トップ > キャンペーン・特集 > > 0歳からやっておきたい教育 vol.4

0歳からやっておきたい教育 vol.4

0歳から6歳児向けの教育情報を網羅する『0歳からやっておきたい教育』第4弾!

  • 0歳からやっておきたい教育 Vol.4
    本 0歳からやっておきたい教育 Vol.4 日本経済新聞出版社




    内容情報
    「わが子を“本物"に育てよう」をテーマに、0~6歳の子どもを育てる親が、この時期に「知っておきたい」
    「やっておきたい」教育情報をギュギュッと凝縮したムックの第四弾。

    毎日の子育てに奮闘する母親は、目の前にある様々な悩み・不安に翻弄され、どうしても視野が狭くなってしまいがち。
    そんな時には、わが子が大人になった将来の姿を想像しながら、長い目で子育てを考える姿勢が大切ではないでしょうか。
    そこで、今号の大特集は、「わが子を本物に育てるため、0~6歳児の親がやるべきことは?」。
    “本物に育てる"をキーワードに、子どもの将来を考えた子育てについての特集を組んでみました。

    皆さんはご自身のお子様にどのような大人になってほしいでしょうか?
    同テーマで編集部が実施した独自アンケートによると、男の子の親TOP1は「自分の能力を生かすことができる
    職業についてほしい」、女の子の親TOP1は「自分の良さを生かす、誇りの持てる仕事を見つけてほしい」という結果が出ました。
    共通していることは、「自分なりの能力や良さを仕事に生かす」ということ。「優秀な偏差値をとって、名門校に入学し、
    大企業に就職すれば安泰…」といったこれまでスタンダードとされてきた考え方よりも、子どもの個性を大切にし、
    社会でより自分らしく活躍できるような大人になって欲しいという親が増えているようです。
    ではそのために、0~6歳の子どもを育てる親は何ができるか。
    発達心理学・認知心理学の専門家で、子育てに関する著書を多数執筆している内田伸子先生(筑波大学監事・学術博士)に
    詳しく解説いただきました。年齢別にポイントをまとめてありますので、お子様の年齢と照らし合わせてご覧ください。

    また、昨年ローザンヌ国際バレエコンクールで優勝した菅井円加さん親子、さらには東京工業大学特任准教授の
    佐々木貴教さん親子へのインタビュー取材を実施。
    世界的に活躍するお二人がどのような幼少時代を過ごしたのか。ご本人とお母様にお聞きしています。

    第2特集では、乳幼児期の「遊び」と「おもちゃ」について解説。子どもの発達に合わせてどのような「遊び」や
    「おもちゃ」が適しているかを、年齢別のカタログ付きで詳しくご紹介しています。
    さらに、今号よりフリーアナウンサー久保純子さんによる連載もスタート。ご自身の教育観とともに
    オススメの絵本を多数ご紹介いただきました。
    その他、「イヤイヤ期」の対処法や、乳幼児期にこそ気を付けたい「歯並び」の話題、「習い事」、「こども保険」など、
    この時期に知っておきたい情報が満載です。

目次

  • ・わが子を本物に育てるため、0~6歳児の親がやるべきことは?
  • ・世界の子育て事情 中国編 オーストラリア編
  • ・乳幼児期は『遊び』が勉強だ!!
  • ・知っておきたい 習い事リテラシー
  • ・イヤイヤ期は子どもの自立の第一歩
  • ・歯並びの良い子、悪い子 乳歯時代が決め手
  • ・子どもたちの感性を育む水族館・動物園
  • ・4月から変わってる!!上手な教育費の貯め方
  • ・久保純子さんのようこそわが家の絵本棚へ
  • ・取り分け幼児食で ラクうま! おかず
  • ほか

過去に『0歳からやっておきたい教育』をご購入されたお客様の声

「色々な教育雑誌や本が出ているので内容を比較して読みたくて買いました。 他の方のレビューにあったように切り口が面白いと思います。 私にとっては参考になることも多いので買って良かった1冊です。」

「vol.1も購入しており引き続き購入。うちは3人目なので、既知のことももちろん多く記載 されています。しかし、物の見方(切り口)が、若干今まで取り込んできた雑誌からの 知識と若干ですが違うので、「なるほどね」と感心しながら読めました。」(30代/女性)

