現在地
 > HELLO! PROJECT公認コラム「HELLO! Navi ハロナビ」 > HELLO! PROJECT公認コラムvol.24

Article

2015.01.09 更新

「2014年のハロー!をふりかえり〜2015年のハロー!を大予想 座談コラムその2」

『HELLO! PROJECT公認コラム「HELLO! Navi ハロナビ」 』の読者の皆さんには初めまして!
 2013年末からハロー!プロジェクトオフィシャルショップ東京秋葉原店のステージにて、業界の様々な仕事をしている方をゲストに招いてハロプロを語るイベント『ハロショトーク』をやらせて頂いてます。その前から、自分のレギュラー出演ラジオでハロプロ楽曲を紹介し始めてもう5年になります。そんな中、思いがけず光栄なオファーを頂いて、「ハロナビ」に参加することになりました。高島の仕事、作っているCDやDVD、その他、詳細はプロフィールやインフォメーションを御覧下さい。よろしくお願いいたします!
ハロプロにちょっと興味が出てきたけど、まださほど知識が無い方にも、判りやすく読んで頂けて、さらにハマってもらえればとも考えた内容にしています。今回は長くなりましたが、お好きなグループから読んでみるとか、その分、長くお楽しみ頂いておつきあい下さい。

自分の参加一発目が12月2日に行われたハロナビ座談会。
読者の方々にはおなじみの塚本舞さん、劔樹人さんはすでに面識があったので、スムーズに様々な話が飛び出しました。
この座談会から1ヶ月が経過して、恒例の正月スタートのハロコン=『Hello! Project 2015 WINTER 〜DANCE MODE!〜』と『同〜HAPPY EMOTION!〜』が始まっています。その初日には、ハロプロ研修生による新ユニット結成が発表、スマイレージ改めアンジュルムの武道館公演が5月に開催も発表と共に、同じ事務所のロックシンガー中島卓偉の作詞・作曲、2月4日発売の新曲「大器晩成」を披露、Berryz工房のももちこと嗣永桃子がプレイングマネージャーとなったカントリー娘。の新生版、カントリー・ガールズもお披露目など新しい動きを見せています。
♪最新はもう最新じゃない という「Be Alive」 (モーニング娘。アルバム『カラフルキャラクター』収録曲)の歌詞は、そのままハロプロにも当てはまるような気もします。

劔樹人さんの後を受けての「座談コラムその2」ですが、その前にちょっと補足…。座談会のトークテーマの1つに、「2014年に行われたライブで一番よかったor思い出深いのは?」というのがありました。しかも道重さゆみ卒コン以外でという条件の中で選んだのが『モーニング娘。'14 コンサートツアー2014春〜EVOLUTION』のファイナル、河口湖ステラシアターでのライヴでした。高島の発言を劔さんに上手く伝えて頂いて感謝です。

この座談会には「2014年にリリースされたCDS、アルバム、DVDのなかでこれぞベスト!というものを1枚お持ちください。(決めきれなければ2、3枚でもOK)」というお題もありました。前回の「座談コラムその1」にある写真で、3人が手にしているCDやDVDは、それに当たります。迷いながら結局3点をピックアップしました。
自分はそれらを発売順に紹介しながら、各グループの2014年の出来事、2015年の予測、座談会での発言も交えながら書いていこうと思います。モノ作りの仕事をしているので、アイテムとしてのトータルな出来がすごく気になる性(さが)なのです(微笑)。

■Berryz工房 アルバム
『Berryz工房 スッペシャル ベスト Vol.2』(発売日:2014年2月26日)

これ、単なるベスト盤じゃないのです!
「コイセヨ!」と「女の子にしかわかんない丁度があるの」という2曲の新曲も収録されていて、好みは各人で別れると思いますが、自分は「コイセヨ!」が1回聴いて即神曲でした。トリッキーな部分も含め疾走感溢れるアレンジ、解釈は聴く人に寄りますが、大人なBerryz工房が恋する女の子に勇気を届けるような歌詞、たまりません!

