トップ > キャンペーン・特集 > > 映画!「うまれる」公開記念 これからママになるあなたへ特集

ブックマーク
はてなブックマークに追加
ライブドアクリップに追加
FC2ブックマーク
Buzzurlにブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
@niftyクリップに追加
del.icio.us に登録
イザ!ブックマーク
Google Bookmarks に追加
newsing it!

映画!「うまれる」公開記念 これからママになるあなたへ特集

うまれるとは?

◆◇ 「私達はなぜ生まれてきたの?」 ◇◆
胎内記憶をもつ子供たちの証言からみる
感動出産ドキュメンタリー映画

ストーリー

どうしたら人は満たされるのか?
本当の幸せとは?
自分はどこからきて、どこにいくのか?

それは、根本となる自分の核の部分を見つめ直し、「生」と「死」を考えることにほかなりません。

2〜3歳の約3割の子供たちが、胎内記憶を持っているといいます。
胎内記憶とは、お母さんのおなかの中にいたときの記憶。
「あったかかったよ」「パパとママを小さな穴から見てたよ」など、
産まれる前の記憶が残っているのです。

子供たちの胎内記憶、妊娠、出産、そして出産と隣り合わせにある、
不妊や流産、死産、堕胎などのドキュメンタリー映像を通じて、
「生きる」ことを体感し、私たちが産まれてきた意味や家族のあり方、そして命の尊さを考えるきっかけにしてほしい。
「産んでくれてありがとう」、お母さんに電話をしたくなる、
そんなドキュメンタリー映画です。

【書籍】 うまれる

  • うまれる
    うまれる 豪田トモ 1,470円(税込)

    ドキュメンタリー映画『うまれる』の内容を掘り下げた書籍版。
    妊娠・出産・育児を通して、私たちがうまれてきた意味や家族のあり方を考える。
    公式ウェブサイトから参加者を募集し、応募した約200組の中から、
    様々なかたちで生命と向き合う四組の家族を中心にまとめている。

ママになる方におすすめしたい!出産エッセイ

胎教にはこの本!

はじめての出産のときに読んでほしい本

不安にならない妊娠・出産

名づけ&子育て

マタニティ・ヨガ

胎教にきくCDはこちら

このページの先頭へ