現在地
 > HELLO! PROJECT公認コラム「HELLO! Navi ハロナビ」 > HELLO! PROJECT公認コラムvol.90

公認コラムHELLO Navi!

Article

2016.10.7 更新

アンジュルム「上手く言えない/愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間/忘れてあげる」(10月19日発売)レビュー

現在公演中の、演劇女子部「モード」も好評なアンジュルム。10月19日には、新体制初となる待望のニューシングル「上手く言えない/愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間/忘れてあげる」が発売。今回のハロナビでは、一足お先にこちらの三曲をレビュー。すでにYOUTUBEでMVが公開されている楽曲もあるので、そちらも併せてお楽しみください。

上手く言えない

作詞作曲は「大器晩成」などでお馴染み、中島卓偉さん。大胆なコーラスや幾重にも重なるハモりが魅力的な卓偉さん楽曲ですが、今回はこれまで以上、いや過去最高と言っていいほどに卓偉コーラスが楽しめる仕上がりとなっています。つんくさんが騒がしければ騒がしい曲ほど大好きだった自分としては、今後も卓偉さんにはバリバリ歌って楽曲を彩って欲しい所存です。さらに、自身のライナーノーツで「8ビートより絶対に16ビートの曲が似合う」とアンジュルムを評していた卓偉さん。16ビートから連想される人物と言えば…そう、つんくさん。(「リズムは人生」という名言もあります)リズムを重要視する卓偉さんの姿勢に、またしてもつんくイズムをしっかりと感じてしまったり。絶大な信頼関係によって歴史は繋がれ、文化が継承されていく…。ハロー!プロジェクト万歳。
そしてそんな楽曲をこれまた素晴らしく表現しちゃってるのが、アンジュルムのメンバー。中でも今回は、勝田里奈ちゃんの歌声のクリアさが際立って素敵です。ラストのロングトーンからのフェイクは衝撃的。唯一無二の声質、ぜひイヤホンで感じてください。
「歌うように歌詞を喋る」という点では、ダンスの得意な佐々木莉佳子ちゃんによる跳ねるような歌唱が心地良い。竹内朱莉ちゃん、室田瑞希ちゃんは流石のスキルプレイヤー、しっかりと楽曲を支え、締めるという役割を果たしています。個人的にこの楽曲の一番気持ちいいポイントは、上手く言えない…のリフレインによる焦燥感、もどかしさが募ってからの、転調による開放感!それがピークに達するのが、室田瑞希ちゃんによる「ロックスターも?」パート。重要なパートをしっかりとモノにしていて、とにかく頼もしいです。( あと、回し蹴りがとても綺麗。)
今回の基本フォーメーションだと、センターポジションは室田瑞希ちゃんということになると思うのですが、アンジュルムの強みは全員がメインになれる楽曲とメンバーだということ。それぞれの見せ場や個性が満遍なく発揮され、見る人によってメインに感じるメンバーは違うのではないでしょうか?ミュージックビデオを見るとますますその傾向は強く、全員がギラギラと輝く戦闘集団であるということが窺えます。その筆頭となるのはやはりリーダーの和田彩花ちゃんで、あやちょの画面から溢れ出すパワー、というのは凄まじいです。そうじゃないんだよね、本当にそうじゃないってことが伝わってくるよ、あやちょ…。

愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間

歌い出しは、まさに21世紀近未来育ち!な笠原桃奈ちゃん。2003年生まれのピチピチピーチな13歳の新メンバーです。加入して初めてのシングル、すなわち彼女にとってのデビュー曲のミュージックビデオは、彼女の「ハート」を中心に物語が進んでいきます。 アンジュルムメンバーとしての生を与えられた桃奈ちゃん、大事そうに抱えていたピンクのハートは、先輩たちに見守られるうちに錆び付いたり雲に隠れたりしながら、最終的に光り輝き出し、これまでのアンジュルムとこれからのアンジュルムを背負う象徴的な二人を大きく照らすようになる…といった、彼女とアンジュルムの未来を暗示するようなストーリー。まだ何にも染まっていない表情や歌声が、無機質なダンスや曲調とマッチしています。
作詞は、ハロプロメンバーと同世代にして「乙女の逆襲」「出すぎた杭は打たれない」「次々続々」など多くの作品を手掛ける、児玉雨子さん。「超自我探索(スーパーエゴサーチ)」「極超自我探索(ハイパーエゴサーチ)」「大宇宙出身」といった近未来育ちの言葉たちが、楽曲の世界観を構成します。
ちなみに「大宇宙出身」パートを歌うのは、あいあいこと相川茉穂ちゃん。地球人離れした美しさと不思議な雰囲気がたまらないです。(「恋ならとっくに始まってる」の「宇宙」パートもあいあいでした。次作にも期待。)
地球や人間の歴史といった壮大なスケールと日常にある女の子の寂しさや何気ない願望が同居した楽曲、という点は、これまでのハロプロの歴史を重んじているように感じて、勝手に嬉しくなってしまったり。「愛のため今日まで進化してきた人間」だけど「高速電波が飛んでないところ(進化してないところ)でも 見つけてほしい」し、「愛のため今日まで退化してきた人間」なのに「始発電車 動き出さなくては」今すぐには逢えない…。相反するようで、呼応し合う"愛"を歌うアンジュルム。
落ちサビからは畳み掛けるように、代わる代わるソロパートが続きますが、ここでもカードの多さ・層の厚みを感じることができます。まだまだまだまだ戦えるぞ、アンジュルム!

忘れてあげる

変わってこちらは、ライブで映えそうな失恋ナンバー。4期メンバー上國料萌衣ちゃんの切ない歌い出しからグッと引き込まれます。新人らしからぬ貫禄とお芝居をするように歌う、情感のこもった歌声が素晴らしい。また、中西香菜ちゃんの心地良い低音もこういうテイストの楽曲には欠かせません。
作詞作曲は、Juice=Juice「続いていくSTORY」°C-ute「夜風のMesseage」を手掛ける近藤薫さん。哀愁漂うオリエンタル風な編曲は、モーニング娘。'15「今すぐ飛び込む勇気」等の浜田ピエール裕介さん。個人的には「涙の色」「AS FOR ONE DAY」を彷彿とさせる雰囲気、少女たちが少し背伸びをして歌う曲調がこれまたハロプロクラシックの王道!と思っております。まだ中学生の佐々木莉佳子ちゃんの歌う「わがままは全部覚えてるよ」の破壊力たるや…!そして最後は「明日の為に 忘れてあげる」の言葉の重みがずっしりと響く、あやちょソロ。やはり、この引き出しの多さがアンジュルムの強み!

以上の全くテイストの違う3曲を収録したトリプルA面シングルは、10月19日発売。さらに12月まで開催中のツアー「アンジュルムライブツアー2016秋〜絆〜」では、新曲を含んだセットリストによる、最新形のアンジュルムのパフォーマンスを見て、聴いて、お楽しみいただけます!ぜひライブで体感してみてくださいね。

アンジュルム ライブツアー 2016秋 〜絆〜

10/15(土) 鹿児島CAPARVOホール (鹿児島)
10/16(日) 宮崎WEATHERKING (宮崎)
10/29(土) 周南チキータ (山口)
10/30(日) OSAKA MUSE (大阪)
11/12(土) 岐阜CLUB-G (岐阜)
11/13(日) JAMMIN' (愛知)
11/19(土) DRUM Be-0 (大分)
11/20(日) DRUM Be-1 (福岡)
11/27(日) 小樽GOLDSTONE (北海道)
12/4(日) 水戸ライトハウス (茨城)
12/10(土) 松山WstadioRED (愛媛)
12/11(日) 高松オリーブホール (香川)
12/23(金・祝) 高崎club FLEEZ (群馬)

コラム記事:塚本舞


アンジュルム 「上手く言えない/愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間/忘れてあげる」
CD
アンジュルム 「上手く言えない/愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間/忘れてあげる」
アンジュルム待望のニューシングル!トリプルA面シングルは、ライブ前に要チェック!
購入する
記事一覧を見る

オススメのキャンペーン&特集

もっと見る

  • 買い物かご
  • お気に入り
  • 閲覧履歴
  • 購入履歴
  • クーポン