トップ > キャンペーン・特集 > > 楽天文芸倶楽部

第155回直木賞・芥川賞決定!!

直木賞受賞作品

  • 海の見える理髪店
    海の見える理髪店 荻原浩 1,512円(税込)

    伝えられなかった言葉。忘れられない後悔。
    もしも「あの時」に戻ることができたら…。
    母と娘、夫と妻、父と息子。
    近くて遠く、永遠のようで儚い家族の日々を描く物語六編。誰の人生にも必ず訪れる、喪失の痛みとその先に灯る小さな光が胸に染みる家族小説集。

芥川賞受賞作品

  • コンビニ人間
    コンビニ人間 村田沙耶香 1,404円(税込)

    コンビニ店員としての時間だけが、私を「正常」にする。人間の本質に切り込む衝撃作。

第155回直木賞候補作

  • 家康、江戸を建てる
    家康、江戸を建てる 門井慶喜 1,944円(税込)

    「北条家の旧領関東二百四十万石を差し上げよう」天正十八年、落ちゆく小田原城を眺めながら、関白・豊臣秀吉は徳川家康に囁いた。その真意は、水びたしの低湿地ばかりが広がる土地と、豊饒な現在の所領、駿河、遠江、三河、甲斐、信濃との交換であった。愚弄するかのような要求に家臣団が激怒する中、なぜか家康はその国…

  • ポイズンドーター・ホーリーマザー
    ポイズンドーター・ホーリーマザー 湊かなえ 1,512円(税込)

    女優の藤吉弓香は、故郷で開催される同窓会の誘いを断った。母親に会いたくないのだ。中学生の頃から、自分を思うようにコントロールしようとする母親が原因の頭痛に悩まされてきた。同じ苦しみを抱えた親友からの説得もあって悩んだのだが…。そんな折、「毒親」をテーマにしたトーク番組への出演依頼が届く(「ポイズン…

  • 真実の10メートル手前
    真実の10メートル手前 米澤穂信 1,512円(税込)

    高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリストの太刀洗と合流して取材を開始するが、徐々に事件の有り様に違和感を覚え始める…。太刀洗はなにを考えているのか?滑稽な悲劇、あるいはグロテスクな妄執ー己の身に痛みを引き受けながら、それ…

  • 暗幕のゲルニカ
    暗幕のゲルニカ 原田マハ 1,728円(税込)

    反戦のシンボルにして20世紀を代表する絵画、ピカソの“ゲルニカ”。国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが、2003年のある日、忽然と姿を消した…。大戦前夜のパリと現代のNY、スペインが交錯する、華麗でスリリングな美術小説。

  • 天下人の茶
    天下人の茶 伊東潤 1,620円(税込)

    絢爛豪華たる安土桃山文化の主座を占める茶の湯。それは、死と隣り合わせに生きる武士たちの一時のやすらぎだった。茶の湯文化を創出した男とその弟子たちの生き様もまた、武士たちに劣らぬ凄まじさをみせる。戦国時代を舞台に繰り広げられる“もう一つの戦い”秀吉対利休。果たして実際の勝者はどちらなのか。傑作時代長…

第155回芥川賞候補作

  • ジニのパズル
    ジニのパズル 崔実 1,404円(税込)

    オレゴン州の高校を退学になりかけている女の子・ジニ。ホームステイ先でステファニーと出会ったことで、ジニは5年前の東京での出来事を告白し始める。ジニは日本の小学校に通った後、中学から朝鮮学校に通うことになった。学校で一人だけ朝鮮語ができず、なかなか居場所が見つけられない。特に納得がいかないのは、教室…

  • 美しい距離
    美しい距離 山崎ナオコーラ 1,458円(税込)

    限りある生のなかに発見する、永続してゆく命の形。妻はまだ40歳代初めで不治の病におかされたが、その生の息吹が夫を励まし続ける。世の人の心に静かに寄り添う中篇小説。

2016年、全国の書店員が選んだ一番売りたい本が決定!!

