トップ > キャンペーン・特集 > > お姉さん、お兄さんになる絵本

お姉さん、お兄さんになる絵本

初めてお姉ちゃん、お兄ちゃんになるとき、子どもも不安を抱えます。そんなときに読んであげたい役立つ絵本をご紹介!

1歳から

  • あかちゃん
    あかちゃん ジョン・バーニンガム

    何気ない日常生活のスケッチの中に、子どもが感じ取ったドラマを伝えている小さい子が出会う絵本として人気のシリーズ。
    お兄ちゃんになった男の子の目線から、赤ちゃんの日常が語られる、優しく温かな空気が流れる絵本です。

    こちらからどうぞ

2歳から

  • うさこちゃんとあかちゃん改版
    うさこちゃんとあかちゃん改版 ディック・ブルーナ

    おとうさんとおかあさんにあかちゃんが生まれてくることを聞いたうさこちゃん。
    とっても喜び、生まれてくるあかちゃんに対しての優しい気持ちが芽生えてくる様子が描かれています。

    ≪お客様のレビュー≫
    赤ちゃんが産まれてお姉ちゃんになる娘の気持ちと、うさこちゃんの気持ちがシンクロするかなと思い購入してみました。
    私が家事をしている間に、長女が赤ちゃんを寝かしつけすると言って読んであげていました。
    結構文字が多いのですがスラスラと読み、また、赤ちゃんのお世話をしてくれる事にビックリ。
    最近長女を以前程かまってあげられず、赤ちゃんに不満な言葉も漏らしていた長女の行動にとても嬉しくなりました。

    こちらからどうぞ

  • ぼくはおにいちゃん
    ぼくはおにいちゃん 小野洋子

    ノンタの家に5ひきのあかちゃんが生まれ、ノンタはお兄ちゃんに!ところがお母さんは忙しくて前のように遊んでくれません。
    赤ちゃんたちのお散歩を頼まれたノンタは「そうだ、この子たちを捨ててきちゃえ。
    そうすれば、僕だけをかわいがってくれる。」そう思って出かけたのですが・・・。

    ≪お客様のレビュー≫
    もうとってもいい絵本です。弟、妹への思いやりを自然と学べます。

  • はるちゃん、ね
    はるちゃん、ね さいとうしのぶ

    はるちゃん、1人で何でもできるよ。だってもうじきあかちゃんがうまれておねえちゃんになるんだもん。
    お姉ちゃんになる喜びが描かれています。

    ≪お客様のレビュー≫
    小さい女の子の健気な気持ちがうまく表れていて良い本だと思います。

3歳から

  • ちょっとだけ
    ちょっとだけ 瀧村有子

    赤ちゃんが生まれて、お母さんは忙しいので、なっちゃんはいろんなことを自分ひとりでやってみます。
    お姉さんになったからと頑張るなっちゃんですが、
    眠くなった時だけは、どうしてもお母さんに甘えたくなります・・・。
    ママも一緒に読んでほしい絵本ですね。

    ≪お客様のレビュー≫
    愛情あふれる作品です。涙なくしては、読めません。
    子育ての思い出に、私も一冊手元に置いておきたいと思い購入しました。
    下のお子さんが生まれるご家庭には、まさにぴったりの作品でしょう。
    プレゼントしてもきっと喜ばれますよ^^。

    こちらからどうぞ

  • リサのいもうと
    リサのいもうと アン・グットマン

    リサは妹ができるって聞いてなんだかおもしろくない。 リサが考えた名前は「ゴミバコ、ゴキブリ」!
    ひねくれちゃったリサの心をほぐしたのは・・・。お茶目なリサらしいエピソード。

    ≪お客様のレビュー≫
    うちには年の離れた姉妹がいるのですが、妹が生まれるまで→生まれてからのリサの気持ちが、姉にはとても分かったようで、何度も読んで笑っていました。

  • あかちゃんがやってくる
    あかちゃんがやってくる ジョン・バーニンガム

    ジョン・バーニンガムとヘレン・オクセンバリー夫妻初めての共作絵本。
    子どもの事をよくわかっている二人が描くお兄ちゃんのお話は、期待通りにとても優しくて力強い家族の絆を感じられる絵本です。

    ≪お客様のレビュー≫
    すごく素敵なお話でした。いつかお兄ちゃんになるときには繰り返し読み聞かせたいです。

  • あかちゃんがやってきた
    あかちゃんがやってきた 角野栄子

    角野栄子さんとはたこうしろうさんのコンビでお兄ちゃんになる僕の様子を明るく軽やかに描いていきます。

    ≪お客様のレビュー≫
    友人の子はこの本を読んでからは「生まれてくるのは男の子?女の子?」と聞くようになったそうです。

  • まめうしとひめうし
    まめうしとひめうし あきやまただし

    まめうしにかわいい妹ができたんです。名前は“ひめうし”。
    おっぱいをとられたらさびしいけれど、肩によりかかって寝ている妹はやっぱりかわいい!

