トップ > キャンペーン・特集 > CD > Mr.Children ストア

Mr.Children STORE

25th Anniversary
第2弾NEW SINGLE 「himawari」リリース決定!

25th Anniversary 第2弾 NEW SINGLE「 himawari」
2 曲の新曲「himawari」「忙しい僕ら」 、ライブ音源 4 曲含む全6曲収録!
更に初回限定盤にはドキュメンタリーDVD 付き仕様!
25 周年を向かえ、更に上昇す る音楽への憧れと探究心。
ヒカリノアトリエTOUR を経て、ベーシックな強さを増したバンドの“最新” がここに!!

Mr.Children CD

アルバム

  • REFLECTION{Drip}
    REFLECTION{Drip}

    本作は、彼らが全身全霊を傾け音楽に情熱を費やした濃密な時間を凝縮したものであり、今まさに“機が熟され世の中へと滴った紛れもない14曲”を収録したベスト・アルバムにも相当するような“オリジナル・アルバム”である。

  • [(an imitation) blood orange]
    [(an imitation) blood orange]

    衝撃作「SENSE」より約2年ぶりの渾身のNEW ALBUMが遂に完成! 「祈り ~涙の軌道」「End of the day」「pieces」、「hypnosis」他収録。

  • Mr.Children 2005-2010<macro>(通常盤)
    Mr.Children 2005-2010<macro>(通常盤)

    デビュー20周年(2012年時)を迎えるタイミングで放たれるベスト・アルバム。同時リリースの2作品のうちの1タイトルで、「しるし」「旅立ちの唄」「エソラ」「fanfare」など、2005年から2010年に発表した楽曲から厳選したナンバーを収めた。

  • Mr.Children 2001-2005<micro>(通常盤)
    Mr.Children 2001-2005<micro>(通常盤)

    デビュー20周年(2012年時)を迎えるタイミングで放つベスト・アルバム。同時リリースの2作品のうちの1タイトルで、「優しい歌」「君が好き」「HERO」「未来」など、2001年から2005年に発表した楽曲から厳選したナンバーを収めた。

  • SENSE
    SENSE

    “Mr.Children がMr.Children を超えること” 前作「SUPERMARKET FANTASY」から2 年、2010 年12 月1 日 Mr.Children NewAlbum 発売!

  • SUPERMARKET FANTASY
    SUPERMARKET FANTASY

    Mr.Children、前作「HOME」から約1年半ぶりに通算15枚目のオリジナル・アルバムがリリース決定!初回限定盤には、「旅立ちの唄」「GIFT」「HANABI」「花の匂い」「タイトル未定(新曲)」他のMusic Clipを収録したDVD付き!

  • B-SIDE
    B-SIDE

    15年の歴史の中で、その時代時代を代表する名曲のカップリング曲としてシングルに収録されつつも、これまでどのアルバムにも収録されなかった楽曲を、年代順に一同に配した全20曲2枚組アルバム。

  • HOME(通常盤)
    HOME(通常盤)

    2007年5月でデビュー15周年を迎えるMr.Childrenが前作「I ♥ U」から約1年半ぶりに通算13枚目のオリジナルアルバム「HOME」を発表!

  • I ♥ U
    I ♥ U

    2005年発表の12thアルバム。シングル「四次元 Four Dimensions」からのナンバーをはじめ、「LOVE」の言葉では括れない感情やカタチを記号に込めた本作。圧倒的なスケール感を持ったサウンド、詞が楽しめる。

  • シフクノオト
    シフクノオト

    2004年発表の通算11枚目となるアルバム。タイトルからもわかるように、音楽を鳴らす幸福感に包まれた全12曲。「掌」「くるみ」「タガタメ」「HERO」といった話題のナンバーを満載。

  • It's a wonderful world
    It's a wonderful world

    ダウナーなチェロのインストからラストのタイトル曲まで、ポップな親しみやすさと内省的で不親切さ、あるいは正直さが不機嫌そうに同居して独特のテンションを生む。トータル・アルバム志向はバンドっぽさへのアプローチ。プロデュースは小林武史。

  • Mr.Children 1996-2000
    Mr.Children 1996-2000

    95〜2000年のベスト盤その2。人気が全国規模となっていくなか、曲の表現も深化を遂げていった彼ら。活動休止などを経て、日本を代表するバンドへと成長してゆく。「名もなき詩」「花ーMemento-Mori-」ほか全13曲。

  • Mr.Children 1992-1995
    Mr.Children 1992-1995

    92年から95年までの楽曲を厳選したベスト盤。「CROSS ROAD」や「Tomorrow never knows」など、ポップでキャッチーなヒット曲が満載。彼らが人気を獲得し、地位を築き上げた過程をたどることができる。

  • DISCOVERY
    DISCOVERY

    「ニシエヒガシエ」など、復活以降のシングルを含む小林武史プロデュースの7作目。隙間のあるいなたい音、緩慢なビートがレニクラを彷佛。

  • BELERO
    BELERO

    四つ折りのデジパックのジャケ写全面がひまわり畑。歌詞の主張に異論はあっても、このこってりとしぶとい歌唱とくっきりと力強くヌケのよいサウンドにはついつい引き込まれてしまう。シングルでおなじみの曲もそうでない曲もそうでない曲も全体がハイ・テンション。

