現在地
 >  乃木坂46公認コラム『のぼり坂』 > 乃木坂46公認コラム『のぼり坂』vol.55

乃木坂46 公認コラム『のぼり坂』

2016.7.19 更新

ライブDVD / Blu-ray『3rd YEAR BIRTHDAY LIVE 2015.2.22 SEIBU DOME』ライナーノーツ

ライブDVD / Blu-ray『3rd YEAR BIRTHDAY LIVE 2015.2.22 SEIBU DOME』ライナーノーツ

乃木坂46通算3作目のライブ映像作品『3rd YEAR BIRTHDAY LIVE 2015.2.22 SEIBU DOME』が7月6日にリリースされました。本作には2015年2月22日に埼玉・西武ドーム(当時。現・西武プリンスドーム)で開催された乃木坂46デビュー3周年記念ライブの様子を完全収録。単独ライブとしては現在まで過去最多となる3万8000人を動員した記念すべきこの公演では、開催当時までに発表済みのシングル10枚(1stシングル『ぐるぐるカーテン』から10thシングル『何度目の青空か?』まで)と同年1月リリースの1stアルバム『透明な色』に収録された全68曲に、ライブ翌月に発売を控えた11thシングル『命は美しい』などアンコール5曲を加えた全73曲が約7時間半にわたり披露されました。

商品パッケージやテレビCMでも触れられていますが、ドーム会場とはいえ“半オープンエア”スタイルの西武ドームは、ライブ当日最高気温2度という決してベストとは言い難い環境。昨年2月に公開した当コラム内ライブレポートでも「この日は朝早くから小雨が降り注ぎ、開場時間以降も厚着をしないと厳しい気候」と当日の環境について触れられています。

発売された映像を改めて見返してみると、スタンド席と屋根の間からどんよりとした日中の天気の様子が伺えます。そんな中、乃木坂46のメンバーはオープニング曲「ぐるぐるカーテン」冒頭からステージ上を駆け巡り、全力のパフォーマンスを展開。デビューシングルからリリース順に披露されていく楽曲の数々で、彼女たちは当時の衣装を着用して笑顔を振りまきます。

曲によっては肌の露出が多い衣装もあり、体感温度は実際の気温以下だったのかもしれません。しかし、ライブ翌日に松村沙友理と中田花奈にインタビューすると「正直、うちは全然寒くなかった。MCのときは少し寒かったけど」(中田)、「トロッコに乗ってるときが寒かったけど、踊ったり走ったりしてるときはノースリーブの衣装でもまったく寒いとは思いませんでした。だけど、歌ってるときに息が白いのが見えて、そこで『ああ、外だし寒いんだな』とは感じました(笑)」(松村)と、パフォーマンス中は寒さをまったく感じなかったとのこと。実際、映像を観ても“真冬の半野外”という事実を知らなければいつ実施されたライブか気づかないかもしれませんが、彼女たちが歌う際、MCで話す際に吐く息が白いことで現実に引き戻される瞬間がたびたびありました。そういった当時の環境を振り返りつつこのDVD / Blu-rayを鑑賞してみると、ひと味違った楽しみ方ができるかもしれません。

また、本作は資料価値的観点でも非常に重要な作品と言えます。セットリスト全73曲(しかも当時の持ち曲全部)を3ブロックに分け、計7時間半(スタートは昼12時、終了時間が夜の19時半)という長丁場、“真冬の半野外”という特殊な環境、初のアルバム『透明な色』を発表し、それまでの約3年間を総括したタイミング、いまやこのバースデーライブでしか聴くことのできないカップリング曲の貴重なパフォーマンス(中には今年卒業した永島聖羅、深川麻衣含む編成でのユニット曲)、第1部終了後の休憩中に披露されたからあげ姉妹(生田絵梨花&松村沙友理)および乃木團(川村真洋、齋藤飛鳥、中田花奈、永島聖羅、中元日芽香、能條愛未、深川麻衣)のレアパフォーマンス、新曲「命は美しい」の初パフォーマンス、のちの快進撃を予兆させる数々のサプライズ発表(当時の研究生6名の正規メンバー昇格、映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』の制作決定、乃木坂46新プロジェクト(のちの欅坂46)メンバー1期生を募集など)……特に乃木坂46史を語る上でも重要な2015年という1年の、最初に行われた単独ライブという意味でも『真夏の全国ツアー2016』、そして開催延期を経てついに決定した『4th YEAR BIRTHDAY LIVE』を控えたこのタイミングに鑑賞するべきと言えます。

2015年を振り返ると、春と秋に行われた『アンダーライブ 3rdシーズン』および『同 4thシーズン』、過去最多の動員を記録した『真夏の全国ツアー2015』、12月に日本武道館で開催された『アンダーライブ at 日本武道館』と『Merry X'mas Show』、そしてシングル発売のたびに東名阪で行われた全国握手会でのミニライブのほか、いくつかのイベントでライブを展開してきた乃木坂46。そのパフォーマンス力、表現力は以前とは比べものにならないほどの成長を遂げましたし、「乃木坂46でしか成しえない個性」も確立されました。事実、過去にリリースされたバースデーライブの映像作品2作と比較しても、その差は歴然ではないでしょうか。そういった成長の軌跡を改めて確認できるという点においても、現時点で最新のライブ映像作品となる今作は重要な作品なのです。

昨年末にリリースされたミュージックビデオ集『ALL MV COLLECTION〜あの時の彼女たち〜』とは別の観点で乃木坂46の軌跡を振り返りつつ、しかも現在進行形の彼女たちも楽しむことができる本作『3rd YEAR BIRTHDAY LIVE 2015.2.22 SEIBU DOME』。通常の作品と比較すると少々高額ですが、特にBlu-ray版では乃木坂46のパフォーマンス、表情、歴史に残るライブの光景をクリアな映像で楽しめることもあり、ぜひ手に入れておきたいところです。なかでも完全生産限定盤には同ライブのリハーサルシーン、オフショットなどが80分にわたり収められた特典映像も用意されています。完全生産限定盤、通常盤を購入するのを躊躇している初心者ファンには、シングル表題曲およびアンダー曲をセレクトしたDVD『3rd YEAR BIRTHDAY LIVE 2015.2.22 SEIBU DOME 〜SINGLE COLLECTION〜』も用意されているので、こちらでダイジェスト的に楽しんでみてはいかがでしょう。

【ミニポスターセット 楽天ブックスver.付】乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE【完全生産限定盤】【Blu-ray】
【ミニポスターセット 楽天ブックスver.付】乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE【完全生産限定盤】【Blu-ray】
★予約者優先 先着オリジナル特典
ミニポスターセット 楽天ブックスver.

収録タイトル:

[Disc1]『乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE 2015.2.22 SEIBU DOME』/Blu-rayDisc Video
アーティスト:乃木坂46
[Disc2]『乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE 2015.2.22 SEIBU DOME』/Blu-rayDisc Video
アーティスト:乃木坂46
[Disc3]『乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE 2015.2.22 SEIBU DOME』/Blu-rayDisc Video
アーティスト:乃木坂46
ブルーレイ情報

文:西廣智一 WEBを中心に活動する音楽ライター。バンドマン、フリーター、会社員を経て、2005年末に株式会社ナターシャの立ち上げに参加する。翌2006年よりライターとしての活動を開始し、現在さまざまな音楽サイトや雑誌にてインタビューやコラムなどを執筆中。

乃木坂46過去コラム一覧