このベスト盤の初回限定盤に付属のDVDには、約1時間のロングインタビューが収録されています。Berryz工房が歩んできた10年間を激白している内容で、見応えがあり、これからもBerryz工房を見ていきたいと思ったものでした。

このDVDには、特典映像として2013年11月29日に開催された初の武道館公演『Berryz工房10周年記念 日本武道館スッペシャルライブ2013 〜やっぱり あなたなしでは生きてゆけない〜』から「スッペシャル ジェネレ〜ション」も収録。3月に発売されたライヴDVDよりも一足早く、手元においてリピート視聴できたのもツボでした。ステージをグルッと囲んだ客席からの轟音のようなスッ ペッ シャッ ルーッ!スッ ペッシャッルッ ジェネレ〜ショ〜ン!! も、キャプテン清水佐紀が語る秘話と共に追体験出来ます。
メンバーによって高音、低音の様々な声を持っていますが、総じて声の芯が太いのでしょうか、現場での音のミックスの効果もあるのでしょうか、Berryz工房のライヴを現場で見ると、声の響きがズコズコと身体に迫ってくるのを受け止める感じがとても心地いいのです。

ジャケのデザインは、黄色のコスチュームをまとって仁王立ちしたメンバーを下から仰ぎのアングルによる写真の初回生産限定盤が好み。細かい部分ですが、帯にあしらっているB10を丸で囲んだ、10周年ロゴもカッコいいです! これを使ったグッズがもっと作られても良かったかもしれません。

このベスト盤が発売された頃には、これからさらに、どんな進化をしていくんだろうと楽しみでした。7月に℃-uteとともに出演したフランスの「Japan Expo 2014」での模様もネットやテレビで見て、現地での人気ぶりも再認識したその直後、無期限活動停止宣言が夏のハロコンで飛び出して呆然としました。(知ったのは電車の中で見ていたレポやニュースでしたが)。
オンタイムでは2010年夏の「本気ボンバー!!」からの自分に比べたら、長年、特にデビュー時期からBerryz工房を見てきているファンの方には、どんな言葉を向けていいのかわからないのが正直なところです。実際、無期限活動停止宣言があった8月2日は、TIF(TOKYO IDOL FESTIVAL2014)の会場で会った知人に、話していいのかどうかすら迷いました。

塚本舞さんはこの発表を現場で見ていたそうです。「会場で見たのとニュースで見たのとどっちが良かったのかなってすごく思うんですけど…。私は会場で発表をこの耳で聞いて、この目で彼女たちのその様を見て、発表が終わった後は当たり前にコンサートが進んでいって…2階席から1階席を見ていると当たり前にサイリウムを振っていて、当たり前に夏ハロが進んでいくのが全然理解が出来なくて、そこに本当にリアリティーをいっさい感じられなくて、受け入れられなかったんですけど、逆に行っていない方っていうのは、文字情報として見ているじゃないですか、活動停止っていう文字情報だけで見ている人の方が受けとめられたのかなって思いますね。その場にいると意味がわからなかったです。しばらくたっても現実味が無くて、嗚咽してました」
でも、自分は文字で見ただけですが、その日は何ソレ?っていうのが抜けなかったのが正直なところです。

自分は中学1年の頃、大好きなキャンディーズの解散宣言があったその翌日に、クラスの友達から「知ってる? キャンディーズが無くなっちゃうんだよ!」という一言で知って、頭が真っ白になった体験があります。そこから先は別の話なのでここでは書きませんが、思えば、キャンディーズが無くなって以降、一時はアイドルに興味を無くした時期もありましたが、その後の興味はソロアイドルばかり。好きになったグループアイドルは、キャンディーズ以降、モーニング娘。まで無かったですね。
閑話休題…そんな経験から、Berryz工房の無期限活動停止には、生粋のファンの方の気持ちを思うと、この場で自分が云々語るのも差し控えたい気分ではあります。が、ラストとなる3月3日の武道館公演に向けて、きっと有終の輝きを放ちながら、カッコいいBerryz工房を見せつけてくれることと思います。自分も出来る限り、見ていきたいです。そして、その先もメンバーが進む道も。

Berryz工房のメンバーの中で、須藤茉麻は演劇女子部、嗣永桃子はカントリー・ガールズ、それぞれプレイングマネージャーとしての活動が決定していますが、その他のメンバーについては、この原稿を作っている時点で、まだ発表されていない状態です。この座談会では様々な予想も出てきましたが、やはりベリヲタとも呼ばれる生粋のファンの皆さんの心情を思うと、ここでは書けないかもしれません。3月3日ラストライヴまでのBerryz工房に集中したいところです。

