TOP > SMAPコラム「Map of Smap」 >木村拓哉バックナンバー

木村拓哉 新着コラム

木村拓哉が教えてくれた。

木村拓哉が教えてくれた。

2004年。初めてインタビューしたときのことはおぼえていません。ほんとうに無我夢中でどんなだったかまったく記憶がないのです。ウォン・カーウァイの『2046』のときでした。しかし運良くそれからさほどあいだがあくことなく再びお話をきく機会が…
2016.12.7更新
木村拓哉と話していると、同学年の気持ちになる。

木村拓哉と話していると、同学年の気持ちになる。

「UOMO」で、木村拓哉さんの新連載『Session』が始まった。この雑誌では、わたしも菊地成孔さんの映画連載の聞き書き、そして短い映画レビウを書かせていただき、付き合いはもう5年めになるので、とても嬉しい。…
2016.9.7更新
「木村拓哉」というレシピ──『付タク』感想文。

「木村拓哉」というレシピ──『付タク』感想文。

きっと、みんなは、家族旅行のこととか、ポケモンGOのこととか、夏休みの過ごし方の反省とかについて書くのでしょう。だから、ぼくは少し違うことを書こうと思います。ぼくは、自分で言うのもなんですが、先輩に…
2016.8.2更新
木村と拓哉の右脳と左脳──『What's UP SMAP !』

木村と拓哉の右脳と左脳──『What's UP SMAP !』

久しぶりに『木村拓哉のWhat's UP SMAP !』を聴いた。まず、グルーヴ感がすげえ。ものすごく音楽っぽい。セッションしてるナマの雰囲気がディープで、個人的には実際の楽曲なんて流れなくてもいいくらい。そしたら…
2016.6.14更新
「ジタバタしてんじゃねぇよ」──『HERO』特典ディスクを観て。

「ジタバタしてんじゃねぇよ」─『HERO』特典ディスクを観て。

昨年公開された映画『HERO』がソフト化されました。わたしもBlu-rayスペシャル・エディション2枚組豪華デジパック仕様を入手、早速、特典ディスクを堪能いたしました。まず、イベント映像集について。3つ印象に…
2016.1.26更新
11月中旬、『おはようSMAP』を聴く

11月中旬、『おはようSMAP』を聴く

火曜日、寝坊する。水曜日、またしても寝坊。かなり落ち込む。木曜日、『おはようSMAP』を初めて聴く。今月は木村拓哉の担当。この日は「パンの日」とのことで、「パンをつくること」の大変さについて、ちろっと…
2015.11.17更新
木村拓哉は小さな渦を派生する──『アイムホーム』について

木村拓哉は小さな渦を派生する──『アイムホーム』について

だれもがそうなわけではないが、ある決定的な存在感を有した俳優は、あるとき、その出演作自体が、その俳優についての「論」になる場合がある。俳優自身の意志とは関係なく、もしかしたら、映像の作り手の意志とも…
2015.11.10更新
SOUL SURVIVOR──『HERO』撮影現場レポートepisode4

SOUL SURVIVOR──『HERO』撮影現場レポートepisode4

「やりましょう。このチームなら、できます」その一言が、強く印象に残っている。映画の撮影現場は予期せぬトラブルの連続である。どれだけ周到な準備を重ねていても、たとえば台風が来たら、地震が起きたら…
2015.7.21更新
初登場! 木村拓哉、『HERO』と久利生公平を語る。

『HERO』公開直前! 木村拓哉が発する言葉を、考えてみる。

木村拓哉が『HERO』について語る言葉を聞くとき、感じること。木村拓哉は「を」を「wo」と発音する。多くのひとは「o」と発するし、わたし自身「o」ではあるのだが。このことは、彼が芝居しているときには意識した…
2015.7.14更新
STREET FIGHTING MAN──『HERO』撮影現場レポートepisode3

STREET FIGHTING MAN──『HERO』撮影現場レポートepisode3

撮影現場の木村拓哉を見ていて、不思議に思ったことは、いくつもある。それは前回述べたように、いつの間にかの移動が筆頭なのだが、それにつづいて気になったのが、セット撮影と…
2015.6.23更新
現在は、過去と未来のまだら色──『アイムホーム』のために。

現在は、過去と未来のまだら色──『アイムホーム』のために。

「それって大事ですか?」先生が、そう言ったとき、ハッとした。そうだ、そうなんだ、ぼくたちは、いつだって、ほんとうに大事なものとは別なものを大事にしている。いまは、メモすることで過去になる。けれども…
2015.6.19更新
木村拓哉は脳外科医である──「クレしん」コラボを目撃して。

木村拓哉は脳外科医である──「クレしん」コラボを目撃して。

「アイムホーム」コラボ。クレジットにはそう表記されていましたね。絵コンテ・演出はムトウユージ。このひとはものすごい才能の持ち主です。一般的に「クレヨンしんちゃん」の映画シリーズと言えば、『嵐を呼ぶ…
2015.6.2更新

オススメのキャンペーン&特集

もっと見る