トップ > キャンペーン・特集 > CD > Artist Voice ―富田ラボ

Artist Voice ― 富田ラボ

2016/12/10掲載

若手ミュージシャンを起用した3年ぶりの新作を徹底解剖!

冨田ラボ、3年ぶりのオリジナル・アルバム『Superfine』で、なにやらおもしろいことが起きていそうだと予想はしていた。SuchmosのYonce、水曜日のカンパネラのコムアイ、ceroの高木晶平、never young beachの安部勇磨など、現代のポップ・シーンに登場したあたらしい声の起用が予告されていたからだ。だが、さらに驚いたのは、完成した楽曲を聴いたときのこと。シンガーたちの個性を思わぬかたちで活かした選択はもちろん、リズム面、サウンド面ともに、これまでの冨田ラボ色を大きくはみ出すような冒険が随所で行なわれているではないか。





おどろきの顔ぶれ



――前作『Joyous』(2013年)から約3年ぶりの新作についてニュースが最初に出たとき、ゲストの顔ぶれにすごくびっくりしました。それまでに冨田さんが起用してきたアーティストたちと比べても、あきらかに若い世代のシンガーやソングライターが多く起用されていたからなんです。

■富田恵一「新作の打ち合わせで“今回どういう人を入れようか”と話しているうちに、若手の次世代アーティストと呼ばれているような人たちとやる案に固まってきたんです。僕はそれをすごくいいと思ったんですね。今まで接点のない人たちにやってもらうというのは、前作『Joyous』からのサウンド面での変化をプレゼンするにはうってつけじゃないかと。ただ、僕はライヴハウスに足しげく通うタイプではないので、まずは若手アーティストの音源を集めて聴いて、そこから選んでいきました」

――のニュースが最初に出た時点で、まずティーザー(予告編)として、SuchmosのYonceくんをフィーチャリングした「Radio体操ガール」(作詞はかせきさいだぁ)と、never young beachの安部勇磨くんをフィーチャリングした「雪の街」が発表されました。僕はとくに「雪の街」にびっくりしたんです。ああいうメロウなネオソウル的スタイルの曲って、安部くんはネバヤンではいっさいやってないですよね。あそこにあの声をはめていくのは“ひとつの発明だ!”と思えるくらい刺激的でした。

■富田恵一「安部くんがネバヤンで作っている歌詞は、メロと言葉のアクセントみたいな基本的なところはきれいだし、かわいい部分もある。声も細野さんみたいで印象的で、だからこういう曲で歌詞もお願いしたらおもしろいんじゃないかなと思ってました。だけど、じつはあの曲は歌を録ってからオケを全部作り直したんですよ。歌詞ができて、歌を聴いてみたら、またあらたにもっといいアイディアが浮かんでしまったので。最初はイントロにコーラスもなかったし、サンプリングしたフレーズで構成されたトラックだったものを、生演奏的なものに変えたんです。たぶん彼は完成版を聴いてびっくりしたんじゃないかな」

――そうなんですか。半ば共同作業なんですね。

■富田恵一「そうなんです。直接会わずに変えていくわけだから、若干人見知りな共同作業ですけど(笑)。まあ自分のプロジェクトなので、そういう変更はしていいだろうと思って。AKIOさんに歌ってもらった〈笑ってリグレット〉も、歌が入ってからテンポを倍に変えた曲でした」

――ceroの高城晶平くんが歌った「ふたりは空気の底に」もすばらしいですよね。

■富田恵一「高城さんにも歌詞を書いてもらいましたけど、あの歌詞はすごくよかったな。僕からは“ゴスペルっぽい要素があって、神々しくもあるんだけど、そういったことを日常の風景で表現する、みたいなことがあるといいかな”くらいの歌詞の発注をしたと思うんです。そしたら、高城さんから“すごくわかります”って返答がきて、その反応だけでもなにかピンときたんだなというのはわかりました。高城さんとの作業はすごく楽しかったし、やりやすかった。音楽を掘る姿勢みたいなのが僕とも似ていて、話も通じやすかった」

