トップ > キャンペーン・特集 > > 楽天文芸倶楽部

第157回直木賞・芥川賞決定!!

直木賞受賞作品

  • 月の満ち欠け
    月の満ち欠け 佐藤正午 1,728円(税込)

    新たな代表作の誕生は,円熟の境に達した畢竟の書き下ろし.さまよえる魂の物語は戦慄と落涙,衝撃のラストへ

芥川賞受賞作品

  • 影裏
    影裏 沼田真佑 1,080円(税込)

    東日本大震災6年目だからこそ生まれた、繊細な喪失の物語

第157回直木賞候補作

  • 敵の名は、宮本武蔵
    敵の名は、宮本武蔵 木下 昌輝 1,728円(税込)

    自らの命と引き替えに、その強さを知ったー剣聖と呼ばれた男の真の姿とはー。7人の敗者たちから描く、著者渾身の最新歴史小説。

  • 会津執権の栄誉
    会津執権の栄誉 佐藤 巖太郎 1,566円(税込)

    「夢幻の扉」でオール讀物新人賞を受賞した佐藤巖太郎が滅亡に向かう名家と、戦国武将の意地を克明に描き切った傑作。

  • あとは野となれ大和撫子
    あとは野となれ大和撫子 宮内 悠介 1,728円(税込)

    かつて中央アジアに存在した海。塩の沙漠となったそこは今、アラルスタンという国だ。だが大統領が暗殺され残ったのはうら若き後宮の女子のみ。生きる場所を守るため、ナツキたちは自分たちで臨時政府を立ち上げ!?

  • BUTTER
    BUTTER 柚木 麻子 1,728円(税込)

    木嶋佳苗事件から8年。獄中から溶け出す女の欲望が、すべてを搦め捕っていくーー。濃厚なコクと鮮烈な舌触りで著者の新境地を開く、圧倒的長編小説。

第157回芥川賞候補作

  • 星の子
    星の子 今村夏子 1,512円(税込)

    主人公・林ちひろは中学3年生。出生直後から病弱だったちひろを救いたい一心で、両親は「あやしい宗教」にのめり込んでいき、その信仰は少しずつ家族を崩壊させていく。前作『あひる』が芥川賞候補となった著者の新たなる代表作。

  • 真ん中の子どもたち
    真ん中の子どもたち 温又柔 1,404円(税込)

    日本、台湾、中国という三つの国の間で、自らのアイデンティティを探し求める若者たちの姿を鮮やかに描き出す青春小説。

  • 四時過ぎの船
    四時過ぎの船 古川 真人 1,620円(税込)

第156回直木賞・芥川賞決定!!

直木賞受賞作品

  • 蜜蜂と遠雷
    蜜蜂と遠雷 恩田陸 1,944円(税込)

    私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作!

芥川賞受賞作品

  • しんせかい
    しんせかい 山下 澄人 1,728円(税込)

    十代の終わり、遠く見知らぬ土地での、痛切でかけがえのない経験ーー。19歳の山下スミトは演劇塾で学ぶため、船に乗って北を目指す。辿り着いたその先は【谷】と呼ばれ、俳優や脚本家を目指す若者たちが自給自足の共同生活を営んでいた。苛酷な肉体労働、【先生】との軋轢、そして地元の女性と同期との間で揺れ動く思い。気鋭作家が自らの原点と初めて向き合い、記憶の痛みに貫かれながら綴った渾身作!

第156回直木賞候補作

  • 十二人の死にたい子どもたち
    十二人の死にたい子どもたち 冲方 丁 1,674円(税込)

    廃業した病院にやってくる、十二人の子どもたち。建物に入り、金庫を開けると、中には1から12までの数字が並べられている。この場へ集う十二人は、一人ずつこの数字を手にする決まりだった。初対面同士の子どもたちの目的は、みんなで安楽死をすること。病院の一室で、すぐにそれは実行されるはずだった。しかし、十二…

  • 室町無頼
    室町無頼 垣根 涼介 1,836円(税込)

    ならず者の頭目・骨皮道賢は幕府に食い込み、洛中の治安維持を任されていたが、密かに土倉を襲撃する。浮浪の首魁・蓮田兵衛は、土倉で生き残った小僧に兵法者への道を歩ませ、各地で民百姓を糾合した。肝胆相照らし、似通った野望を抱くふたり。その名を歴史に刻む企てが、奔り出していた。動乱の都を駆ける三人の男と京…

  • また、桜の国で
    また、桜の国で 須賀しのぶ 1,998円(税込)

    ショパンの名曲『革命のエチュード』が、日本とポーランドを繋ぐ!それは、遠き国の友との約束。第二次世界大戦勃発。ナチス・ドイツに蹂躙される欧州で、“真実”を見た日本人外務書記生はいかなる“道”を選ぶのか?

