トップ > キャンペーン・特集 > > 医学書特集

楽天ブックス 医学書特集

PICK UP

  • ガイドライン外来診療(2013)
    本 ガイドライン外来診療(2013) 泉孝英 15,750円(税込)

    01年より毎年1回発行。
    「外来でみる、主要疾患の最新のガイドライン」では解説と要約2部構成で一般診療での47疾患を説明。
    そのほか専門性の高い30疾患の診断、がんへの対応、今話題の医学・医療、医療費の動向などを収録。

ガイドライン外来診療(2013) 中身

ガイドライン外来診療(2013) 中身

  • ガイドライン外来診療(2013)
    本 ガイドライン外来診療(2013) 泉孝英 15,750円(税込)

    01年より毎年1回発行。
    「外来でみる、主要疾患の最新のガイドライン」では解説と要約2部構成で一般診療での47疾患を説明。
    そのほか専門性の高い30疾患の診断、がんへの対応、今話題の医学・医療、医療費の動向などを収録。

医学・臨床

  • 聞く技術(上巻)
    本 聞く技術(上巻) ローレンス・M.ティアニー 2,940円(税込)

    患者の訴えを聞き、病歴を聴取して、コミュニケーション技術だけでどこまで診断に貢献できるかを論理的に解説。発熱、咳、腹痛など、ある症状を訴える患者からどんな情報を聞き出せばよいのか、筋道を立てて質問を選ぶ方法を説明。特定の症状を訴える患者について、最も確率の高い疾患は何か?逆に頻度が低い珍しい疾患だが重大な結果につながるので見逃してはいけない疾患は何か?合理的に診断するために、どんな質問で絞り込んでいけばよいのかを解説。臨床医必携の書籍。特に研修医などの若手医師や訪問看護師は必須の内容。 原著は「THE PATIENT HISTORY Evidence-Based Approach」

  • 聞く技術(下巻)
    本 聞く技術(下巻) ローレンス・M.ティアニー 2,940円(税込)

    患者の訴えを聞き、病歴を聴取して、コミュニケーション技術だけでどこまで診断に貢献できるかを論理的に解説。発熱、咳、腹痛など、ある症状を訴える患者からどんな情報を聞き出せばよいのか、筋道を立てて質問を選ぶ方法を説明。特定の症状を訴える患者について、最も確率の高い疾患は何か?逆に頻度が低い珍しい疾患だが重大な結果につながるので見逃してはいけない疾患は何か?合理的に診断するために、どんな質問で絞り込んでいけばよいのかを解説。臨床医必携の書籍。特に研修医などの若手医師や訪問看護師は必須の内容。 原著は「THE PATIENT HISTORY Evidence-Based Approach」

  • 考える技術第2版
    本 考える技術第2版 スコット・D.C.スターン 6,300円(税込)

    その診断を下すために、あとどれだけの情報が必要か?的確な分析と合理的な判断の道筋を明らかにする名著、待望の第2版いよいよ登場! ■第1版から大幅に内容を拡充、翻訳・訳注も全面的に刷新 ■原著出版以降の情報を補完し、訳者が日本のガイドラインとの相違点も紹介 臨床診断学の入門書として高い評価を得ている「SYMPTOM to DIAGNOSIS ; An Evidence-Based Guide 2nd edition」の日本語版。発売以来大好評の第1版から内容を大幅に拡充し、翻訳・訳注も全面的に刷新。原著出版以降の情報を補完し、訳者が日本のガイドラインとの相違点も紹介。経験豊富な医師が、患者の訴えから最終的な診断にたどり着くまでの思考過程をつまびらかにした名著「考える技術」の内容をより充実した、待望の第2版です。 「最も疑わしい疾患の候補は何か?」「見落としてはならない重大な疾患はどうすれば除外できるか?」「鑑別を進めるにはどんな情報の追加が必要か?」・・・、臨床診断のエッセンスがすべてこの一冊に詰まっています。問診データ、身体診察所見、臨床検査値や画像診断などが鑑別を進める上でどの程度寄与するかについても、エビデンスに基づき尤度比などの特性を紹介します。医学生や研修医からベテラン医師まで、すべての臨床医におすすめします。

  • 論理的診察の技術
    本 論理的診察の技術 デヴィッド・L.サイメル 7,980円(税込)

    92年から続く米国医師会雑誌(JAMA)の人気連載「Rational Clinical Examination」の論文をまとめたJAMAエビデンスシリーズの集大成。臨床診断学に新たな地平を切り開いたと評判の名著の日本語版。 臨床医が遭遇する様々な診察場面を想定し、その時点で行うべき検査や判断の合理性を実際のデータを元に徹底追究。同じテーマを扱った世界中の英語論文を検索し、発表されたデータから感度・特異度・尤度比を計算して求め、どのような診察方法や検査方法が診断を確定するのに貢献するか、あるいは逆に特定の病気を否定することができるか論理的に確率を突き止めていく。若手からベテランまで臨床医必読の一冊。   原著:「JAMA evidence The Rational Clinical Examination」 Evidence-Based Clinical Diagnosis

