トップ > キャンペーン・特集 > > 言葉遊びの絵本特集

言葉遊びの絵本特集

2歳から

  • ことばのべんきょう(全4冊セット)
    ことばのべんきょう(全4冊セット) 加古里子

    「いちにち」「いちねん」「ごあいさつ」「かいもの」、
    4つのテーマで日常に登場するあらゆる言葉がたくさん登場した、かこさとしの言葉の絵本です。
    どこのページを読んでも飽きることなく、親子2代で楽しむ方も多いロングセラーです。

    ≪お客様のレビュー≫
    少し古い言葉もありますが、日常良く使う言葉がたくさん載っていて、
    ことばの勉強にはぴったりです。
    特に、くまちゃんの一日やご挨拶を使って、ご挨拶や今やっていることの説明などをしてあげています。

    こちらからどうぞ

3歳から

  • へんしんトンネル
    へんしんトンネル あきやまただし

    ようこそ、へんしんトンネルへ!ページをめくってはびっくり!
    かっぱが「かっぱかっぱ…」とつぶやきながらくぐると、
    「…ぱっかぱっか」と馬になって出てきました。
    絶対はまるたのしい絵本!
    声に出して読む楽しさは、言葉遊び絵本の醍醐味ですね。おはなし会で必ず盛り上がります。

    ≪お客様のレビュー≫
    寝る前の読み聞かせの本と言うよりも、親子でおおげさに読み合って楽しめる絵本。
    うちも親子でゲラゲラ笑いながら読んでいます。

    こちらからどうぞ

  • ぶたたぬききつねねこ
    ぶたたぬききつねねこ 馬場のぼる

    「ぶた」「たぬき」「きつね」…。子どもたちの大好きな“しりとりあそび”の絵本です。絵を追っていくと、しりとり言葉だけのはずなのに、おかしなストーリーが見えてくる!?

  • おひるのアヒル
    おひるのアヒル 中川ひろたか

    ことばを一文字変えただけでこんなに変わるし、楽しめる!中川ひろたか&村上康成の黄金コンビによることば遊び絵本。言葉の世界を自由自在に遊びまわる内容に子ども達も大喜びです。

  • さる・るるる
    さる・るるる 五味太郎

    さるくんが主人公。全部、「る」で終わる言葉でできているお話です。「さる・くる」「さる・みる」…この楽しさ、面白さは、みんなで読んで体験してみてくださいね。

  • おばけぼうやのみずじごくうたうためぐり
    おばけぼうやのみずじごくうたうためぐり 川北亮司

    おばけのくせにおばけがこわい、よわむしおばけ。えんまくんに、そんな弱虫はしゅぎょうをしてこい!と「みずじごく」に落とされてしまいます。お話の中に、「あいうえおうた」、「早口ことば」、「折り句」、「ぎなた読み」など、伝承ことば遊びを織り込んだ面白ことば遊びうたが次々登場、盛りだくさんの一冊です。

  • しりとりあそびえほん
    しりとりあそびえほん 石津ちひろ

    おおきくなるしりとり、ちいさくなるしりとり、色のしりとりなどの楽しいしりとりがいっぱい。言葉遊びの達人石津ちひろさんと、荒井良二さんの色彩豊かな魅力的な絵で子どもから大人まで楽しめる一冊になりました。

4歳から

  • ことばあそびうた
    ことばあそびうた 谷川俊太郎

    韻を踏んだり繰り返したり、声に出して読むとわかるリズミカルなうたの心地よい響き。
    「かっぱらっぱかっぱらった」詩というジャンルでは括りきれない、まさに「ことばあそび」。
    瀬川康男さんの絵も効果的で日本語の美しさや面白さが体感できる上質な絵本です。

    ≪お客様のレビュー≫
    早口言葉とひらがなを自分で覚えては自慢しに来ます。
    親が噛む事さえありますが一緒に楽しんでいます。本当に偉大な詩人です。

    こちらからどうぞ

  • はやくちこぶた
    はやくちこぶた 早川純子

    「はやくちこぶた」劇場のはじまり、はじまり! お馴染み人気の早口言葉が次々と登場、更に3びきのこぶたとおおかみの物語も同時進行。さて、結末に来る早口言葉はなに?幅広い年齢層で楽しめます。誰が一番上手に言えるかな。

