現在地
 >  乃木坂46公認コラム『のぼり坂』 > 乃木坂46公認コラム『のぼり坂』vol.64

乃木坂46 公認コラム『のぼり坂』

2016.12.28 更新

『乃木坂46 3期生お見立て会』レポート

乃木坂46公認コラム『のぼり坂』vol.64 画像1

今年9月に合格が発表された乃木坂46の3期生によるイベント『乃木坂46 3期生お見立て会』が12月10日、東京・日本武道館にて開催されました。

12月6日から9日までの4日間、同会場にて『Merry X'mas Show 2016』として選抜メンバーおよびアンダーメンバーがそれぞれライブを行った乃木坂46。その締めくくりとして、先輩メンバーがライブを終えた翌日に3期生12名が早くも武道館のステージに登場。会場には前日まで使用されたステージセットがそのまま設置されており、約1万2000人のファンが見守る中、初々しい12名の新メンバーが自己PRや初のライブパフォーマンスを繰り広げました。

イベントがスタートすると、ステージには私服姿の3期メンバーが1人ずつ登場。最初こそ笑顔を見せていた彼女たちですが、大園桃子と久保史緒里は登場早々に涙を見せる一幕も。12名全員がステージに揃うと、改めて1人ずつ自己紹介および自己PRを行っていきました。トップバッターの伊藤理々杏は乃木坂46唯一の沖縄県出身をアピール。「ひとりでも多くの人を幸せにできる存在になりたいです」と力強く宣言しました。

乃木坂46公認コラム『のぼり坂』vol.64 画像2

続く岩本蓮加は、3期生最年少の12歳であることを伝えてから、新体操のポーズを取りながらあいうえお作文を披露。3番手の梅澤美波は得意のバレーボールを実演してみせます。そして大園は泣きながらマイクの前に立ち、声を震わせて挨拶するのですが、話しているうちに急に笑顔でリラックスした様子を見せるなど、早くも強い個性を発揮しました。

乃木坂46公認コラム『のぼり坂』vol.64 画像3

その後も久保がアカペラで歌ってみせたと思えば、阪口珠美はY字バランスやジャズダンスをしながら般若心境を唱える。さらに佐藤楓はバドミントン、中村麗乃は横笛、向井葉月はギター弾き語りを披露。山下美月が「小さい頃の夢はフラミンゴになることでした」と語れば、吉田綾乃クリスティーはその名前とは裏腹に純粋な日本人であることを告白。そして与田祐希は一輪車に乗ってステージに現れ、最後に「(身長は)ちっちゃいけど、色気はあるとよ!」と福岡弁で語り、12名の自己PRを終えました。

乃木坂46公認コラム『のぼり坂』vol.64 画像4

メンバーが一度ステージから捌けると、スクリーンにて3期生による地元紹介VTRが上映。映像が終わると、紫の乃木坂46ジャージに着替えた12名が再登場し、この場でスポーツテストを実施することに。12名はマット運動、走り高跳び、ドリブルシュートでそれぞれの運動能力を披露していきました。ここでは特に走り高跳びに失敗するメンバーが多く、失敗した6名(伊藤、梅澤、久保、阪口、佐藤、与田)が罰ゲームとして、先輩・秋元真夏の持ちネタ「ズッキュン」を披露するという“洗礼”を受けることとなりました。

乃木坂46公認コラム『のぼり坂』vol.64 画像5

スポーツテストが終わり再び映像を挟むと、乃木坂46のライブには欠かせない「OVERTURE」が流れ始め、ステージにはライブ衣装に着替えた3期生が登場。そのまま「命は美しい」から初のライブパフォーマンスをスタートさせました。乃木坂46の楽曲の中でも非常に難易度の高いダンスナンバー「命は美しい」ですが、3期生の12名は若干のぎこちなさはあるものの、先輩たちにも負けないほどの勢いとキレのあるパフォーマンスを見せてくれました。この曲でセンターを務めたのは大園。そこには最初にステージに出てきた際の涙はなく、凛とした表情で楽曲の世界観を作り上げます。

続く「裸足でSummer」では与田がセンターを担当。さらに「ガールズルール」では山下がセンターに立ち、「命は美しい」でのシリアスな空気感から一変、フレッシュさが一段と際立つパフォーマンスでそれぞれの存在感をアピールしていきました。

乃木坂46公認コラム『のぼり坂』vol.64 画像6

初ライブを全力でやりきった彼女たちは、そのままイベントを終えようとするのですが、突然後方のスクリーンに見覚えのある映像が流れ始めます。そこには先輩メンバーたちがかつて経験した『16人のプリンシパル』の様子が映し出され、最後に「プリンシパル復活!」の文字とともに、『16人のプリンシパル』が新たに『3人のプリンシパル』というタイトルで、2017年2月2日〜12日に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoで開催されることが発表されました。このサプライズ発表に驚きを隠しきれない3期生たち。しかし、山下は「(乃木坂46の)オーディションを受ける前からプリンシパルを観てきて。自分たちがやるとなると不思議な気持ちになりますが、でも頑張ります!」、大園は「勉強します!」とそれぞれ前向きなコメントを寄せました。その後は来場者全員と初の握手を体験して、長時間におよぶ「お見立て会」は幕を下ろしました。

乃木坂46公認コラム『のぼり坂』vol.64 画像7

初ライブがいきなり武道館という事実もさることながら、普通なら緊張して縮こまってしまうところを最後まで堂々とやり遂げた3期生。彼女たちが1期生や2期生に、そして乃木坂46というグループにどのような化学反応を起こしてくれるのか、この日のステージを観たことでより楽しみになりました。

次に彼女たちがステージに立つのは、2月に行われる『3人のプリンシパル』。かつて先輩たちがしのぎを削り合ったプリンシパル公演で、3期生たちが何を得てどんな成長を果たすのか、こちらも楽しみなところです。

セットリスト
SE. OVERTURE
01. 命は美しい
02. 裸足でSummer
03. ガールズルール

待望の16thシングル 「サヨナラの意味」
待望の16thシングル 「サヨナラの意味」
ニューアルバム『それぞれの椅子』を引っ提げての真夏の全国ツアー、 神宮球場3日間の4th Birthday Liveとこの夏も全力で駆け抜けた乃木坂46。 『裸足でSummer』に続く16枚目となるシングルをリリース!!
CD

文:西廣智一 WEBを中心に活動する音楽ライター。バンドマン、フリーター、会社員を経て、2005年末に株式会社ナターシャの立ち上げに参加する。翌2006年よりライターとしての活動を開始し、現在さまざまな音楽サイトや雑誌にてインタビューやコラムなどを執筆中。

乃木坂46過去コラム一覧