現在地
 > HELLO! PROJECT公認コラム「HELLO! Navi ハロナビ」 > HELLO! PROJECT公認コラムvol.83

公認コラムHELLO Navi!

Article

2016.7.22 更新

「Hello! Project ひなフェス 2016 <モーニング娘。'16 プレミアム>」DVD&「Hello! Project ひなフェス 2016 <℃-ute プレミアム>」DVDレビュー

Hello! Project ひなフェス2016

ハロー!プロジェクト春の祭典として、毎年の恒例行事となっている「Hello! Project ひなフェス」。今年も会場は横浜パシフィコにて、3月19日、3月20日に開催されました。
「モーニング娘。'16プレミアム」「Juice=Juice+カントリー・ガールズプレミアム」「アンジュルム+こぶしファクトリープレミアム」「℃-uteプレミアム」と題された4つのライブは、それぞれのタイトルのグループがメインを務め、さらにはハロー!プロジェクト全メンバーも出演する豪華な公演となりました。そして、そんな公演の様子を収めたDVD&Blu-rayが7月13日にリリース。今回のハロナビは、「Hello! Project ひなフェス 2016 <モーニング娘。'16 プレミアム>」DVD、「Hello! Project ひなフェス 2016 <℃-ute プレミアム>」DVDのレビューをお送りしたいと思います。

Hello! Project ひなフェス2016 モーニング娘Ver,

<モーニング娘。'16 プレミアム>

2016年1月1日より、モーニング娘。'16として活動をスタートした12人。今年は、5月31日に卒業を控えた鈴木香音ちゃんにとっては最後のひなフェス。貴重な12人体制のモーニング娘の姿が、そこにありました。5月11日発売の新曲『Tokyoという片隅』 、ライブを盛り上げる鉄板ソング『HOW DO YOU LIKE JAPAN?〜日本はどんな感じでっか?〜』『ドッカ〜ン カプリッチオ』を立て続けに披露し、会場のテンションも一気にヒートアップ。進化し続けるモーニング娘。'16の"現在形"のパフォーマンスに、熱くならざるをえません!

そしてここからは、ハロー!プロジェクト各ユニットが最新シングルを引っさげ次々に登場。まさにお祭り騒ぎに。代表曲『彼女になりたいっ!!!』と共に現れたのは、ハロプロ研修生。大舞台でも臆することなくソロパートを歌い上げる研修生に、保護者気分でドキドキうるうる…。またここから、新たなスターが誕生すると思うと一秒だって目が離せません。個人的には、身長も歌声も伸び盛りの前田こころちゃんに注目しています。

末っ子ユニットつばきファクトリーは、ピーベリーのカバー『キャベツ白書〜春編〜』で登場。意外な組み合わせでしたが、フレッシュなつばきファクトリーにぴったりハマっており、心が洗われました。先輩の楽曲を大切に歌い継いでいくという文化は、伝統と歴史のハロー!プロジェクトならではですね。オリジナル曲『気高く咲き誇れ!』とのギャップも素敵でした。

『恋泥棒』の軽快なイントロと共に登場したのは、メジャーデビュー1周年を迎えるカントリー・ガールズ。3月9日発売、7人体制での新曲『ランラルン〜あなたに夢中〜』では、オールディーズ調の楽曲とレトロな衣装がマッチして、まるで会場ごとタイムスリップしたような感覚に。大きなステージでちっちゃな身体をめいっぱい動かすメンバーたちが可愛すぎました!

Juice=Juice主演ドラマ「武道館」から、アイドルグループ「NEXT YOU!」がひなフェスに初登場。劇中のキャラクターになりきった自己紹介やパフォーマンスに、客席から熱い歓声が飛び交います。つんく♂氏が書き下ろした、メッセージ性の強い『大人の事情』『Next is you!』を歌う姿は、とても頼もしく輝いていました。11月7日の日本武道館公演が今から楽しみです。

続いては、4期メンバー上國料萌衣ちゃんが加わり、勢いを増すアンジュルムが登場。4月27日発売の新曲『次々続々』は、彼女にとってのデビューシングル、そして5月30日に卒業を控えた田村芽実ちゃんにとってのラストシングルでもあります。今年のひなフェスは、そんなふたりが同じ舞台に立つ貴重なステージでもありました。疾走感のある『ドンデンガエシ』は、大きなステージにぴったり。アンジュルムの"運命の大逆転劇"は、まだ始まったばかりです!