  • サカサかぞくのだんながなんだ
    サカサかぞくのだんながなんだ 宮西達也

    上から読んでも下から読んでも笑って泣ける、波乱に満ちた大家族のドラマ。すべての文章が上から読んでも下から読んでも同じ『回文』だけで綴られている、見事な出来映えの絵本です。

  • せんりゅうのえほん
    せんりゅうのえほん 西本鶏介

    普段はちょっと馴染みのない「川柳」の世界。江戸川柳は、人々の営みを5・7・5の文字で切り取り、ユーモアたっぷりに描き出した言葉遊び。子どもたちの目線を大事にした、ていねいな解説文とともにお楽しみください。

5歳から

  • したのどうぶつえん
    したのどうぶつえん あきびんご

    みんな大好き動物園。人気の動物園、「上野動物園」は行ったことある?
    じゃあ、「したのどうぶつえん」は?りんごりら、れいぞうこぞう、
    きりんご、わらいおん、かばなな、もしもしかもしか。
    声にだして読むだけで、思わずププッと吹きだしてしまう、だじゃれどうぶつの数々が次々に登場します!

    ≪お客様のレビュー≫
    上野動物園の下にある、したのどうぶつえん。
    ダジャレ動物でいっぱい。楽しい楽しい。
    読み聞かせだけじゃなく、きょうだいがいれば、お兄ちゃんお姉ちゃんが弟妹に横から解説、
    なんて微笑ましい図も見られるはず。
    まだチビちゃんのクリスマスプレゼントが決まってない方!断然、おすすめ!

    こちらからどうぞ

  • だじゃれどうぶつえん
    だじゃれどうぶつえん 中川ひろたか

    こちらは題名通りだじゃれオンパレード。どうぶつをテーマに次々飛び出すことば遊び。この理屈抜きの面白さが子どもも大人も関係なく頭がすかっとして気持いい!見ているだけで笑ってしまう高畠さんの絵も魅力的。

  • おっと合点承知之助
    おっと合点承知之助 斎藤孝

    「おっと合点承知之助」「驚き桃の木山椒の木」などどこか懐かしいことば(つけたし言葉)をおじいちゃんと子どもが遊びながら発していきます。声に出して読んでみると、より一層その面白さが味わえるはず。言葉をつなげて展開するストーリー、細かい部分も気になるつちだのぶこさんの絵も魅力。作者は「声に出して読む日本語」斎藤孝さんです。

  • にせニセことわざずかん
    にせニセことわざずかん 荒井良二

    ふだん何気なく使っていることわざが、大変身!「猫にごはん、豚にしんぶん」!?途端に親しみやすくユーモアにあふれた言葉になっちゃいます。遊びながら、ことばのおもしろさにも出会える、ゆかいでへんてこなことわざ絵本。

6歳から

  • ことわざ絵本
    ことわざ絵本 五味太郎

    ことわざを五味流解説で身近なものにしてくれたロングセラーの絵本です。
    右ページにことわざが楽しい絵で解説され、左ページではそれを受けて創作ことわざによる新たな違う角度で解説。
    ことわざに興味を持ち始めた子には新鮮な気持で読めるし、大人が読んでも更に奥深い楽しみ方が出来るはず。

    ≪お客様のレビュー≫
    日本のことわざを、五味太郎さんのセンスで面白ろーく書いてあり、楽しく読めました。
    子供にもわかりやすくていいですよ。

    こちらからどうぞ

  • ことばのこばこ
    ことばのこばこ 和田誠(イラストレーター)

    大きなサイズの画面にあらゆる言葉遊びがびっしり!回文、反対言葉、しりとり…18のことばのこばこ。絵と言葉が一体となって表現された和田誠、渾身の一作です。 これは言葉を覚えたばかりの子でも夢中になれる楽しさ、大人でも驚きの面白さ。まさに「ことばの宇宙」です。

  • いろはのかるた奉行
    いろはのかるた奉行 長谷川義史

    新旧いろはかるた対決! 知っているようで、あまり知られていない「いろはがるた」の句も長谷川センセイの手にかかればこんな楽しい絵本に。お腹を抱えて学びましょう。

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