トップ > キャンペーン・特集 > > 夢枕獏原作『エヴェレスト 神々の山嶺』2016年3月12日(土)ROADSHOW!

『エヴェレスト 神々の山嶺』

2016年3月12日(土) ROADSHOW!

 

夢枕獏 『エヴェレスト 神々の山嶺』

  • エヴェレスト 神々の山嶺 (角川文庫)
    本 エヴェレスト 神々の山嶺 (角川文庫) 夢枕獏 1,404円(税込)

    1924年、世界初のエヴェレスト登頂を目指し、頂上付近で姿を消した登山家のジョージ・マロリー。登攀史上最大の謎の鍵を握るマロリーのものと思しき古いコダックを、カトマンドゥで手に入れた写真家の深町誠だが、何者かにカメラを盗まれる。行方を追ううち、深町は孤高の登山家・羽生丈二に出会う。羽生が狙うのは、エヴェレスト南西壁、前人未到の冬期無酸素単独登攀だった。山に賭ける男たちを描いた、山岳小説の金字塔。待望の合本版!

  • 神々の山嶺(上) (角川文庫)
    神々の山嶺(上) (角川文庫) 夢枕獏 777円(税込)

    1924年6月8日、世界初のエヴェレスト登頂目前で姿を消した登山家、ジョージ・マロリー。彼の登頂の可否は、登攀史上最大の謎となった。鍵を握る古いコダックーマロリーのカメラをカトマンドゥの裏町で手に入れた写真家の深町は、カメラに誘われるようにその男に出会う。孤高の登山家、羽生丈二。数々の難所に挑み伝…

  • 神々の山嶺(下) (角川文庫)
    神々の山嶺(下) (角川文庫) 夢枕獏 864円(税込)

    世界的な難所、グランドジョラスでの単独行で滑落、負傷しながら奇跡の生還を果たし、伝説となった羽生丈二。カトマンドゥで別人として生きる男が狙うのは、エヴェレスト南西壁、前人未到の冬期無酸素単独登攀!導かれるように羽生に邂逅した深町は、彼を追ってエヴェレストに入る。羽生の挑戦の行方は?深町が目撃したも…

  • ヒマラヤ漂流 『神々の山嶺』へ 『神々の山嶺』へ (角川文庫)
    ヒマラヤ漂流 『神々の山嶺』へ 『神々の山嶺』へ (角川文庫) 夢枕獏 864円(税込)

    2015年3月、夢枕獏と仲間たちは聖なる山々が連なるヒマラヤを訪れた。世界最高峰のエヴェレストを望む標高5000メートル超の過酷な世界。寒さと薄い空気に苦しみながらも、彼らは物語を紡ぎ、絵を描き、落語を弁じ、蕎麦を打つ。愛してやまないヒマラヤの風景を、著者自ら撮影した写真とともに綴る旅行記をはじめ、大いなる自然へ捧げる詩、小説『神々の山嶺』から抜粋した名シーンをカラーで収録する写真&エッセイ集。

  • 呼ぶ山
    呼ぶ山 夢枕獏 777円(税込)

    山を愛し、自らも山に登ってきた著者の小説群より、山の臨場感と霊気に満ちた作品を厳選し、表題作を併録。山で起こる幻想的な話、奇妙な話、恐ろしい話など山のあらゆる側面を切りとった、著者初の山岳小説集!

 
超えろ!限界のその先へ "前人未踏"の挑戦に臨む、男たちの熱き想い。命を削って挑む先に、あるものとは? 山岳カメラマンの深町は、カトマンドゥでエヴェレスト史上最大の謎を解く可能性を秘めた、ある古いカメラを発見する。 失われたフィルムを追ううちに辿り着いた、孤高の天才クライマー、羽生。 「山をやらないなら死んだも同じだ」と語り、他人を寄せ付けない人生を送ってきた彼が取り憑かれた、史上初の挑戦とは何なのか?羽生の目的に興味を持ち、その過去を調べるうち、深町は彼の壮絶な生き様にのみ込まれていく。そして、羽生に人生を翻弄されながらも愛し続ける女性・涼子と出会う・・・。標高8,848M、氷点下50℃、呼吸すら困難な極限の世界。その中で、垂直の壁が待ち受ける、これまで誰も成し得なかった過酷な登攀(とうはん)に独り挑む羽生。その挑戦を見届けるため、彼の後を追う深町。男たちは自然の脅威の前に命をさらしながらも、人類の限界を超えて、ただひたすら"世界最高峰"の頂きを目指す。彼らは生きて帰ることができるのか?その先には果たして、何があるのか─。 世界的大ベストセラー、完全映画化!豪華キャストが世界最高峰(ネパール・エヴェレスト)での撮影に挑む! 連載開始から20年以上の間、国内外で映画化オファーが殺到しながらも、スケールの壮大さから成立に至らなかった夢枕獏の世界的大ベストセラー「神々の山嶺」が遂に奇跡の映画化!監督:平山秀幸、出演:岡田准一、阿部寛、尾野真千子、音楽:加古隆と、日本アカデミー賞受賞者揃いの豪華キャスト&スタッフが集結。世界最高峰の地ネパール・エヴェレストに実際に登頂し、邦画初となる標高5,200M級での撮影に命懸けで挑んだ。「この作品のために、これまでの人生があった」とキャストが語るほど、エヴェレストの神秘さに触れながらのリアルな演技は、まさに必見!そして、この魂と想いが詰まった本作を希望で包み込む主題 歌は、全世界で驚異的な人気を誇る、イル・ディーヴォの「喜びのシンフォニー」。映画そのものが、前人未到の領域へと達する、心揺さぶる感動のスペクタクル超大作!

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