現在地
 > HELLO! PROJECT公認コラム「HELLO! Navi ハロナビ」 > HELLO! PROJECT公認コラムvol.75

公認コラムHELLO Navi!

Article

2016.4.15 更新

アンジュルム「次々続々/糸島Distance/恋ならとっくに始まってる」(4月27日発売)レビュー

アンジュルムは、リーダーのあやちょ=和田彩花が2冊目の本『美術でめぐる日本再発見』を発表するなど美術方面での活躍はすでに知られているところですが、メンバー個々の活動も徐々に増加中。

2期メンバーは、サブリーダーのタケちゃん=竹内朱莉はラジオ・パーソナリティーの他、熱烈なジャイアンツファンでもあることからこの春は野球関連の番組にも出演。もう1人のしっかりもののサブリーダーかななん=中西香菜は、グループ内ではリーダーを支えつつ、おっとりした関西弁も魅力も活かせるテレビのロケ番組に度々出演。りなぷ〜=勝田里奈はファッション方面での活動も始まりました。
3期メンバーのりかこ=佐々木莉佳子は雑誌『Seventeen』の専属モデル。あいあい=相川茉穂は怪獣好きな側面(特に昭和のウルトラ怪獣)が別の方向からも注目を集めています。むろたん=室田瑞希はレギュラーのラジオ番組で、他のメンバーのそういった活躍を羨ましがる発言もありましたが、今年は単発とはいえドラマに主演。そして何よりも、武道館の空間を制する伸びやかなヴォーカルはアンジュルムを超えてハロプロの宝物。大好きだというワニ、ヘビ、サメに関連した仕事のオファーがあればいいなと思ったり…。

そんなアンジュルムの2016年第1弾リリースとなるトリプルA面シングル『次々続々/糸島Distance/恋ならとっくに始まってる』が春到来とともにリリースされます!
2015年11月の武道館公演で卒業した福田花音と入れ替わるように加入した4期メンバーのかみこ=上國料萌衣(かみこくりょう・もえ)のデビュー・シングル。1月のハロー!プロジェクトのメンバーが総出演する通称・冬ハロ、『Hello! Project 2016 WINTER〜 DANCING!SINGING!EXCITING!〜』が初のパフォーマンスでしたが、殆ど未経験から加入したとは思えない堂々としたステージで、グループ内外のハロプロの先輩たちからも可愛がられているようです。そして、このシングルの重要なポイントは、夢見ていたミュージカル・スターを目指してアンジュルムを卒業する2期メンバー、めいめい=田村芽実のラスト・シングルでもあります。


「次々続々」

「大器晩成」、「臥薪嘗胆」と続いた次のシングルが『出すぎた杭は打たれない/ドンデンガエシ/わたし』のトリプルA面で、四字熟語の曲名路線が途絶えたかに見えましたが、今回は、厳密には四字熟語ではないものの四文字構成による「次々続々」が来ました!ハロプロでも多数の楽曲をアレンジしてきた平田祥一郎が、作曲も手がけ、メンバーと世代が近い、児玉雨子が勢いあるメロディーにちょっと含ませたリリックを乗せています。

アンジュルム流のEDMとフォーメーション・ダンスで、歌い出しが新メンバーの上國料萌衣から始まる歌割り。イントロにミックスされた足音はアンジュルムの更なる到来を告げるかのようです。
タケちゃん→めいめい→りなぷ〜→かななん、4人の名前の頭の文字から「あめりか」と呼ばれる2期メンバーがつないでいくラップ・パートをMVで確認すると、めいめいの卒業でこの4人の連携もこの曲で最後なんだなと、そんな感傷も吹っ飛ばすかように次々続々 明日が続々 ドキドキバクバク でワクワクしてくる楽曲。ラップ・パートの後のむろたんのセリフもグッと来るポイントで、りかこの豪快なソロ・ダンスにも目を奪われます。


「糸島Distance」

アンジュルムのご当地ソングといえば、スマイレージ時代のラスト・シングルでもある北海道は札幌を舞台にした「嗚呼 すすきの」を思い出しますが、今回は真逆に南下して、福岡県の海に面した観光地、糸島です。この曲が出来たのは福岡出身ではないものの新メンバーの上國料萌衣が九州は熊本出身だからでしょうか。
繁華街、天神のそばにある警固公園(けごこうえん)、花の名所でもある能古島(のこのしま)といった福岡のデートスポットが歌詞に織り込まれた、せつなげなメロディーの失恋ソング。昭和歌謡ならぬ平成歌謡の名曲に育つ予感がします。
MVの衣装はメンバーが頭に着けた装飾や帽子も印象的ですが、相川茉穂の帽子は両サイドが大きな角のような形態で、「私だけゴモラみたい」って言ったとか、さすが怪獣が好きなあいあいならではの発言です。


「恋ならとっくに始まってる」

アンジュルムに改名して以来初の、つんく作詞・作曲作品です。卒業するめいめいをイメージして書いたようですが、つんく♂さんブログに作者としてのセルフ・ライナーノーツもアップされているので、こちらを読むと意図がより理解できることと思います。
また、この曲についてリーダーのあやちょは、ハロショで開催されたソロのトーク・イベントで「恋を夢に変えるとめいめいの事になる」といったことを語ったそうですが、そういうふうに捉えられる感性も素晴らしいなと。こういうちょっとしたことで、ドラマよりもドラマティックに感動させられる今のアンジュルムは、この先も、"次々続々"と楽しいコトが起きそうです。

アンジュルムは、ツアーを続行中。4月までのライヴハウスツアー、「アンジュルム ライブツアー 2016春 『九位一体』」に続いて、5月のホールツアー「アンジュルム コンサートツアー 2016春 『九位一体』」にヴァージョン・アップで突入。最終日は5月30日の日本武道館における「アンジュルム コンサートツアー 2016春 『九位一体』 〜田村芽実卒業スペシャル〜」。ツアー以外でも、このトリプルA面シングル『次々続々/糸島Distance/恋ならとっくに始まってる』のリリース・イベントも"次々続々"あります。ミニライヴがあるイベントもあるので、アンジュルムの今の9人を見て、楽しんで、目に焼き付けましょう!


アンジュルム『次々続々』(Promotion Edit)


アンジュルム コンサートツアー 2016春 『九位一体』

5/5(木) NHK大阪ホール (大阪)
5/7(土) 名古屋市公会堂 (愛知)
5/15(日) 三郷市文化会館 (埼玉)
5/21(土) ベイシア文化ホール (群馬)
5/30(月) 〜田村芽実卒業スペシャル〜 日本武道館 (東京)

コラム記事:高島幹雄


℃-ute「何故 人は争うんだろう?/Summer Wind/人生はSTEP!」(4/20発売)
CD
アンジュルム 『次々続々/糸島Distance/恋ならとっくに始まってる』
アンジュルムの最新シングル好評予約受付中です!
購入する
記事一覧を見る