現在地
 > HELLO! PROJECT公認コラム「HELLO! Navi ハロナビ」 > HELLO! PROJECT公認コラムvol.40

公認コラムHELLO Navi!

Article

2015.5.15 更新

『ハロプロ研修生 発表会2015 〜春の公開実力診断テスト〜(5/4)』レポート

『ハロプロ研修生 発表会2015 〜春の公開実力診断テスト〜(5/4)』レポート

このような表現をするとお叱りを受けてしまうかもしれませんが、例えばプロ野球を見る場合、筆者は一軍に上がってきてから注目していく性分なので、ハロプロについても、CDデビューしてから熱心になる志向…でした。周囲の業界内ハロプロファンの方々からは、「研修生も見た方が良いですよー」と言われており、頭の片隅に意識していたものの、これまでハロプロ研修生の発表会を見ていませんでした。ハロプロ研修生のイベントを見に行くと、ハロプロの深みに限りなくハマってしまい、気になるポイントが増えると自分の中で収拾がつかなくなることを恐れて、避けていたのかもしれません。そんな筆者ですが、この「ハロナビ」で、『ハロプロ研修生 発表会2015 〜春の公開実力診断テスト〜』のレポを、という御依頼を頂きました!となると、それまでのポリシーに矛盾するかのようにワクワクとしてきたのが正直なところです。

ゴールデンウィークまっただ中の東京・中野サンプラザ。例年、同会場のゴールデンウィークは、ハロプロウィークと言ってもいいほどに、ライヴが連日開催されており、今年も2日(土)と3日(日)はJuice=Juiceの初ホールツアー『ファーストライブツアー2015 〜Special Juice〜』の幕開けとなる2DAYS、5日(火)と6日(水)はモーニング娘。'15の『モーニング娘。'15コンサートツアー春 〜 GRADATION 〜』が開催されました。そのど真ん中の4日(月)に火花散る決戦といった趣で『ハロプロ研修生 発表会2015 〜春の公開実力診断テスト〜』が行われました。

ハロプロ研修生とはそのものずばり、ハロー!プロジェクトでデビューすることを目指す研修生です。研修生は日頃の厳しいレッスンだけでなく、各ユニットのツアーに帯同して、バックダンサーやオープニング・アクト、あるいはライヴ中のインターバルに登場するチャレンジ・アクトというのもあり、観客を前にパフォーマーとしても活躍しています。ハロプロ研修生には、つんく♂書き下ろしによるオリジナル楽曲もあり、昨年11月にアルバム『(1) Let's say “Hello!”』がイベント会場で先行発売された後、今年2月に一般発売になっています。このアルバムは、発売されるや良曲、神曲の宝庫ということで高評価を得ています。

『ハロプロ研修生 発表会2015 〜春の公開実力診断テスト〜』は、そのアルバムにも収録されている、今やハロプロのアンセムになっていると言ってもいい「おへその国からこんにちは」を、研修生から組まれたユニット、こぶしファクトリーと、4月29日に結成が発表されたばかりのつばきファクトリーも加わった全員のパフォーマンスによる華々しいオープニング。続いて、この日がお披露目となるつばきファクトリーが、同じ事務所の大先輩である森高千里もカヴァーした大ヒット曲「17才」を斬新なフォーメーションダンスと共に歌います。つばきファクトリーと交代するように、こぶしファクトリーが登場して「念には念」をパワフルに披露した後、発表会の本編に突入していきます。

今回は20名の研修生が出演していますが、その中には発表会の直前に加入が発表された8名の新メンバーも登場、半数近くが初参加ということになりました。

出演順と楽曲は下記の通りです(★は新メンバー)。尚、この出演順は、つばきファクトリーのメンバーによる抽選によって決まったものです。

井上 ひかる/泣き虫少年(2010 mix version) Buono!

岡本 帆乃花★/Be元気<成せば成るっ!> Berryz工房

笠原 桃奈★/春 ビューティフルエブリディ モーニング娘。

段原 瑠々/GOOD BYE 夏男 /松浦亜弥

堀江 葵月/シャボン玉 モーニング娘。

小野田 紗栞/GOOD BYE 夏男 松浦亜弥

梁川 奈々美★/ロマンスの途中 Juice=Juice

島野 萌々子/スキちゃん スマイレージ

橋本 渚/FOREVER LOVE ℃-ute

横川夢衣/もっとずっと一緒に居たかった Berryz工房

加賀 楓/Love take it all ℃-ute

仲野 りおん★/夕暮れ恋の時間 スマイレージ

高瀬 くるみ★背伸び Juice=Juice

竹村 未羽/Dream Last Train トリプレット

一岡 伶奈/泣き虫少年 Buono!

秋山 眞緒★/The Power ℃-ute

金津 美月★/君さえ居れば何も要らない モーニング娘。

小野 瑞歩★/大好き100万点 モーニング娘。

船木 結/21時までのシンデレラ Berryz工房

前田 こころ★/好きな先輩 モーニング娘。

異なる出演者どうしでかぶっている曲もありますが、これは研修生自らがパフォーマンスを披露して実力を見せたい楽曲をガチで選んでいるためです。また、衣装も自分でコーディネイトした勝負服で臨みました。出演者は1コーラスずつ披露し、その時間の中で普段のレッスンの成果を表現していきます。いや、もしかすると、歌った後にあるMCのアラケンとのトークにもチェックポイントはあったのかもしれません。