  • メルクマニュアル第18版
    本 メルクマニュアル第18版 マーク・H.ビアーズ 12,390円(税込)

    世界中の医療従事者が信頼を寄せる総合医学書の決定版。メルクマニュアルは、米メルク社(Merck & Co., Inc.)が非営利事業として提供しているもので、世界で最も信頼されている医学書の一つで、膨大な医学情報をコンパクトに要領良く掲載し、現在までスタンダードな医学書として世界中の医療従事者を中心に活用されている。メルクマニュアルは1899年の初版以来、17言語に翻訳、“診断と治療のスタンダード”として全世界で1000万部以上が利用されており、総合的な診断・治療マニュアルとして主要な疾病を網羅、症状から診断、治療法までを詳細にカバーしている。2006年末、第17版より7年ぶりの改訂となる第18版を発行。300人を超える医師がそれぞれの専門分野について書き下ろし、全面的に改訂。二色刷りで図やイラストもより見やすくなっている。

  • 治療薬インデックス(2013)
    本 治療薬インデックス(2013) 日経ドラッグインフォメーション編集部 3,360円(税込)

    調剤実務に完全対応。薬剤名の五十音順で調べやすい。添付文書を超えた情報が満載。薬の特徴、最低限確認しておきたい禁忌、副作用を収録。主に薬局で使用される医療用医薬品、約1200品目(一般名ベース;注射剤を除く)について、効能・効果、用法・用量、分類などの基本情報を収録したポケット医薬品辞典の決定版。使用頻度の高い薬剤には、その特徴や調剤上の注意点などをワンポイント解説。<本書の主な特長>●一般名の五十音順に配列。索引を調べなくても一発で必要な情報にアクセスできます。●何の薬かがひと目でわかる「薬効分類」を掲載。●DIオンライン「クスリの鉄則」でおなじみの笹嶋勝氏が、その薬の特徴や注意点をワンポイント解説。添付文書にはない情報も満載。●後発品の商品名や製造販売会社も完全網羅。●代表的な薬剤の商品名を、一般名に混ざって五十音順に掲載。一般名か商品名かを意識せずに検索可能!

  • 診察エッセンシャルズ新訂版
    本 診察エッセンシャルズ新訂版 酒見英太 4,830円(税込)

    後期研修医の臨床スキルを磨くためのポケットガイドをコンセプトに、より幅広い疾患への対応を視野に全項目を書き下ろした新訂版。全身倦怠感、不眠など38症候の鑑別診断のポイントをわかりやすく解説。症候ごとに、世界的な診断学の大家Lawrence M.Tierney,Jr.先生の書き下ろしワンポイントアドバイス。「Clinical Pearl」を掲載。

  • 外来診療ハンディガイド
    本 外来診療ハンディガイド 泉孝英 3,360円(税込)

    外来で診る主要46疾患についての治療・処方例等のエッセンスをコンパクトに掲載。一般外来における軽症・中等症の内科系疾患のマネジメントの理解を助け、現場の臨床に役立つように編集。病棟研修や救急外来を行う若手医師に最適。かぜ症候群、インフルエンザ、市中肺炎、誤嚥性肺炎、喘息、COPD、高血圧、糖尿病、感染性胃腸炎、肝炎、脂質異常症、膀胱炎、肩関節周囲炎、帯状疱疹、尿失禁、社会不安障害、老人性認知症、など46疾患をカバー。診療現場で使いやすいハンディサイズ。

  • 病院勤務医の技術
    本 病院勤務医の技術 シルビア・C.マッキーン 8,925円(税込)

    「21世紀の病院に求められるのはどんな医師か?」この問いに答えるために、米国の病院医学会(Society of Hospital Medicine)がまとめた1冊。これからの病院医療を支えるキーパーソンを養成するには、内科医として従来の医局型の教育を受けて経験を積むだけではなく、別のプログラムが必要であると考え、そのために「ホスピタリスト」という言葉を使って、これからの病院に求められる総合医の医師像を再定義しました。複雑化する病院医療を体系化し、すべての局面に対応できる「ホスピタリスト」を育てる教科書。臨床のコンピテンスに重点をおき、治療のポイントを疾患別に丁寧に解説。

  • 対話に学ぶ医療面接プラクティス
    本 対話に学ぶ医療面接プラクティス 千田彰一 2,310円(税込)