ジャジーなホーンセクションが鳴り響き、会場の雰囲気は一変。アダルティーなムードの中、満を持して現れたのは℃-ute。4月20日発売の新曲『人生はSTEP!』を、貫禄の初披露。『The Middle Management〜女性中間管理職〜』では、ハロプロ最年長ユニットによる圧巻のステージングを見せ付けます。きっと後輩たちにも物凄い刺激となっているのでしょう。

日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し、ノリに乗っているこぶしファクトリー。最新トリプルA面シングルから『チョット愚直に!猪突猛進』、『桜ナイトフィーバー』を披露しました。KANのカバー曲である『桜ナイトフィーバー』では、オールキャストがステージ上に桜の枝を持って登場。ピンク色に染まる会場、女子も男子もフィーバーフィーバー、これぞひなフェス!


そしてお待ちかね、ひなフェス2016限定のソロ&シャッフルユニットコーナー! この日のソロを担当するのは、Juice=Juice高木紗友希ちゃん。歌唱力の高い彼女だけに、公演前から注目が集まりました。そんな彼女が挑戦したのは、モーニング娘。プラチナ期の代表曲、『リゾナントブルー』。難易度の高い楽曲を一人で歌いこなし、クールに魅せる姿は、まさにハロプロのディーヴァ!色々な楽曲に挑戦して、様々な表情をこれからも見せてほしいです。(それにしても、私も客席から「ヘルミー!」と叫びたかった…。)

そして、アンジュルムから中西香菜、田村芽実、Juice=Juiceより宮本佳林で結成されたシャッフルユニット「turgranful」は、後浦なつみ『恋愛戦隊シツレンジャー』を披露。三人の絶妙なバランスと楽しく前向きな曲調が、会場をぱっと明るくしました。一度きりといわず何度も観たくなるシャッフルユニットでしたが、この日限りのスペシャル感こそが「ひなフェス」なんです!


さらに、モーニング娘。'16プレミアムということで、各ユニットがモーニング娘。の楽曲をカバーするスペシャルコーナーも!

こぶしファクトリー+つばきファクトリー『恋のダンスサイト』
Juice=Juice+カントリー・ガールズ『愛の軍団』
アンジュルム『シャボン玉』
℃-ute『浪漫〜MY DEAR BOY〜』

二度と見ることのできない組み合わせ、ボリューム満点なパフォーマンスが観れるのは「Hello! Project ひなフェス 2016 <モーニング娘。'16 プレミアム>」DVD&Blu-rayだけ!それぞれのユニットのよさ、楽曲の素晴らしさを再確認できるこちらのコーナーは、必見です。


そしてここからは、メインアクトであるモーニング娘。'16によるパフォーマンスコーナー。
『ENDLESS SKY』『晴れ 雨 のち スキ』『SEXY BOY~そよ風に寄り添って~』『わがまま 気のまま 愛のジョーク』『What is LOVE?』と、少し懐かしい楽曲から盛り上がり必至の定番曲まで盛りだくさん。特に、13年前(!)にリリースされた『晴れ 雨 のち スキ』は、感もの。天女のような衣装と相まって、神々しさを感じるほどのクオリティでした!
ラストナンバーの『この地球の平和を本気で願ってるんだよ!』では、全出演者がまたまたステージに登場。各ユニットが所狭しと行き来し、歌い踊り、多幸感に包まれる時間となりました。
約30曲、とっても豪華なライブ映像がぎゅっと詰まったDisc1は129分の特大ボリューム。さらにDisc2の特典映像には、「Hello! Project ひなフェス 2016 <Juice=Juice+カントリー・ガールズ>」で披露された、ソロやシャッフルユニット、各ユニットによるスペシャルカバーコーナーや、カントリー・ガールズ、Juice=Juiceによるパフォーマンスも49分収録。超お買い得な内容となっている、「Hello! Project ひなフェス 2016 <モーニング娘。'16 プレミアム>」。全てのハロプロファン納得の作品となっています!