――高城くん自身も自分のバンドceroで、ジャズや黒人音楽の影響を受けたあたらしいサウンドをあくまで現代のポップスとして模索している。そういう面でも、冨田さんの今回のアルバムで目指したサウンド・アプローチの変化といちばんウマが合う人選だったと思うんです。実際、このアルバムのもうひとつの、これまでの冨田ラボとは印象がかなり異なって聴こえる点は、サウンドというかリズムですよね。

■富田恵一「僕は最近のジャズの、とくにリズム面にずっと興味があったんですよ。ミシェル・ンデゲオチェロがプロデュースしたジェイソン・リンドナーのアルバム『Now Vs Now』(2008年)を聴いて、当時ジェイソンのバンドにいたマーク・ジュリアナのドラムスに注目するようになっていた。ただ、その当時はまだやっぱり自分の作る音楽と現代ジャズへの興味は完全に分かれてたんです。『Joyous』にも部分的にはそういうジャズ的な要素も出ていてたんですが、全体的には今までの冨田ラボの流れにあった。で、今になって思えば、2014年に僕が『ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法』(DU BOOKS)という本を出したことで、自分のやってきた70年代、80年代のサウンドへのシミュレーショニズム的な興味がそこでひとつまとめられた気がしちゃったことが、ひとつきっかけにはなっているのかな」

――あの本は、ドナルド・フェイゲンのソロ・アルバム『ナイトフライ』(82年)をレコーディング・プロセスから推理解体検証していくすごい内容でした。

■富田恵一「そのあたりから、自分がプロデュースをする仕事の中にも自分が興味がある現代ジャズ的な要素をどんどん滑り込ませるようになっていったんです。とくに2015年にプロデュースと全曲を提供したbirdのアルバム『Lush』では、そういう興味の対象がどばっと出たんですね。それがあったので、次の冨田ラボのアルバムはその路線でやろうというのがあったんです」

――アルバム・タイトルの“Superfine”っていうのは直訳すると“極上”みたいなことですけど、じつはもうひとつ、“上質”とか“洗練”という感覚をもっと壊したり、はみ出してしまうこともおそれないという意味があるんじゃないかとも思ったんです。「ふたりは空気の底に」のエンディング近くに出てくる高城くんのシャウトにも、そういう型にはまった感覚に亀裂を与える意思の強さを感じて。

■富田恵一「僕のデモでは、主メロを普通に歌ってただけなんですよ。でも録ってるときに高城さんがちょっとフェイクっぽく崩した瞬間があって。“あ、今のところ、いいね”って言ったら、“僕もそう思います”って彼も言った。それで、だんだんテイクを重ねていくうちにエキサイティングな感じになっていったんです。歌入れが終わった後、高城さんの歌を受けて、僕もさらに音をいろいろ足していった。やってもらったことに僕も反応してやるみたいなことが、今回はいろんな曲のいろんなところでありましたね。やっぱり、シンガーが興奮して何かをしてるところって、多くの人に届きますからね。そうすることでみんなに伝わって、気持ちいいから何回も聴くうちにリズムの構造や音楽的なおもしろさに気がつく可能性はある。僕が歌ものばかりやるのは、そういう面もありますね。もちろんインストも好きなんですけど、やっぱり歌ものの構造のなかでいろいろ作っていくほうが性に合っているというか、好きです」

