知の水先案内人 あなたなら何を読む?新書特集

もっと特集・キャンペーンを見る

あなたなら何を読む?新書特集

あなたなら何を読む?新書特集

人気の新書から、近いテーマで切り口の違う2冊をピックアップしてみました!
あなたならどちらを読みますか?
教養を深めるお気に入りの1冊を見つけてください!

幸福とは?生きるとはなにか?

  • 不幸な国の幸福論

    book『不幸な国の幸福論』
    価格 756円(税込)
    不幸増幅装置「日本」の中で幸福になるには
    暗い世相に格差の拡大…不幸増幅装置に化した感がある日本で、実は私たちも自ら幸福を遠ざけて生きている!? 日本人の特異な精神構造を明らかにしながら、幸福になるための「知」の育て方を説く。
  • 若き友人たちへ

    book『若き友人たちへ』
    価格 756円(税込)
    自分の「和」の作り方。幸せになるために!
    筑紫さんが生前、早稲田と立命館の大学院生たちに遺したメッセージ。世間や情報に流されず、自分の頭で考えること。そうすれば、幸せの形がきっと見えてくる。おだやかで、でも熱い11の伝言。

BJ(バカ上司)との付き合い方

  • 上司は思いつきでものを言う

    book『上司は思いつきでものを言う』
    価格 693円(税込)
    日本の混迷の原因を、ひと言で表沙汰にする。
    「上司は思いつきでものを言う」がなぜ起こってきたのかを、儒教の伝来まで遡り、とてもスリリングに解剖してゆく。「現場」の声を聞く能力の復活に向け、懇切丁寧なこれからの道案内の書。
  • 「バカ上司」その傾向と対策

    book『「バカ上司」その傾向と対策』
    価格 714円(税込)
    上司に対する不平不満のすべてがこの一冊に
    豊富なサラリーマン体験を持つ著者が、部下を悩ます上司の類型をあらゆる角度から分析し、その対処法を指南する。具体的事例に基づいた、痛烈かつ明快なアドバイスが満載。

現代の若者の苦悩

  • 就職迷子の若者たち

    book『就職迷子の若者たち』
    価格 714円(税込)
    今どきの若者が、就活に悩むには理由があった!
    長い活動期間とストレス、自分探しへの不安…人生最初の大決断=就職への道筋で〈迷子〉になっている若者たち。本書は現場を熟知したキャリアカウンセラーが贈る就活応援本。上司・親たちも必読です。
  • 搾取される若者たち

    book『搾取される若者たち』
    価格 672円(税込)
    「好きを仕事に」の落とし穴とは!?
    東京大学の若き社会学者が、バイク便ライダーの仕事を1年間体験した。そこで出会ったのは、ニートでも俺様でもない働きすぎの同僚たちだった。広がる不安定雇用と新たな搾取の実態を詳しく分析。

経済至上主義の持つ闇

  • 資本主義崩壊の首謀者たち

    book『資本主義崩壊の首謀者たち』
    価格 756円(税込)
    金融市場で誰が何を仕組んできたのか!?
    AIG、シティグループなどが実質的に国有化されるなど、資本主義が大崩壊しはじめた。本書は、この未曾有の混乱を誰が招いたのか、ことの本質を明らかにし、日本人の資産を守るべく警鐘を鳴らす。
  • 貧困の克服

    book『貧困の克服』
    価格 672円(税込)
    アジアで初めてノーベル経済学賞を受賞したA・セン。彼の講演論文をオリジナル編集し、その理論をやさしく紹介した本書は、21世紀最大のテーマ・貧困の克服に、重大なヒントを与えてくれる。

脳を知ると、人がわかる

  • 欲望する脳

    book『欲望する脳』
    価格 735円(税込)
    人気脳科学者が遂に放つ、決定的な論考!
    〈欲望〉こそが、いま最も重要な問いである。人も社会も欲望に突き動かされている中で、欲と欲がぶつかり合うときに何が起こるのか。欲望と倫理の狭間で人はどう生きるべきか。様々な例を挙げながら考察。
  • 化粧する脳

    book『化粧する脳』
    価格 714円(税込)
    「顔」は口ほどにものを言う
    人は知らず知らずのうちに、顔でコミュニケーションしている。実は、外見を変えることは、社会的知性の現れでもあるのだ。化粧を通じた画期的な研究成果をもとに、人気脳科学者が解き明かす。