  • 羊と鋼の森
    羊と鋼の森 宮下奈都 1,620円(税込)

    2016年本屋大賞大賞


    ゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。

  • 君の膵臓をたべたい
    君の膵臓をたべたい 住野よる 1,512円(税込)

    2016年本屋大賞


    偶然、僕が拾った1冊の文庫本。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だったー圧倒的デビュー作!

  • 世界の果てのこどもたち
    世界の果てのこどもたち 中脇初枝 1,728円(税込)

    2016年本屋大賞


    戦時中、高知県から親に連れられて満洲にやってきた珠子。言葉も通じない場所での新しい生活に馴染んでいく中、彼女は朝鮮人の美子と、恵まれた家庭で育った茉莉と出会う。お互いが何人なのかも知らなかった幼い三人は、あることをきっかけに友情で結ばれる。しかし終戦が訪れ、運命は三人を引きはなす。戦後の日本と中国で、三人は別々の人生を歩むことになった。戦時中の満洲で出会った、三人の物語。

  • 永い言い訳
    永い言い訳 西川美和 1,728円(税込)

    2016年本屋大賞


    長年連れ添った妻・夏子を突然のバス事故で失った、人気作家の津村啓。悲しさを“演じる”ことしかできなかった津村は、同じ事故で母親を失った一家と出会い、はじめて夏子と向き合い始めるが…。突然家族を失った者たちは、どのように人生を取り戻すのか。人間の関係の幸福と不確かさを描いた感動の物語。

  • 朝が来る
    朝が来る 辻村深月 1,620円(税込)

    2016年本屋大賞


    「子どもを、返してほしいんです」親子三人で穏やかに暮らす栗原家に、ある朝かかってきた一本の電話。電話口の女が口にした「片倉ひかり」は、だが、確かに息子の産みの母の名だった…。子を産めなかった者、子を手放さなければならなかった者、両者の葛藤と人生を丹念に描いた、感動長篇。

  • 王とサーカス
    王とサーカス 米澤穂信 1,836円(税込)

    2016年本屋大賞


    二〇〇一年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり…。

  • 戦場のコックたち
    戦場のコックたち 深緑野分 2,052円(税込)

    2016年本屋大賞


    一晩で忽然と消えた600箱の粉末卵の謎、不要となったパラシュートをかき集める兵士の目的、聖夜の雪原をさまよう幽霊兵士の正体…誇り高き料理人だった祖母の影響で、コック兵となった19歳のティム。彼がかけがえのない仲間とともに過ごす、戦いと調理と謎解きの日々を連作形式で描く。第7回ミステリーズ!新人賞佳作入選作を収録した『オーブランの少女』で読書人を驚嘆させた実力派が放つ、渾身の初長編。

  • 流
    東山彰良 1,728円(税込)

    2016年本屋大賞


    1975年、偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。17歳。無軌道に生きるわたしには、まだその意味はわからなかった。大陸から台湾、そして日本へ。歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。台湾生まれ、日本育ち。超弩級の才能が、はじめて己の血を解き放つ!友情と初恋。流浪と決断。圧倒的物語。

  • 教団X
    教団X 中村文則 1,944円(税込)

    2016年本屋大賞


    謎のカルト教団と革命の予感。自分の元から去った女性は、公安から身を隠すオカルト教団の中へ消えた。絶対的な悪の教祖と4人の男女の運命が絡まり合い、やがて教団は暴走し、この国を根幹から揺さぶり始める。神とは何か。運命とは何か。絶対的な闇とは、光とは何か。著者最長にして圧倒的最高傑作。

  • 火花
    火花 又吉直樹 1,296円(税込)

    2016年本屋大賞


    お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。

その他の文学賞 受賞作品

三島由紀夫賞

「潮騒」や「豊饒の海」など新潮社から数々の名作を生み出した三島由紀夫。そんな彼の業績を記念し、1988年から開催されている文学賞

  • 私の恋人
    私の恋人 上田岳弘 1,296円(税込)

