トップ > キャンペーン・特集 > > 野菜が好きになる絵本

野菜が好きになる絵本

1歳から

  • にんじん
    にんじん せなけいこ

    「にんじんすきなこ だあれ」の呼びかけに思わず「はーい!」と答えてしまう絵本。きりんさんも、うまさんもにんじん大好き。うさぎさんたちが「ぼくたちが一番大好き」と言っていると思わず僕だって…。

  • いっぱいやさいさん
    いっぱいやさいさん まど・みちお

    トマト・ニンジン・ナスなどのみずみずしい野菜たちが、今の自分であることをうれしいと歌う。美しく繊細に、それでいて本当に美味しそうに描かれた野菜たちの絵に、詩人まど・みちおの文が楽しい一冊です。

2歳から

  • おやおや、おやさい
    おやおや、おやさい いしづちひろ

    主役はフレッシュな野菜たち。今日はマラソン大会なのです。
    「そらまめ そろって マラソンさ」「りっぱなパセリは つっぱしる」
    リズムカルな言葉遊びをユーモアたっぷりな絵の世界で表現しています。

    ≪お客様のレビュー≫
    文は短くて言い回しが面白く、絵はリアルなお野菜たちが描かれていて、
    野菜などに興味を持ち始めた2才の娘が大喜びして読んでいます。
    この絵本が届いてからは、本棚から持ってくるのはこの本ばかりです。

    こちらからどうぞ

  • やさいだいすき
    やさいだいすき 柳原良平

    「だいこん いっぽん にんじん にほん…」おめめがついてにこにこ笑っている野菜達、そんな顔で見つめられたら思わずにこっ。 形や色を楽しんだり、数えてみたり。何だか野菜と友達になった気がしてくる可愛い1冊です。

  • やさいのおなか
    やさいのおなか きうちかつ

    野菜に興味を持たせたかったら絶対これ!シルエットになっている野菜達の断面図のクイズは意外と難しくて、大人だって熱くなっちゃいます。小さな子が本物の野菜を見て、この絵本を思い出す瞬間の表情が楽しいのです。

  • やさい
    やさい 平山和子

    何てみずみずしい野菜達!この絵本が面白いのは、畑から収穫する瞬間も描いているところ。土で育った、自分の手で収穫した…それだけで子ども達の野菜のイメージがぐんっと変わるのは確実なのです。それにしてもおいしそうなキャベツ…。

  • やさいもぐもぐ
    やさいもぐもぐ ふくざわゆみこ

    トマト・とうもろこし・じゃがいも・かぼちゃ・キャベツが出てくる野菜の絵本。“ほくほく ころり”などの楽しい擬音語と野菜の姿の変化が面白い。おいしそうな料理もたくさん出てきて「どれがすき?」と選んで遊べます。ちょっと食べてみたくなりますよね。

3歳から

  • トマトさん
    トマトさん 田中清代

    野菜絵本の中でもインパクト度は一番!のトマトさん。
    ぎっしり詰まって重みのあるトマトさん、なかなか動けません。
    みんなの協力で何とかたどりついた小川にじゃっぽーん。
    その清々しい表情に「やっぱり夏はトマトが美味しい!」なんて思ってしまうのです。

    ≪お客様のレビュー≫
    とにかくインパクトのあるトマトさん、
    強がりだけどほろほろ泣いちゃうトマトさん。
    暑さであぶられごわつくほっぺまでが読んでいるうちにかわいく思えます。
    野菜苦手の子供も思わずにこにこ!
    暑い暑いうだるような夏に読んであげると自分も涼しくなるような、
    清涼な読後の一冊です。

    こちらからどうぞ

  • やさいのおしゃべり
    やさいのおしゃべり 泉なほ

    野菜達にとっては美味しく食べてもらうのが一番の喜び、冷蔵庫から出る瞬間の笑顔を見て少しでも好き嫌いがなくなってくれるといいな。でもお母さんんにはちょっと耳が痛いお話?