上手なタイムマネジメントとは

  • 時間はどこで生まれるのか

    book『時間はどこで生まれるのか』
    価格 693円(税込)
    目からウロコの画期的な時間論、登場!
    なぜ過去は変えられないのに、未来は未知であるのか? どうして時間は過去から未来へ流れていると感じられるのか? 相対論や量子力学などの知見を踏まえつつ、素朴な疑問に答える刺激的な時間論。
  • 大人の時間はなぜ短いのか

    book『大人の時間はなぜ短いのか』
    価格 735円(税込)
    あなたの感じる時間は、常に変化している!
    大人になると、子どもの頃より、なぜ一日や一年が短く感じられるのか? 退屈な会議はなぜなかなか終わらないのか? 時間をめぐる身近な不思議を、事例や図版を挙げながら分かりやすく解説。

メディアに翻弄されていませんか?

  • メディア・コントロール

    book『メディア・コントロール』
    価格 693円(税込)
    米国の軍事行動を批判し続けてきた偉大な知識人・チョムスキーが、現代情報社会の最も重要な鍵であるメディアの虚実を暴く。国際情勢を読み解くために欠かせない一冊。更に辺見庸との対談も収録。
  • データの罠 世論はこうしてつくられる

    book『データの罠 世論はこうしてつくられる』
    価格 714円(税込)
    知らず知らずのうちに世論は操作されている。
    巷にはデータが溢れている。「視聴率」「内閣支持率」「経済波及効果」等々。そのデータにどれほど客観性があるのか。実はかなり危ういデータが跋扈しているのだ。本書ではデータの正しい読み方を考える。

あなたに必要なホンモノの力

  • ホンモノの文章力

    book『ホンモノの文章力』
    価格 693円(税込)
    「文は人なり」という定説に対し、著者は「文は自己演出だ」という考えを展開。小論文、志望理由書、エッセイ等の書き方を論理的に指南する。就職や入試、社内報告書に悩んでいるなら、必読です。
  • ホンモノの思考力

    book『ホンモノの思考力』
    価格 693円(税込)
    いかに頭をよく見せるか?をテーマに思考力の磨き方を伝授する。口ぐせで考え方の基本を身に付け、論理の技術を学ぶ。外面から出発して初めて、中身もついてくる! 「ホンモノ」シリーズの真骨頂だ。

難解と言われる文学2大巨匠の読み方

  • プルーストを読む

    book『プルーストを読む』
    価格 777円(税込)
    プルースト研究の第一人者が『失われた時を求めて』の重要なテーマをスケッチしながら作品を紹介・解説する入門書。「いいとこ取りのダイジェスト」は密度が濃く、大部な作品を堪能した充実感。
  • ジョイスを読む

    book『ジョイスを読む』
    価格 735円(税込)
    この入門書1冊でジョイス通になれる!
    ジェイムズ・ジョイスは20世紀西欧を代表するアイルランドの作家。文体と小説形式の革新を図って表現の可能性を追求したその生涯と代表作を「いいとこ取り」のダイジェストで紹介、解説する。

見て読んで楽しむ、オールカラー新書

  • フェルメール全点踏破の旅

    book『フェルメール全点踏破の旅』
    価格 1,050円(税込)
    絵画の宝石が待っている。37点全点カラー収録!
    日本でもゴッホと並ぶ人気のフェルメール。その作品は30数点と少なく、そのすべてを欧米現地に訪ねる旅が成立する。『盗まれたフェルメール』の著者が全点踏破の野望を抱いて旅に出た。
  • 藤田嗣治 手しごとの家

    book『藤田嗣治 手しごとの家』
    価格 1,155円(税込)
    知られざる手しごとで読み解く、新しいフジタ!
    「戦争画」「乳白色」といった絵画中心の切り口とは異なる、新しい芸術家・藤田嗣治論。裁縫、大工、写真など、藤田が遺した膨大な“手しごと”をサントリー学芸賞を受賞した気鋭の美術史家が読み解く。