    旧石器時代の洞窟で、ナチスの収容所で、東京のアパートで、私は想う。人類の旅の果てに待つ私の恋人のことを。

  • 自分を好きになる方法
    自分を好きになる方法 本谷有希子 1,404円(税込)

    一人の女性の一生を、3歳、16歳、28歳、34歳、47歳、63歳のそれぞれ一日を描いた6編を連ねて構成する長編小説。

  • しろいろの街の、その骨の体温の
    しろいろの街の、その骨の体温の 村田沙耶香 756円(税込)

    女の子が少女へと変化する時間を丹念に描く、静かな衝撃作。

  • 私のいない高校
    私のいない高校 青木淳悟 1,728円(税込)

    “物語”の概念を覆す、本邦初「主人公のいない」青春小説。

山本周五郎賞

大衆文学・時代小説をメインに昭和期に活躍した山本周五郎にちなみ、1988年から開催されている文学賞

  • ナイルパーチの女子会
    ナイルパーチの女子会 柚木麻子 1,620円(税込)

    ブログがきっかけで出会ったキャリアウーマンの栄利子と専業主婦の翔子。その「友情」は次第に思いもよらぬものに変わってゆき……。

  • 満願
    満願 米澤穂信 1,728円(税込)

    人生を賭けた激しい願いが、6つの謎を呼び起こす。期待の若手が放つミステリの至芸!

  • 残穢
    残穢 小野不由美 637円(税込)

    この家は、どこか可怪(おか)しい。転居したばかりの部屋で、何かが畳を擦る音が聞こえ、背後には気配が……。

  • 楽園のカンヴァス
    楽園のカンヴァス 原田マハ 723円(税込)

    ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。

吉川英治文学賞

大衆小説を対象に年1回開催される文学賞

  • 東京零年
    東京零年 赤川次郎 2,052円(税込)

    死んだはずの男・湯浅道男が生きていることを知った亜紀と健司は、事件の真相を解明するために動き出す。しかし、待ち受けていたのは抗いようのない公権力の壁だった。圧巻の社会派サスペンス!

  • 平蔵狩り
    平蔵狩り 逢坂剛 1,728円(税込)

    石川島人足寄場、オランダ渡りの禁制の薬、本所の“へいぞう”を父と探す女絵師…。火盗改・長谷川平蔵ふたたび!鬼平ファンに捧ぐハードボイルド時代小説。

  • 海と月の迷路
    海と月の迷路 大沢在昌 1,404円(税込)

    世界遺産「軍艦島」で変死した少女。若き警官の“許されざる捜査”は島に波紋を広げていくーー。吉川英治文学賞受賞作をノベルス化!

  • 祈りの幕が下りる時
    祈りの幕が下りる時 東野圭吾 1,836円(税込)

    悲劇なんかじゃない これがわたしの人生。極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。夢見た舞台を実現させた女性演出家。彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。

野間文芸新人賞

主に純文学の新人に与えられる文学賞

  • 愛と人生
    愛と人生 滝口悠生 1,836円(税込)

    「男はつらいよ」の世界に迷い込める、味わいたっぷりな“寅さん小説”、表題作の「愛と人生」の他、短編「かまち」とその続編「泥棒」の3作を収録。

  • LIFE
    LIFE 松波太郎 1,512円(税込)

    猫木豊、31歳。脳内で「365日毎日“だらだら且ぶらぶら”できる国の王」として暮らす、ダメ男。ある日、パートナーの宝田から妊娠を告げられ、“だらだら且ぶらぶら”に未練を残しつつ、現実の生活と向き合い始める。

  • 想像ラジオ
    想像ラジオ いとうせいこう 486円(税込)

    深夜二時四十六分。海沿いの小さな町を見下ろす杉の木のてっぺんから、「想像」という電波を使って「あなたの想像力の中」だけで聴こえるという、ラジオ番組のオンエアを始めたDJアーク。

  • 螺法四千年記
    螺法四千年記 日和聡子 2,484円(税込)

    現在という地平線に交錯する、神、人、小さな生き物たちの時空。“此岸と彼岸”、“私と彼方”の“景色”を打ち立てた、新しい文学。

人気の著者の新刊をご紹介!