    ≪お客様のレビュー≫
    まめうしくんのお兄ちゃんっぷりに、ほのぼのした気持ちになりました。
    うちの子は一人っ子なのですが、これを読んで、まめうしくんのような、自分よりも小さい子に優しくできる子になってくれたらと思います(笑)

  • アンジェリーナおねえさんになる
    アンジェリーナおねえさんになる キャサリン・ホラバード

    アンジェリーナのおかあさんに赤ちゃんが生まれました。
    アンジェリーナはお姉さんになったのです。かわいい妹の誕生・・・のはずなんですが。

  • ザザのちいさいおとうと新装版
    ザザのちいさいおとうと新装版 ルーシー・カズンズ

    赤ちゃんがやってくると、くらしがちょっとかわる。ザザみたいにね。
    あかちゃんが生まれた日から、ザザがお兄ちゃんになるまでを、メイシーちゃんでおなじみ、ルーシー・カズンズが優しく描きます。

  • あかちゃんのくるひ
    あかちゃんのくるひ 岩崎ちひろ

    もうすぐあかちゃんがやってくる!
    期待と不安の入り混じった子供の気持ちを情感豊かな水彩画で表しているとても美しい絵本です。

  • はるになったら
    はるになったら シャーロット・ゾロトウ

    おねえちゃんが、ちいさな弟にしてあげたいこと。それはね…。
    誰かに読んであげたくなる、優しい心が満ちてくる絵本。お姉ちゃんの表情がとてもいいですよね。

4歳から

  • おへそのあな
    おへそのあな 長谷川義史

    赤ちゃんは、お母さんのおなかのなか。おへその穴から見えるのは、お兄ちゃん、お姉ちゃん、お父さん。
    みんな、赤ちゃんが生まれてくるのを待っています。
    命の誕生と、赤ちゃんンを迎える家族の様子を楽しく描いた絵本です。
    下の子が生まれる時に!

    ≪お客様のレビュー≫
    今月2人目を出産し、弟が出来る1歳半のお兄ちゃんへ赤ちゃんが出来る喜びを読んであげようかなと思い購入。
    子供よりも私にとってとても素晴らしい本となりました。
    赤ちゃんがこんな風にお腹の中で出てくるのを待っているのかなぁ?と想像するだけで幸せになる1冊です。

    こちらからどうぞ

  • わがままいもうと
    わがままいもうと ねじめ正一

    病気になってわがままを言う妹と、その妹が可愛くて何でも言う事を聞いてしまうお兄さん。
    この涙ぐましい兄弟愛のおはなし、あなたはどう見る?

    ≪お客様のレビュー≫
    次女が「こういうお兄ちゃん、いいね。」と言うので「君も妹に優しいお姉ちゃんになれるかな?」なんて会話が弾みました。

  • フランシスのいえで
    フランシスのいえで ラッセル・ホーバーン

    おかあさんが妹の世話に忙しくて寂しくなったフランシスは家出を決意。テーブルの下へ。
    フランシスのけなげな可愛さはもちろん、両親の愛に満ちた対処もみどころです。

    ≪お客様のレビュー≫
    孫に読んでやったら大喜び。とってもとってもフランシスの気持ちが分かったから、大好きな本になったようです。

  • せかい一わるいかいじゅう
    せかい一わるいかいじゅう パット・ハッチンス

    かいじゅう一家にも赤ちゃんが生まれます。なんと悪い子がちやほやされるかいじゅうの世界。家族の期待通りのうんと悪いあかちゃんビリー。
    お姉さんになったヘイゼルは面白くありません。

5歳から

  • あかちゃんてね
    あかちゃんてね 星川ひろ子

    赤ちゃんの誕生から1年間を、5歳の姉の目で綴った写真絵本。
    姉になることにとまどいながらも、成長していく妹を見つめて受け入れていく過程を描きます。
    赤ちゃんの成長を写真で見る事ができるのはとても新鮮!

    ≪お客様のレビュー≫
    何度読んでも涙が出ます。お姉ちゃんの気持ちが痛いほど伝わってきます。二人目以降の出産祝いに最適です。

    こちらからどうぞ

  • うちにあかちゃんがうまれるの
    うちにあかちゃんがうまれるの いとうえみこ

    あかちゃんの誕生と、それを迎える家族の表情を、6歳の少女・まなかの目から描きます。こころあたたまる写真絵本。
    自宅出産の様子を見事な美しい写真でつづるドキュメンタリーです。

    ≪お客様のレビュー≫
    新しい家族が生まれて来るのを家族全員
    で迎える事のうれしさが伝わってくるあたたかさに満ちた本。

  • おねえさんになるひ
    おねえさんになるひ ローレンス・アンホールト

    おねえさんになる期待と不安、その対処の仕方などしっかり描かれています。
    こうやっておねえさんになっていくのですね。

    ≪お客様のレビュー≫
    私が時々読んで、娘の気持ちをくんであげることを忘れないようにしたいな・・・と買いました。
    内容もいいんですが、何より絵がステキでした!

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