楽天ブックス 著者インタビュー

  • バックナンバー
  • 最新号

井上裕介さんインタビュー「日めくりまいにち、ポジティヴ」

考えかた次第で毎日は楽しくなる!一度きりの人生だから、明るく生きたほうが楽しいに決まってる。それならすべてをポジティヴに受け止めて、笑顔で日々を過ごしたい。そんな思いが込められた日めくり、「まいにち、ポジティヴ!」。大好評の日めくりの裏側を井上さんにさらに伺いました。

プロフィール

いのうえゆうすけ(NON STYLE)
1980年生まれ。お笑いコンビNON STYLEのツッコミ担当。中学のときに出会った相方、石田明と2000年5月にコンビ結成。2007年「NHK爆笑オンエアバトルチャンピオン大会」優勝、2008年「オートバックスM-1グランプリ2008」優勝など、数々のタイトルを獲得。2013年には初の著書「スーパー・ポジティヴ・シンキング~日本イチ嫌われている芸能人が毎日笑顔でいる理由~」を上梓。

インタビュー

■「最後の仕事として、日めくりをつくりたい!」という一言がきっかけでした。

--この日めくりをつくるきっかけはどのようなところにあったのでしょうか。
井上さん以前「スーパー・ポジティヴ・シンキング」という本を出したのですが、増刷もかかり好評をいただいたので2冊目も出したいなと思っていたんです。そんな話をしていたら「スーパー・ポジティヴ・シンキング」を担当していたヨシモトの社員が辞める、ということで最後にこの日めくりを出しませんか、という話をもらって。最後の仕事を井上さんの日めくりでやりたいと。その時に松岡修造さんの日めくり「まいにち、修造!」も売れていたし、二番煎じするなら俺ぐらいがきっとおもろいし、じゃあ一緒にということで。僕自身も写真集まではいかなくても何か残しておきたいなと思っていたところでしたし。
--写真集のようなもの、というのは自分の美しい時を残しておきたい…といった発想でしょうか。
井上さん いえ、ビジネスのため(笑)のちのちのビジネスのためですね。なんか色々あったほうがあとになって面白いなと。
井上さんで日めくりやったら売れると思うんですよと言われた時は、正直売れるか?書籍のほうが良いんじゃないか…と思ったんです。でも、最後の仕事をこれにしたいと言われて、今まで色々お世話になったということもあってこれをつくろうということに最終的には落ち着きました。
--なるほど、それは慧眼でしたね!それでは企画当初から日めくりというスタイルありきだったのですね。
井上さんそうですね。日めくりをやるということでデザインであったり文字のバランスであったり、内容はこういうのを入れて欲しいというのは意見をしましたが、日めくりという形が最初からありました。
--これだけ話題になって大好評だと思うんですが井上さんの耳に届く反響はどんな感じでしょうか。
井上さんそうですね。松岡さんと並べて使っているという人が多いですね、僕の周りは。今世の中にネガティヴなことが多いし草食男子の世の中だから元気になれない人が多いのかなと思います。
--31日間井上さん満載の日めくりですが、お気に入りの写真、言葉、是非教えてください。
井上さんこれですね、13日の「自分を愛せないやつに人を愛する資格はない」。自分で自分の良さを分かっていないヤツが他人にその良さを気づいてもらおうなんておこがましい。まずは自分で自分を好きになってあげることが他人に好かれる第一歩なのではないかと。僕自身は自分のことを明るくてイイヤツだと思います(笑)
--では、お気に入りの写真はどれでしょう。
井上さん写真は4日のものですね。これはもともとデザイン案にはなかったんですが、俺がこういうのを撮りたいといったんです。嵐の相葉くんをイメージしています(笑)。嵐というかジャニーズのかたは、こういう椅子を反対向けて肘をついている写真が多いんですよね。だからこの格好で撮りたいと。
この日めくりで着ている服、実は全部自前なんですけど、私服を持ってきてくれとは言われたんですが靴は言われなかったんです。だから裸足カットが多くなってしまいました。靴は現場で用意してくれるものと思っていたんです。
--ちなみに撮影は、言葉がきまったあとに服を決めたというわけではないのですね。
井上さん違います違います。撮影する時には言葉はまだ全部は決まっていませんでした。ちなみに言葉は全部で70個くらい出し、そこから選びました。
--31個選ぶ基準はどこにあったのですか。
井上さん それはみんなの意見ですね。みんながいいね、残したいねといったものを残しています。で、最終的に僕がこの言葉は残して欲しいというものを残していったような気がします。

■人生が二択の連続なら、明るくなるほうが絶対イイ!次回は是非松岡修造さんとコラボレーションを!!