「赤ちゃんが持っている不思議な能力や、3歳までの育児で子供の基盤がほぼ決まる という内容が興味深かったです。3歳までは叱らないで育てないといけないか・・ 上の子の育児法を反省する点が多かったです。 しっかり読んでこれからの2人目育児に役立てたいと思います。」(30代/女性)

ここからは、『0歳からやっておきたい教育 vol.4』の中身を一部ご紹介いたします。

目玉特集である「「ママにとってはイライラと大変さでピンチ!」と思っても実はイヤイヤ期は子どもの自立の第一歩」と、
歯並びの良い子、悪い子  乳歯時代が決め手」の2特集から、注目の記事をお披露目。
最新の幼児教育事情から知育教材、玩具、幼児教室、お受験情報まで、役立つ情報が満載です!

◆目玉特集その1◆ 実はイヤイヤ期は子どもの自立の第一歩

思い通りにいかないと、何でも「イヤ」「ダメ」の連発で泣いてばかりでお手あげ状態のイヤイヤ期。
でもこれは、自立に向かうわが子の姿です。手がつけられないこの時期をどのように乗り越え、サポートすればいいのか、
発達心理学の専門家・井戸ゆかり先生に伺いました。

イヤイヤ期 イメージイラスト

始まりから終わりまで全部見せます!時期別イヤイヤ期クローズアップ

同じように見えて子どもの「イヤイヤ」は発達によっても少しずつ違います。
ここでは、時期別にイヤイヤ期の特徴、親の受け止め方のポイントを井戸先生がアドバイス。
子どもの成長に合わせてかかわり方を変えて、子どもの自発性を育みましょう。

【1歳半ごろ】 わが子が急に手に負えなくなったと感じ始める時期

1歳3カ月〜1歳半くらいになると、子どもが言うことをきかないし、急に扱いにくくなって、わが子が悪い子になった気がしますが、これがイヤイヤ期の始まり。 やりたいことが増えても、思い通りにいかないと、「イヤ!」「ダメ!」などと言いますが、これは、まだ自分の気持ちを言葉でうまく表現できないもどかしさからです。 またイヤイヤ初期の特徴として、体調が悪かったり、急に不安になったりすると、理由もなくぐずる場合もあります。 洋服の脱ぎ着、食事などいろいろなことを「自分で」やりたがりますが、うまくできないことがほとんど。できないとかんしゃくを起こして、親を困らせることが、増えていきます。

心と体の成長の特徴 イメージイラスト

この時期の受け止めポイント 「自分で」の気持ちを大切に
「できた」と思えるようなサポートを
OKワード 「やったー!できたね」
できたことをたくさん褒めて、子どもの気持ちに共感することが大切です。

この時期に多い こんなときどうする? イメージイラスト

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『0歳からやっておきたい教育 Vol.4』には、
2歳代前半ごろ・2歳代後半ごろのイヤイヤ期クローズアップ
ママのストレスがピークに!そんなときの「イライラ」対策教えます」も載っています!


実はイヤイヤ期は子どもの自立の第一歩」についてもっと詳しく知りたい方は、
『0歳からやっておきたい教育 Vol.4』をチェックしてみてください。
  • 0歳からやっておきたい教育 Vol.4
    本 0歳からやっておきたい教育 Vol.4 日本経済新聞出版社




    内容情報
    「わが子を“本物"に育てよう」をテーマに、0~6歳の子どもを育てる親が、
    この時期に「知っておきたい」 「やっておきたい」教育情報をギュギュッと凝縮したムックの第四弾。

    毎日の子育てに奮闘する母親は、目の前にある様々な悩み・不安に翻弄され、どうしても視野が狭くなってしまいがち。
    そんな時には、わが子が大人になった将来の姿を想像しながら、長い目で子育てを考える姿勢が大切ではないでしょうか。
    そこで、今号の大特集は、「わが子を本物に育てるため、0~6歳児の親がやるべきことは?」。
    “本物に育てる”をキーワードに、子どもの将来を考えた子育てについての特集を組んでみました。

◆目玉特集その2◆ 歯並びの良い子、悪い子 乳歯時代が決め手

にっこり笑ったとき、美しい永久歯が左右対称に並び輝いていたら、ステキだと思いませんか? 
実は、乳幼児期の毎日の子育て次第で、矯正なしでも、多くの場合はきれいな歯並びに育てることができるのです。
乳歯の時代に歯並びのためにした方がいいこと、できることを歯科医の倉治ななえ先生に教えてもらいました。

