SMAPコラム「Map of SMAP」

楽天ブックスが、SMAPやSMAPメンバーの旬な情報を、コラム形式でお届け!
Infomation
 世界に一つだけの花
MUSIC
Clip! Smap! コンプリートシングルス【Blu-ray】
ミュージックビデオを大幅に追加収録。
Infomation
 世界に一つだけの花
MUSIC
Clip! Smap! コンプリートシングルス
収録曲:シングル55作品の両A面曲を含む全63曲の映像を収録予定
Infomation
 世界に一つだけの花
MUSIC
世界に一つだけの花
TV:CX系ドラマ『僕の生きる道』(2003年1月〜)主題歌収録のシングル。
2016.6.28更新

SMAPという名のジェンダーについて


だれかに「かたち」を与えるために

『SMAPバラエティつよしんごろうの境界線クイズ2016スペシャル!!!』を観て

 これだけテレビ出てるのに、どうしてそうなっちゃうの? と、ある芸人さんが草剛さんにツッコミを入れました。まったく、その通りだと思いました。
 ほんとうに不思議です。草さんは四半世紀もSMAPをやってるわけですし、テレビにだってそれだけ長いあいだ、出ているはずなのに。
 あれれという進行になってしまったり、まさかの読み間違いをしたり、ぼんやり休んでいたり。
 もはや、それらの出来事は、驚くべきことではなく、草さんならありえるよね、という納得感さえ与えてくれるアイデンティティとして確立されていることこそが、たぶん素晴らしいのです。

 だれの発言だったか、もう忘れてしまったのですが、SMAPには前に出ようとするひとがいない、とSMAPのメンバーのひとりが言っていたことを、ときどき思い出します。
 だから、ぼくは、SMAPが好きなのだと思います。

 こうした番組では、草さんの保護者のような役割を果たしている香取慎吾さんも、決して前に出るひとではありません。たとえば、ここでは、草さんというひとの存在をボケとして肯定するために、最低限のことだけをしているように映ります。
 優然と、マイペースなまま、そこにいる稲垣吾郎さんにしても、押しつけがましさがまったくありません。香取さんがしていることも、稲垣さんがしていることも、だれかに「かたち」を与えるためにおこなわれている、そんな気がします。

 彼らは3人並びで司会をしていましたが、真ん中にいるひとがたとえ変わっても、なにかが大きく変化することがなくて、その変わらなさが素敵でした。
 真ん中に稲垣さんがいても。真ん中に草さんがいても。真ん中に香取さんがいても。
 なにも変わらない。
 そのことは、SMAPに前に出ようとするひとがいない、ということと関係があるような気がします。

 クイズは、大きな意味で「ジェンダー」というものを取り扱っていたように思います。
 あのひとは、ほんとうは何歳なのか。あのひとは、女性なのか男性なのか。
 そこにある境界線は、わたしたちの自分勝手な思い込みによって出現しているまぼろしなのだということがよくわかる番組でした。
 ほんとうは何歳なのかということや、女性なのか男性なのかということは、そのひとの本質を知る上では、ごくごく些細なことであって、大したことではないし、多くの場合、わたしたちは錯誤しているだけにすぎません。

 思うに、SMAPという存在は、そういうまぼろしではないもの、何か大切なものの「かたち」を浮き彫りにしてくれるところがあると思います。
 これは、とても抽象的で、曖昧で、わかりにくいかもしれませんが、ぼくは、SMAPの、そういう、わかりにくい、奥ゆかしさが、とても好きです。

 境界線なんて、いらないよ。
 SMAPを眺めていると、そんなふうに思えるのです。



相田★冬二

※このコラムは、楽天ブックスのオリジナル企画です。


前週のコラムを読む
翌週のコラムを読む
SMAP×SMAP
SMAP×SMAP

毎週月曜22:00より、フジテレビ系列局にてON AIR!

「Map of Smap」バックナンバー

2017.1.5更新
2016.12.21更新
「Map of SMAP」TOPにもどる

オススメのキャンペーン&特集

もっと見る