現在地
 > HELLO! PROJECT公認コラム「HELLO! Navi ハロナビ」 > HELLO! PROJECT公認コラムvol.18

Article

2014.11.14 更新

モーニング娘。14最新アルバム「14章〜The message〜」レビュー

11月5日、モーニング娘。’14待望の新アルバムがリリースされました。オリジナルアルバムはなんと二年ぶりとなるのですが、このタイミングでこの”14枚目”のアルバムが発売されたことは正に奇跡なのではないでしょうか。

シングル曲6曲・未発表曲6曲の全12曲によって構成された、『14章〜The message〜』。心地よく流れゆく音楽のメッセージ、美しく繋がり合うアレンジに身を委ね、最終曲へと続いてゆく展開は、まるで一つの物語。シャッフルなどすることなく、是非そのままで聴いていただきたいです。モーニング娘。'14リーダー道重さゆみ参加ラストアルバムでもある、今作。EDM(エレクトロニックダンスミュージック)路線・エレクトロ路線の集大成的仕上がりは、モーニング史に残る記念碑的作品といえるでしょう。「いまのモーニング娘。」として戦い続けた”愛の軍団”の答えが、ここにあります。

1.TIKI BUN (Album Version) 

バージョンアップした、スケール感のあるイントロが特徴的なアルバムver。完成形となったモーニング娘。'14に相応しい壮大な世界観、突き上げられるようなグルーヴ感、魔法の言葉「チキブン」…。やっぱり最高にカッコイイ!!そして道重さゆみラストシングルを序曲に迎えることで生まれる緊張感、伝わってくる"覚悟"。歌詞ひとつひとつの重みが、いつも以上に胸に響きます。

2.Password is 0

続く二曲目も今年発売したシングルから。スピード感溢れるサイバーなサウンドとお馴染みのフレーズに、テンションは一気にMAX!!

3.明日を作るのは君

おとぎ話の始まりのように可愛らしく、繊細なピアノ演奏から始まるゆったりとしたバラード系の楽曲。キラキラと歌い繋げるリレー式歌唱は、「I WISH」(2000)を彷彿とさせます。「君を君を愛している だからあるがままでいてほしい」つんくさんからメンバーへの愛を込めたメッセージに、心が洗われるような一曲です。

4.キラリと光る星

変わってこちらは、ロックテイスト強めな大人っぽい仕上がりに。モーニング娘。'14のセンターである鞘師里保、歌姫として加入した小田さくらによるデュエットは、一貫して攻撃性強め。テクニカルなピッチが光るソロパートでは貫禄すら感じますが、この二人まだ高校一年生なんですよね。「栄光はそこだ!」と歌い上げるさくらちゃんの歌声の説得力たるや、なんじゃそれ…。

5.恋人には絶対に知られたくない真実

深刻なタイトルからなんだか色々なことを想像してしまいますが、最終的には憤りすら感じてしまう(?)お惚気ソングになっています。恋愛初期の無敵感、溢れ出るハッピーな気持ちは、つんくさんの女の子ワールド全開!可愛い曲を歌わせたら右に出るものはいない道重さゆみを筆頭に、譜久村聖、飯窪春菜のサブリーダーコンビが脇を固めるお姉さんトリオが、ただただ愛くるしいのです。AKIRAさんアレンジの乙女チックな浮遊感が、絶妙に不安定なボーカルにマッチして脳みそがとろけそう…。

6.What is LOVE?

歴代でも最速レベルのBPM値、くるくる変わるフォーメーション、メッセージ性の強い歌詞…道重リーダー率いるモーニング娘。の戦い方をぎゅっと濃縮させたこの曲。わずか3分19秒という短さですが、アルバムの中でも一際存在感を発揮しています。全てを限界まで極めた攻めの姿勢、これぞモーニング娘。'14だ!と胸を張りたくなってしまいます。