『SUPERFINE』の隠し味



――あと、高城くんの曲や、城戸あき子さん(CICADA)が歌った「鼓動」あたりに顕著ですけど、詞曲の両面でゴスペルという要素がこれまで以上に出ている気がします。

■富田恵一「ゴスペルの要素は隠し味的に、結構いろんなところに入れてますね。サウンド面でも、曲のハーモニー的なところでもゴスペル的な高揚とか開放された部分とか、僕の曲でポップに感じる部分にはそういうアプローチがなにかと出てるかもしれないです。YouTubeで教会での演奏とか結構観ていたことがあるんです。そしたら若い連中がベースはばりばりスラップしてるし、ドラム32音符だし、おもしろいんですよ(笑)。今のアメリカのジャズ・ミュージシャンには、教会育ちも多いですからね。スキルもスピードもあって、でも高揚感はマストみたいなのはあの場で育まれた感がある。それに、今のゴスペルは何でもありだけどネガティヴィティだけは感じない。現代ジャズが多くにアピールするもっとも大きな理由はヒップホップ的なセンスだと思うけど、もうひとつは間違いなくゴスペルの要素じゃないかな」

――歌詞の面では、特別な意識や指示はありますか? さきほど高城くんへの発注ではゴスペル的なアイディアがあったというお話でしたが。

■富田恵一基本的に僕は歌詞は“曲を聴いて自由に書いてください”って人に任せるんです。だけど、“なにか意向があったら”と聞かれたら、だいたいゴスペルめいたことを言ってきた覚えはありますね」

――そういう隠し味が今回、若い世代のミュージシャンを起用したということも、うまく合致した面もあるのかなと思うんです。震災から5年経って、オリンピックも控えていて、今は浮かれてるのか沈んでるのかはよくわからない時代ですけど、彼らの多くは、まだ少年少女だった時代にあれを体験して、まだ自分のなかに解決しきれずにくすぶってる部分が潜在的にあるし、これからを生きる世代でもある。

■富田恵一「何年経とうがあれはとてつもなく大きな出来事で、あれによって被災地にはいなかった僕らの意識もすごく変わった。『Joyous』はまだ震災の余波が醒めやらぬ時期に作り始めて、いま聴くと渦中にあった意識が反映されているように思う。『SUPERFINE』は震災後、いろいろ解決されていないとはいえ、その後の時代の気分だと思うし、それは“こうあろうよ”という希望でもあると思うんです。そういう側面は大きいかな」

――そういう思いが彼らの声を通じて届けられていくというのは、こういう時代にポップ・ソングがどういう力を持ちうるかというひとつの大きな問いかけでもあると感じました。

■富田恵一「もうひとつ思うのは、最近、SNSとかで日本中が毎日あたらしいテキストを目にしてるじゃないですか。それによって、いつもみんな何かを意識し続けているというか、“無意識”という状態がない人が増えちゃってるように思うんです。昔、ランディ・ニューマンが、カウンセラーに“おまえは無意識というものをまったく信じてない数少ない愚か者だ”って言われて、ハッとしたそうです(笑)。でも、今はみんながそう言われてもおかしくない状態なんじゃないかな。ポップスには直接的なメッセージだけじゃなく、無意識に訴えかける力が絶対にあるんですよ。変拍子で拍を取れないところがあったり、“このハーモニーは何だ?”と思われるようなところがあったとしても、僕はポップスを作ってるつもりなんです。音楽的な深い興味のところでエキサイトもしてほしいけど、普通に聴いてもちゃんと物語を感じて心が揺さぶられるという二重の構造がないとポップスとしては成功ではないと思う。僕が目指してるのは、その両方なんです」

取材・文 松永良平 CDジャーナル 2016年12月号掲載

関連 DISC

NEW SUPERFINE


発売日
2016年11月30日

購入はこちら
収録曲
[Disc1]

1.SUPERFINE OPENING (instrumental)[2:04]
2.Radio体操ガール feat.YONCE[4:09]
3.冨田魚店 feat.コムアイ[4:28]
4.荒川小景 feat.坂本真綾[6:10]
5.ふたりは空気の底に feat.高城晶平[4:43]
6.Bite My Nails feat.藤原さくら[4:43]
7.鼓動 feat.城戸あき子[5:42]
8.雪の街 feat.安部勇磨[4:39]
9.笑ってリグレット feat.AKIO[4:56]
10.SUPERFINE ENDING (instrumental)[1:11]

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