現在地
 >  仮面女子公認コラム『地下最強種☆』 > 仮面女子公認コラム『地下最強種☆』vol.15 延長戦!
New2015.11.25 更新

第15回 延長戦! メディア初☆ 仮面女子SSA緊張楽屋レポート☆

仮面女子

実は楽天ブックス取材班はSSA公演の楽屋で密着取材を敢行していた。そこでファン垂涎の舞台裏レポートをお届け! 以下、タイムラインを追ってお伝えいたします。

●14:30 チーム仮面男児、SSAに到着。入り口を通ると芸能人やファンから届いた花束が並んでいる。お笑い芸人のスギちゃんの名も発見。

●15:10 仮面女子の楽屋前には多数のあきばサンダルが散らかっていた。SSA出演の仮面女子は総勢18人だが、楽屋はたったの1部屋。だが、メンバーは慣れた様子で床に直接座り、狭いスペースで器用に化粧をしている。しかも、昨日はここに一泊していたらしい。たくまし過ぎるだろ!

仮面女子

●15:15 別の楽屋で吹奏楽マーチングの練習を行われていた。床に楽譜を広げてフルートを吹く月野もあちゃん。その隣で桜のどかちゃんがクラリネットを奏でている。窪田美沙ちゃんは地面をスティックで叩きながらリズムを取っていた。

仮面女子

●15:30 仮面女子候補生たちは、本番直前まで激しいリハーサルを続けて満身創痍の状態。ダンスの担当スタッフいわく「限界まで疲れた後に、最後のひとがんばりで踊ったほうがアドレナリンが出て良いパフォーマンスが出来る」とのこと。発想がもはやオリンピック選手団のコーチです。

●15:50 メンバーに集合の号令がかかる。仮面女子全員が楽屋に入り、最終ミーティング開始。公式カメラマンすら立ち入れない密室の打ち合わせは約30分続いた。話の内容は不明だが、楽屋から出てきたあとの彼女たちの顔つきは引き締まっていた。

●16:20 差し入れコーナーにメンバーの顔写真入りのチョコを発見。誰の差し入れかまではわからないが、素敵なサプライズにメンバーは大はしゃぎ。

●16:30 『夏だね☆』で客席に投げられたサインボールはもちろんメンバーの自筆。1人20個用意していた模様。もちろん、袋に詰めるのも運ぶのもメンバー自身で行う。

●16:55 ステージを終えたばかりの仮面女子候補生達が楽屋に到着。興奮冷めやらぬ表情だが、一人だけ号泣しているメンバーが。それが候補生の中心のひとりである瀬崎結菜ちゃん。「立花あんなちゃんと同じマイクを使ったので緊張して…」。プレッシャーを見事乗り切ったあとの安堵の涙だ。

●17:10 本番が近付くにつれて、楽屋に緊張感が漂いはじめる。窪田美沙ちゃんは「右と左の違いが分からなくなってきたかも」とアワアワ。桜雪ちゃん、森カノンちゃん、北村真姫ちゃんらは壁に向かって振り付けを確認する。

仮面女子

●17:30 誰に知られることもなく、倉庫の片隅で1時間以上ダンスの練習を続けていたのが、黒木ひなこちゃん、梅こうめちゃん。特にこうめちゃんはカメラがいることに全く気づかないほど集中していた。

●17:50 黒瀬サラちゃんと澤田リサちゃんはファッションショーにも出演。その間、メンバーたちは二人の勇姿をモニターで見守る。ちなみに2人のランウェイの出番はTVなどでも知られる謎の人物“セーラー服おじさん”の直後。これにはメンバーたちも爆笑。

仮面女子

●18:00 仮面女子が“先生”と呼ぶスタッフから手紙が届く。その中の言葉「泣くのは終わってから」にメンバー一同がこぶしを握りしめ、決意を新たに。顔がこわばっていた澤田リサちゃんは、定番の顔いじりをされて、笑顔を取り戻す。仲間同士でフォローをし合い、楽屋を出発。

●18:10 倉庫で円陣を組む。今までの自分たちを信じて、気合を入れ直す。

仮面女子

●18:15 ステージ裏に到着。メンバーの緊張はピークに。スタッフの激励を聞いている最中に、黒木ひなこちゃんの瞳から涙が流れ落ちた。それにつられて隣にいた窪田美沙ちゃんも号泣。みんなで励まし合うものの、他のメンバーも密かに目が潤んでいた。

仮面女子

●18:20 涙が止まらない黒木ひなこちゃん。だが、スタートの時間は刻々と迫ってくる。このとき、彼女は何かを見て、覚悟を決めた模様。歯を食いしばりながらファンの前へと一歩を踏み出す。そしてアーマーガールズ、スチームガールズ、アリス十番の順に広大なステージに向け走り出した。

●18:30 舞台裏であるものを発見。仮面女子のロゴの舞台セットの裏側に何らや手書きの文字が記してある。『史上最高で最強なライブ! 地下最強!! 仮面女子!! 5/3 Zepp Tokyo 立花あんな』。どうやらSSAのステージで使われたセットはZepp Tokyoで使用したのと同じものだった模様。すでに卒業したメンバーのメッセージもある。先ほど黒木ひなこちゃんが泣きやんだのは、これらのメッセージを見て、決意を新たにしたのではないか?と勝手に予測。

仮面女子

●20:40 『夏だね☆』を終えて舞台裏に戻ってくるメンバー。アンコールの声に後押しされ、急いでTシャツに着替えて舞台へと戻っていく。脱ぎ捨てられたナポレオン衣装の上着が生々しい(いろんな意味で)。

●20:50 アンコールの『全開☆ヒーロー』を終え、ステージ袖に帰還するメンバー。一切、弱音を吐かずにメンバーを支え続けたリーダー桜のどかちゃん、センター立花あんなちゃんが号泣しながら抱き合う。オレももらい泣きしそうでしたよ、もう。

仮面女子

●21:10 ライブ終了後、仮面女子にはひとつのミッションが残されていた。この日、“応援団長”として会場に駆けつけた民主党の枝野幸男幹事長との記者会見だ。「想像していた以上のパフォーマンスでした!」とご満悦の枝野さんでした。

仮面女子

●21:40 会場の撤収作業が始まる中、楽屋にアリス十番の元メンバー渡辺まありちゃんと桐谷真央ちゃんが登場。まさかの展開に楽屋が歓喜に包まれる。この日の仮面女子は、ファンの想いはもちろん、卒業していったメンバーたちの想いも背負って、あの大きな舞台に立っていたのだ。それが彼女たちの“destiny”なのかもしれない。

仮面女子

Photography by T.Okamoto

仮面男児尾谷幸憲、廣田晋一郎、佐々木翔の3名

文・仮面男児●尾谷幸憲、廣田晋一郎、佐々木翔の3名からなる地下クリエイター集団。新聞・雑誌・ウェブ・脚本等の執筆を中心に、コメンテーター、グラビアのプロデュース、広告/PRなど年間300本以上の仕事をこなし、地下ライター界最強の名をほしいままにしている。著書に『LOVE※』(講談社文庫)、『ラブリバ♂』(ゴマブックス)、『J-POPリパック白書』(徳間書店)、『すごいぜ!ノストラダムス』(メディアファクトリー)など。
(ツイッターはこちら @otaniyukinori @siss006 @gzzxnuFdXGhAexh)

オススメのキャンペーン&特集

もっと見る