現在地
 > HELLO! PROJECT公認コラム「HELLO! Navi ハロナビ」 > HELLO! PROJECT公認コラムvol.26

Article

2015.01.23 更新

Berryz工房ラストアルバム「完熟Berryz工房 The Final Completion Box」レビュー

無期限活動停止へのカウントダウンが刻一刻と刻まれるBerryz工房。本当に最後の作品となるのがこの「完熟Berryz工房 The Final Completion Box」なのですが、まあとりあえず…とんでもないボリュームです。

収録曲は2004年のデビュー作「あなたなしでは生きてゆけない」から2014年に発表されたラストシングル「ロマンスを語って/永久の歌」までの全シングルA面曲44曲に加え、このアルバム用に書き下ろされた新曲「Love together!」と「あなたなしでは生きてゆけない」の別バージョン(簡単に説明すると、大人になってから歌ったもの)含む、実にCD3枚分!

さらにこれを基本に仕様形態が3パターンあり、初回盤Aは上記のCD3枚のほか、同曲のミュージックビデオ、特典映像として別バージョンのミュージックビデオ、℃-uteとのコラボ曲などを収録したBlu-Ray Disc2枚が入り、さらにフォトブックレット、シリアルナンバー抽選カードを封入した豪華デジパックケース仕様。初回盤BはAのBlu-RayがDVDに代わり、歌詞ブックレット、シリアルナンバー抽選カードを封入した三方背BOX仕様。そして通常盤はCD3枚にカップリングコレクション2枚、レアトラック集CD1枚が加わり、歌詞ブックレット封入の三方背BOX仕様という、説明するだけで大変なこんなリリース、一応同業者としてよくやるなあと呆気にとられています。

3パターンのどれを買ったらいいかよくわからないという方もいらっしゃるかと思いますが、まず普段自宅で使っているメディアがBlu-RayかDVDによって初回盤AかBを買って、さらに通常盤も買っておくのが良いかと思います。通常盤に収録されているレアトラック集はリリースされていない他グループのカバーや、新たに再録されたミュージカル曲などかなり聞き応えがあります。

2004年にハロー!プロジェクト・キッズからの選抜メンバーとしてデビューしたBerryz工房は、当時8人組。最年長の清水佐紀さんで中学一年生、最年少の菅谷梨沙子さんは小4でまだ9歳という超絶若年ユニットでした。とはいえ、今はほんとうに若い小学生アイドルも増えているので、そんなに驚くことでもないかもしれません。2004年当時は本当に、つんく♂さんは正気なのかというくらいの衝撃だったことを覚えています。

しかも、デビュー曲の「あなたなしでは生きてゆけない」という曲がまた、全く子供を感じないグルーヴィなHIPHOPトラックに、子供が歌うには大人っぽすぎる歌詞が乗っているという、とにかくカッコイイ曲だったんですよ。モーニング娘。メンバーとともにキッズメンバーも参加するユニットして先にリリースがあったZYXやあぁ!も同様のいやに大人っぽい路線だったのですが、その最上級みたいなものを子供だけで出してきた。単純にハロプロファンの中でも、「Berryz工房を好きだというのは、さすがに世間から良からぬレッテルを貼られるのではないか」と警戒していた人もいたと思いますが、そんな気持ちをどんどん動かして引き込んで行くだけの楽曲のカッコよさとメンバーの魅力を兼ね備えたグループがBerryz工房でした。

2005年にメンバーの脱退で7人組になるも、2007年には平均年齢13.8歳でさいたまスーパーアリーナ単独公演を行い、_同会場の最年少記録を更新。その後も紅白歌合戦に出演したり、2010年以降はなぜかタイで大人気になったり…と、日本を代表するアイドルグループとして大活躍をしながらも、ものすごく背の伸びたメンバーがいたり、刻一刻と髪型が変わるメンバーがいたり、やたらバラエティ番組に呼ばれる「ももち」というメンバーがいたりと、画期的なまでに個性的で刺激の強いグループとして円熟してきた2014年、誰も思っていなかったまさかの無期限活動停止発表…。

11年にわたる活動で、デビュー当時ほとんど小学生だったメンバーも全員20歳を過ぎていました。それでもまだ20歳なんですよ。これからアイドルを始めてもおかしくない年齢じゃないですか。アイドルには期限があることはわかっている。でも、私たちはどこかで、Berryz工房だけは、永遠に続くような気がしてしまっていました。

そんなBerryz工房が、私たちの中で本当に永遠になるアルバムがこの「完熟Berryz工房 The Final Completion Box」なんですよね。青春全てを捧げたBerryz工房の11年にわたるアイドル人生。その歴史をぜひ、この作品で感じて頂ければと思います。

コラム記事:劔樹人

記事一覧を見る

オススメのキャンペーン&特集

もっと見る

  • 買い物かご
  • お気に入り
  • 閲覧履歴
  • 購入履歴
  • クーポン