちこさん
    グミとさちこさん 大宮エリ-

    ホワイトチョコレートのような犬のグミ。グミは人間の女の子さちこさんとくらしていて、さちこさんがだいすき。グミはさちこさんの願いをかなえるために…。荒井良二さんの描くチワワは必見!

6歳から

  • しばわんこの和のこころ
    しばわんこの和のこころ 川浦良枝

    おちゃめな柴犬のしばわんこと、いたずら好きのみけにゃんこが、
    心なごませる「和」の暮らし方を楽しくご紹介してくれます。
    ふだんの暮らしに取り入れたいおもてなしの作法など、
    楽しい豆知識がいっぱいの「新・歳時記」。

    ≪お客様のレビュー≫
    可愛いイラストで四季の楽しみ方や日本の行事を学べます。
    しばわんこたちのお家に遊びに行きたくなります。

    こちらからどうぞ

  • マドレンカのいぬ
    マドレンカのいぬ ピーター・シス

    いぬが欲しくても飼えないマドレンカの切なる空想の世界をシスの幻想的で繊細な絵で描かれた仕掛け絵本。街に中を首輪を持って実際にいない犬を散歩に出掛けるマドレンカ。空想はどんどんふくらんでいき・・・。

  • フリックス
    フリックス トミー・ウンゲラー

    ねこの夫婦のあいだに、いぬの赤ちゃんが生まれました。ねこの町では大問題!その子はフリックスと名づけられ、すこやかに育っていきます。どんな子でも、のびやかにたくましく生きることができると教えてくれる、ウンゲラーのメッセージです。

大人向け

  • アンジュール
    アンジュール ガブリエル・バンサン

    ある日、犬は、野の道を疾走する車の窓から投げすてられる。にわか野良になった犬のその日の長いさすらいをたどって描く…。字のない絵本です。白黒のデッサン画がこの絵本のすべてです。ですがそこに登場する犬や景色は何と生き生きとしていることでしょうか!

  • デューク
    デューク 江國香織

    愛する犬・デュークが死んでしまった。悲しくて涙が止まらない私の目の前に現れた少年。晴れた冬の1日を彼と過ごした私が受け取ったメッセージは……。江國香織の世界を山本容子の切なくも愛おしい絵で。

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