  • 深海
    深海

    深い海に沈み込んだ後に浮上してきた4人が選んだのは歌心の回復。しかし最新のレコーディング技術も披露されている曲は、無垢な自分への回帰とは程遠い。そう、ここにあるのは成熟した歌ばかりで、すべてが大人の感覚によって支えられているのだ。

  • Atomic Heart
    Atomic Heart

    これまでの歌メロを生かしたバンド・サウンド的なアレンジから、楽曲自体のクオリティを最優先させる細部まで手の込んだアレンジによる作品へと昇華したミスチルの意欲作。聡明な歌メロは当然のこと、聴き手の興味のツボを抑えたアレンジには頭が下がる。

  • Versus
    Versus

    じめっとし過ぎないウェットさ、アコースティックを大切にしたこざっぱりしたサウンド、その“じめっ”と“からっ”が混ざりあって、いい味を出しているような…。

シングル

  • ヒカリノアトリエ
    ヒカリノアトリエ

    自分がある“今”を精一杯生きることで“未来”があるんだ。まっすぐな希望の歌「ヒカリノアトリエ」新たなる挑戦を続けるMr.Childrenの“今”を刻み込んだ作品が完成。

  • 足音 ~Be Strong
    足音 ~Be Strong

    “聴いて欲しい。感じて欲しい。新しいMr.Childrenの足音を” 13年ぶりの“月9”主題歌として、ドラマ『信長協奏曲』に書き下ろした「足音 ~Be Strong」、大ヒットを記録した映画『青天の霹靂』主題歌「放たれる」、コーセー「ESPRIQUE」CM ソング「Melody」の全3曲収録。

  • 祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces
    祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces

    生田斗真・吉高由里子W主演で話題の東宝系映画『僕等がいた』(前篇)(後篇)主題歌の 「祈り 涙の軌道」「pieces」を含むミスチル最新曲を3曲収録したトリプルA面シングル。

  • HANABI
    HANABI

    3ヶ月連続リリース第3弾!! 前作シングル「GIFT」より約1ヶ月半。通算33枚目ニューシングルは、2008年7月 フジテレビ系ドラマ「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」主題歌を含む、2008年最新レコーディング楽曲3曲収録。

  • GIFT
    GIFT

    3ヶ月連続リリース第1弾!前作シングル「旅立ちの唄」より約9ヶ月ぶり、32nd Single! 前作シングル「旅立ちの唄」より9ヶ月。NEW“32nd”SINGLE 「GIFT」/NHK 北京オリンピック放送テーマソング含む、最新書き下ろし楽曲3曲収録!

  • 旅立ちの唄
    旅立ちの唄

    通算31枚目のシングルは、映画『恋空』主題歌。傍にいることだけが人間同士の繋がりではない。言葉はなくとも、相手を心で見つめることでも人と人は繋がっている、と教えられる。「羊、吠える」は、自分は狼じゃなく羊だという、いっそ開き直るさまが逆に強さを感じる。

  • しるし
    しるし

    どこから聴いてもいつものミスチル節なのに、初めて耳にするそのメロディはみずみずしい。“枯れ”を意識したミディアム・ナンバーでこそそれは顕著に感じられる。強烈なインパクトよりも大事なものを見つけた大人たちによる素晴らしいポップ・ミュージックだ。

  • 箒星
    箒星

    「四次元Four Dimensions」に続き、約1年ぶりに発表のシングル。タイトル曲はTOYOTA「トビラを開けよう」キャンペーンCMソングで、ミスチルらしいパワー・ポップ・チューン。耳に残る良質なメロディもまた彼ららしい。

  • 四次元 Four Dimensions
    四次元 Four Dimensions

    約13ヵ月ぶりのシングル。収録曲4曲すべてタイアップ曲、アコギとブルース・ハープの音色が印象的な楽曲や、荒々しいロック・ナンバーなどヴァラエティに富んだスケール感ある豪華な1枚だ。

  • sign
    sign

    TBSドラマ『オレンジデイズ』の主題歌が、視聴者からの反響が多いことからシングルになって緊急発売された。桜井節とも呼べるドラマティックなメロディで、愛を歌い上げていく。ミスチル・ファンはもちろん、ドラマ視聴者はグッときてしまうはず。

  • 掌/くるみ
    掌/くるみ

    一夜限りの復活ライヴから11ヵ月。ラジオ放送のみの異例な曲「タガタメ」に続き再始動を宣言する本作は、ミスチル史上初となる両A面シングル。多国籍な音の中に、鮮やかなロックが聴こえる。

  • HERO
    HERO

    シンプルなピアノ、ストリングスと生のバンド・サウンドが織りなすミディアム・バラード。c/wには透明感あふれる「空風の帰り道」を収録。

  • Any
    Any

    表題曲での、日常に潜む哲学的素材を操り、キャッチーなメロディによってリスナーの共鳴を呼ぶミスチル十八番の手は、より磨きがかかっている。桜井の普通さ加減を情緒的なソウル・サウンドで包んだカップリングは遊び好きなバンドの素顔を垣間見せている。