  • 夜行
    夜行 森見 登美彦 1,512円(税込)

    『夜は短し歩けよ乙女』『有頂天家族』『きつねのはなし』代表作すべてのエッセンスを昇華させた、森見ワールド最新作!旅先で出会う謎の連作絵画「夜行」。この十年、僕らは誰ひとり彼女を忘れられなかった。

第156回芥川賞候補作

  • 縫わんばならん
    縫わんばならん 古川 真人 1,728円(税込)

    新潮新人賞受賞、芥川賞候補作!長崎の島の漁村の家の一族をめぐる四世代の来歴。語り合うことで持ち寄る記憶の断片を縫いあわせて結実するものがたりは、意識の流れを縦横に編み込んで人生の彩りを織りなす。「過去に、記憶に、声に、まっすぐ向き合っていきたい」新鋭の話題作。

  • ビニール傘
    ビニール傘 岸 政彦 1,512円(税込)

    共鳴する街の声ー。絶望と向き合い、それでも生きようとする人に静かに寄り添う、二つの物語。第156回芥川賞候補作。気鋭の社会学者による、初の小説集!

  • カブールの園
    カブールの園 宮内 悠介 1,458円(税込)

    わたしたちの世代の最良の精神はどこにあるのか。日系アメリカ女性のレイ(玲)は、過去への旅に出る。SF界の異才による、リアルな世界の“いま”

2017年、全国の書店員が選んだ一番売りたい本が決定!!

  • 蜜蜂と遠雷
    蜜蜂と遠雷 恩田陸 1,944円(税込)

    2017年本屋大賞大賞


    私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作!

  • みかづき
    みかづき 森 絵都 1,998円(税込)

    2017年本屋大賞


    昭和36年。小学校用務員の大島吾郎は、勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明に誘われ、ともに学習塾を立ち上げる。女手ひとつで娘を育てる千明と結婚し、家族になった吾郎。ベビーブームと経済成長を背景に、塾も順調に成長してゆくが、予期せぬ波瀾がふたりを襲いー。山あり谷あり涙あり。昭和〜平成の塾業界を舞台に…

  • 罪の声
    罪の声 塩田 武士 1,782円(税込)

    2017年本屋大賞


    京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われた録音テープの音…

  • ツバキ文具店
    ツバキ文具店 小川糸 1,512円(税込)

    2017年本屋大賞


    ラブレター、絶縁状、天国からの手紙…。鎌倉で代書屋を営む鳩子の元には、今日も風変わりな依頼が舞い込む。伝えられなかった大切な人への想い。あなたに代わって、お届けします。

  • 桜風堂ものがたり
    桜風堂ものがたり 村山早紀 1,728円(税込)

    2017年本屋大賞


    万引き事件がきっかけで、長年勤めた書店を辞めることになった青年。しかしある町で訪れた書店で、彼に思いがけない出会いが…。田舎町の書店の心温まる奇跡。

  • 暗幕のゲルニカ
    暗幕のゲルニカ 原田マハ 1,728円(税込)

    2017年本屋大賞


    反戦のシンボルにして20世紀を代表する絵画、ピカソの“ゲルニカ”。国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが、2003年のある日、忽然と姿を消した…。大戦前夜のパリと現代のNY、スペインが交錯する、華麗でスリリングな美術小説。

  • i
    i 西加奈子 1,620円(税込)

    2017年本屋大賞


    「この世界にアイは存在しません。」入学式の翌日、数学教師は言った。ひとりだけ、え、と声を出した。ワイルド曽田アイ。その言葉は、アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けることになる。ある「奇跡」が起こるまではー。「想うこと」で生まれる圧倒的な強さと優しさー直木賞作家・西加奈子の渾身の「叫び」に心揺さぶ…

  • 夜行
    夜行 森見 登美彦 1,512円(税込)