ステージのすぐ下に審査員席が設けられています。そこにはダンスのみつばちまき先生、歌の上野まり子先生といった研修生を指導している二人、ハロプロの発売メーカーであるアップフロントワークスの橋本慎、MCもつとめているシャ乱Qのドラマー、まこと。ゲスト審査員としてモーニング娘。OGの高橋愛と、Berryz工房の活動停止後にハロー!プロジェクト・アドバイザーに就任した徳永千奈美が座り、パフォーマンスをチェックするとともに、MCからの指名に応じて講評を述べます。徳永千奈美は「私よりも上手くて…」という発言がほぼ毎回あり、会場を和ませます。会場に集まったファンも審査員で、全員のパフォーマンスが終了した後の20分間の休憩時間に、ロビーに置かれた出演者の名前と写真が貼られた投票箱へ入場時に配布された投票券を投じていきます。その様子は、冒頭にまことが述べた「これは人気投票ではなく、この日のために準備してきた力を見て欲しい」という主旨が反映された光景だったように思います。

来場者による投票と審査員の選考時間を兼ねた休憩が終了すると、事前に発表されていなかったカントリー・ガールズがサプライズで登場。メジャーデビューシングルの楽曲を「恋泥棒」、「愛おしくってごめんね」の順で披露。続いてステージには前日まで同じ会場で熱いライヴを繰り広げたJuice=Juiceもサプライズ出演。シングルチャート第1位に輝いたニューシングル「a va ? a va ?(サヴァサヴァ)」と「Wonderful World」を歌う姿は誇らしい感じもしました。さらにオープニングと同様にハロプロ研修生に加えてこぶしファクトリーとつばきファクトリーによる「彼女になりたいっ!!!」と「Crying」。発表会では1人ずつのパフォーマンスを静かに見守っていた満員の客席との一体感ある盛り上がり。そして、いよいよ結果発表の時を迎えます。

審査員特別賞は、歌唱面で船木結が受賞。上野まり子先生は「昨年に比べて安定感が増した」と評すると同時に、次点として段原瑠々を「我が軍の歌姫であることは間違いない」と高評価。審査員特別賞はまた、ダンス面で一岡伶奈と橋本渚に贈られました。みつばちまき先生からのコメントは一岡伶奈には「一気に開花して、ダンスにパワーが出てきた」、もう一方の橋本渚には「曲が始まった途端の色気」との評価。実は筆者、橋本渚を注目していました。11月にハロプロ研修生入りした以前に、アップフロントの関連会社であるTNXにあったナイスガールトレイニーというもう1つの研修生グループがゲスト出演したTHE ポッシボーのライヴで何度か見た時、筆者にはとても目立って見えていた人なので、ハロプロ研修生発表会の中でどのようなソロ・パフォーマンスをするのか気になっていたのです。今後、どのようなかたちで活躍していくのでしょうか。
審査員特別賞の最後は徳永千奈美からキャラクター賞が発表。堀江葵月が受賞しました。

受賞はもう一人!冒頭でつばきファクトリーの紹介にも登壇したハロー!プロジェクト・アドバイザーをつとめる清水佐紀から「Berryz工房のコンサートに帯同していた時よりも成長していた」との理由で、自分の名前を付した清水佐紀賞が、井上ひかるに贈られました。井上ひかるはトップに登場しましたが、普段は着ないようなものを選んだという黒の革ジャンをアクセントにしたモノトーンが基調で、出演者の中でも独特な衣装。トークでは「曲が他の人とかぶったプレッシャーもあった」と涙ぐんでいました。

最後に客席の投票で選ばれるベストパフォーマンス賞が高橋愛から発表。加賀楓が次点と200票以上の差で受賞しました。加賀楓は歓喜の涙をぬぐいながら、「これまでの賞に名前が出てこなかったので、ダメかなと思った」と語りました。

フィナーレはJuice=Juice、こぶしファクトリー、つばきファクトリーも参加しての「天まで登れ! 」。ハロプロ研修生がデビューして天まで登っていこうとする意思を感じるような歌声、パフォーマンスでした。

初めてハロプロ研修生の発表会を見てみて、今回の出演者たちが今後、どのようにして成長して世の中に出て行くのか、また新ユニットやソロとしてのデビューもあるのか、期待が高まり、ライヴイベントとしても、既存のハロプロの楽曲を違ったアングルで聴ける楽しみも感じられました。加えて発表会の本筋ではないですが、元モーニング娘。の高橋愛が審査席で、自分がデビュー間もない頃に歌った「好きな先輩」を前田こころが歌うのを見守る空気感。「レコーディングで苦労した時のディレクターが(同じ審査員席にいる)橋本さん。(5期メンバーの4人でレコーディングした時に)リズムがとれなくて苦労した曲を1人でつるっと歌えてすごい」という当時の思い出も交えたコメントが聞ける楽しさ。そして、カントリー・ガールズのプレイング・マネージャーとしてステージに立つももちこと嗣永桃子、ハロプロ・アドバイザーとして登壇した清水佐紀と徳永千奈美。活動停止後のBerryz工房のメンバーが、同じ会場でそれぞれの立場でつとめる様子を見られたのも良かったです。
先輩から後輩へ、後輩から先輩へ、「ハロプロの魅力は人間交差点」という持論があるのですが、ここでもそれを実感できました。

■ハロプロ研修生 発表会 2015〜6月の生タマゴShow!〜
6/14(日)Zepp Tokyo (東京)
6/20(土)Zepp Nagoya (愛知)
6/27(土)Zepp Namba (大阪)

コラム記事:高島幹雄


1 Let's say “Hello!
CD
1 Let's say “Hello!"
研修生ならではのフレッシュさと、つんく♂ワールドが味わえる1枚。「おへその国からこんにちは」「天まで登れ!」も収録。
購入する
記事一覧を見る

オススメのキャンペーン&特集

もっと見る

  • 買い物かご
  • お気に入り
  • 閲覧履歴
  • 購入履歴
  • クーポン