Hello! Project ひなフェス2016 キュートVer,

<℃-ute プレミアム>

ひなフェス2016、最終公演。大きなステージも、わちゃわちゃとしたお祭り感も、余裕を持って楽しんでいる姿が印象的だった℃-ute。『人生はSTEP!』『The Middle Management〜女性中間管理職〜』『嵐を起こすんだ Exciting Fight!』と魅せるステージは、もはやアーティスト、エンターテイナーと呼んだほうがふさわしいでしょう。楽曲の振り幅、表現力の多様性など、アイドルの域を超えたライブに、最初からボルテージもマックスに。

ハロー!プロジェクト各ユニットの最新曲の披露が続き、恒例のソロ&シャッフルコーナーがスタート。この日は、アンジュルムの和田彩花ちゃんがモーニング娘。『Take off is now』をソロで披露。歩き方、髪のかきあげ方まで美しく、セクシーなオーラを纏ったあやちょ、いや、あやちょさん…!広い会場をものともしない堂々としたパフォーマンスは、流石アンジュルムのリーダー!細かな表情までしっかりチェックできるのは、映像作品ならではですね。

℃-ute矢島舞美ちゃん、モーニング娘。'16石田亜佑美ちゃん、工藤遥ちゃん、尾形春水ちゃん、アンジュルム勝田里奈ちゃん、つばきファクトリー岸本ゆめのちゃんによる「6パック」は11WATER『BE ALL LIGHT!』をカバー。白を基調とした衣装に爽やかなメンバーが眩しい!もしも、このメンバーでユニットを組んでいたら…と夢が広がります。

各ユニットが℃-uteの楽曲をカバーするスペシャルコーナーも、もちろんございます。今回の組み合わせはこちら。

こぶしファクトリー+つばきファクトリー『即 抱きしめて』
Juice=Juice+カントリー・ガールズ『都会っ子 純情』
アンジュルム『Bye Bye Bye!』
モーニング娘。'16『THE FUTURE』

インディーズ時代の楽曲から最近の楽曲まで、テイストの幅広さを感じさせる選曲になっています。この日限りのパフォーマンスが見れるのは、Hello! Project ひなフェス 2016 <℃-ute プレミアム>」DVD&Blu-rayだけですよ!

℃-ute楽曲の素晴らしさを再確認したところで、ここからはメインアクトとしての℃-uteパフォーマンスコーナー。『情熱エクスタシー』『Kiss me 愛してる』『ひとり占めしたかっただけなのに』『Danceでバコーン!』『JUMP』とキラーチューンが連続。会場が一体となって高く熱くジャンプ!最後はオールキャストで『桜チラリ』を歌い、春全開に。℃-ute、そしてハロー!プロジェクトの引き出しの多さを感じさせられた135分のライブとなりました。
さらにDisc2には、特典映像として「Hello! Project ひなフェス 2016 <アンジュルム+こぶしファクトリー プレミアム>」で披露された、ソロやシャッフルユニット、各ユニットによるスペシャルカバーコーナー、こぶしファクトリー、アンジュルムによるパフォーマンスが52分も収録。Disc1、Disc2合わせて3時間超えの豪華版、ぜひゲットしてくださいね!


夏のコンサートツアー「Hello!Project 2016 SUMMER 〜 Sunshine Parade 〜」「Hello!Project 2016 SUMMER 〜 Rainbow Carnival 〜」が始まったばかりのハロー!プロジェクト。最新楽曲やメンバーの予習にもおススメな「Hello! Project ひなフェス 2016 <モーニング娘。'16 プレミアム>」DVD&「Hello! Project ひなフェス 2016 <℃-ute プレミアム>」DVD。これを見ないと、夏は始まらない!?

コラム記事:塚本舞


Hello!Project ひなフェス2016 (℃-uteプレミアム/モーニング娘。'16プレミアム)
DVD
Hello!Project ひなフェス2016 (℃-uteプレミアム/モーニング娘。'16プレミアム)
7月13日にリリースされた、「Hello! Project ひなフェス 2016 <モーニング娘。'16 プレミアム>」DVD、「Hello! Project ひなフェス 2016 <℃-ute プレミアム>」DVDは行った方も行けなかった方も必見です!
購入する
記事一覧を見る