Berryz工房にまだ接していない方、決して遅くはないと思います。2004年3月3日にデビューして以来、CDだけでもシングル36枚、アルバムは通算12枚。膨大なアイテム、楽曲があります。しかし、まずは『Berryz工房 スッペシャル ベスト Vol.2』のインタビュー映像を見たり、1月21日に発売になる『完熟Berryz工房 The Final Completion Box』で、全シングルの軌跡を体感するのもいいでしょう。

■℃-ute シングル
「The Power/悲しきヘブン (Single Version)」(発売日:2014年7月16日)

実は、座談会の参加メンバーの傾向から、モーニング娘。'14の話題が中心になることを予測して(笑)まず最初にピックアップして、座談会での状況によってはこれだけでも…と思ったのがこのシングル。何度も聴いた2014年のハロプロの楽曲はこれかもしれません。

シングルの表記では「The Power」が先になっていますが、「悲しきヘブン (Single Version)」との両A面シングルです。

「The Power」は、結成から9周年にあたる記念日でもある6月11日のファンクラブイベントで初披露されました。自分が見たのは6月29日のパシフィコ横浜国立大ホール『℃-uteコンサートツアー2014春〜℃-uteの本音〜』の追加公演となった千秋楽でした。このツアーにおける「Crazy 完全な大人」でのポールダンスや「会いたい 会いたい 会いたいな」でのイスを使ったパフォーマンスといったチャレンジと一部のファンからの評価に対する迷いと決意が、特に萩原舞のMCで語られた後、メンタル面でもさらにパワーアップしたことを感じさせるパフォーマンスで歌い、踊ったのが印象深く残っています。

しかしこのシングル、自分が推したいポイントはもう1つの「悲しきヘブン (Single Version)」です。
元々は、鈴木愛理と岡井千里がハモりまくる歌を作りたいという制作現場の意向を受けてつんく♂が作った楽曲で、「会いたい 会いたい 会いたいな」(発売は2012年9月5日)のカップリングに収録されました。
カッコいいつんく♂ロックの真骨頂。自分は勝手に、ハロプROCKと呼んでますが、ライヴでも評価も高い楽曲です。この「悲しきヘブン」が発表から約2年の時を経て、鈴木愛理と岡井千里のデュエットに、矢島舞美、中島早貴、萩原舞のコーラスが加わって、5人全員の声が入ったニュー・ヴァージョンとして、両A面シングルの片翼を担うことになったのです。
両A面ということによってテレビで歌われる機会もできました。特にNHK『MUSIC JAPAN』への出演では、モーニング娘。OG田中れいながヴォーカルのガールズバンドLoVendoЯ(ラベンダー)のギタリスト、魚住有希と宮澤茉凛がバックをつとめて共演するという、ハロプロ関連ユニットまで気になる自分としては、非常に嬉しい出方もありました。

アイテム面では、全6種類あるCDの中で、初回生産限定盤B、初回生産限定盤D、通常盤Bの3種類のジャケットが、両A面の2曲目にあたる「悲しきヘブン (Single Version)」をメインに表記したデザインであることも画期的でした。これらの盤ではCD本体の収録曲順も「悲しきヘブン (Single Version)」が1曲目になっています。

ハロプロ全体のリーダーも兼ねていたモーニング娘。'14の道重さゆみがグループ卒業後、そのポジションには最年長となる℃-uteのリーダー矢島舞美が就任しました。長文で知られる矢島舞美のブログですが、正月から始まったハロコンを伝える内容でも、ハロプロの他のグループの後輩のことも伝えていたり、ハロプロのリーダーとして出来ることから始めているようです。矢島舞美はまた、雨女でもあります。これまでも日本武道館公演など大きなライヴでは必ず雨に見舞われているので、ハロプロリーダーになったらハロコンは全日、雨天では?と半ばジョークのように思ってましたが、この1月のハロコンは、晴天に恵まれているようです。
2002年の「ハロー! プロジェクト・キッズ・オーディション」からデビューした同期から組まれたBerryz工房が3月で活動停止してしまう2015年、℃-uteはハロプロのリーディング・グループとして更にチャレンジを重ねて高みを目指していくでしょう。

結成10周年記念日となる6月11日の横浜アリーナ公演は、ハロプロとしては最少人数のメンバーによる初めてのライヴにもなります。この発表があった武道館公演を見ることが出来なかったのが今でも残念。

