トップ > キャンペーン・特集 > > 大好きおかあさん絵本特集

大好きおかあさん絵本特集

0歳から

  • ママだいすき
    ママだいすき まどみちお

    こぶたたちが、ママのおちちをチュウチュウ チュウチュウ。
    ママが届けるエサを待つひなどり、ママとじゃれあうこねこたち。
    ページを開くたびに、ママとこどもの幸せな時間があらわれます。
    ただ母親の愛情だけを織り込んだ絵と言葉は、
    だいすきなママの優しい声に乗って、赤ちゃんの心に届くことでしょう。

    ≪お客様のレビュー≫
    くり返し読んでも飽きないかわいい絵本だと思います。
    だっこ!のところでは抱っことせがんでくるのが幸せです。
    ママだいすきってほんと言われるのうれしいですね。

    こちらからどうぞ

1歳から

  • ぎゅっ
    ぎゅっ ジェズ・オールバラ

    おさんぽしていたおさるのジョジョくん、他の動物達が「ぎゅっ」としているのをみてママが恋しくなりました。 そこにママが登場。「ジョジョー!」「ママー!」。  おもわず、ぎゅっとしたくなる絵本です。

  • ぼくにげちゃうよ
    ぼくにげちゃうよ マーガレット・ワイズ・ブラウン

    ある日しろうさぎのぼうやが家を出てみたくなり、おかあさんに「ぼくにげちゃうよ」。どんなに逃げてもおかあさんは追いかけます。空想の中でのやりとりが見開きで描かれているのが美しい古典名作です。お母さんの大きな愛を感じ、安心できるおはなしです。

3歳から

  • ねえだっこして
    ねえだっこして 竹下文子

    「おかあさんのおひざは世界一素敵な場所」。
    大好きなお母さんに赤ちゃんが生まれてちょとさびしい猫の切ない気持ちを描いています。
    ねえ、ちょっとでいいからだっこして。兄弟の上の子の気持ちが伝わってきます。
    ぎゅっとしてあげたくなりますね。

    ≪お客様のレビュー≫
    この絵本を読んだことによって助けられたような感じでした。
    気持ちが落ち着きます。 本当にオススメです

    こちらからどうぞ

  • おかあさんといっしょに
    おかあさんといっしょに クリストファー・ガンソン

    動物の親子になったつもりで、声に出して読みながら、お子さんと一緒に遊んでみてください。 明るい色彩で描かれた、春の暖かさあふれる絵本です。 愛らしい動物たちが子ども達に人気です。

  • いいこってどんなこ?
    いいこってどんなこ? ジーン・モデシット

    いいこになろうとおかあさんに質問するバーニー。それに対するおかあさんの答えは・・・。やりとりの可愛らしさだけでなく、最後の言葉に子育て中の多くのお母さん達が 大事な事に気が付いて共感しているようです。こんな気持ちになれれば大丈夫。

  • ぼくおかあさんのこと…
    ぼくおかあさんのこと… 酒井駒子

    「ぼくおかあさんのこと きらい。だって・・・」男の子とママの関係って、ちょっと特別。(女の子とパパも!)結婚したいくらい、ママが大好きなんです。

  • ぼくとおかあさん
    ぼくとおかあさん 宮本忠夫

    やんちゃな子ぐまと、おおらかな母ぐま。ふたりのほほえましい会話のやり取りが、読むものの心をあたたかくしてくれます。「ああ言えばこう言う」子どもに対しての、母親の対応がなかなか頼もしいですよ。

4歳から

  • おこりんぼママ
    おこりんぼママ ユッタ・バウアー

    ほのぼのとした絵、大人の心にも染み入る話で人気の作家ユッタ・バウアー。
    このお話は、ママに怒られたペンギンの男の子の体がばらばらに・・・とちょっとショッキングな始まりです。
    喜んで読む子ども達の印象とママの立場で読む印象とまた違うようです。
    そんな隠れたメッセージを盛り込むのも得意な作家です。

    ≪お客様のレビュー≫
    この本を読んで自分のほうが泣いてしまいました。
    簡単な、短い本ですが子供を抱きしめたくなる一冊です。

    こちらからどうぞ

  • おかあさんおかあさんおかあさん…
    おかあさんおかあさんおかあさん… 大島妙子

    お母さんは、風邪を引いた私のために薬屋さんへ。雪が降ってきたよ。大丈夫かな。今頃雪だるまになってるかもしれない。転んでるかもしれないよ。不安はどんどんふくらんで…。お母さんが大好きな子どもに贈る絵本。子どもも大人も共感できちゃいます。

  • おかあさんだいすき改版
    おかあさんだいすき改版 マージョリー・フラック

    おかあさんのおたんじょうびにあげるものを森のクマさんに相談したダニー。何を教わったのでしょう。こんなプレゼントをもらったら、おかあさんはたまりません!

  • ぼくとママのたからもの
    ぼくとママのたからもの 斉藤栄美

    けんの部屋へやってきたママが、掃除機を止めて言いました。 「けんちゃん。おもちゃばこのなか、おかたづけしたら?
    いらないものがたくさんありそうよ。」「いらないものなんてないもん。」
    いらないものに見えるけれど、ひとつひとつに想い出が詰まっている、ぼくとママのたからもの。

  • だめだめママだめ!
    だめだめママだめ! 天野慶

    ある満月の夜、窓からはいってきたあやしいかげ。次の日の朝、ママがだめだめになっていた……!いつもは、親に怒られてばかりいる子どもたち。でも、もしもこんなふうに、立場が逆になっちゃったら……。大人も子どもも大爆笑の絵本。

5歳から

  • ぼくとかあさん
    ぼくとかあさん いもとようこ

    いつもぼくのことを一番に考えてくれたお母さん。世界中のだれよりも優しいお母さん…
    働き始めて、だんだん母さんがうとましくなってきたぼく。
    母さんは、子どものぼくを決してひとりぼっちにはさせなかったのに…。
    お母さんへの色々な気持ちが丁寧に描かれた絵本。

    ≪お客様のレビュー≫
    とっても感動する良い話で、大人の心に響く本です。
    沢山の人に読んてもらいたいと思います。

    こちらからどうぞ

  • おかん
    おかん 平田昌広

    「なあ、おかん。きょうの ばんごはん なんや?」 「いま、ひる、たべたばっかりやろ? なんで ばんごはん、 かんがえなあかんねん」 おかあさんって、なにを言っても言い返してくる!でも、ごはんつくってるときも、せんたくしてるときも、ちゃーんとこたえてくれるんだよね!関西弁が楽しいハートフルな絵本です。

  • うちのママってすてきなの
    うちのママってすてきなの アンソニ・ブラウン

    チョウチョみたいにうつくしく、ソファみたいにきもちいい。子ネコみたいにやわらかで、サイみたいにがんじょうよ。うちのママって、ほんとにすてき。あたしをうんとわらわせてくれる。でもね、それだけじゃない。ママがほんとにすてきなのは…。ママと子どもの愛情に溢れている絵本です。

6歳から

  • かあさんのいす
    かあさんのいす ヴェラ・B.ウィリアムズ

    かあさんはブルータイル食堂で働いています。
    わたしもときどきお手伝いをして、もらったお金はかならず半分、あの「びん」に入れておきます。
    いつかこの「びん」がいっぱいになったら、そのお金全部で椅子を買いに行くのです。
    すごくふわふわで、すごくきれいで、すごく大きな椅子……。
    世界中で一番すてきな椅子を買うのです。

    ≪お客様のレビュー≫
    どうしても手元に置きたいと思える作品なので購入。
    大事なものが見えてきますよ。

    こちらからどうぞ

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