    2017年本屋大賞


    『夜は短し歩けよ乙女』『有頂天家族』『きつねのはなし』代表作すべてのエッセンスを昇華させた、森見ワールド最新作!旅先で出会う謎の連作絵画「夜行」。この十年、僕らは誰ひとり彼女を忘れられなかった。

  • コンビニ人間
    コンビニ人間 村田沙耶香 1,404円(税込)

    2017年本屋大賞


    36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そん…

  • コーヒーが冷めないうちに
    コーヒーが冷めないうちに 川口俊和 1,404円(税込)

    2017年本屋大賞


    お願いします、あの日に戻らせてくださいー。「ここに来れば、過去に戻れるって、ほんとうですか?」不思議なうわさのある喫茶店フニクリフニクラを訪れた4人の女性たちが紡ぐ、家族と、愛と、後悔の物語。

その他の文学賞 受賞作品

三島由紀夫賞

「潮騒」や「豊饒の海」など新潮社から数々の名作を生み出した三島由紀夫。そんな彼の業績を記念し、1988年から開催されている文学賞

  • 私の恋人
    私の恋人 上田岳弘 1,296円(税込)

    旧石器時代の洞窟で、ナチスの収容所で、東京のアパートで、私は想う。人類の旅の果てに待つ私の恋人のことを。

  • 自分を好きになる方法
    自分を好きになる方法 本谷有希子 1,404円(税込)

    一人の女性の一生を、3歳、16歳、28歳、34歳、47歳、63歳のそれぞれ一日を描いた6編を連ねて構成する長編小説。

  • しろいろの街の、その骨の体温の
    しろいろの街の、その骨の体温の 村田沙耶香 756円(税込)

    女の子が少女へと変化する時間を丹念に描く、静かな衝撃作。

  • 私のいない高校
    私のいない高校 青木淳悟 1,728円(税込)

    “物語”の概念を覆す、本邦初「主人公のいない」青春小説。

山本周五郎賞

大衆文学・時代小説をメインに昭和期に活躍した山本周五郎にちなみ、1988年から開催されている文学賞

  • ナイルパーチの女子会
    ナイルパーチの女子会 柚木麻子 1,620円(税込)

    ブログがきっかけで出会ったキャリアウーマンの栄利子と専業主婦の翔子。その「友情」は次第に思いもよらぬものに変わってゆき……。

  • 満願
    満願 米澤穂信 1,728円(税込)

    人生を賭けた激しい願いが、6つの謎を呼び起こす。期待の若手が放つミステリの至芸!

  • 残穢
    残穢 小野不由美 637円(税込)

    この家は、どこか可怪(おか)しい。転居したばかりの部屋で、何かが畳を擦る音が聞こえ、背後には気配が……。

  • 楽園のカンヴァス
    楽園のカンヴァス 原田マハ 723円(税込)

    ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。

吉川英治文学賞

大衆小説を対象に年1回開催される文学賞

  • 東京零年
    東京零年 赤川次郎 2,052円(税込)

    死んだはずの男・湯浅道男が生きていることを知った亜紀と健司は、事件の真相を解明するために動き出す。しかし、待ち受けていたのは抗いようのない公権力の壁だった。圧巻の社会派サスペンス!

  • 平蔵狩り
    平蔵狩り 逢坂剛 1,728円(税込)

    石川島人足寄場、オランダ渡りの禁制の薬、本所の“へいぞう”を父と探す女絵師…。火盗改・長谷川平蔵ふたたび!鬼平ファンに捧ぐハードボイルド時代小説。

  • 海と月の迷路
    海と月の迷路 大沢在昌 1,404円(税込)

    世界遺産「軍艦島」で変死した少女。若き警官の“許されざる捜査”は島に波紋を広げていくーー。吉川英治文学賞受賞作をノベルス化!

