現在地
 >  HELLO! PROJECT公認コラム「HELLO! Navi ハロナビ」 >  HELLO! PROJECT公認コラムvol.1

Article

2014.07.25 更新

℃-ute最新シングル『The Power/悲しきヘブン (Single Version)』

9月10日に行われる「℃-use(910)の日スペシャルコンサート2014 Thank you ベリキュー!in 日本武道館」に続き、11月11日秋ツアーファイナルとして日本武道館での単独公演が決定し、まさにノリにノッてる℃-ute。

7月22日に発売された最新シングルは夏らしいオリエンタルな雰囲気たっぷりの「The Power」と待望のシングルカットとなる「悲しきヘブン(SingleVersion)」の両A面!

「The Power」は、「オイオイ!」という合いの手やダイナミックなダンスがコンサートで盛り上がるのはもちろんのこと、神秘的なイントロや繰り返しのリズムが、頭のなかで念仏のごとくグルグル回る中毒性の高さもポイント。「さくっと世界羽ばったく♪めちゃ偉大なちっから♪」というフレーズを始めとしたフックのある言葉遊びもとにかく楽しい!

つんく♂さんのライナーノーツによると、「日本で粋がりつつもがんばってた青年が、根拠無く世界を目指して突き進んでいく。そんな青年のケツを叩きながらも激励する女の子が主人公。」とありますが、過去作品と比べての歌詞世界における女の子像の変化にも注目です。

モーニング娘。「しょうがない夢追い人」(2009)では、夢を追う彼氏の寝顔を見ながら涙を流していたものですが、「The Power」の主人公は「こっち来てよ 仕事は終わりよこっち来てよ 時間は作りなさい」「太陽に手が届く程出世したって良いけれど 私の事泣かした日にはどん底まで付き合わせるから」と、かなりのバイオレンスさ。というか、たった5年でここまで時代って変わるのか…!

MVでは、歌詞にガツンと当てはめた振り付けとセクシーなメイクで、ちょっと強気な女の子像がとっても可愛く表現されています。 女子目線で特筆すべきは、メンバーで統一されたリップカラー。濃い目の青みピンクという難易度の高い色ですが、かなり大きな幅で入れたチークを合わせることで顔なじみをアップ。ヘルシーな色気が夏らしくて、エキゾチックなお姫様みたいです。ネックレスやバングルと色を合わせることで、全体のスタイルのバランスもグッド!(なんだか言い回しが古い気もしますが…)

さらには、ショートパンツから覗く鈴木愛理ちゃんのスラっと美脚や、マイマイ(萩原舞ちゃん)のぺたんこお腹にも目を惹かれます。ウエストと言えば引き締まった矢島舞美ちゃんの腹筋も魅力的だし、nksk(中島早貴)ちゃんのプリっとヒップや、岡井千聖ちゃんの柔らかそうで女性らしいラインも…。と、書き出したらキリがないのですが、何と言っても五人のキレッキレのダンスが今回も光っています。

「羽ばたく」や「偉大な力」などのフレーズにぴったりな振り付けは、コミカルながらも全力でカッコ良く、THEハロプロテイスト。やっぱり最高で最強!さらには「太陽に手が届く程~♪」「ご先祖が二度見する程~♪」と、曲中の「ど~♪」が出てくるタイミングでは、「POWER」の人文字を作っていることにお気づきでしょうか?

見れば見るほど新たな発見があるMV、気づけば貴方も不思議なリフレインの虜になっていることでしょう!この感覚、なんとか共有したい!(笑)

そして「悲しきヘブン(SingleVersion)」は、2012年9月に発売されたシングル「会いたい 会いたい 会いたいな」のカップリング曲のセルフカバーとなっています。 鈴木愛理・岡井千聖のめまぐるしく入れ替わるメロディパートに激しいロック調が新たな℃-uteテイストとして人気を呼び、すでにライブ等でもお馴染みのナンバー。今年のお正月コンサート(Hello! Project 2014 WINTER 〜DE-HA MiX〜)では、後輩であるモーニング娘。’14の小田さくらと、Juice=Juiceの宮本佳林がカバーし、話題を呼びました。 そんな、ハロー!に今後歌い継がれていくであろう伝説のカップリング曲「悲しきヘブン」が、「℃-uteのディスコグラフィーにシングル曲として名を残したかった」という、つんく♂さんの熱い想いから待望のシングルカットです。

二年という時を経て成熟し、迫力を増したボーカルに、ストリングスアレンジや哀愁のアコースティックギターも加わり、「悲しさ」がよりアップしています。時に競い合うように、時に呼吸を合わせて歌い上げる二人の姿は、アイドルという域を超えたカッコ良さ。疾走感はそのままに、歌詞の説得力も増した大人の℃-uteに最高に痺れる! MVでは、nksk(中島早貴)ちゃんとマイマイ(萩原舞ちゃん)によるポールダンスも披露されており、「本当に、"大人"になったんだなぁ…。」と、改めて感慨深くなってしまいます。

ビビッドな「ThePower」とはうってかわり、モノトーンコーデでまとめた衣装もポイント。千鳥格子のオールインワンからチラッと覗くおへそや、シースルーのロングワンピ越しの生脚など、個々のメンバーごとにこだわりも感じます。ロングヘア組のあえてのダウンスタイルによる、風に靡く髪先もとってもセクシー。屋上のダンスシーンでは、踊り狂うnksk(中島早貴)ちゃんに後光が刺して見えるよ、nkskちゃん…!

パフォーマンスだけでなく、ビジュアル面においての女子力の高さもビンビン感じさせる℃-ute。女の子ファンが急増するのも納得の★憧れ My STAR★ぶりです…!(なんのこっちゃ)そんな℃-uteのMVを観ながら、私も女子力を向上させた気になり、ライブでは思いっきりオイオイしたいと思います!オイオイ、それじゃいつまでたっても美人にはなんなーい♪じゃん…ってね(泣)ちゃんちゃん。

コラム記事:塚本舞

記事一覧を見る