塚本舞さんはこの現場にいたそうで、「2014年は9月10日の℃-uteの日と11日のBerryz工房がメインの日や11月のもですけど、℃-uteは武道館で見ていました。11月の武道館は、(招待者に)配られたセトリにダブルアンコールがあることも書いてあったんです。何があるんだろう?っていうのと、私はその後に仕事が入っていて、最後までいられるのかな?という心配もありましたが、発表まで見ることが出来て、私は正直…℃-uteとBerryz工房だったらベリーズの方が好きなんですけど、それでも、横アリでやるって聞いた時には泣きましたね。単独で横アリ(で出来るところ)まで来たんだなあって…。私の場合、℃-uteは年代によって推しメンが変わるんですけど、特にマイマイ(萩原舞)は育ち方がすごいんですよね。映像で見るよりも生で見る方が可愛いっていうか…。映像だけでは伝わらない女の子らしさや可愛さがありますね。℃-uteは、マイマイだけじゃなくて他のメンバーもみんな、美しく、手足も長く、スキルも高く育ったなあ感じがしますね」

劔樹人さんは「あの武道館の時に、最後のMCでの1人ずつの挨拶で、岡井ちゃんが"またここで会いましょう"みたいなことを言ったんですよ。それを聞いた時に、こういうところでお客さんの心をつかんでいくのは岡井ちゃんだよなあって思ったんですけど、そうしたら横アリって、ここじゃないじゃんと(笑)そういうところもやっぱり岡井ちゃんだなと(笑) モーニング娘。'14の武道館と横浜アリーナを見て、体感的に全く違うから、どんなことをやるのか楽しみですね。℃-uteは10年かけて少しずつ上がってきたグループなので、他とは違う感じがします」

横浜アリーナのあの空間で、℃-uteがどのようなパフォーマンスを繰り広げるのか? いってみればハロプロ'15の一つのハイライトになると思います。

■モーニング娘。'14 アルバム
『14章〜The message〜』(発売日:2014年10月29日)

モーニング娘。やハロプロのアルバムにはオリジナル・アルバムとベスト盤にはそれぞれ、タイトルに連番が盛り込まれています。アルバムのタイトルを見れば何枚目のアルバムかということが一目でわかり、長い歴史の中で、ハロプロのグループを途中から好きになった人、自分のように、7、8年もの間、興味を失っていたのが突如としてマイブーム到来、再びその魅力に取りつかれた人にとっても、非常に便利な作りになっています。

このアルバム『14章〜The message〜』ですが、グループ名がモーニング娘。からモーニング娘。'14 に改名された年に、ちょうど14作目のオリジナル・アルバムがリリースになったことは、グループ名の数字とシンクロすることにもなって良かったと思います。

アイテムとしてトータルで見て、付属のDVDも含めて秀逸です。自分がインタビュー映像好きというか、生々しく、リアルを感じさせてくれるトークを好む傾向にあるからかもしれませんが。DVDのトールケースのような大きさである初回生産限定盤AのDVDは、『道重さゆみ「モーニング娘。人生を変えた」出来事』。約60分でインタビューの中に、オーディション、合宿、MV、ライヴ映像やイメージビデオなどの映像を交えて、話題もレギュラー出演ラジオ『今夜もうさちゃんピース!』、ヤンタン土曜日のエピソードなど、道重さゆみの歩みが全方位からパッケージされた秀作。ツアーグッズのDVD『モーニング娘。'14道重さゆみ卒業メモリアル』と合わせて、「さゆワールド」を追体験できます。

一方、初回生産限定盤BのDVDは、『9期・10期・11期のスペシャルインタビュー』で約70分収録。プロローグとエピローグに道重さゆみも登場、後輩へのメッセージにもとらえることが出来るコメントを。本編は全員の個別インタビューで、リーダーの卒業から今後をメンバーが語っていきます。仕事を離れれば学校に通っているメンバーも多いのですが、モーニング娘。という看板を背負って、モーニング娘。という鎧をまとった歌手、パフォーマーとしてのプロフェッショナルぶりは、オトナの自分から見ても敬意を感じます。 個人的には、初回生産限定盤Aだけ買えばいいかなと思いましたが、結局、初回生産限定盤Bも買ってしまいました。後悔無しです(笑)

