楽天ブックス 著者インタビュー

  • バックナンバー
  • 最新号

バッターボックスのイチローが、ゴール前の俊輔が、ホイッスルが鳴る前の北島が…たった一人で自分と対峙する瞬間、トップアスリートたちは何を思うのか 番組コメンテイター・中西哲生さんに聞く取材裏話!テレビ朝日「Get Sports」で取材したトップアスリート達の金言集『勇気がもらえる145の言葉』

テレビ朝日の人気スポーツ番組『Get Sports』。アスリートの技術の分析から、スポーツに対する哲学をあぶり出す内容に多くのファンを抱える番組です。そこで語られてきたアスリートの言葉が一冊の本としてまとめられました。出演者の南原清隆さん、栗山英樹さん、中西哲生さんの心を震わせた言葉たちは、人生のヒントが満載!実際にアスリート達の言葉を引き出してきた中西哲生さんに取材秘話を伺いました!

今週の本はこちら

『勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…』
『勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…』
イチロー、松井秀喜、中村俊輔、松坂大輔ほか、一流選手が語った真実と信念
価格:1,000円(税込)
ご購入はコチラ

今売れているアスリートの本

『Be soul』『Be soul』
高橋大輔が魅せたドラマを、本人の肉声で綴ったエッセイとオフショット写真でお届け!
価格:1,680 円(税込)
ご購入はコチラ
『やべっちF.C ワールドカップ完全読本』 『やべっちF.C. ワールドカップ完全読本』
MCやべっちと名波浩さんによるサッカーファンを唸らせるワールドカップ注目情報
価格:880 円(税込)
ご購入はコチラ
『やべっちF.C. VOL.1』 『やべっちF.C. VOL.1』
日本サッカーを応援し続ける『やべっちF.C.』待望のDVD化!
価格:2,220円(税込)
ご購入はコチラ
サッカー入門ガイド ウエアから審判グッズまで♪今日からデビューできるサッカーグッズ満載!
楽天toto 300円で最高6億円ゲットのチャンス!今すぐ買えます!
ランニング本特集 楽しくオシャレに本格的にランニングで自分磨き! 足腰痛めず楽しく走る方法、書籍でしっかり知っておいてください!
太らない歩き方「体幹ウォーキング」金哲彦先生Webレッスン開講!詳しくはコチラ 97%が「歩き方」を間違えています!TVで話題のウォーキングレッスン!

プロフィール

中西哲生さん (なかにし・てつお)
1969年生まれ、愛知県名古屋市出身。同志社大学経済学部卒業後、名古屋グランパスエイトに入団し中盤の要として活躍する。その後1997年に川崎フロンターレに移籍、2000年末に引退しスポーツジャーナリスト・サッカー解説者に。テレビ朝日『Get sports』ではサッカーだけでなく様々なスポーツを論理的な視点から分析・解説している。近著に『ベンゲル・ノート』(幻冬舎、戸塚啓氏との共著)、『新・キックバイブル―日本がワールドカップで優勝するために』(幻冬舎)など。

インタビュー

中西哲生さん『勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…』

−−『勇気がもらえる145の言葉』には『Get sports』で語られたアスリートの言葉が集約されています。中西さんがインタビュアーとしてアスリートに対峙するとき、気をつけてらっしゃることはありますか?
中西さん「いい言葉」を語ってもらうには、相手に心を開いてもらって、気持ちよく話してもらわないといけません。番組の構成はもちろん考えていますが、僕は流れを重視しています。なので、取材中に「ちゃんとあのこと聞いてくれるのかな?」と、スタッフはヒヤヒヤすることも多いようです(笑)。でも「この人なら話してもいいな」って信頼してもらうことが、他では聞けない言葉を聞き出す近道なんです。
−−どの言葉も一流のアスリートの方々が語ったものですが、その人たちが共通して持っているものはあるのでしょうか?
中西さん「すべてのことに理由がある」ということだと思うんです。一流の選手には、練習の仕方にしても、フォームの細かい体の動かし方にしても、試合中の動きひとつをとっても、「こうだから、こうする」という論理性があるんです。

中西哲生さん『勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…』

−−確かに、『Get sports』を観ていると選手の細かい動きのひとつひとつに理由があることに驚きます。
中西さん選手たちからも「内容がマニアックだよね」と言われますよ(笑)。でも、「細かいところ」に選手たちの思いや哲学が込められているんです。『勇気がもらえる145の言葉』にはそのエッセンスが詰まっています。「スポーツの言葉」だと思って読まないで、仕事や日常生活など自分の立場に置き換えて読んでほしいですね。そうすればアスリートの言葉が「人生を変えるきっかけ」にもなるかもしれません。
−−アスリートの言葉が、どのように仕事や日常生活に役立つのでしょうか?
中西さん 例えば、サッカーはチームプレーですから、組織のなかで自分の役割を見出さなければいけない。試合に勝つためには自分はどのような動きをしなければいけないのか? 監督はどんな選手を必要しているのか? 誰だってゴールを決めたいし、ラストパスを出したい、でも自分の役割を見つけて、それに徹することができる人がプロとして活躍しているんです。これは「会社という組織のなかでどう働くか」ということにも置き換えることができますよね。

中西哲生さん『勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…』

−− 確かに、そう考えるとスポーツと仕事って通じるところがありますね。
中西さん具体的に言うと、松井秀喜選手の「あまりにも先の大きな目標を見すぎるよりも、今もこの時点で、やらなくちゃいけないことをしっかりやっていたほうが近道になる」という言葉が載っています。これは「仕事の資料を今日作るか、明日へ先延ばすか」という局面にも置き換えられる。今日作ってしまえば、明日、別のことに割ける時間が増え、新しいことを自分にインプットできる。すると新しいビジネスが思いつくかもしれない。こんなふうに「この言葉がいまの自分にどう置き換えられるか」を考えながら読んでみてください。
−−最後に、今回のワールドカップについて、元選手として、番組コメンテイターとしての中西さんの率直なご意見を聞かせてください。
中西さんいままでの3大会に比べて厳しい状況なのは明らかです。しかし、ワールドカップは技術だけではなく気持ちが試合の結果に大きく影響してくる。中村俊輔選手や中澤佑二選手、遠藤保仁選手という、前回非常に悔しい思いをした3人がどう雪辱を果たすかに期待しています。1試合目のカメルーン戦でどうにか勝って…、少なくとも引き分けてくれるといいですよね。いまの日本代表ならチャンスはあると思います。

この本を立ち読み

『勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…』

苦しいとき、悩んでいるときの指南書
イチローが、松井が、背中を押します
【1】「Get Sports」の深いインタビューで導き出したアスリートたちの名言集!
【2】フィジカルもメンタルも強い彼らでも陥る苦境、乗り越えるヒントが見つかります!
【3】自分だけでなく、部下や同僚にも読ませたい!頑張るビジネスマンにオススメです

ご購入はコチラ

レビューを立ち読み

  • ★小倉さんの朝の番組で紹介していて部活で悩んでいた甥にプレゼントする為に購入しました。繰り返し読んでいるようで何か得るものがあればと思っています。
  • ★部活の中で、技術面や人間関係に悩んでいる中2の息子。何も言わずに居間の机の上にそっとおいていると、パラパラとめくっていたかと思うと、気になるページを読み返している様子。
    1ページに一言が書いてあり、最低限の解説が書いてあるだけの、余白の多いシンプルな構成。しかし、読み手にいろいろな解釈や感想を持つことができ、何かの助けになる1冊だと思います。

もっとレビューを読む!>>

このページの先頭へ