トップ > キャンペーン・特集 > > 雨を楽しむ絵本特集

雨を楽しむ絵本特集

0歳から

  • あめかな!
    あめかな! U.G.サトー

    空から、ぽつり。あかいしずく。ぽつり。あおいしずく。
    そして、むらさき、ぐんじょう、エメラルドの雨がざあざあざあざあ。
    色とその動きの表現だけで、空と雨と光を感じられることに驚きです。

    ≪お客様のレビュー≫
    絵の具をぽとっと落とした点で雨を表現したり、
    にじみを使って雲を表現したりと、とても抽象的な絵の絵本です。
    具体的な絵の絵本ばかりでなく、
    こういう抽象的な絵の絵本も子供の想像力を育む上で
    必要なんじゃないかと気づかされた本でした。

    こちらからどうぞ

  • あめふり改訂版
    あめふり改訂版 松井紀子

    人気の赤ちゃん絵本「じゃあじゃあびりびり」と同じシリーズの字のない絵本です。雨が降ってきて喜んだり慌てたりする庭の動物達。その可愛らしい様子に、お母さんも赤ちゃんに語りかける言葉がたくさん出てきそうです。

  • おさんぽおさんぽ
    おさんぽおさんぽ 広野多珂子

    小さな子どもにとってながぐつは特別!雨上がりにながぐつで飛び出せば、心踊るおさんぽの始まりです。そして、なんと言っても最高なのは最後に水たまりに飛び込むとき。子どもたちの目がキラキラしちゃいますね。

1歳から

  • ぴっちゃんぽっちゃん
    ぴっちゃんぽっちゃん accototo

    こねこのプチュは、雨の音にさそわれて散歩にでかけます。
    葉っぱの裏で雨宿りするちょうちょや、かたつむりにカエル…。
    雨の日ならではのおともだちがたくさん登場します。
    小さな子と一緒に遊んでいると感じる、ゆっくりとした「特別な時間」がここにはあるようです。

    ≪お客様のレビュー≫
    絵がとてもかわいい。
    お話もリズムがあって、息子も飽きずに「読んで」と催促。
    雨が楽しくなる、そんな絵本ですね。

    こちらからどうぞ

2歳から

  • 雨、あめ
    雨、あめ ピーター・スピアー

    レインコートを着て雨のふる庭へ飛び出していく喜び、
    クモの巣に光る雨のしずく、水たまりに広がる波紋、
    びしょびしょの体をふいて温かい飲み物を飲む瞬間、
    雨上がりの庭の澄んだ空気。
    画面隅々まで雨の日の楽しさ、美しさに溢れていて、
    いきいきと描かれた新鮮な世界が目に飛び込んできます。
    字の無い絵本。

    ≪お客様のレビュー≫
    絵にたくさんの事象が盛り込まれており
    主人公以外にもたくさんの物語が読み取れました。
    文字がないのでこどもと何通りも
    ストーリーを生み出して読める素敵な絵本だと思いました。

    こちらからどうぞ

  • あめぽぽぽ
    あめぽぽぽ 東直子

    ある雨の日、ぼくはママといっしょに公園に出かけます。ぽぽぽ、さあさあ、ぴとぴと、じゃくじゃく、きらきら…リズミカルに光る言葉の数々。子どもも大人も心地よくなる、雨粒が語りかけてくる絵本です。雨の日が全然違う世界に見えてきそう!

  • ぴっつんつん
    ぴっつんつん もろかおり

    「雨がつんつん ぴっつんつん」何だか心が軽くなる様な、ウキウキする響き、そしてどんどん増えるカラフルな傘を持った子どもたち。その繰り返しで場面が進んでいきます。雨の日の読み聞かせにぴったりの絵本ですね。

  • あかいかさ
    あかいかさ ロバート・ブライト

    女の子がお気に入りの赤いかさを持って出掛けると雨が降ってきて…かさを開くと動物達が一匹二匹と入ってきます。気が付くとこんなにいっぱい!うきうきするこんな様子を見ていると、絵本を読んだ後は絶対赤いかさが欲しくなっちゃいます。

  • あめこんこん
    あめこんこん 松谷みよ子

    かさを買ってもらったモモちゃんはうれしくてお庭で雨降りごっこ。雨の日を楽しい気分で過ごせる様になりたかったらこの絵本がぴったり!大好きなかさとながぐつとレインコートと歌があれば雨が楽しみになっちゃう。格好から入るのも大事!?

  • はっぱのおうち
    はっぱのおうち 征矢清

    雨の中、さちが木の葉の家で雨やどりをしていると、カマキリ、チョウ、コガネムシも雨やどりにやってきました。小さな虫たちとの交流が静かに描かれています。じっと地面を観察するさちの可愛らしいこと!

