トップ > キャンペーン・特集 > > へびの絵本特集

へびの絵本特集

■2歳から

  • はらぺこヘビくん
    はらぺこヘビくん 宮西達也

    はらぺこヘビくん、なんでもぱくぱく食べちゃうよ。ニョロニョロニョロおさんぽしてたら…。
    繰り返しの楽しさと、驚きの展開が人気の絵本です。それにしても見事な食べっぷり!

    ≪お客様のレビュー≫
    へびくんがかわいいです。
    毎日、2歳の息子がわたしたちに読み聞かせをしてくれます。
    お気に入りの1冊です。

    こちらからどうぞ

  • へびくんのおさんぽ
    へびくんのおさんぽ いとうひろし

    へびくんがおさんぽしてると大きな水たまりが…。へびくん、体を伸ばして渡ろうとしますが、みんながやってきて…。おおらかで優しいへびさんを見ているうちに気持ちが和んできますね。

  • へびちゃんおしゃべりだいすき!
    へびちゃんおしゃべりだいすき! 木村裕一

    テンパってしまっているみんなをリラックスさせてあげようと思ったのに、おともだちを怒らせてしまったへびちゃん。どうする!?ふくざわゆみこさんの描く動物たちと可愛らしいへびちゃんが魅力的!

■3歳から

  • さるのせんせいとへびのかんごふさん
    さるのせんせいとへびのかんごふさん 穂高順也

    さるのせんせいと、お医者さんの使う道具になら何でも変身できるへびのかんごふさん。
    ある日、鼻づまりのぞうさんがやってきて…。
    とっても楽しいどうぶつ村病院物語。
    仕事のできるへびのかんごふさんに注目!

    ≪お客様のレビュー≫
    初めて読んだ時、こんなにおもしろい絵本があったのかと思いました。
    こんな病院があったらおもしろい!!!
    へびのかんごふさんがとにかく使える使える!
    子どもも大人も笑いながら読める絵本です。

    こちらからどうぞ

  • どいてよへびくん
    どいてよへびくん 五味太郎

    やることなすことへびくんがじゃまするの。もう、どいてよ!へびくん!へびくんと女の子、微妙な二人の関係の結末は…。繰り返しのあとにやってくる最後のあたたかな場面。楽しくて可愛い絵本です。

  • にょろへびやのへびんくん
    にょろへびやのへびんくん すとうあさえ

    へびんくんのお父さんとお母さんは、「なんでもにょろへびや」さん。どんな仕事でもがんばります。将来、にょろへびやになるために自分もがんばる健気なへびくんの姿が愛おしいですね。

  • うろこだま
    うろこだま 長谷川摂子

    うろこだまは、へびの鱗でできた宝物。ある日じいさまの大切なうろこだまがぬすまれ、いぬとねこがそのゆくえを追って大活躍します。東北地方に伝わるお話ですが、展開も面白く、力強く描かれた絵により、とても生き生きとした内容となっています。

  • にぎりめしのすきなだいじゃ
    にぎりめしのすきなだいじゃ 松谷みよ子

    この表紙の迫力にぴっくりしますが、人喰い大蛇が、にぎりめしをパクパク食べて、満腹になってにげていくという、かわいいお話!リズミカルな文章と、ユーモラスな絵が子供の想像力を刺激します。

  • エルマーとヘビ
    エルマーとヘビ デーヴィド・マッキー

    カラフルなゾウ「エルマー」が活躍する人気シリーズより。エルマーに何かいたずらをしてやろうと考えたぞうたち。かしこいヘビのところに知恵をかりにいきますが、ヘビが教えてくれたのは…。

■4歳から

  • ながいながいへびのはなし
    ながいながいへびのはなし 風木一人

    長い長いへびがいました。頭がお昼を食べるころ、しっぽは夜の国でぐっすり…。そんなに長いの!?あんまり長くなりすぎた頭としっぽ、また会えるかな?ユーモアたっぷりの絵本。

  • へびのみこんだなにのみこんだ?
    へびのみこんだなにのみこんだ? tupera tupera

    大人気ユニットtuperatuperaのちょっとコワくて楽しい絵本。どこからともなくあらわれたへび。腹がへったからと 食べ物を飲み込み、うるさかったからとニワトリをのみこむ。へび、いったいどうなっちゃうの?子どもたちはドキドキしながらも大喜び!

■5歳から

  • みりょくのみ
    みりょくのみ 五味太郎

    五味太郎さんの「干支セトラ絵本」の9巻目の主役はへびさん。
    なんかいつも、色々と言われてしまうへびさん。
    「へびさんはいつも、こんなですから」…でもめげない!
    へこたれない!五味さんのどんな想いが入っているのかな?

    こちらからどうぞ

  • へびのクリクター
    へびのクリクター トミー・ウンゲラー

    心やさしく賢いへび、クリクターが大活躍する、世界でもまれな、しかも世界中で愛されているウンゲラーの代表傑作。飼い主のボドさんと一緒に学校へ行ったり、セーターを着て散歩に出かけたり…。ナンセンス風ファンタジー。

  • へびの子しどこ
    へびの子しどこ 小沢俊夫

    じいさんとばあさんに拾われて、大切に可愛がられて育ったへびの子「しどこ」。ところが大きくなりすぎて、村の人々から追い出されるのです。「しどこ」は山を越えていき、田んぼの中に大きな池をつくります…。「子どもとよむ日本の昔ばなし」シリーズより。

  • おもちのすきなヘビのおふじ
    おもちのすきなヘビのおふじ 谷真介

    村人に嫌われた大きなヘビのおふじを、おじいさんとおばあさんは泣く泣く山に捨てました。ある日、おふじは池に落ちた庄屋の娘を助けます――。ひどい仕打ちを恨むことなく優しさで報いた、十二支の「ヘビ」の昔話。赤坂三好さんの美しく味のある絵でお楽しみください。

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