7.私は私なんだ

流れるように始まる、7曲目。ここからアルバムも後半へと突入するわけですが、とにかくここの繋ぎが自然なんです。そして、折り返しとなるこの楽曲の冒頭フレーズが、このアルバム『14章〜The message〜』において大きな意味を持っているのではないでしょうか。 「そして時は流れてく 季節ごとに色変え そして時は流れてく 時にそれは残酷に」常に進化、変化を続けてきたモーニング娘。、そこで感じたことを音のメッセージに託すというつんくさん…。モーニング娘。'14は、あと2ヶ月後には'15となり新メンバーが4名加わり、もちろんそこには道重さんの姿はありません。そんなこの曲のタイトルは、「私は私なんだ」です。変わるもの、そして変わらないもの。つんくさんは、何を思い、何を託してこの曲を書いたのでしょうか…。

8.笑えない話

THEつんくさん、なノリのいいファンキーパーティーチューン。どこか懐かしさすら感じるラップ部分と現在のEDM路線が絶妙にマッチ!(男声ラップを担当しているのは、『恋愛レボリューション21』などのUMEDYさん。)楽しいアゲアゲ感とは裏腹に、深刻な歌詞もツボです。「好きな気持がどんどん歪んてく」って、妙にリアルですよね。

9.笑顔の君は太陽さ

包み込むように優しくて、天界にいるかのように多幸感に溢れた一曲。本当にこの曲を聴いていると、メンバー全員が天使に思えてくるんですよね…。道重さんは、一人聖母の輝きなのですが。がっつりエレクトロなサウンド、ハネるようなリズムと相まって、アルバム後半に不思議な透明感を齎しています。

10.君の代わりは居やしない

「勝負の年」に偽りなく、畳み掛けるようなリズムとパッション溢れるメッセージたっぷりな歌詞に、思わず誰もが\ニッポン!ニッポン!ニッポン!/ラストスパートに相応しく、自分の中の熱い思いが滾ってくる一曲です。個人的にBメロ「LOVE!」という鈴木香音ちゃん工藤遥ちゃんの刺さるようなユニゾンが大好きです。

11.大人になれば 大人になれる

生田衣梨奈、鈴木香音、石田亜佑美、佐藤優樹、工藤遥による、疾走感溢れるEDMロック。高速ビートに、メンバーそれぞれにぴったりな歌詞、つんくさんの想いをのせて歌う年少メンバー達が可愛すぎる!普段、なかなか歌割りが多くないメンバーの声がたっぷり聞けるのもアルバム曲ならでは。愛に溢れたメッセージナンバーとなっています。

12.時空を超え 宇宙を超え

そしてアルバム『14章〜The message〜』を締めくくるラストメッセージ、『時空を超え 宇宙を越え』。道重さゆみがいる、最後のモーニング娘。そしてこれから新しい仲間たちの加入によって始まる、新しいモーニング娘。。最後の最後に、色々なことを考えさせられ、また思い出させられる一曲です。ピアノとストリングスのリフレインが効果的なクラシックEDMは、美しさ、切なさ、儚さ、尊さを感じさせ、とにかく涙腺を刺激。この壮大な愛の物語に幕を下ろすことが出来るのは、この曲しかないと思います。

モーニング娘。'14最新アルバムは、これまで以上に様々な"愛"のこもったメッセージ性の強い作品となっています。つんくさんからメンバーへの愛、メンバーからメンバーへの愛、メンバーから世界への愛…。そして、道重さゆみの大らかで清らかな愛。(この清らかさこそが、道重さゆみが過去最高のリーダーと呼ばれる所以であると思います)またクラシック、ラテン風、ロックなど、EDM楽曲におけるバリエーションを最大限に発揮し、統一感がありながらも一枚で様々なテイストが楽しめるのも嬉しい仕上がり。この作品が一つの区切りとなり、来年以降はまた新しい方向の音楽を切り拓いていくのでは?と期待が高まります。

在籍期間12年、誰よりもモーニング娘。を愛したモーニング娘。、道重さゆみ。そして道重さゆみが愛し、その意思を継ぐメンバーたち。このメンバーでの最後の"愛の形"を、是非貴方も感じてみてください。

コラム記事:塚本舞

記事一覧を見る

オススメのキャンペーン&特集

もっと見る

  • 買い物かご
  • お気に入り
  • 閲覧履歴
  • 購入履歴
  • クーポン