    患者の「語り」をいかに引き出すか?“ナラティブに基づく医療”の実践へ。全15の医療面接実習ケースから医師と患者のよりよいコミュニケーションを学ぶ。

  • カンファレンスで学ぶ診断力向上の「極意」
    本 カンファレンスで学ぶ診断力向上の「極意」 聖路加国際病院 4,935円(税込)

    聖路加国際病院の12症例を基に、一流の臨床医が病歴聴取法などプライマリケアの実践的スキルや、最終診断に至るまでのラーニングポイントを詳解。具体的なデータや画像を交えて、読みやすい形式にまとめた。DVDには2症例(約130分)のカンファレンス(群星沖縄臨床研修センター長 宮城征四郎氏、亀田ファミリークリニック館山院長 岡田唯男氏)を収録。迫力あるディスカッションは必見です。病歴と身体所見でここまでわかる!一流の極意をあますことなく伝授します。

  • 病気の「数字」のウソを見抜く
    本 病気の「数字」のウソを見抜く スティーヴン・ウォロシン 1,680円(税込)

    病気の発症確率、薬の効果、治療後の生存確率など「病気の数字」を正しく読む方法をわかりやすく解説。治療や薬の効果を伝える情報は、行政、マスコミ、製薬会社、研究者、患者用語団体などの思惑で誇張されたり、ゆがめられたりして伝わっているものが多い。それを鵜呑みにしないで、病気や健康に関する統計などのデータを読み取り、自分のリスクを客観的に理解する方法を伝授する。

  • 図説基礎からわかる被曝医療ガイド
    本 図説基礎からわかる被曝医療ガイド 箱崎幸也 1,890円(税込)

    福島原発事故を受け、わが国では被曝についての正確な知識、正しい理解がいっそう求められるようになってきました。それは、臨床医・コメディカルにとっても同様であり、被ばく医療に関する知識はその実地を考慮するうえで今後ますます重要になると思われます。本書は、被曝医療の初心者でも理解できるよう多くの図表を用いて簡潔かつ明瞭に解説し、併せて放射線暫定規制値や中長期的な健康被害についてのデータも記載しました。 臨床医のみなず、看護師や放射線技師、薬剤師などのコメディカルスタッフ必読の、「これだけは知っておきたい」1冊です。

  • 新しい動脈硬化指標CAVIのすべて
    本 新しい動脈硬化指標CAVIのすべて 白井厚治 3,990円(税込)

    新しい動脈硬化指標であるCAVI(Cardio Ankle Vascular Index)について、基礎理論から臨床のエビデンス、臨床応用の実際までをコンパクトに総覧した総合解説書。「総論」、「動脈硬化危険因子と血管機能」、「CAVI測定の基礎的検討」、「新しい血管機能CAVIの臨床応用」、「動脈硬化治療とCAVI」での5章で構成。

  • 症状からみた喘息診療プラクティス
    本 症状からみた喘息診療プラクティス 泉孝英 3,150円(税込)

    “咳が続く、治らない”咳症状を訴える患者が増加傾向にあり、呼吸器科・アレルギー科の専門医はもとより、一般内科医の臨床でも咳患者の適切なQOL管理が求められています。咳嗽の原因疾患をどう的確に鑑別し、いかに良好な管理・治療を行うかという実践的診療ガイド。豊富なデータ・図表、陥りやすいピットフォールへの対応、確実に効果が得られる薬剤の使い方など、多様な症例とともに先生の咳嗽鑑別・喘息診療をプラクティカルにサポートします。

  • 禁煙外来ベストプラクティス
    本 禁煙外来ベストプラクティス 中村正和 3,150円(税込)

    各施設の事例・症例紹介を通して禁煙外来の現況を浮き彫りにし、禁煙治療/禁煙支援に携わる読者・関心を抱いている読者に、実践的かつ簡明な情報を提供。先進の33施設を掲載。各施設の概要・禁煙外来の事例(具体的取り組み)・症例などを紹介。 医師(診療所・病院<一般内科、精神科、小児科、産婦人科など>、健診機関、職域、歯科)、コメディカル(看護師、保健師、カウンセラーなど)の方々にすすめる1冊。

  • ミラクル
    ミラクル シア・クーパー 1,890円(税込)