--「前向き」でいることの大切さがものすごく伝わってくる日めくりですが、そもそもどうしてこんなに前向きでいられるのですか。
井上さんこの日めくりにも「人生は二択の連続だ」という言葉がありますが明るい1日と暗い1日どちらがいいかと言ったら明るい1日がいいし、笑っている1日泣いている1日どちらがいいと言ったら笑っている1日がいいし、全てにおいての二択の選択を僕は明るくなるほうを選んでいるというだけですね。
--落ち込んだり、暗くなったりすることはあるのですか。
井上さん もちろんそれはありますよ。仕事をしていてうまくいかなかったりして。落ち込むことを引きずるのは簡単ですよ。でも、落ち込むことをひきずるのか、ひきずらずに頑張って切り替える、で明日から新しい1日を過ごすのかだったら、引きずらないほうが僕は毎日がハッピーになると思っているので。もちろん切り替えるのも大変なんですけどね。
--どうやって切り替えるのでしょうか。
井上さん 切り替えるフリでいいんですよ。フリをしていたら、周りの人がもう切り替えているすごいなあ…って嘘の切り替えを真実に変えてくれるから。 Twitterなどで悪口・誹謗・中傷、死ぬほどきますが、そういうのも「聞き流す」というよりは人の人生80年、その貴重な人生のなかで僕の悪口に1分、2分も捧げてもらっている…と思うとそれはそれでいいんじゃないかなって。そういう風に思うようにしています。
--なるほど!それもひとつの切り替えですね。
井上さん 僕はそういう風に思っていますし、僕の悪口いう人がそれでスッキリするならお互いハッピー、Win-Winの関係ですよね!
--逆になかなかポジティヴになれない人にメッセージ、アドバイスはありますか。
井上さん ネガティヴな人がポジティヴになろうとするのも、なかなか大変だと思いますが、一番てっとりばやいのは自分の周りをポジティヴな人で固めること。そうすると自然と染まります。人間って環境でかわるんで。俺もネガティヴな人に囲まれるとたぶんネガティヴになっていくでしょうし。要はポジティヴ・ネガティヴがどうこうというより、人って自分と似たような人といると楽だから、楽をしちゃうんですよ。そうすると成長できない。しんどくても自分にないもの、自分とちがうものを持っている人と共有していたらそういういいものが自分に植え付けられていくわけですよ。そう考えるとポジティヴな人と接するようにすると、最初はしんどいかもしれませんが1ヶ月、2ヶ月それを頑張ったらきっと、自然になってきますから。僕は子どもの頃は寂しがり屋で今もそれをもっている、寂しがり屋だからみんなと過ごしたい、誰かと接していたい、人と接していたいというのが毎日誰かと笑って過ごしたい、それがポジティヴに変わってきた…という感じですね。
--キャッチコピーが「芸能界でイチバンのポジティヴ芸人」となっていますが、芸能界で井上さんを凌ぐポジティヴな人はいませんか。
井上さん …まあ見たことないですね(笑)。
--そこはやはり自信ありでしょうか。
井上さん そうですね。松岡さんと僕を比べると、松岡さんはとにかく「アツい」、落ち込むのも強く落ち込みますもんね。すべて全力。だから松岡さんのは「アツい」日めくり、僕のは「ポジティヴ」な日めくり。
--オススメの日めくり使用法、どこに飾るといいとかありますか。
井上さん そうですね。トイレがいいんじゃないですかね。なんかひとりになれる場所においてくれたほうが良いんじゃないかなって。
--朝起きて、鏡の脇にあるのもいいんじゃないか?という気がしますがどうでしょう。
井上さん あー、それだと「ながら見」しかしなさそう(笑)。やっぱりしっかりと見ていただきたい、大きい文字より小さい文字にイイこと書かれていたりするので。
自分自身では「まいにち、ポジティヴ」をみることによってポジティヴになるとは思いませんし、口が裂けても言えないんですけど、人によってはこれを見てポジティヴになれましたっていう人もいるだろうし、これを見て俺のことをバカにして何気持ち悪いこと言うてんねんって元気になるやつもおるだろうし。だから人それぞれ、十人十色の楽しみかたをしてくれればいいのにな、と。一種類の楽しみかたではないと思うんです。だから落ち込んでこれ見たときに、うわー気持ち悪っ…て言いながらも言葉を発せられるようになっていたりとかもあるでしょうし。これをたたいて腹たつねんっていってストレス発散する人もいるでしょうし。ジブリ映画と同じで楽しみかたも人それぞれ、というところでしょうか。
--そうなりますと、ジブリ映画と同じで裏の裏まで読むと読み方も変わってくるのでしょうか。
井上さん どうなんでしょうね。この日めくりの第2弾が出たときにそういうことがわかってくるんではないでしょうかね。
--ちなみに第2弾の日めくりは余裕で出せるくらいですか。
井上さん 出そうとすれば出せるでしょうね。言葉も70くらい制作の時に出しましたから。この日めくりを出してから、僕もいろいろ人生経験踏みましたからまた言葉もいろいろ出てきますでしょうし。
--もし第2弾を出すとしたら、こんなことをしたいといったことはありますか。
井上さん 第三者を入れたいですね。金髪美女を腕枕しているとか…。あとは是非松岡さんとコラボとかもしてみたいですよね!松岡さんからOKが出れば。
--この日めくりを、まだ手にしていないかたに向けてのメッセージはありますか。
井上さん そうですね。良くも悪くも手にとっていただけると色々な楽しみかたができると思います。これを見てイライラしていただくもよし、ハッピーになっていただくもよし、買った瞬間に捨てていただいてもよしです(笑)色々な使いかたがあると思います。この日めくりを使って、ポジティヴになれたな!と思ったらぜひ1枚1枚破って捨ててください。この日めくりがなくなった時に、はじめてポジティヴになれましたと言っていただけると僕も嬉しいですね。本来の意味で日めくりカレンダーってそういうものですからね!

日めくりまいにち、ポジティヴ
日めくりまいにち、ポジティヴ

内容紹介
卓上にするもよし!壁掛けにで楽しむもよし!読めばちょっぴり前向きになれる31コのポジティヴメッセージ!

楽天ブックス 著者インタビュー

  • バックナンバー
  • 最新号
このページをお友達に教える
  • ツイート
現在地
トップ >  > 著者インタビュー -井上裕介さん「日めくりまいにち、ポジティヴ」

オススメのキャンペーン&特集

もっと見る

  • 買い物かご
  • お気に入り
  • 閲覧履歴
  • 購入履歴
  • クーポン