トップ > >特集 >著者インタビュー >仲山進也さん

楽天ブックス 著者インタビュー

  • バックナンバー
  • 最新号

カリスマ的リーダーもエース社員も不要! 「チームづくり」のプロが語る“伝説のチーム”を生み出す成長法則とは 『今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則 『ジャイアントキリング』の流儀』
仲山進也インタビュー

『ジャイアントキリング』という大人気のサッカーマンガがあります。弱小チームが、主人公の達海監督による一風変わったチームづくりによって、格上のチームに「大金星(=ジャイアントキリング)」を挙げるストーリーです。このマンガを「ケーススタディー」として活用したビジネス書が話題になっています。「強いリーダーシップとチームづくりは似て非なるもの。優秀すぎるリーダーがチーム化を阻む要因になる」と語る著者に、執筆背景も含めてチームづくりの要諦を聞きました。

今週の本はこちら

今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則
今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則
ビジネスにもスポーツにも活かせる「超画期的」組織論。
1,470円(税込)
ご購入はコチラ

注目の本

楽天大学学長が教える「ビジネス頭」の磨き方楽天大学学長が教える「ビジネス頭」の磨き方
楽天市場3万店舗以上を売上アップに導いた著者が明かす、モノの見方と考え方のヒント。
1,575円(税込)
ご購入はコチラ
問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい
消費税増税を「数字の知恵」で勝ち抜く。
1,365円(税込)
ご購入はコチラ
個を動かす 新浪剛史、ローソン作り直しの10年個を動かす 新浪剛史、ローソン作り直しの10年
新浪剛史が初めて語る『ローソン再生』
1,575円(税込)
ご購入はコチラ
「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方
リーダーは、弱くてもかまわない。
1,470円(税込)
ご購入はコチラ
採用基準採用基準
マッキンゼーの採用マネジャーを12年務めた著者が語る
1,575円(税込)
ご購入はコチラ
このビジネス書を読め!

おすすめ特集

スペシャルプライスセール
半額のバーゲン本を大量掲載!お得です!
楽天文芸倶楽部
最新からイチオシの小説まで、文芸好きの方はこちらをチェック
付録つき ブランドムック・雑誌特集
新作の付録付き商品はこちら!

プロフィール

仲山進也(なかやま・しんや)さん
楽天株式会社楽天大学学長、仲山考材株式会社代表取締役。北海道生まれ。慶應義塾大学卒法学部法律学科卒業。シャープ株式会社を経て、1999年に社員約20名の楽天株式会社へ移籍。2000年に「楽天大学」を設立、Eコマースのみならずチームづくりや理念づくりまで幅広く、楽天市場出店者3万9000社の成長パートナーとして活動中。2004年、Jリーグ「ヴィッセル神戸」の経営にも参画。2007年に楽天で唯一のフェロー風正社員となり、2008年に仲山考材株式会社を設立。著書に個人の成長法則をテーマとする『楽天大学学長が教える「ビジネス頭」の磨き方』がある。