映画・ドラマ化作品をご紹介!

2016年春 注目のドラマ化タイトルはこちら

  • カッコウの卵は誰のもの
    カッコウの卵は誰のもの 東野圭吾 699円(税込)

    往年のトップスキーヤー緋田宏昌は、妻の死を機に驚くべきことを知る。一人娘の風美は彼の実の娘ではなかったのだ。苦悩しつつも愛情を注いだ娘は、彼をも凌ぐスキーヤーに成長した。そんな二人の前に才能と遺伝子の関係を研究する科学者が現れる。彼への協力を拒みつつ、娘の出生の秘密を探ろうとする緋田。そんな中、風美の大会出場を妨害する脅迫者が現れるー。

  • トットひとり
    トットひとり 黒柳徹子 1,620円(税込)

    向田邦子、森繁久彌、渥美清、沢村貞子たちとの友情、「ザ・ベストテン」、結婚未遂事件など宝石箱のような回想録。

  • 火の粉
    火の粉 雫井脩介 822円(税込)

    殺人容疑ながらも無罪判決が下された元被告と、無罪判決を下した元裁判官。この両者の間で発生する不可解な事件、やりとりから人間の業を描いていく。

  • スパルタ婚活塾
    スパルタ婚活塾 水野敬也 1,512円(税込)

    水野敬也のアメブロ「ウケる日記」の中で連載され、大反響を受けた伝説のコンテンツ『スパルタ婚活塾』-こちらを加筆・修正した本書は、累計19万部を突破した恋愛マニュアル『LOVE理論』の姉妹版です。中谷美紀主演、「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」の原作です。

2016年春 注目の映画化タイトルはこちら

  • レヴェナント 蘇えりし者
    レヴェナント 蘇えりし者 マイケル・パンク/漆原敦子 885円(税込)

    1820年代アメリカ。罠猟遠征隊に参加したヒュー・グラスは、森で熊に襲われ瀕死の重傷を負う。彼の世話をするために残ったはずの2人の仲間は、一切の持ち物を奪ったうえグラスを荒野に置き去りにする。何とか命を取り留めたグラスは復讐を誓い、怒りをエネルギーに変えて過酷な自然や先住民の襲撃と戦いながら裏切り者たちを追い始める…。

  • 部屋(上)
    部屋(上) エマ・ドナヒュー/土屋京子 961円(税込)

    五歳になったジャックはママと「部屋」に住んでいる。いつも必ず、ママが一緒だ。ジャックにとって、この部屋だけが「世界のほんと」だったー七年前に誘拐され、監禁された少女は、監禁されたまま子を産んだ。母は必死に子を育てる。人の尊厳と愛のために。極限状況を生き抜こうとする人間の勇気と気高さを描く物語。「ルーム」原作。

  • 蜜のあわれ/われはうたえどもやぶれかぶれ
    蜜のあわれ/われはうたえどもやぶれかぶれ 室生犀星 1,134円(税込)

    ある時は“コケティッシュ”な女、ある時は赤い三年子の金魚。犀星の理想の“女のひと”の結晶・変幻自在の金魚と老作家の会話で構築する艶やかな超現実主義的小説を二階堂ふみ主演で実写映画化。

  • 世界から猫が消えたなら
    世界から猫が消えたなら 川村元気 669円(税込)

    郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた…。

最新ランキング

今週のピックアップ

  • 向田理髪店
    向田理髪店 奥田英朗 1,620円(税込)


    おかしくて身にしみて心がほぐれる物語。

    札幌で就職した息子がわずか一年で帰郷。理髪店を継ぐと言い出した。
    幼馴染の老父が突然倒れた。残された奥さんは大丈夫?
    地元出身の若者が全国指名手配犯に! まさか、あのいい子が……。
    「ナオミとカナコ」の奥田英朗最新作!

このページの先頭へ