トップ > キャンペーン・特集 > > ほぼ日手帳 WEEKS 2014特集

ほぼ日刊イトイ新聞特別編集 ほぼ日手帳 WEEKS 2014 ことしのわたしは、たのしい。

スケジュール管理がしやすくなった。
大事な手紙をはさんで持ちあるこう。
どのペンを合わせるか、迷うのもたのしい。
打ち合わせが前よりスムーズに進む気がする。
レシピを書いておいて、何度も作ろう。
一冊にまとまって気分も軽くなった。

毎日つかう「わたし」がたのしくなれる手帳。
ほぼ日手帳WEEKSは、そんな週間手帳です。

ビジネスシーンも、たのしい

週単位で管理できる週間手帳は
ビジネスシーンでも大活躍。
仕事でつかう手帳だから、黒をセレクト。
ブックバンドとペンはモノクロでまとめて、
スタイリッシュに。

※使用例は2013年版です。

日々のスケジュール管理が、たのしい

見るたびに元気になれそうな「コーラルピンク」など
明るいカラーリングの手帳が多いのも
WEEKSのうれしいところ。
チロリアンテープがしおりになる「リボンブックマーク」など
かわいくて便利な「ほぼ日オリジナル文房具」をつかえば、
ふだんのスケジュールを書き込んでいるだけでも、
なんだか気持ちがワクワクしてくる。

※使用例は2013年版です。

自分流にカスタマイズして、たのしい

毎日を彩るように、
マスキングテープやハンコで
ページをデコレーションしている人も。
写真を貼ったり、チケットを貼ったり、
イラストを描いたり、日記を書いたり、
思いつくままに、自由につかいたくなる。

※使用例は2013年版です。

WEEKS・7つのいいところ

  • 1. 1週間の予定が見開きで管理できる

    1週間分の予定とメモページが
    見開きになっているので、たっぷり書き込めます。
    ほかにも、年間カレンダーや月間カレンダー、
    年間インデックスなどを収録しました。

  • 2. 持ち歩きやすいウォレットサイズ

    WEEKSはたて長タイプの財布と同じサイズなので、
    手に持った感覚がちょうどよく、
    カバンに入れても邪魔にならずに、手軽に持ち運べます。

  • 3. うすくて、軽い

    持ち運ぶときに気になるのは、やっぱり重さ。
    全240ページも収録しているWEEKSですが、
    その重さはスマートフォンとほぼ同じなんです。

  • 4. コンパクトなのに、たくさん書ける

    WEEKSの巻末には、
    ノートの代わりにもなるメモページを
    69ページ分収録。
    スケジュール管理とノートが
    1冊にまとめられるのは、
    ビジネスでもプライベートでも、うれしいポイント。

  • 5. 書くだけじゃなくて、読むのもたのしい

    週間ページのいちばん下には、
    「ほぼ日刊イトイ新聞」の数あるコンテンツから
    選りぬいた名言を載せています。
    電車の中や病院の待ち時間など、
    ちょっとしたときに読んでみてください。

  • 6. 路線図がついてくる

    すべてのWEEKSには、
    「ほぼ日の路線図」がついてきます。
    「ほぼ日」がオリジナルで開発している路線図で、
    毎年「ご近所の目チェック」と題して
    「ほぼ日」の読者の方々に校正をお願いし、
    年々、よりつかいやすく進化を遂げています。

  • 7. バラエティー豊かなラインナップ

    2014年版のWEEKSは、全20種類をご用意。
    今年はディズニーやSOULEIADO(ソレイアード)、
    ひびのこづえさんとはじめてコラボレーションし、
    バラエティー豊かなラインナップとなりました。
    洋服を選ぶように、
    これからの気分に合わせて選んでください。

ほぼ日手帳 WEEKS 2014 ラインナップ

※2014年版「ほぼ日の路線図」ついてます!

このページの先頭へ