楽天ブックス 著者インタビュー

  • バックナンバー
  • 最新号

折原みとさん『乙女の花束』 こんな時代だからこそ大切にしたい乙女の魂が詰まった「乙女の教科書」

ベストセラー『時の輝き』などで、少女から絶大な支持を得てきた小説家・折原みとさんが、乙女の乙女による乙女のための小説、『乙女の花束』を執筆。鎌倉にある全寮制のお嬢様学校を舞台に、アンティーク着物やお花、お菓子…など、可憐な乙女的要素が詰まった学園物語に仕上がっているが、なぜ時代は“乙女”なのか?折原先生にうかがいました

今週の本はこちら

乙女の花束 折原みと 『乙女の花束』
鎌倉の奥深く、全寮制のお嬢様女子高にやってきた風子が恋に友情に大奮闘!
価格:1,575円(税込)
ご購入はコチラ

折原みとさんの本

安藤美姫物語 折原みと I believe 『安藤美姫物語 I believe』
バンクーバーで大活躍の安藤美姫選手公式コミック!本当の私を初めて語ります。
価格:440円(税込)

ライトノベルランキング

とある魔術の禁書目録(20) 『とある魔術の禁書目録(20)』
10月18日。ロシアより、第三次世界大戦が布告された。学園都市とロシアの激突!
価格:641円(税込)
使命と魂のリミット 東野圭吾 『使命と魂のリミット』
心臓外科医を目指す夕紀は、誰にも言えないある目的を胸に秘めていた。
価格:740円(税込)
堂本剛 ベルリン 『堂本剛 ベルリン』
本人スタイリングによるベルリン・ファッション。ロングインタビューも圧巻
価格:2,440円(税込)
千の風になったあなたへ贈る手紙 『千の風になったあなたへ贈る手紙』
【千の風になったあなたへ贈る手紙】入選作!感動の手紙集です!
価格:609円(税込)
コウケンテツさんが教える脱マンネリ弁当 本当に美味しいお弁当レシピ!
12時が待ち遠しいお弁当レシピ!お弁当箱が空で戻ります!
アウトドア特集 初心者から上級者まで 大自然と遊ぼう!
春到来!アウトドアシーズンが始まります!
お勉強レビュー特集 小学校3-6年 ママのオススメ
小学校3-6年生向け、レビュー評価の高いお勉強本は?
知育絵本特集 幅広い知識を身に付けさせたい! 更新しました!入園前に読ませたい知育本を年齢別にセレクト!

プロフィール

折原みとさん(おりはら・みと)
1月27日生まれ。茨城県出身。小説家。漫画家。小説家としては1987年、『ときめき時代 つまさきだちの季節』(ポプラ社刊)にてデビュー。講談社X文庫のレーベル「ティーンズ・ハート」の主要作家として活躍し、『天使シリーズ』や『アナトゥール星伝』、『時の輝き』シリーズなど、人気作を多数執筆。95年、『時の輝き』が映画化され、原作が110万部を超えるベストセラーとなった。

インタビュー

折原みとさん

−−今作は全寮制のお嬢様学校が舞台となっていて、大正・昭和時代の古き良き少女小説のようなレトロな雰囲気が漂っている物語ですね。今はケータイ小説のように文章的なリアルさのある作品が多いように思いますが、そんな時代になぜ、このような小説を書かれようと思ったのですか?
折原さん最近は口語的というか、リアルすぎる文体で描かれている小説が増えてしまって、小説本来の良さみたいなものが失われてきてしまっていると思うんです。それで今回は、時間軸は現代ですが設定をレトロにして、本来の日本語の美しさをお伝えできるような小説を描こうと思いました。文章自体も、あえて古いテイストの文体を使って書きました。
−−舞台となっているのは鎌倉ですが、なぜ鎌倉にされたのですか?
折原さん鎌倉はこじんまりしていて、土地のサイズ的にとても書きやすいから選びました。それに芥川龍之介や川端康成など、昔は文学者がたくさん住んでいたんです。すごく文学の香りが漂っている街なので、今回の舞台には最適だと思いました。私が住んでいる逗子から近くて、親しみがあるので書きやすかったというのもあるんです。
−−全寮制の学校の中で、優雅に慎ましく生活しているお嬢様たちの様子が描かれていますが、これらは先生の理想とする女子校像なのですか?
折原さんそうですね。“こういう学校があったらいいのに!”という思いを、設定には詰め込みました。まあ実際、こんな女子校が現代にあるはずはないんですけど、そこをあえて…。
−−でも女子であれば、お嬢様同士のおしとやかなやり取りや優雅な寮生活って憧れますよね!
折原さんそうなんですよ! 私もすごく憧れがあります。小学生のときに、“少女小説の元祖”と呼ばれている吉屋信子さんの作品を読んで、あの独特なお嬢様同士の言葉づかいなどに、すごく憧れたんですよね。それに、私自身も女子校出身だからわかるんですけど、実際の女子校ってわりとお下品だったりするじゃないですか?(笑) だから余計にこういう、お嬢様たちのお上品な女子校ライフに魅力を感じるのかもしれません。