  • 祈りの幕が下りる時
    祈りの幕が下りる時 東野圭吾 1,836円(税込)

    悲劇なんかじゃない これがわたしの人生。極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。夢見た舞台を実現させた女性演出家。彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。

野間文芸新人賞

主に純文学の新人に与えられる文学賞

  • 愛と人生
    愛と人生 滝口悠生 1,836円(税込)

    「男はつらいよ」の世界に迷い込める、味わいたっぷりな“寅さん小説”、表題作の「愛と人生」の他、短編「かまち」とその続編「泥棒」の3作を収録。

  • LIFE
    LIFE 松波太郎 1,512円(税込)

    猫木豊、31歳。脳内で「365日毎日“だらだら且ぶらぶら”できる国の王」として暮らす、ダメ男。ある日、パートナーの宝田から妊娠を告げられ、“だらだら且ぶらぶら”に未練を残しつつ、現実の生活と向き合い始める。

  • 想像ラジオ
    想像ラジオ いとうせいこう 486円(税込)

    深夜二時四十六分。海沿いの小さな町を見下ろす杉の木のてっぺんから、「想像」という電波を使って「あなたの想像力の中」だけで聴こえるという、ラジオ番組のオンエアを始めたDJアーク。

  • 螺法四千年記
    螺法四千年記 日和聡子 2,484円(税込)

    現在という地平線に交錯する、神、人、小さな生き物たちの時空。“此岸と彼岸”、“私と彼方”の“景色”を打ち立てた、新しい文学。

人気の著者の新刊をご紹介!

映画・ドラマ化作品をご紹介!

2016年春 注目のドラマ化タイトルはこちら

  • カッコウの卵は誰のもの
    カッコウの卵は誰のもの 東野圭吾 699円(税込)

    往年のトップスキーヤー緋田宏昌は、妻の死を機に驚くべきことを知る。一人娘の風美は彼の実の娘ではなかったのだ。苦悩しつつも愛情を注いだ娘は、彼をも凌ぐスキーヤーに成長した。そんな二人の前に才能と遺伝子の関係を研究する科学者が現れる。彼への協力を拒みつつ、娘の出生の秘密を探ろうとする緋田。そんな中、風美の大会出場を妨害する脅迫者が現れるー。

  • トットひとり
    トットひとり 黒柳徹子 1,620円(税込)

    向田邦子、森繁久彌、渥美清、沢村貞子たちとの友情、「ザ・ベストテン」、結婚未遂事件など宝石箱のような回想録。

  • 火の粉
    火の粉 雫井脩介 822円(税込)

    殺人容疑ながらも無罪判決が下された元被告と、無罪判決を下した元裁判官。この両者の間で発生する不可解な事件、やりとりから人間の業を描いていく。

  • スパルタ婚活塾
    スパルタ婚活塾 水野敬也 1,512円(税込)

    水野敬也のアメブロ「ウケる日記」の中で連載され、大反響を受けた伝説のコンテンツ『スパルタ婚活塾』-こちらを加筆・修正した本書は、累計19万部を突破した恋愛マニュアル『LOVE理論』の姉妹版です。中谷美紀主演、「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」の原作です。

2016年春 注目の映画化タイトルはこちら

  • レヴェナント 蘇えりし者
    レヴェナント 蘇えりし者 マイケル・パンク/漆原敦子 885円(税込)

    1820年代アメリカ。罠猟遠征隊に参加したヒュー・グラスは、森で熊に襲われ瀕死の重傷を負う。彼の世話をするために残ったはずの2人の仲間は、一切の持ち物を奪ったうえグラスを荒野に置き去りにする。何とか命を取り留めたグラスは復讐を誓い、怒りをエネルギーに変えて過酷な自然や先住民の襲撃と戦いながら裏切り者たちを追い始める…。

  • 部屋(上)
    部屋(上) エマ・ドナヒュー/土屋京子 961円(税込)

    五歳になったジャックはママと「部屋」に住んでいる。いつも必ず、ママが一緒だ。ジャックにとって、この部屋だけが「世界のほんと」だったー七年前に誘拐され、監禁された少女は、監禁されたまま子を産んだ。母は必死に子を育てる。人の尊厳と愛のために。極限状況を生き抜こうとする人間の勇気と気高さを描く物語。「ルーム」原作。

  • 蜜のあわれ/われはうたえどもやぶれかぶれ
    蜜のあわれ/われはうたえどもやぶれかぶれ 室生犀星 1,134円(税込)

    ある時は“コケティッシュ”な女、ある時は赤い三年子の金魚。犀星の理想の“女のひと”の結晶・変幻自在の金魚と老作家の会話で構築する艶やかな超現実主義的小説を二階堂ふみ主演で実写映画化。

  • 世界から猫が消えたなら
    世界から猫が消えたなら 川村元気 669円(税込)

    郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた…。

最新ランキング

このページの先頭へ