トップ > キャンペーン・特集 > CD > ももいろクリスマス 2016 〜真冬のサンサンサマータイム〜 2017/04/26発売!

ももいろクリスマス 2016 〜真冬のサンサンサマータイム〜 2017/04/26発売!

2016年12月23、24日に幕張メッセで開催されたLIVE、
「ももいろクリスマス 2016 〜真冬のサンサンサマータイム〜」が映像化!

先着特典

ビーチボール(5色ランダム)

・ビーチボール(5色ランダム)

※数量に限りがございます。お早めにご注文ください。

告知動画

商品内容紹介

7回目となる「ももクリ」は冬なのに“常夏”? 60,682人が体感した「世界一熱い冬」を見逃すな!

1日目は『DECORATION』から『今宵、ライブの下で』まで全26曲 / 約3時間構成!

  • 7回目のももクリは幕張で!

    7回目のももクリは幕張で!

    ライブタイトル「ももいろクリスマス2016 ~真冬のサンサンサマータイム~」の名のとおり、会場は28℃設定と真夏に逆戻り!フラダンサー、タヒチアンダンサー、ファイヤーパフォーマーによるド派手な火炎演出など、コンセプト通り灼熱のステージを繰り広げた。

  • ド派手な火炎演出!

    ド派手な火炎演出!

    『空のカーテン』や『僕等のセンチュリー』といったウインターソングはもちろん、氣志團の『SECRET LOVE STORY』のカバーも熱唱。ももクリ2016年のテーマソングである新曲『真冬のサンサンサマータイム』を初披露し、ラストは『今宵、ライブの下で』でフィナーレ。

  • 体感温度は40度以上?!

    体感温度は40度以上?!

    会場は想像以上の熱気で、メンバーも汗だく。高城れにが、「去年はゲレンデマジックでかわいく見えたのに、汗をかかず可愛くやったのに…」と気にすると、佐々木彩夏は「みんなの熱気も加わって体感温度40度以上だよ?」と、あふれる汗を笑顔でぬぐった。

  • 20,818人のモノノフが熱狂!

    20,818人のモノノフが熱狂!

    有安杏果は、「久々の円形ステージでやらせていただいて、どこを見てもモノノフさんがいて、本当に幸せだなぁって思いました。」と語った。百田夏菜子が「老若男女、幅広いモノノフさんたちがいてくれて、すごくうれしかった。こんなすてきな空間がずっと続くように、がんばっていきます!」と、DAY1を締めくくった。

ももクリ2016は2日間で約6万人を動員!そして、全51曲 / 約6時間分をパフォーマンス!

  • DAY2は火柱の中から登場!

    DAY2は火柱の中から登場!

    「世界一熱い冬」は2日目も続く。総合格闘技・PRIDEのテーマソングが鳴り響き、1日目と同様にファイアーパフォーマー「かぐづち-KAGUZUCHI-」の火柱演出の中らももクロが登場。『泣いちゃいそう冬』、『僕等のセンチュリー』からスタートし、序盤から会場の熱気を高めていった。

  • 高城マジックショーにて...?

    高城マジックショーにて...?

    ももクリ恒例行事である高城れにによるマジックショーが曲中で披露される「サンタさん」では、テレポーテーションを披露。初日公演では高木ブーがサプライズ登場したが、本日はプロレスラー越中詩郎が登場。ステージ場に突如現われた6人のプロレスラーを次々となぎ倒し、会場を多いに盛り上げ、最後には高城れにへもヒップアタックを見舞った。

  • 常夏テーマにLIVEは続く!

    常夏テーマにLIVEは続く!

    自己紹介のコーナーでは佐々木彩夏が自動車の教習所通いを始めることを発表。その後も新曲『真冬のサンサンサマータイム』『ココ☆ナツ』でのタヒチアンダンサーとのコラボレーションなど、「常夏」をテーマにライブは進行し、本編ラストは『白い風』で締めくくった。

  • 2日で60,682人が笑顔に!

    2日で60,682人が笑顔に!

    アンコールは『黒い週末』でスタートし、『一粒の笑顔で…』で2016年のももクリを締めくくった。2日間で41,830人と、超満員であったことに加えて、全国35ヶ所で開催されたライブビューイングには18,852人も集まり、述べ60,682人が「世界一熱い冬」を体験した。

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