  • あめのひのえんそく
    あめのひのえんそく 間瀬直方

    今日はバスに乗って遠足。でも朝からあいにくの雨。ところが、目的地に着くと素敵な景色が待っていました。最後にあっと驚くさっわやかな結末が待っているしかけ絵本。人気の「間瀬なおかた のりものしかけ絵本」シリーズ です。

  • ちいさなきいろいかさ
    ちいさなきいろいかさ 西巻茅子

    ちいさなかさ!きいろいかさ!大好きな黄色のかさを買ってもらって、はじめてひとりで散歩にでかけた女の子の、新鮮な感動をさわやかに描きます。雨にぬれているばくさんも、きりんさんもみんな入っちゃう不思議なかさの話です。

3歳から

  • バムとケロのにちようび
    バムとケロのにちようび 島田ゆか

    雨の日、バムとケロは本を読んで過ごすことにしました。
    部屋をそうじして、おやつのドーナツを焼いて、本を探しに屋根裏部屋へ行きます。
    ところが屋根裏部屋はねずみや蛾や虫がうじゃうじゃいて、さあ大変。
    バムとケロは頭を使って無事本を取り、楽しいひとときを過ごすのですが…。

    ≪お客様のレビュー≫
    細部に渡ってストーリー性があり、それを探すのがとても楽しい絵本です。
    普段そんなに絵本に興味の無い4歳の息子が毎日『読んでー!』とせがみます。
    おかげで親子共に暗記するまで…。

    こちらからどうぞ

  • おつかい
    おつかい さとうわきこ

    おかあさんにおつかいを頼まれた女の子。でも「ふくがぬれちゃう」「あしがぬれちゃう」心配ばかり。なかなか出掛けない女の子がいざ出発!!の時の格好ときたら…!? 想像力のたくましい、ユーモア溢れる女の子の姿がとても可愛らしい絵本です。

  • ぼく、あめふりお
    ぼく、あめふりお 大森裕子

    てるてるぼうずなのに、ぼくのいくところはいつも雨・雨・雨。そんな肩身の狭い思いをしているてるてるぼうずは、遠くに出かけますが…。雨の日がちょっと待ち遠しくなるかわいい絵本。

  • すてきなあまやどり
    すてきなあまやどり バレリー・ゴルバチョフ

    ざあざあぶりのにわかあめ。ブタくんは大きな木の下であまやどりしたはずなのに、なぜかびしょぬれ。どうしてかっていうとね…。ブタくんはヤギさんに話します。どんな素敵な雨宿りだったんでしょうね。迫力の観音開きページ付き。

4歳から

  • おじさんのかさ
    おじさんのかさ 佐野洋子

    おじさんは、とってもりっぱな傘をもっていました。
    でかけるときはいつも傘をもって出かけましたが、
    雨が降っても傘をさしませんでした。
    なぜって、傘が濡れるからです!?

    ≪お客様のレビュー≫
    大切にしてささなかった傘をさした時の驚き、
    雨が傘に当たる時の音の表現、等々、すばらしいです。
    この本を持ってきて「絵本を読んで」とねだられると、
    買って良かったなとうれしくなります。

    こちらからどうぞ

  • かさ
    かさ 太田大八

    女の子は赤いかさをさして、黒い大きなかさを抱えてお父さんを駅まで迎えにいきます。お父さんに会えるまでの道中のこのちょっとした出来事が、文字は無く、黒一色で描かれており、女の子のかさだけが赤く彩られています。それがかえって女の子の心情を浮かび上がらせ、印象的な絵本になっています。

  • あめじょあじょあ
    あめじょあじょあ 李美愛

    雨はどうして降るのでしょう? めぐりめぐる水の循環をお話仕立てに描いたユーモアたっぷりのエコロジー絵本! 田島征三と韓国の人気若手作家とのコラボレーションで生まれた異色の翻訳絵本。 「じょあじょあ」というのは、雨が勢いよく降る様子を表わす韓国の言葉だそうです。

  • あめふりのおおさわぎ
    あめふりのおおさわぎ デイビッド・シャノン

    ある朝のこと、きゅうに雨がふりだした。にわとりがなき、犬はほえ、赤ちゃんがなきわめく。外では車がじゅうたいし、くだものはころがるは、人々はどなりあうは、おまわりさんまで…!どしゃぶりがひきおこす大混乱ぶりは表紙を見ているだけでも伝わってきますね。

5歳から

  • ぞうくんのあめふりさんぽ
    ぞうくんのあめふりさんぽ 中野弘隆

    今日は雨降り。それでもぞうくんはごきげん。かばくんと一緒にお池の中を散歩します。ところがお池は深くなって、泳げないぞうくんは…。 簡潔な文章と抑えた表現の絵が、子どもたちの想像力をふくらませます。

  • あめがふるときちょうちょうはどこへ
    あめがふるときちょうちょうはどこへ メイ・ゲアリック

    あめがふってきたらちょうちょうはどこへ隠れているの?情緒溢れる美しい絵に歌う様な文章で、静かな雨の日の小さな生き物達の様子を描いています。 梅雨の時期の夜には毎晩読みたくなるような、見るのも聞くのも心地いいロングセラーです。

  • くまのアーネストおじさんあめのひのピクニック
    くまのアーネストおじさんあめのひのピクニック ガブリエル・ヴァンサン

    ピクニックの当日、どしゃ降りの雨で悲しむセレスティーヌを見て、アーネストは雨のなかでピクニックをすることを思いたちます。レインコートに傘をさし、おべんとうや果物をたくさんもって…。雨の日のピクニック!二人は素敵なピクニックを過ごせたのでしょうか?

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