現在地
 >  乃木坂46公認コラム『のぼり坂』 > 乃木坂46公認コラム『のぼり坂』vol.7

乃木坂46 公認コラム『のぼり坂』

2015.2.5 更新

ニコニコ生放送「生のアイドルが好き」第22回レポート(2015.1.27)

2013年4月からスタートした、松村沙友理と中田花奈がMCを務めるニコニコ生放送のレギュラー番組「生のアイドルが好き」(通称「生ドル」)。毎月1回、旬のアイドルをゲストに迎えて松村&中田がトークやゲームで親睦を深めるこの番組も、まもなく2周年を迎えようとしています。そこで今回のコラムではこの番組の見どころを解説しつつ、1月27日に生配信された第22回の様子をレポートしたいと思います。

2人の素が出まくりの“放送事故”番組!?

           

これまでテレビやラジオでトークを引っ張る側のメンバーではなかった松村と中田が、なぜかMCに大抜擢されたこの番組。1回目の放送では今ほど口数も多くなく、どこか緊張した様子を感じさせつつも、番組が進むにつれてゲストとの距離も縮まっていき、どんどんリラックスした表情を見せていきました。

ご存知の通り、自身のブログなどでもプライベートでの“オタ活”を報告するほどのアイドルファンとして知られる中田。当然のように、毎回番組に訪れるさまざまなアイドルを前に興奮を隠せず、その興奮した姿は回を重ねるごとにヒートアップしています。特に自身もイベントなどに足を運んだことがあるアイドルや大ファンを公言するグループが出演すると、どんどん饒舌になるのも注目ポイントです。

またアイドルにはまったく詳しくなかった松村も、この番組を通じてアイドル界を勉強している様子。アイドルに疎い松村ならではの質問も飛び出し、中田とのコントラストも抜群です。そして松村は番組内で、新たな趣味を獲得します。それが「さゆりんごのお触り占い」というコーナーで、松村が相手の体の一部を触ることで、その人の運勢が占うことができるというもの。私利私欲を満たすためのコーナーだと思われていましたが、実は的中率も高く、意外と侮れないのです。松村自身は事前にゲストのブログやTwitterなどは一切チェックしていないと断言しているだけに、なぜここまで的中するのかは本当に謎に包まれています。

そしてゲストにもさまざまなアイドルグループが出演。実は乃木坂46のメンバーもときどきスタジオを訪れています。過去には2013年12月、2014年4月、6月、9月、10月、12月の各放送に、毎回3名程度のメンバーが出演。昨年12月ではニコニコ本社内にあるサテライトスタジオ「ニコぶくろスタジオ」から公開生放送が行われ、桜井玲香、中元日芽香、永島聖羅がゲストに駆けつけたばかりです。

新年最初の放送も暴走気味の90分

1月末の番組にはゲストに武藤彩未さん、drop、La PomPonのメンバーを迎え、21時から約90分にわたり生配信。この日の2人はスタジオ入りしてからインタビューを受け、その後番組スタッフさんと打ち合わせを進めました。そして簡単なカメラリハーサルを行ったのち、いよいよ番組はスタート。新年一発目の放送ということで、最初こそ2人のテンションはアイドリング気味でしたが、最初のゲスト・武藤彩未さんがスタジオに現れると「カワイイ!」と興奮を隠せない様子でした。そして武藤さんはトークの中で乃木坂46の中元日芽香や斎藤ちはると親しいことも告白。当日もLINEで中元に「今日、乃木坂さんと一緒になるよ」と報告したと告げました。

この日もさまざまなゲームが繰り広げられましたが、やはり注目すべきは「さゆりんごのお触り占い」コーナー。松村は正統派アイドル武藤さんのお尻を「ありがたや、ありがたや」とうれしそうに触り、「ハーフツインが見たいとの神のお告げがあります」という「それ、個人の趣味じゃないの?」とツッコミが入りそうな占い結果を伝え、武藤さんを笑わせました。

さらに2人はその後もLa PomPonと風船割り対決、dropとシチュエーション別セリフ対決を実施。dropの大ファンという中田は「ガチでファンです! ずっと『dropさんをゲストに出してほしい!』って、番組スタッフさんにお願いしてたんです!」と告げ、dropのメンバーや視聴者をビックリさせました。

こうして90分にわたる番組を終えた松村&中田。番組終了後、これから生ドルを観てみようと思っている人に向けて、番組の注目ポイントを語ってもらいました。

【松村沙友理 コメント】
『生ドルは完全に松村の素が出てる番組ですね。私、ライブやテレビのときって意識しなくても自然とスイッチが入って、結構しゃべれるんですけど、この番組は花奈ちゃんと一緒だからなのか、まったくしゃべらない普段の自分が前面に出ていて。一番素に近い姿を画面上に出しているなと自分でも感じてる番組なんです。もしかしたら私のそういう素の部分を観たくない人もいるかもしれないけど(笑)、「ああ、松村さんって本当はこんな人なんだ」っていうのを一番感じられる番組だと思います。』

【中田花奈 コメント】
『生ドルがどんな番組かというと……たぶん言葉だけじゃ伝えきれない深いものがあると思うんです(笑)。簡単に言うと、MCに適さない2人ががんばってMCをやっていて周りからはよく放送事故番組と言われてます(笑)。そしていろんなアイドルさんを紹介させてもらってるんですけど、アイドルオタクの私がただただ好きなアイドルさんに会わせていただくっていう、本当に私の趣味みたいな番組でもあるんですよ。しかも生放送なので「これいいの?」みたいな感じにはっちゃけすぎて、地上波では見せられない私たちの姿がたくさん観られると思います。コメントもできるので、よかったら私たちと一緒に番組を作っていきましょう!』

「生のアイドルが好き」最新情報はこちらから

3/18発売 タイトル未定(11thシングル)
デビュー作『ぐるぐるカーテン』がオリコンウイークリーチャート2位。 セカンドシングル『おいでシャンプー』から前作『何度目の青空か?』まで9作連続でオリコンウイークリーチャート1位を記録。 1月7日にリリースとなった記念すべきファーストアルバムも大ヒットし、同チャート1位を獲得している。 そんな今一番勢いのあるアイドルグループの乃木坂46のアルバム後初となるリリースは、通算11枚目のシングルになります。
CD情報

文:西廣智一 (WEBを中心に活動する音楽ライター。バンドマン、フリーター、会社員を経て、2005年末に株式会社ナターシャの立ち上げに参加する。翌2006年よりライターとしての活動を開始し、「ナタリー」を筆頭とした音楽サイトにてインタビューやディスクレビューなどを執筆。)

乃木坂46過去コラム一覧