折原みとさん

−−その気持ち、わかります! 女子校の実情を知っている者からすると、あのお嬢様たちの世界はもはやファンタジーですもんね(笑)。主人公の風子ちゃんしかり、物語の中には「これぞ、乙女!」という雰囲気を醸し出している、個性豊かな女の子がたくさん登場しますが、先生の中では“乙女の定義”とは、どんなものなのでしょうか?
折原さんスピリットです!年齢や外見に関係なく、精神的なもの。正しい女子であろうとする心構えを持っていれば、乙女だと思います。
−−“正しい女子”とは?
折原さん相手の立場になって行動ができる、自分の考えをちゃんと持っている、目上の人を敬う、ものを大切にする……などができる女の子は、“正しい女子”だと思います。至極当たり前のことなんですけどね。正しい教育を受けている人って、それらが自然に身についているじゃないですか? そういう当然のことができていれば、乙女としての“品”が備わってくると思うんです。
−−なるほど。登場人物のお嬢様たちは、お花や日舞、陶芸など、日本人女性としての嗜みもしっかり身につけていますよね。
折原さん全部私の趣味でもあるんです。今回、自分自身が好きなものをすべてお話の中に入れてしまいました。華道はもう師範なので今は習っていませんが、お茶、日舞、お琴、書道はかれこれ10年以上習っていますね。陶芸はこの作品を描くにあたって、取材で一日体験をさせていただいたのですが、面白くてハマってしまい、習い始めました。

折原みとさん

−−す、すごいです! 先生ご自身が、完璧な乙女マスターなのですね! やはり以前から日本文化などに興味がおありだったのですか?
折原さん日本文化や日本のものは好きでしたね。でも自分で習い始めたのは、本当にここ10年ぐらいなんです。お友だちのお母様に着物をいただいたのがきっかけでした。その着物を自分で着たくて着付けを習ったら、日常的に着物を着ていく場を作りたくて、お茶を習い始めました。そしたら今度は、着物を着ているときの身のこなしが気になってしまって、日舞を習い始めて…という感じで、どんどん習い事が増えちゃったんです。
−−やはり日本人であれば、日本の文化を知っておくことは必要ですよね。
折原さんそうですね、勉強していくと楽しいですし。若い頃は毛嫌いしがちなんですけど、ある程度年齢を重ねると日本文化の素晴らしさや面白さがわかってくるものなんですよね。日本語もね、実は本当に素晴らしい言葉なんですよ。この本を描くにあたって、日本語についてもいろいろ勉強したんですけど、言葉のひとつひとつに日本人特有の趣がつまっていて、昔の人の美意識の高さに感動しちゃいました。
−−古き良き日本の良さ、そして乙女要素が満載につまった『乙女の花束』ですが、最後に読者の皆さんにメッセージをお願いします。
折原さん日常会話では使わないような美しい日本語を、読みやすいかたちで随所に散りばめているので、これを読んで「私、日本人でよかったなあ…」なんて思っていただけたら嬉しいです。また、着物やお菓子、お花など、乙女的要素もてんこ盛りの物語になっております。“乙女の教科書”としても楽しんでいただけますので、ぜひ、手にとっていただけたらと思います。ちなみに、『乙女の花束』は三部作になる予定で、ヒロイン・風子ちゃんの卒業までを描くつもりです。
−−続編も楽しみです! 本日は、どうもありがとうございました。

この本を立ち読み

乙女の花束 折原みと

ちょっとレトロなお嬢様ストーリー
忘れていた慎みを思い出します!
【1】昭和レトロな雰囲気漂う鎌倉のお嬢様学校が舞台です!少女に戻って別世界に浸るのが楽しむコツ!
【2】寄宿舎生活、同室の友達と夜通しのおしゃべり、アンティーク着物、ジョシの憧れがちりばめられた一冊!
【3】巻き起こる陰謀、協力、友情、そしてほんのりとした恋…。勝気で天然な主人公が巻き込まれる展開のテンポが抜群!

ご購入はコチラ

レビューを立ち読み

  • ★久しぶりの小説ということで非常に楽しみにしていました!若干イジメ?も出てきますが内容的はほのぼの系です。みと先生のブログで分かるように、みと先生の趣味が反映されています。

もっとレビューを読む!>>

このページの先頭へ