  • グリーンマントのピーマンマン
    グリーンマントのピーマンマン さくらともこ

    いつの時代も子ども達に嫌われてしまうピーマン。でも、この絵本ではピーマンが大活躍!かっこいいヒーロー像に苦くても惚れてしまう子ども達もいるようです。慌てなくても大人になったらピーマンは美味しくなるんですどね…。

  • サラダでげんき
    サラダでげんき 角野栄子

    病気になったお母さんの為に、りっちゃんがサラダを作ってあげようと張り切っていると。次々と動物がやってきて美味しいサラダのアドバイス。出来上がったと思ったら最後にぞうさんが飛行機で…!?とにかくサラダが美味しそう!

  • じゃがいもポテトくん
    じゃがいもポテトくん 長谷川義史

    歌って楽しい、じゃがいもの愉快な絵本。八百屋さんで売られているじゃがいも達。なんでも北の国から家族、親戚みんなでやって来たそう。ところが、一人また一人と次々に買われていって家族全員離ればなれ!?悲しいはなしです…。…なんて、そこは長谷川節。ちっとも悲しそうじゃないんですよ!

  • ジャッキーのトマトづくり
    ジャッキーのトマトづくり あだちなみ

    「くまのがっこう」のジャッキーが畑しごとに初挑戦!タネを植えると、ちいさなかわいい芽が顔を出し、やがて元気な葉になって、ジャッキーは大喜び。さてジャッキーのトマトはちゃんと育つかな?

  • そらまめくんのベッド
    そらまめくんのベッド なかやみわ

    そらまめくんの宝物はふわふわのベッド。だからだれにも貸してあげないのです。ところが、ベッドが突然なくなってしまっって…!?そらまめくんは必死の探すのですが、なかなか見つからないのです。

  • にんじんばたけのパピプペポ
    にんじんばたけのパピプペポ 加古里子

    荒れ放題の土地を20匹の子ぶたと、その親たちが苦心してすばらしい畑に。すると、その畑からとても不思議なにんじんができます。なんかにんじんがすごく美味しそうで特別な食べ物に見えてきちゃうんです。

  • 14ひきのかぼちゃ
    14ひきのかぼちゃ 岩村和朗

    ある日、かぼちゃの種を手にしたおじいさんを囲んで、おとうさんが「種まきしよう」と提案。みんなで土を耕して、かぼちゃの畑を作ることになりました。芽が出てからというもの、子供たちはかぼちゃのお世話に大忙し。そして、季節は過ぎ、いよいよ収穫の秋を迎えます。

  • ポチポチのレストラン
    ポチポチのレストラン 井川ゆり子

    子犬のポチポチが今度はレストランに連れて行ってくれたよ。何でも食べるどうぶつたちを見ていると苦手な野菜だって…。ほら、簡単に食べられるようになったよ!野菜嫌いの女の子のお話です。

4歳から

  • きゃっきゃキャベツ
    きゃっきゃキャベツ 岩佐祐子

    元気でおいしそうな野菜たちの絵本を、と作られた第一弾が「キャベツ」の絵本。キャベツといっても花も咲けばタネもつける。小さな子どもたちが楽しんで野菜を理解し深めることのできる絵本です。おいしそう!

  • かわいそうなキャベツくん
    かわいそうなキャベツくん ベネディクト・ゲッティエール

    フランスからやってきた、おしゃれな雰囲気の漂うユーモア絵本。うさぎの探偵ラプーが、仲間の野菜たちの間で起こる難事件を推理します。キャベツくんが寝ている間に、大事な葉っぱが盗まれた!意外な犯人とは!?レシピつき。

5歳から

  • やさいのずかん
    やさいのずかん 小宮山洋夫

    身近なやさい約100種類をとりあげ,根・葉・茎・実など食べられる個所にわけて,発芽から収穫までのようすを繊細な絵で紹介。絵で描かれているからこそリアルに伝わる部分もある、美しい図鑑。

  • 忍者にんにく丸
    忍者にんにく丸 川端誠

    忍者のにんにく丸大活躍。兄弟分はしょうが丸。にんにく丸と、敵の忍者強力麺蔵の対決が見ものです。 痛快、野菜忍列伝其の一。最後の餃子も美味しそう!

6歳から

  • やさいはいきている
    やさいはいきている 岩間史朗

    いつも料理に使う、野菜たち。切れ端を育ててみれば…あら、ふしぎ。身近な野菜に潜む生命力が感じられる写真絵本。いつもと違う一面に子どもたちも興味津々!

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