トップ > キャンペーン・特集 > > 酔いどれ読本特集

酔いどれ読本特集

ページトップへ

 

愛飲家はかく語る

  • ひとり家飲み通い呑み
    ひとり家飲み通い呑み 久住昌之 1,296円(税込)

    「孤独のグルメ」「花のズボラ飯」で食漫画に新風を吹き込む久住昌之氏の、ひとり酒とその肴となる飯の機微を綴るイラスト&エッセイ集です。

  • ふらっと朝湯酒
    ふらっと朝湯酒 久住昌之 1,404円(税込)

    朝っぱらから熱ーいお風呂に浸かって身体の芯まで温まったあとに、キューっとビールで一杯飲るもよし、ちょっと横になって二度寝を決め込むもよし。昼酒、昼寝もいいけど朝湯酒なんてのもたまにはいいんじゃない?

  • 昼のセント酒
    昼のセント酒 久住昌之 1,404円(税込)

    銭湯で体を流し、外が明るいうちから一杯やる“銭湯×酒”がテーマ。ひとり飯の美学を書き続けてきた著者の食への哲学が、酒気を帯びて、より緻密により大胆に表現されています。

  • 酒呑みの自己弁護
    酒呑みの自己弁護 山口瞳 1,512円(税込)

    世界の美酒・銘酒を友として三十余年、著者は常に酒と共にあった。なぜか。「酒をやめたら…もうひとつの健康を損ってしまうのだと思わないわけにはいかない」からである。酒場で起こった出来事、出会った人々を想い起こし、世態風俗の中に垣間見える、やむにやまれぬ人生の真実を語る1冊です。

  • 対談美酒について改版
    対談美酒について改版 開高健 473円(税込)

    吉行さん、開高さん、そこまで言っていいの!? ワイ談もご愛嬌、華麗なる酔っ払いトーク。人はなぜ酒を飲むのかの大命題にはじまり、酒の品定めや飲み方、酒場あれこれ、酒癖のさまざま、二日酔いのなおし方から文学、映画、セックス、風俗まで、話題は森羅万象におよぶ。ワインの芳醇さとジンの強烈さが見事にブレンドした極上の一冊です。

  • 眼ある花々
    眼ある花々 開高健 575円(税込)

    トリスウイスキーの「人間らしくやりたいナ」が有名な開高健さんの百花繚乱の言葉で綴るエッセイ二作品を収録。『開口一番』では釣り、スキー、パイプ、食、酒、はては女…と様々に語っています。

  • せんべろ女子隊酒場探訪記
    せんべろ女子隊酒場探訪記 せんべろ女子隊 1,080円(税込)

    せんべろ女子=千円でベロベロに酔っ払うスポットに群がる女子。京成立石、十条・赤羽、銀座・新橋、思い出横丁、北千住…。オヤジたちの聖域に次々潜入。せんべろ女子隊のチープなはしご酒ガイド決定版です。

  • 飲めば都
    飲めば都 北村薫 723円(税込)

    人生の大切なことは、本とお酒に教わったー日々読み、日々飲み、本創りのために、好奇心を力に突き進む女性文芸編集者・小酒井都。新入社員時代の仕事の失敗、先輩編集者たちとの微妙なおつきあい、小説と作家への深い愛情…。本を創って酒を飲む、タガを外して人と会う、そんな都の恋の行く先は?本好き、酒好き女子必読、酔っぱらい体験もリアルな、ワーキングガール小説です。

  • 泥酔懺悔
    泥酔懺悔 朝倉かすみ 1,620円(税込)

    泥酔せずともお酒を飲めば酔っ払う。酒席は飲める人には楽しく、下戸には時に不可解……。お酒を介した様々な光景角田光代、西加奈子といった名だたる女性作家が綴った連作エッセイ集。

  • もし僕らのことばがウィスキーであったなら
    もし僕らのことばがウィスキーであったなら 村上春樹 561円(税込)

    シングル・モルトを味わうべく訪れたアイラ島。そこで授けられた「アイラ的哲学」とは?『ユリシーズ』のごとく、奥が深いアイルランドのパブで、老人はどのようにしてタラモア・デューを飲んでいたのか?蒸溜所をたずね、パブをはしごする。飲む、また飲む。二大聖地で出会った忘れがたきウィスキー、そして、たしかな誇りと喜びをもって生きる人々-。芳醇かつ静謐なエッセイ。

  • バーボン・ストリート
    バーボン・ストリート 沢木耕太郎 529円(税込)

    ある時はひと気のない深夜のバーの片隅で、またある日は賑やかな飲み屋で、グラス片手に飲み仲間と語り合った話の数々-スポーツ新聞の文章作法、ハードボイルド、テレビと映画、賭け事にジョークetc…。そんな話題を素材にして、ニュージャーナリズムの旗手が、バーボングラスのよく似合う15編の洒落れたエッセイに仕立てました。

  • 銀座の花売り娘 二日酔い主義傑作選
    銀座の花売り娘 二日酔い主義傑作選 伊集院静 648円(税込)

    旅に病み、酒に病み、博打に病む。倒れ臥した病床へも、無頼の誘惑は忍び寄る。生きていくのも楽ではないが、生きてさえいれば、いつかは花が咲くだろう。今はこの二日酔いをなんとかせねば…。伊集院静の偽らざる心情を綴ったエッセイから47作を厳選。

 

居酒屋・BARガイド

 

アルコールガイド

 

おつまみレシピ

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