インタビュー

■「マンガを読んでいない人にもわかりやすく」を心がける



−−強いチームづくりの秘訣を、人気マンガ『ジャイアントキリング』をモチーフとしながら解説した本書ですが、原作を読んでおらず、サッカーに詳しくない私でも、楽しみながら読めました。
仲山さんありがとうございます。この本は、いかにそういう方にもわかりやすく読んでいただけるかを考えてつくったつもりなので、とてもうれしいです。マンガをモチーフにした本は少なくないですが、「原作を読んでいることが前提」で書かれているものが多い気がして、それだともったいないなと思っていました。おかげさまで、「最初はジャイキリファン向けかと思ったけど、私にも役に立つことが多かった」といった感想をたくさんの方からいただいています。
−−そもそも、なぜ楽天大学の学長が「チームづくり」のテーマを? 本書の内容としては、ネットショップ向けというわけではなかったですよね。
仲山さん はい、「ネットショップ向けだと思った」という誤解もよくされるのが悩みです(笑)。この本の内容は、楽天大学の「チームビルディングプログラム」がベースになっています。背景としては、ネットショップが軌道に乗ると、一人で始めた事業が気づけば5人、10人、30人、100人……とスタッフが増えて、「売り方」よりも「人の問題」に悩む経営者・店長さんが増えます。もう一方で、私は自分が所属する20人の会社が数年で数千人になるという現場にいて「あらゆる組織の成長痛を実体験したこと」が強みなので、それをうまく伝えられる方法はないかと考えていました。5年前にチームビルディングファシリテーターの長尾彰氏と出会い、「チームづくり観」がピッタリで意気投合して、そのご縁で共同開発したのが「チームビルディングプログラム」です。ビジネス・スポーツだけでなく夫婦や家族まで含めた「すべてのチームに普遍的な成長法則」について扱っているのが特長です。ちなみに、今回、『ジャイキリ』とコラボするきっかけは、そのプログラム参加者の矢沢志朗さんから、「チームづくりを語るなら必読でしょ」と『ジャイキリ』が送られてきたのが最初です。
−−マンガをケーススタディとすることの一番のメリットは何でしょう?
仲山さんすごく大きなメリットがあるんです。以前、日本の大学のMBAで、楽天がケースに取り上げられているものを読ませてもらったことがあります。書かれていることは正しいのですが、書かれていないことで重要なことがたくさんあるな、と強く感じて、「ケーススタディの限界」を知りました。その点、マンガだと、「書かれていないことは起こっていない」わけなので、実はマンガのケーススタディというのは共有しやすさでは最高の素材だと気づきました。チームづくりの事例って、やっぱり「どんなキャラクターのメンバーがいて、それぞれの関係性はどうなっていて……」といった細かいところまでわからないと伝わらないと思うので、『ジャイキリ』という素晴らしい「チームづくりの事例」とコラボできていなければ、私はチームづくりの本を出せなかったと思います。
−−『ジャイキリ』のストーリー、ひいては本書の内容について、「類書との違い」はどこにあるとお考えですか?
仲山さんまずは、「今いるメンバーで」というコンセプトです。採用したくても現実としては今いるメンバーでやりくりしなければいけない組織がほとんどなので、「採用ありき」ではないスタンスを取っています。また、リーダーシップ・マネジメント関連本の棚では、「部下を思い通りに動かすテクニック」といったものから「人間力を高める」というものが目立つように思いますが、いずれにしても「リーダー・マネージャーのあなたががんばりなさい」というメッセージがメインのように感じます。でも、努力はしているのに、なかなかうまくいかないという人は少なからずいます。『ジャイキリ』のキーマンの一人である村越キャプテンも、優秀なプレイヤーですが「リーダーである自分ががんばらなければ」という責任感の強さが裏目に出て、一人ですべてを抱え込んでイライラ・モヤモヤしているタイプです。この本が類書と違うのは、「優秀なリーダーになるにはどうすべきか」ではなく、「チームというのはどうやってできあがっていくのか」という視点で書かれているところだと思います。本の冒頭に書きましたが、「優秀なリーダーっぽいふるまい」と「チームをつくるということ」には矛盾する点がある、ということを伝えられたら、悩めるリーダーのお役に立てるのではないかと思っています。
−−本書は、チームの成長法則を「フォーミング(形成期)」→「ストーミング(混乱期)」→「ノーミング(規範期)」→「トランスフォーミング(変態期)」という4段階に分け解説していますが、中でも「ストーミング」に重点を置いていますね。
仲山さんこの考え方自体は、ブルース・タックマンという心理学者の理論をベースにアレンジを加えたものです。4つのステージを均等に解説するのではなく、ストーミングに重点を置いたのは、実践につなげやすくするためです。というのも、日本人は、衝突や混乱をわるいことととらえがちで、「空気を読んで、言いたいことは飲み込みつつ、リーダーから指示されたとおりにやる」という行動を取る傾向があります。実は、それだと「チーム」はできていきません。チームになるためには「ストーミング(混乱期)」を経ることが必要不可欠です。『ジャイキリ』では、主人公の達海監督が、ことあるごとに選手たちの間に混乱を巻き起こし、そのたびにチームらしさを増していく過程が描かれています。世の中の多くの組織は、第一段階の「フォーミング」にとどまっていて力を発揮しきれていないので、「達海のあり方・やり方」を知っておくかどうかで、日々の実践に大きな差が生まれてくるはずです。

■1人で読むのではなく、全員で読み合わせたほうがチームになりやすい



−−本書を手に取る方の多くは、マネジメントに携わっている方だと思うのですが、メンバーの方にとっても有益な内容となっていますよね。
仲山さん先日、本を読んでくださった経営者さんから、「回し読みはやめて、まとめて買いました!」というメールをいただきました。どうして回し読みをやめたのか尋ねたら、

(1)自分がみんなと一緒にタイムリーに内容を共有したい素晴らしい内容だったので。一緒に共感できないと大金星はないなと。
(2)手元にあるといつでも読み返せるから。悩んだら読み返したいと思っています。
(3)本のあとがきに、スタッフとみんなで読んでね、と確か書いてあって、その通りと思いました。読んだ後が重要になりそう。

というお返事がきました。先ほどもお話ししましたが、リーダーが自分だけ勉強して知識を増やしていくと、メンバーとの意識の格差がどんどん大きくなっていって、「どうしてみんなはこんなことにも気づいてくれないのだろう」とムダに悩みが深くなったりしがちです。チームになるには、「お互いが見えているものを近づけること」が大事なので、本を読んで「これをどうみんなに伝えようか」と悩むくらいなら、みんなで読み合わせミーティングでも開くのがおすすめです。
−−ご自身では今後、どんな形で“チームづくり”を進めていかれるのでしょうか?
仲山さん実は、この本を出したことで、次に進めると思っているんです。社内のメンバーにとどまらず、お客さんや取引先と一緒にプロジェクトチームをつくって事を成し遂げていくような、新しいスタイルの商売を研究しているところです。ワクワクするような面白いビジョンを掲げて、「いいね、俺もメンバーに入れてよ」と様々な能力を持った仲間が集まってきて、そのメンバーがチームになることで新しい価値を生み出せるようになる、そんな仕事のスタイルを構築したいと思っています。チームビルディングとマーケティングの融合なので、“チームビルディングマーケティング”と呼んでいます。
−−仲山さんの目指す次なる“チーム”作り、楽しみにしております。本日はありがとうございました。

今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則ーー『ジャイアントキリング』の流儀
今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則ーー『ジャイアントキリング』の流儀

内容紹介
チームには「成長法則」がある!

「70点のグループ」が、
「赤点」を経て、
「120点以上のチーム」に変身するーー。

カリスマ的リーダーもエース社員も不要!
のべ3万社の経営をサポートしてきた「チームづくり」のプロが語る、
今いるメンバーの化学変化で史上最高の成果を生み出す「成長法則」。

大人気マンガ『ジャイアントキリング』をケーススタディにした、ビジネスにもスポーツにも活かせる「超画期的」組織論。

ご購入はコチラ

このページの先頭へ