あごの骨が小さいことが歯並びの悪さの原因に イメージイラスト

子育てできれいな歯並びを! 夢は矯正いらず(Como子育てbooks)

良い歯並びの条件1 歯の土台となるあごの骨を大きく育てよう

あごの骨は一体どうすれば育つのでしょうか?発達別にあごの骨の育て方のポイントを見ていきましょう。

かむことがあごの骨のたった一つの運動

あごの骨を大きく育てるにはどうしたらいいのでしょうか?倉治先生は「それはよくかむことです。かむことは、走る、跳ぶなどに匹敵するあごにとっての唯一の運動 なんです。乳歯の時期は、かめばかむほどあごが育ちます」と言います。では、あごがちゃんと育っているかどうかはどうやって見極めればいいのでしょうか? 「あごが育っているかどうかのサインは、乳歯の前歯1本1本の間のすき間があるかどうかで確認できます。4〜5歳の段階で、乳歯の前歯上下12本すべてに隙間が 空いていれば、乳歯の約1.2倍の大きさの永久歯が生えてきても、しっかり収まるスペースが確保できているということです」

  • 乳児期 :乳房から飲むことが最初のあごの運動
  • 離乳食期: 食欲を育て味覚の幅を広げよう
  • 幼児期 : 「和の朝ご飯」であごを育てよう

将来の歯並びの目安となる4 歳のころの乳歯列 イメージイラスト

足をしっかり固定することで食事中のかむ力が15% も違う!あごの発達の良い子と悪い子の朝食調べ

もっと知りたい歯並びQ&A

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『0歳からやっておきたい教育 Vol.4』には
良い歯並びの条件2 虫歯ゼロは良い歯並びの絶対条件!
良い歯並びの条件3 あごの骨をきれいな形に育てよう!」も載っています!


歯並びの良い子、悪い子 乳歯時代が決め手」についてもっと詳しく知りたい方は、
『0歳からやっておきたい教育 Vol.4』をチェックしてみてください。
  • 0歳からやっておきたい教育 Vol.4
    本 0歳からやっておきたい教育 Vol.4 日本経済新聞出版社




    内容情報
    「わが子を“本物"に育てよう」をテーマに、0~6歳の子どもを育てる親が、
    この時期に「知っておきたい」 「やっておきたい」教育情報をギュギュッと凝縮したムックの第四弾。

    毎日の子育てに奮闘する母親は、目の前にある様々な悩み・不安に翻弄され、どうしても視野が狭くなってしまいがち。
    そんな時には、わが子が大人になった将来の姿を想像しながら、長い目で子育てを考える姿勢が大切ではないでしょうか。
    そこで、今号の大特集は、「わが子を本物に育てるため、0~6歳児の親がやるべきことは?」。
    “本物に育てる”をキーワードに、子どもの将来を考えた子育てについての特集を組んでみました。

『0歳からやっておきたい教育』バックナンバーはこちら!

  • 0歳からやっておきたい教育
    本 0歳からやっておきたい教育

    日経ムック『0歳からやっておきたい教育』は、子どもが本来持っている力をもっと信じて伸ばすための本。日本人の、子どもへの関わり方のスタンスを変えるための本です。『0歳からやっておきたい教育』は、より深く子どものことを知り、親としての軸をしっかりと据えることで、「悩まない親」になるための媒体です。つまり、「育児誌」ではなくて、親のための「育自誌」です。

  • 0歳からやっておきたい教育(vol.2)
    0歳からやっておきたい教育(vol.2)

    本誌は、絶対に知っておきたい0歳から6歳児向けの教育情報を提供します。最新の幼児教育事情から知育教材、玩具、幼児教室、お受験情報まで、この一冊で完全網羅できる内容となっています。

  • 0歳からやっておきたい教育(vol.3)
    本 0歳からやっておきたい教育(vol.3)

    0〜6歳の子どもを持つ親が、この時期にやっておきたい教育情報を一冊にまとめたムック。 大特集は「久保田式育児法」で乳幼児の母親から絶大な人気と信頼を得る久保田カヨ子氏を徹底取材した「カヨ子ばあちゃんの子育てメソッド」。 その他実用情報が盛りだくさん。

小学生のお子さんがいらっしゃるお父さん・お母さんには、こちらもおすすめ!


↑↑子どもの才能を引き出すeducation誌『ducare』特設ページ開設中!↑↑

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