    エリザベス・ヒューズが若年性糖尿病と診断されたのは1919年のことである。エリザベスは、アメリカで最も有名な弁護士で、後に国務長官を務めた政治家でもあるチャールズ・エヴァンズ・ヒューズの娘だった。当時、糖尿病という診断は死の宣告を意味していた。唯一の“治療法"だった飢餓療法を受けたエリザベスは体重が20kgに減って骨と皮になってしまった。ちょうどそのころ、遠く離れたカナダでは、フレデリック・バンティングとチャールズ・ベストの2人の若い研究者が、何とか動物の膵臓からインスリンを単離精製することに成功した。だが、このミラクル(奇跡)も、学問的な嫉妬、熾烈な事業化の競争にもみくちゃに翻弄されることになる。破壊的な病気との時間を争う闘いの中で、エリザベスは世界で最初にインスリン注射を受ける糖尿病患者の一人になった。一方で、インスリンの発見者たちとある製薬会社は世界中にインスリンを供給できるようにするために必死に奮闘していた。これまで語られることがなかった、インスリン発見をめぐる感動ノンフィクション。著者のT. クーパーとA. アインスバーグは、周到な調査と取材を重ねて、細部まで描き出した。

小児科

  • 小児診療のピットフォール
    小児診療のピットフォール 日経メディカル編集部 4,800円(税込)

    小児軽症患者約500人に1人の割合で入院が必要な疾患が隠れている。初診時の症状は軽症患者と大差がない重症患者を、どうやって見落とし無く見つけ出すか。小児診療に関わる医師の永遠のテーマに、クイズ形式で楽しみながら挑める。「日経メディカル」の創刊以来の人気コラム「日経メディクイズ」から小児診療に関する選りすぐりの症例を集め書籍化。主訴から、疑うべき疾患、確定診断のために必要な検査などをクイズ形式で考え、学ぶことができます。また、重症例と非常によく似た軽症例の見分け方のコツも伝授。他の教科書には詳細な記載のない稀な症例もオールカラーで解説。

  • 臨床医のための小児診療ハンドブック
    臨床医のための小児診療ハンドブック 川瀬昌宏 2,310円(税込)

    小児科医不足が社会的な問題になっている。一般臨床医が小児患者に対応する場合に必要な基礎知識をわかりやすく解説。代表的処方例を多数掲載。研修医にも最適。

  • お母さんのためのワクチン接種ガイド改訂版
    お母さんのためのワクチン接種ガイド改訂版 「VPD(ワクチンで防げる病気)を知って 1,680円(税込)

    安心・安全にワクチンを接種するための実用ガイド。2011年2月発行の書籍を最新のワクチン情報に基づきアップデートし、大幅に加筆・更新、改訂。ワクチンで防げる子どもの病気について、さらにはワクチンの副作用や安全性についてもマンガを使ってやさしく解説。実際にワクチンを適時にそして適切に接種するためのおすすめ接種スケジュールがひと目でわかる!

救急

  • 心肺停止と不整脈
    本 心肺停止と不整脈 河野寛幸 2,940円(税込)

    08年度から日本循環器学会の専門医試験に義務化されるAHA(アメリカ心臓協会)・ACLSコース。07年度からは日本内科学会の認定医・専門医試験にも義務化されている(一部はICLSコースでも可)。このBLS/ACLSコース (1次/2次救命処置のトレーニングコース)受講者のために、CPR(胸骨圧迫と人工呼吸)の手技やAED(自動体外式除細動器)の使用方法、心停止や徐脈・頻拍の診断と治療の要点を分かり易く簡潔に整理したサブテキスト。同時にAHAガイドライン2005に準拠した日本語版テキストとして、臨床現場でも活用できます。研修医・看護師必携。

病気別

  • チームで進めるがん外来化学療法
    本 チームで進めるがん外来化学療法 藤原康弘 2,100円(税込)

    近年、がん化学療法は従来の入院による治療から通院外来による治療へと変化、綿密な患者指導、地域医療の円滑な連携が求められています。医師はもちろん、薬剤師、看護師が果たす役割も大きくなり、がん外来化学療法をチーム医療でいかに進めるか、を事例も用い実践的にわかりやすく解説します。

  • 患者・家族のためのがん緩和マニュアル
    本 患者・家族のためのがん緩和マニュアル 臨床研究情報センター 2,310円(税込)

    米国立がん研究所(NCI)が発信している最新がん医学情報「PDQ」から、緩和ケア、支持療法の実際についての最新情報を、1冊の本にコンパクトに収載。

  • 臨床医のための漢方診療ハンドブック
    本 臨床医のための漢方診療ハンドブック 森由雄 2,310円(税込)

    漢方の初学者でも、西洋医学の病名を根拠に漢方薬を使い始めることができることを目的とした、一般臨床医のための漢方診療の実践入門書。わかりやすい文章で簡潔な内容、的確な漢方処方ができるハンディ・ガイドブック。開業医、若手医師(研修医)、薬剤師に向けの1冊。

※Flashコンテンツをご覧いただくには、最新のAdobe Flash Playerが必要です。
Adobe ホームページで入手(無料)し、インストールを行ってください。

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