アルバムの内容も道重さゆみ在籍ラストシングル「TIKI BUN」に長めのイントロが加えられた「TIKI BUN (Album Version) 」に始まり、ラストの「時空を超え 宇宙を超え」(2014年4月16日発売のシングル)まで、1つのライヴを見ているような曲順構成。
全14曲のうち、新曲は6曲。このうち「笑えない話」 、生田衣梨奈、鈴木香音、石田亜佑美、佐藤優樹、工藤遥が歌う「大人になれば 大人になれる」、道重さゆみ、譜久村聖、飯窪春菜による「恋人には絶対知られたくない真実」は、2014年の秋ツアーで歌っていましたが、2015年のツアーでは、その他の新曲も含めて、ライヴの中核を担う楽曲になっていくことでしょう。
グループ在籍最長のリーダー道重さゆみの文字通り卒業アルバムでもあり、来るべきモーニング娘。'15に向けてのアルバムになっていると思います。例えば、「明日を作るのは君」なんてそんなふうに感じさせてくれるタイトルではないでしょうか。

ちょっと時間を戻して、11月26日の横浜アリーナ『モーニング娘。’14 コンサートツアー2014秋 GIVE ME MORE LOVE ~道重さゆみ卒業記念スペシャル~ 』。本当は何もアクシデントが無く進行するのがベストなのですが、道重さゆみの脚のトラブルに端を発し、9人の後輩たちの瞬時の判断、行動によって、演出を越えた素晴らしいライヴになりました。2011年の9期メンバー加入以降、ツアー中に起きたケガや急病で誰かが離脱するハプニングなどの経験を積んできた側面、対応力でも集大成になったのではと思います。
当時Twitterにも書きましたが、 ドキュメント番組にして欲しいくらいです。2月にはライヴDVD及びBlu-rayが出るので、見ながら座談会トークしたいほどです。

さて、モーニング娘。'15。 その横浜アリーナでのライヴで発表された新リーダー、譜久村聖が率いるモーニング娘。'15は、12期メンバーを加えた13人体制。
ハロコンでも着用している「TIKI BUN」の衣装(シングルの初回生産限定盤A通常盤Aのジャケットを参照)は、12期メンバーのためにも用意されて、パフォーマンスとしては、モーニング娘。'14のラストシングルをモーニング娘。'15のスタートの楽曲にして、新たな歴史を作っていくといったイメージを感じます。

加入から早くも4年が経過した9期メンバー。リーダーの譜久村聖は、幼少の頃からハロプロが好きで、細胞の半分以上はハロプロ成分で出来ているのではないかとも思えるハロプロ愛、モーニング娘。愛でメンバーを包み込むようにまとめていくことでしょう。サブリーダーになった生田衣梨奈は、特技のゴルフを活かして新聞連載やゴルフ特番にも登場するようになってきました。ライヴのMCで、ゴムボールをゴルフクラブでどこまで飛ばせるか?という趣向があっても面白いのではと思います。鞘師里保はエース。最近は高音部の発声にも余裕が出てきたように感じます。鈴木香音は、ニューヨーク公演で最も歓声を浴びていたように海外での人気も高いメンバー。笑顔に加え、自分は声のカノン砲と呼んでいますが、ヴォーカルの爆発力がさらに増せば無敵でしょう。
加入から3年を越えた10期メンバー。サブリーダーの飯窪春菜は、人を誉めるのが得意で、自称「太鼓持ちアイドル」。明石家さんまさんとのMBSラジオ『ヤングタウン土曜日』のレギュラーも続行で、その社交性がグループに幅を持たせるのでは。仙台のダンスマシーンといわれて久しい石田亜佑美ですが、ますます磨きがかかって、歌も良くなってきました。末っ子キャラで不思議ちゃん的な雰囲気も醸し出している佐藤優樹ですが、絶対音感にドラム、乗馬など特技を活かした一面がもっと見られればと思います。ツアーの中に1曲、彼女のドラムタイムを入れると見てて楽しいかもしれませんね。ボーイッシュキャラの工藤遥、どこでその美少女っぷりが発揮されるのか楽しみでもあります。
11期メンバーとして1人で加入してきた小田さくらは、モーニング娘。'15のDIVA。ソウルフルな歌声が時にライヴ空間を支配します。
12期メンバーもフィギュアスケートが特技な尾形春水、帰国子女で英会話が得意な野中美希は海外戦略の秘密兵器になるでしょう。ハロプロ研修生から抜擢の牧野真莉愛は愛知県出身でありながら熱烈なファイターズファンで早くも北海道の新聞に連載が決まってます。ハロプロ研修生からのもう1人、羽賀朱音はモーニング娘。'15の最年少。座右の銘が「The 摩天楼ショー 」の歌詞にある「極めたい音楽の世界」ということで今後、歌やパフォーマンスに期待出来ます。……と、今のモーニング娘。'15を知らない人が読んでも良いように、メンバーを紹介を書き始めたら、つんく♂さんのブログみたいになってきました(笑)