  • 君が好き
    君が好き

    ドラマ「アンティーク」のなかでも印象的に使われていた、ミスチルらしいほがらかなラヴ・ソング。意味深なタイトルのカップリングもなかなかの好作品で、10周年に向けての彼らの意気込みが伺えるようだ。

  • youthful days
    youthful days

    前作「優しい歌」から2ヵ月半、早くも届いたミスチルのニュー・シングル。フジテレビ系“月9”ドラマ『アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜』主題歌に使われる、ポップで強力なナンバーだ。

  • 優しい歌
    優しい歌

    2枚のベストやライヴDVDの発売で、この夏は彼らの曲をいたる所で耳にするのでは? 待望の新曲はアコーディオンを配し、やはり桜井ならではの内省的世界のミディアム・ナンバーで。

  • NOT FOUND
    NOT FOUND

    ファンに人気の高い「1999年,夏,沖縄」をカップリングとして収録したミスチルの19thシングル。

  • 口笛
    口笛

    前作「I'LL BE」から約8か月ぶりとなる18thシングル。タイトル曲は彼らの持ち味が存分に発揮された、あたたかなラブ・ソング。

Mr.Children  DVD

  • Mr.Children Stadium Tour 2015 未完
    Mr.Children Stadium Tour 2015 未完

    本作は、69,000人の観客と共に豪雨にまみれ、Mr.Childrenのライブ史上でも間違いなく伝説となった『未完 Tour』の12公演目 (9月6日) 日産スタジアムでのライブの模様を収録。

  • REFLECTION{Live&Film}
    REFLECTION{Live&Film}

    “新しい音楽の伝え方”を探求し続けたMr.Childrenが、New Album「REFLECTION」発売までに、決行した前代未聞のトライアル!!

  • Mr.Children [(an imitation) blood orange]Tour
    Mr.Children [(an imitation) blood orange]Tour

    約半年間で全20ヶ所40公演 / 観客総動員数55万人を記録した巨大ツアー【Mr.Children[(an imitation)blood orange]Tour】。 14年ぶりに訪れた“念願”の会場で、Mr.Childrenがみせた全身全霊のライブパフォーマンス!

  • Mr.Children TOUR POPSAURUS 2012
    Mr.Children TOUR POPSAURUS 2012

    本作は、全国6会場・14公演 57万人を動員した巨大ツアーのハイライト!デビュー20周年の記念日”5.10”に行われWOWOWにて生放送された“大阪・京セラドーム公演”を全曲再編集。20周年を彩った名曲の数々を収録した永久保存“SPECIAL EDITION”完全版!

  • Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-
    Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-

    全10 公演で42 万人を動員した、4 年ぶりのスタジアムツアー 「Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-」のセミファイナル=大阪。 ミスチルライブ史上最も長く雨が降り続いたこの日50,000 人の観客の前でバンド史に残る狂熱のパフォーマンスを披露した。

  • Mr.Children Split The Difference
    Mr.Children Split The Difference

    2010年9月4日より全国38館にて2週間限定で公開された音楽ドキュメンタリー映画をDVD化。ごく身近なスタッフによって撮影された、これまで決して観ることができなったMr.Childrenの姿を収める。

  • Mr.Children DOME TOUR 2009 〜SUPERMARKET FANTASY〜IN TOKYO DOME
    Mr.Children DOME TOUR 2009 〜SUPERMARKET FANTASY〜IN TOKYO DOME

    2009年に結成20年目を迎えたMr.Childrenが、同年敢行したモンスター・ツアーから、最後を飾った東京ドーム公演の模様を最新鋭の技術によってまとめた映像作品。「fanfare」「365日」はファン感涙の初映像化。

  • MR.CHILDREN TOUR 2009 終末のコンフィデンスソングス
    MR.CHILDREN TOUR 2009 終末のコンフィデンスソングス

    彼らにとって特別な思い入れがある場所“ あこがれの頂上(てっぺん)”『日本武道館』で行われた感動のライブを全曲収録!終末のダークなノイズ感を突き破るかのごとくMr.Childrenから鳴り響く等身大のコンフィデンスソングス!

  • Mr.Children HOME TOUR 2007 -in the field-
    Mr.Children HOME TOUR 2007 -in the field-

    単独アーティストとしては最大となった55万人動員の全国スタジアム・ツアーから、2007年9月の東京公演の模様を収録。「終わりなき旅」「名もなき花」など、15周年を振り返るベスト的セット・リストが魅力。

  • Mr.Children HOME TOUR 2007
    Mr.Children HOME TOUR 2007

    2007年5月4日の福岡マリンメッセ公演を皮切りに行なわれたアリーナ・ツアーの模様を収録。同じ演奏は二度とないと言われる彼らの、自由度の高い演奏が堪能できる。プロデューサー・小林武史との共演など、見どころが満載だ。

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