自分が再びモーニング娘。を見始めた2010年以来、メンバーの卒業、加入の度、毎年のように「新生モーニング娘。」と言われてきましたが、このモーニング娘。'15こそ真の新生モーニング娘。と言えるでしょう。今後もどのように変貌するのか、楽しみしかありません。

最後に、前回の「座談会コラム1」で、劔樹人さんが選ぶ2014年のCD紹介が無かったのとモーニング娘。'14のものだったので、ここに僭越ながら座談会で語っていたことを補足したいと思います。

■モーニング娘。'14 シングル
「TIKI BUN/シャバダバ ドゥ〜/見返り美人」(発売日:2014年10月15日)

道重さゆみ在籍ラストシングルで全部で6種類ありますが、劔さんは通販限定の全種入りBOXを持参していらっしゃいました。
「『TIKI BUN』は8月のハロコンでタイトルだけが発表された時の、ンッ!?という客席の反応ですね。読み方も人によってはチキバンって言っている人もいました。あと『シャバダバ ドゥ〜』も。『見返り美人』は演歌かぁ〜とか(笑)
『シャバダバ ドゥ〜』は、つんく♂さんが道重さんに当て書きしている感じで、『見返り美人』は外目の感じというか、つんく♂さんが歌詞を書いたらもっと(メンバーに)寄ってくると思いますね。『シャバダバ ドゥ〜』は、(表記の)〜が良いですね、ドゥ〜っていうのが。発売時期に渋谷で大きな告知が出された時にも目立ってました。道重さんのソロ曲というと『ラララのピピピ』というのがすでにある訳で、そのイメージも強くて、それを越えられるのか?というのもありました。でも、それをちゃんと塗り替えてくれました感じはすごくありますね。小西康陽さんが、道重さんをすごく誉めたことがあって、僕らが道重さんと小西さん(の作風)ってハマるよなあ…と僕らが予想していたところをつんく♂さんが上げてきた感じで…。詞に関して言うと、つんく♂さんが見ていた12年間というのが込められていて、それって結局つんく♂さんにしか出来ないので、それは良かったなあと思いましたね。僕はこの曲を聴いて、道重さんがもしこれから1人で活動して歌を歌うとしたら、どういうことをすればいいのかというので、なんとなく見えたのが『ラララのピピピ』よりもこちらの世界観かなということですね。中野サンプラザでタイトルがモニターに写し出された時にはビックリしましたけど、道重さんのラストシングルがこの3曲で良かったなって思います」
この話の間に塚本舞さんからも「タイトルだけ発表された時には、このシングルを良曲ぞろいと言う時が来るとは…」との話がありました。

塚本舞さんがピックアップした推しのCDなどのアイテムは、次回の「座談会コラムその3」で紹介されることと思います。他のグループの話題やハロコンレポから見た2015年の大予想と共に楽しみにしていて下さい。

冬のハロコン『Hello! Project 2015 WINTER 〜DANCE MODE!〜』と『同〜HAPPY EMOTION!〜』は、2月15日のオリックス劇場まで開催されますので、見られるチャンスのある方は是非、会場まで脚を運んでみて頂ければと思います。
自分もいよいよこの10日か11日に中野サンプラザで見るので楽しみです。

最後にお知らせ!
1月24日(土)14時〜ハロー!プロジェクトオフィシャルショップ東京秋葉原店で、本年一発目のハロショトークを開催します。
『ハロショトーク┘魯蹈淵嗜∈楹始!40代LAST DAYにハロプロを。』
これまで様々なゲストをお迎えしてやっているうちに、一度、自分が語ってみたくなったので、自分主体でやらせて頂きます。2010年以降、自分が見てきたライヴからピックアップして語りながら御来場の皆さんと追体験してみたいと思います。
応援MCとしてハロプロ好き女性アナ、五戸美樹さんも登壇頂きます。観覧無料です。詳しくはリンクを御覧頂いて、是非ご来場下さい。

コラム記事:高島幹雄

記事一覧を見る

オススメのキャンペーン&特集

もっと見る

  • 買い物かご
  • お気に入り
  • 閲覧履歴
  • 購入履歴
  • クーポン